2011年05月18日

ビン・ラディン・心理作戦(再)

アメリカ人を覚醒させる:すべてのパトリオット・アメリカ人が知っていなければならないインテリジェンス状況説明の舞台裏で...社会をコンロトールした主流メディアがすっかり覆い隠した本当の事実と真実

ホットで爆発的な裏の最新ニュース
The Bin Laden Psyop
ビン・ラディン・心理作戦

by:インターナショナル・インテリジェンス専門家トム・ヘネガン
2011年5月8日日曜日

Osama-Dead.jpg
ーアメリカ合衆国ー
ウサマ・ビンラディンが1週前の日曜日に死んで、海に廃棄したという米国政府の主張がNew World Order(NWO)が台本を書いた心理作戦以外の何物でもなく、重大な金融目的であったと現在報告することができます。

事実1
オサマ・ビンラディン別名:米国公務員(CIA遺産)、9.11のお人良しティム・オスマンは2001年12月から死んでいました。
ウサマ・ビンラディンは、ミネアポリス(彼が以前、腎臓病の透析治療を受けたドバイのCIA病院からフライトで移動した後、腎不全によりミネソタ病院に入院)で死亡しました。ビンラディンの遺体は結局、米国軍用機で、彼を葬った中華人民共和国へ輸送されました。

事実2
国土安全保障局と国家機関が主張する、ウサマ・ビンラディンの死の証明であるDNAサンプルが実は、ミネアポリス(ミネソタ病院)で彼の死亡後の2001年12月にティム・オスマンから採取されたサンプルです。

事実3
ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーのゴッドファザーでマフィアのボスである前ジョージ・ブッシュ大統領(別名:パパ)が、アフガニスタン国境線近くの中国に埋葬されたビンラディンの遺体(その時点でビンラディン(別名:ティミー)は火葬されていました)を掘り起こすことを含む、ビンラディン策略で中国の協力を得るために、中国当局に会うためにビンラディン・ブラック・オペレーションに先立って9月4日(9.11の前)に中国へと移動しました。

我々は、盗まれた米財務省資金からの相当額の賄賂で中国当局が買収されたと明かすこともできます。

2007-10-12-NBC-NN-Mik.jpg
NBCペンタゴン通信員:ジム・ミクロスズースキーは、この物語の一員であり、恐喝されていて、同時に、黙っているように買収されています。

事実4
ティム・オスマン(別名:ウサマ・ビンラディン)を捕らえて、殺したと主張する海軍奇襲攻撃チームは実際のところ、有名なブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリー=ゲイリー・ベスト社(1990年代のボスニア紛争の間、クリントン政権によって実行された米特殊部隊の民営化に結ばれる黒人の軍事行動スペシャリスト民間会社)と連携した米英の情報機関−ニュージーランドSAS心理作戦チームです。

sygmacorbis-agency-paris1.gifbrzezinski_bin_laden_aka_tim_osman.gif
1980年代アフガニスタン国境線でのCIA遺産ティム・オスマン別名:ウサマ・ビンラディンと一緒のズビグネフ・ブレジンスキー

注:ウサマ・ビンラディン別名ティム・オスマンが米国政府の代理として、1980年代のアフガニスタン紛争でソビエト軍による占領に対して解放戦争をした、ムシャヒディンへの資金提供を担当していました。

ティム・オスマン別名ウサマ・ビンラディンはまた、完全にクリントン政権に支援されていたボスニア紛争で戦争をしていたイスラム少数派に代わって、キリスト教のセルビア人をターゲットとした特殊オペレーション部隊の統括を担当していました。

注:ティム・オスマンが運営するこれらの民営化された、米国の特殊ブラック軍事活動部隊は、我々が疑う『アルカイダ』として有名なものになりました。アルカイダの容疑をアラビア語で英訳すると、CIAデータベースです。

それでも不十分ならば、皆さん、これを聞いて下さい。

9/11のお人良しティム・オスマン別名ウサマ・ビンラディン、前ジョージ・ブッシュ大統領、今も機能不全のヒラリー・ロダム・クリントン国務長官、ジョージ・ブッシュ時代の司法長官であったウィリアム・バーが、ニカラグアのコントラ(別名イラン・コントラ)にスティンガー・ミサイルを売っただけでなく、武器庫としてアフガニスタンを利用している危険な北朝鮮政府にウランの核テクノロジーの転移を教唆して、また支援した、前記の個人を密告しようとする、米国財務省調査(別名:オペレーション・スティールポイント)で調査している関係者の全ての人物と同じ名前です。

この証拠は、米国財務省職員だけによってではなく、前記の党に反対する者からも集められました。米国&中国の共同諜報活動で、アネコクレジット社(Aneko Credit Limited)と呼ばれるシンガポールの会社にリンクされます。

この総括で、あなたがここで見るものは、ブッシュ家と直接金銭関係を持つ特別なオペレーターとして、長い間アメリカ政府の従業員名簿に載る、生涯の米国公務員、9.11のお人良しウサマ・ビンラディン別名;ティム・オスマンだということです。

我々は、ビンラディンが何兆ドルとまではいかないまでも数10億ドルもの個人利益をアフガニスタンのヘロイン取引に役立たせることで運営を援助して、ブッシュ家とアメリカ政府の代理で相当な金額を受け取ったと明かすこともできます。

これらの資金(CIAの所有口座に置かれる)は、9.11から最近まで凍結されていました。

皆さん、この時点で我々がそうだと思い信じているものは、そのティム・オスマンが所属するCIAの特殊オペレーション部隊が示したものは、すでに死んだウサマ・ビンラディンの死亡なのです。(声に出して笑います!)

注:我々は、会社をコントロールした、ファシスト、強奪者にフレンドリーな米国メディアが処理した映像のビンラディンをテレビで見ています。そしてそれは同時に、自身とビンラディンのことについて語っている、水平線上の疑わしい新たなテロリストだということです。

死んだビンラディンの映像がありません。もちろん遺体も存在しません。

自身のテレビでビンラディンの、この疑わしい写真の全てを見ることは、自身の疑わしいテロリストの僚友とともに、ローカル7-11であることを唯一連想させます。
(管理人注意:ローカル7-11はおなじみのセブンイレブン(コンビニ)です。つまり、米政府、米メディア、ビンラディンは身近で便利で気軽な犯罪コンビだぜ!ってこと。)

事実5
この総括で、米国民と他の世界がこのビンラディン・デタラメを信じていないことを、『New World Order(NWO)エリート』は気にもかけていません。

この心理作戦の実際のゴールは、金融商品でした。

ウサマ・ビンラディンの死のオバマ当局による発表(実際の死の10年後に)は、米国国務省によるウサマビンラディンの賠償条項(別名:保険証書)の失効と終了とともに同時に起こりました。

賠償条項に関する出訴期限法(時効)が当然の成り行きになった後、現在のビンラディンの死を発表することは、アメリカ政府がビンラディンと結びつく何兆ドルもの米国財務省資金の凍結を解くのを許して、9,11の時に凍結されたU.S.CIA所有口座に置きました。

goldmansachs_0.JPG610x.jpg
現在、この凍ってない資金は、コメックス電子取引セッションの夜間ボードで、コメックス銀先物ですぐにショートポジションを立てたゴールドマン・サックスとJ. P.モーガンが所有する、キャッシュ・コールする口座へとすぐに移されました。

この大きな取引は、5月1日の日曜日で、1週前の、正確には西海岸標準時午後4時19分[すべてのスプリント携帯電話サービスでは、西海岸標準時4:19を刻んでいました]に起こりました。

オバマ政権がウサマ・ビンラディンの死亡を発表することになっている前の、これはまる5時間前でした。

この金融心理作戦はJ. P.モーガンを対処(救済)しました。そしてそれは、銀によって後退しないよう、所有するペーパーデリバティブに対して、数えきれないほどの銀のショートポジションで救助するしかできなかったことに基づく、この金融の断罪に取り組んだのです。

1週前の西海岸標準時午後4時19分に、銀の価格が急にわずか40秒たらずで5ドルも下落したことは、偶然の一致でありません。

st15t.jpg

6a00d8341c4df253ef00e54f3bad408834-800wi.jpg

この金融ビンラディン・ブラック・オペレーションは、世界史上空前の、最大のインサイダー取引スキャンダルであり、グレイテストな金融ポンジースキームに変わりました。

ビンラディン金融ブラック・オペレーションで、しばらくの間、それでもう一度、依然として役に立たない、彼らが所有するなんら役に立たない有毒デリバティブを転がし続けるために、より多くのお金を印刷し続けようとするときの、共謀の連邦準備制度理事会に対処するために、米ドルを強化したのです。


皆さん、ここにQE3がやって来ました。それが一番適切な例えでしょう。

彼ら自身の負債の露出を減らすために、もしそうでなければそれを切断するために、一時的に米ドルが強化されたように、連邦準備制度理事会がそれを結局は薄めることができた、このビンラディン-ゲートで目的を達成したということです。

注:現在、欧州連合の調査の対象であるゴールドマンサックスに加えて、米国の連邦準備制度の、その連邦準備制度理事会は米国の納税者のお金を不法に使って、より多くのデリバティブを作り出す為に一時的にユーロ通貨を購入して、スエーデンのクローネを通してそれを偽装して、そして、ドイツ・ルクセンブルクの銀行で、毎夜毎夜ヨーロッパの外国為替取引で使用しています。

このBIG LIE(大嘘)を可能にしている社会をコントロールした、ファシスト、強奪者にフレンドリーな米国メディアの、我々の予想の中の役割を、再びもう一度同じことを世界はさせませんでした。

現時点で、英国、フランス、ドイツの報道陣は、それをHOAX(いたずら)と呼びこのビンラディン・ストーリーの中にいます。

我々は現在、そのビンラディン殺害リリースの5時間前に、J. P.モーガンを銀先物取引で対処(救済)する、このウサマ・ビンラディン・ストーリーを大銀行にリークしたのが、それがブルームバーグ・ニュースであったと明かすこともできます。

politifact-photos-Al_Hunt_on_This_Week_again.jpgbilde.jpeg
米国財務省職員は現在、ブルームバーグ・ニュース政治部記者と元ウォール・ストリート・ジャーナリストのアル・ハント(左)と、オバマ・ホワイトハウス報道官で元Time誌ジャーナリストのジェイ・カーニー(右)の活動を見ています。

注:カーニーにはCIAとKGBとのつながりがあって、彼がTime誌のために働いていたとき、1980年代の2つの出来事でティム・オスマン別名ウサマ・ビンラディンを実際に流暢なロシア語とアラビア語でインタビューしていました。

P. P. S.皆さん、我々が今進んでいる道はアメリカ共和国の終わりです。

反逆の国土安全保障省(DHS)が現在、『国内テロリスト』と定義して以下のように分類していることを思い出してください:

1. 9.11テロ攻撃の政府の見解を信じない者
2. 2000年の大統領選挙で容易くアルバート・ゴアが勝利したと信じている者
3. 銀と金を購入する者
4. 憲法の1、2および4度の改正を信じる者
5. ロン・ポール・バンパー・ステッカーを持っている者
6. 電話を不法に盗聴してほしくない、空港で見ず知らずの者にパンツの下に手を入れられたくない者


トム・ヘネガンの爆発的インテリジェンス状況説明
国際的なインテリジェンス専門家トム・ヘネガンは欧米の情報部とインターポール内に何百人もの非常に信用できる関係者を持ちます。−主流メディアが舞台裏で本当に起こっていることを大規模な偽装と幻想のプロパガンダですっかり覆い隠していると報告します。
http://www.myspace.com/tom_heneghan_intel/blog/542882169

ランキングに参加しました。
応援ヨロシクお願い致します。
お金はいりませんがクリックして頂けると励みになります。
少なければただ命が危険なだけで、無意味なので終らせたいです。
何かがおかしいと、広める為に強力して下さい。時間は本当に無いんですよ。
今日と言う明日がいつも通りやって来るとは120%限らないのです。
時間は有限であり、少しでも流れを変え、良い方へを向かうよう、限られた時間を懸命に使いましょう。
人気ブログランキングへ
注意:等サイトはアセッションサイトではありませんし、プレデアスなんとか同盟でもありません。
病院で見てもらった方が良いと思います。
いきなり私はプレデアスから来たの。なんてクレイジーすぎる。
中●薫は本気で入院して脳をCTした方がいいと思う。
マジならただのアセッション教のアルバイトですよ。

そのへんの意味不明な奴の前には高位の存在は死んでも現れない。
本当に会いたい方はエスドラのマネをしなさい。
posted by 東洸 at 10:17| Comment(4) | 米国トム・ヘネガン氏情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。