2011年05月19日

特別レポート 完全版

結構前から知ってたのですが、自分だけの頭にあってもしょうがないですしね。
グーグルで検索しても埋もれに埋もれ出てこない記事です。(ほんとうに嫌らしいねグーグルは)
ストーリー氏の死に関する情報ですが、全てが興味深いです。
真実かどうかの判断は自身に任せます。
僕はただの九官鳥ですから...

しかし、ひとしきりに記事を読むと誰もが騙されるほどの、超高レベルなインテリジェンスです。あらゆる組織をも動かし、平気で悪魔が天使の顔をかぶってそそのかすんですから。
僕はどんなにあいつは工作員だと言われても実際の行動で判断するようにしています。
この記事を読んで尚、その基本は間違っていなかったと改めて確信しました。

最近ベンジャミンは世界紅卍字会が白龍会と同盟関係を結んだなんて発言し、卍はナチとは無関係と言ってるが、今後どう騙されればいいのか不明です。NWOの共産党トップ以外の中国人が本当にキチガイを信頼しているのなら終わりでしょう。全うな共産党内部の一部の中国人が騙されないことを祈ります。
米軍と共産党軍、欧州軍がクーデターを起こせなければ変われません。
市民に出来ることは、真実を広め、真実を広める者を、誠を貫く者をアシストすることです。一人一人の声と行動力が彼らを強く支えるんです。
ビンラディンが死んで大喜びする愚民ばかりじゃ何も起こせません。インタビューで『嘘つき!!』と叫ばなければならないのです!
無駄死にと分かってクーデター起こすバカはいないでしょう?
コメントで皆さんの意見を教えて下さい。
3.11の時に、ベンジャミンに株のインサイダーをイルミナティの踏み絵としてメールしたのだが踏まなかったのでこの記事はやはり正しいでしょう。
みなさんの多くの声が、一番強烈な抑止力になるんです。

クリストファー・ストーリー(本名:エドワード・ハール)は殺されました。そして、他のジャーナリストが新しいファシスト・キャンペーンの対象とされました。
そそのかし、信用を落して、引き離して、脅迫して、監禁して、そして、暗殺して:エドワード・ハールを調査すると、それは殺人(ベンジャミン・フルフォードの詐欺)です。そして、なぜ?大衆は真実に決して達しないのか?
調査ジャーナリスト:by シェリー・ケイン

新しいインフルエンザの、世界的な流行病マーケティングキャンペーンが進行中です。そして、製薬大手ビッグ・ファーマのアジェンダを支えるために、それは大掛かりなプロパガンダを含みます。主要な告発者は、善良な市民に対して進行する生物学的黙示録、中毒予防接種と致命的な薬物から守ろうとして評判を落されています。

私はレナード・ホロウィッツ博士ジェーン・ブルゲルマイスターについて話しています。我々は2009年の豚インフルエンザ恐怖、詐欺、予防接種キャンペーンを行う人々との戦いを先導しました。

彼らの殺人研究の事実を広めた何百人ものジャーナリストや活動家により増加する、その努力が大多数の医学のプロフェッショナルに、デービッド・ロックフェラーにより誘導された世界保健機構(WHO)の『H1N1「予防接種」』アジェンダを拒絶するように促しました。

石油化学製薬カルテルは非常に賢いです。そして「彼ら」は、その大量虐殺の実行を阻むレジスタンスを無効にするなら何でもします。我々が出来ることでベストなことは、気を強く持ち、用心深いままでいて、互いを支え合うことです。

sherri_len.jpg
『シェリー・ケーンとレナード・ホロウィッツ博士』
しかし、活動家コミュニティーのサポートが予防接種解放運動リーダーへの攻撃によってここ数ヵ月間ひどく危うくされました。それはDr. Andrew Wakefield(アンドリュー・ウェークフィールド博士)から始まり、そして現在、Jane Burgermeister(ジェーン・ブルゲルマイスター)とDr. Leonard Horowitz(レナード・ホロウィッツ博士)(メディカルベリタスジャーナル編集長)に及びました。

彼らはこの一ヶ月間でホロウィッツを捕えることができませんでした。上手く捕えれば、SHOWTIMEのプロデューサーは彼の天然治療製品とプログラムに対して、彼の評判を落す予定でした。

shapeimage_2.pngpharmawhores_dvd_cover.jpg
ホロウィッツは、我々のサイトHARMAWHORESで:ペンとテラーのSHOWTIME Stingと共にサムナー・レッドストーンとルパート・マードックを(このDocu-コメディー番組は、イングランド王室に公認されたパートナーシップ・フォア・ニューヨーク・シティ(PFNYC)のパートナーシップと、デービッド・ロックフェラーによるパートナーシップをも暴露して)逆に苦しめました。このサイトにある映像でロイド・ブランクフェイン(ゴールドマン・サックスCEO)を、アストラゼネカ(H1N1 FluMistワクチンのメーカー)の主要な株主(矛盾する)だとして非難します。

そして現在、ホロウィッツの名前を突然、エドワード・ハール(別名:クリストファー・ストーリー)の暗殺の4日前に書かれたレポートに添付された、インターネット上で広まる「マルタ騎士団」のメンバーリストで見かけました。

注:ホロウィッツ博士は、何十万人もの命(特に子供)を救うのを助けた自然医学と予防接種リスク認識の仕事の功績でナイト爵を授かった、「エルサレムのセントジョンの正統な騎士ホスピタラの君主勲位」を受けました。ホロウィッツは、チャールズ・マクウィリアムス博士(自然医療開業医の世界組織の総長)によって、人類に対する、彼の数十年間の功績によりナイト爵に叙されるよう候補者に指名されました。「マルタの騎士」として世界で最も犯罪の悪人集団の間でホロウィッツ博士の名をリストUPすることは、全く滑稽です!

最近、C.I.A.はウィキペディア(ホロウィッツ博士は、ウィキペディアの彼自身の情報の更新をしようとしたが禁止された)を支配しました。あたかも彼らと同じであるように、ホロウィッツ博士のウィキペディアページに「エルサレムのセントジョンの正統な騎士ホスピタラの君主勲位」と共に「マルタ騎士団」をリファレンス(リンク)し始めました。(参照:物議を醸す、ホロウィッツ博士にナイト爵に叙すること)

このWikiリンクをチェックしてください。あなたはそれを読んだなら、あなたはエリック・ジョン・フェルプス(何度も彼の名前を口に出すことを通してその者を捜すーcontrol F)を実行する)に気づき、全ての物事を書いたように見えます。背後のグレッグ・シマヌスキにより、彼と彼の犯罪の同僚を軽く叩いて、彼の名前のストライクゾーン外で痛い所を愚弄するように、他の皆が悪いラップを得ています。

ベンジャミン・フルフォードは、ハールの「最後のレポート」を偽造します

この偽造は工作員(ベンジャミン・フルフォード)によって促進されました。

Mr. フルフォード(元フォーブズ・ライター)は、日本に住む怪しいアメリカ人です。何十もの記事(信頼できる情報源からの多く)によると、フルフォードは何年も前に我々の活動家コミュニティーに潜入してきた金融業界からの対敵諜報活動プロパガンダ活動家です。彼の仕事は、特定の陰謀団の実体を支えます。彼は事実を利用して、偽装で彼らを編み込みます。彼は日本語が堪能で、下記で集結したインテリジェンスに基づく、「二重スパイ」として働いているように見えます。

benjk.htm.jpg
『ベンジャミン・フルフォード、デービッド・ロックフェラー』
フルフォードは、確かに「控えめな対抗」を例証しています。エドワード・ハールがそう呼んだように、「世界革命」のために必要とされたプロパガンダを促進して、彼は「真実と正義」のために働くふりをするが、デービッド・ロックフェラーと交際しています。これはNew World Order/イルミナティのアジェンダです。フルフォードは、個人的に東洋人の秘密結社に入るのを許可されたと主張しています。

(管理人より’日本にも多いですね、無気力を意図的に煽る人々の集団が、何とか神事をビジネスとプロパガンダで広める船井、アセッションバカの中丸などは本当に信用しないことです。
参考@【結局宗教化】 日月神示に眉唾 その2 【否定派】http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1306180633/
参考A船井幸雄氏と竹村健一、増田俊男、渡部昇一との黒い関係 http://brog.keiten.net/?eid=855848

エドワード・ハール(別名:クリストファー・ストーリー)は世界的な優れたファイナンシャル・アナリストでした。フルフォード(ハールのライバルかぶれ)はその者をひどく軽蔑していました。実際のところ、我々大衆の敵は、ハールを軽蔑したフルフォードです。

フルフォードの信用にダメージを与えたハールに復讐するために、フルフォードは卑しくハールの「最後のレポート」を出してきました。それは彼の偽造 ― 汚れたマルタ騎士団リストの包含― により死んで口が聞けないハールを汚したのです。デービッド・ロックフェラー、ビッグ・ファーマ、イルミナティに対するサービスにおいて、この偽造はホロウィッツとジェーン・ブルゲルマイスター博士の信憑性をターゲットとします。改ざんされたリストはCloverdale Bibleway教会に添付されます。そして、ウェブサイト:Biblebelievers.org.を呼び込みました。そのサイトには外交評議会メンバーに関わる別の者のリストを含んでいます。それは特定のメンバーにユダヤ人を記している記号を含んでいます。このサイトの行為はナチスドイツを思い出させます。デービッド・アイクは神が私に答えてくれると主張します。そして、彼は人種差別主義上にリストUPされます。

Initial List of Council on Foreign Relations Members
外交評議会メンバーのイニシャル・リスト
BB=Bilderberger CFR=Council on Foreign Relations J=Jewish (incomplete)
RS=Rhodes Scholar S&B=Skull and Bones TC=Trilateral Commission
BB=ビルダーバーカー CFR=外交評議会 J=Jewish(ユダヤ人) (incomplete)
RS= ローズ奨学生 S&B=スカル・アンド・ボーンズ TC=三極委員会


彼らの『陰謀研究者』のうちの1人としてのbiblebelievers.org。(このBiblebelievers.orgウェブサイトについて更に深く読むために、ここをクリックしてください。それは殺害された21才の男性とのつながりです。そして、この男性は9.11の災害に関係があるとして告発されました)を、より深く読むためにここをクリックして見て下さい。

ハールは2009年10月27日の日付にUPデートしたWorldReports.orgの記事で、フルフォードをディスインフォメーション・エージェントだとレッテルを貼りました。ハールは、フルフォード(名誉毀損の中傷文をばらまくと確定したプロ)に電話をしました。「彼は、ハーマン...に関して故意に公表で嘘の主張をしたと認めさせた後、スティーブンL.ハーマン(ボイス・オブ・アメリカの南アジア局長)に損害賠償をフルフォードに支払うよう命じたと報告しました。」

ハールによると、フルフォードはカナダ人生まれのジャーナリストです。「かつてはフォーブスにいて、[その者は]日本で暮らし、ここ数年の間にインターネット上でかなり存在感を高めました。2007年に、彼がデービッド・ロックフェラーとの独占インタビューを取り付けたとき、彼は多くの人々を驚かせました。それをYouTube上で見ることができます。」

エドワード・ハールの殺人に関係していると示されたベンジャミン・フルフォード

ハールのブログ:WorldReports.org(2010年1月13日の日付け)からの抜粋で、ハールに死の脅迫を送ったことに関して、ハールはフルフォードとの戦いについて書いていました:「日本のベンジャミン・フルフォードによって1月12日に公表された、別の米国ウェブサイトでとりわけ促進されたウェブ報告は、むやみにこの管理人を事実と英語の悪名高いウェブサイト濫用者として一括りにして、そして、以下の文を付け加えます:『私に関して、私はブラック・ドラゴン組織のスポークスマンです』−それは『皆さん』、知らないあなたに念のため、彼は日本人の暗殺者だということを言っているのです。」

ハールは続けました ― 「それゆえに、このうかつなコメントは、新たな死の脅迫として正しく解釈することができました:このブログの管理人を狙うとすれば、それは2002年のこの調査の始まりから、私に対する34回目の脅しと...私の11回目の死の脅威となるでしょう。脅迫を出すことに何者(決して真実を映す出す、その最も高い優先事項がまったくない唯一から誰だか推測できる)かの雌[W]が係わりました。』

フルフォードはウェブサイトに掲示して広めました。偽造したハールの「最後のレポート」(ジェーン・ブルゲルマイスターからの電子メールを含む)がハールの死後に広まったのです。そして、フルフォードの共謀加担者(「Eric Samuelson:エリック・サミュエルソンJD.」)によって作成された、ホロウィッツ博士の名がリストUPされた汚れた『マルタ騎士団』のメンバー・リストをリンクしたのです。

「エリック・サミュエルソン」はプロパガンダのために偽造をします


悪名高い「マルタ騎士団」のリストはエリック・サミュエルソンJDによって編集されました。そして、その人物は社会的にミステリーな存在です。実際、インテリジェンスの多数の情報源によれば、これまで誰も彼に会った者がいません。最も有望な推測は、我々の以前のすべての証拠から、エリック・サミュエルソン(JD)が高レベルのCIA情報部員である、Greg Szymanski:グレッグ・シマヌスキ(JD)が使用する別名だということです。

シマヌスキには偽名を作った経歴があります。そのうえ、亡くなったジャーナリストから盗んで名乗った経歴もあります。

彼はシカゴ・ニュース・コラムニスト:Mike Royko:マイク・ロイコ(その人物は1996年に死亡しました)から、「Slats Grobnik:スラッツ・グロブニック」の名をはぎ取りました。

Greg Szymanski.jpg
『グレッグ・シマヌスキ』
グレッグ・シマヌスキ(JD)がエリック・サミュエルソン(JD)(多数の手紙から両方の名が一致する)を考案したように見えます。そして、シマヌスキがもっぱらホロウィッツ博士を会員の地位に、マルタ騎士団のリストに滑稽に入れる役割を果たして以降、この全てが完全に意味をなしているのです!

数年前、ホロウィッツ博士と連絡をとることもせずに、他のうそとともに、シマヌスキはこの詐欺的な主張でホロウィッツの名誉を毀損しました。例えばこのyoutubeビデオで、そして、多くのブログ上で、彼はこの名誉毀損の資料を公表しました。このビデオ(リンク先に行けない...)の中で、あなたはスラッツ・グロブニックにインタビューするふりをしているシマヌスキを目撃することができます。そしてそのスラッツさえ存在しません。

ホロウィッツはインチキな中傷文を削除するようシマヌスキに連絡しました。だがシマヌスキは記事の撤回を拒否しました。

これは2つの大きな疑問を残します:『なぜ?シマヌスキはホロウィッツ博士にこうしたのか?』、そして、『なぜ?フルフォードは突然、サミュエルソン/シマヌスキによるマルタ騎士団の汚れたリストをハールの最終版が持つように添付したのか?』、フルフォードはこれらの告発に対するコメントの為、ホロウィッツとは決して連絡をとりませんでした;そして、シマヌスキはホロウィッツを無視しました。そして、『私は、精神病のうそつきと係るよりも、自分の時間で良い行いをしたい』と発言しました。

しかし、これらは『精神病のうそつきよりも最悪です』、陰謀説の世界はとても悪魔のようです。私は彼らの告発に関して、彼らと個人的なインタビューを要請しましたが、どちらも無反応でした。これは、彼らが公平な報道を好まないというしるしです。正義と誠実の目的のために、彼ら(フルフォードとシマヌスキ)は直ちに、ホロウィッツ博士に係っている共同の陰謀と、ハール暗殺の為に、刑法上調査されなければなりません。シマヌスキはフルフォードのように、うそ(黙認する)をつく、そして、無数のインターネットの不満と警報に合わせて調和する、イルミナティに仕える工作員のように見えます。

0.jpg
『フルフォードとレオ・サガミ』
さらにシマヌスキはレオ・サガミとの相互の販売促進プロモーションを通して、フルフォードと結びつきます。シマヌスキはハールともインタビューで会っています。
それで、この情報は組織化された陰謀のはっきりとした証拠を提供するが、また、ホロウィッツ博士を中傷して名誉を毀損している、そしてハールの第一級謀殺の関係者を起訴します。

エドワード・ハールによると、フルフォードは『テンプル騎士団とイタリアのイルミナティメンバーだけでなく、レオ・サガミ(その人物はバチカンの代理人であると主張します)に関するビデオと情報を発表しました。』

Leo Zagami(レオ・サガミ)(シマヌスキによって「ここ」でインタビューされる)を調査します。サガミがねじ曲げて、混乱を広げて、ホロウィッツ博士のようなリーダーの評判を落すのに使われていることは明白です。そして、サガミは精神的なルネッサンスを進めています。
ホロウィッツは、最近i528Tunes.com.というサイトを開始しました。この新しいサイトで彼は楽音(528Hz)を進めています。それは緑の草が主な理由だからです。サイトの主なテーマに関して、彼の著作をよく見た多くの学者と科学者と、ホロウィッツ自身によると、それは平和、愛、健康と世界的な繁栄のための『緑化運動の鍵』だということです。初期の世紀からロックフェラー財団とともに財界人によって音楽業界で周波数528の事実が伏せられていました。(それに関する続きはここで)

数えきれないほどの殺人に対するイルミナティ(以後『彼ら』として参照する)お得意のアリバイは、『宗教的な過激派』、または、狂信的な気違いに常に責任を負わせるということです。シマヌスキと、フルフォードと、共犯者の『彼ら』のチームは、ホロウィッツに対してこの脅威を捏造しました。

『彼ら』は、プロパガンダ(変えられた「マルタ騎士団」のリストのような)を配信するために、真実のこれらの敵に資金提供します。『彼ら』の「国家の安全の状態」を促進するために、『彼ら』の拡大する「情報部」を正当化するために、『彼ら』は偽物のキャラクター(サガミのような)をつくります。


サガミは装置です。彼は多くの言語を熟知しているが、バカなふりをします。『彼ら』は、サガミがバチカンで働いて、「マルタ騎士団」であるという噂を広めて、彼の偽善と偽装を推し進めて、そして、ホロウィッツをまねて、サガミに音楽と祈りを促進させます。サガミは、ホロウィッツと彼の重要な、衝撃を与えている仕事を攻撃するために考案されます。


『彼ら』は重罪人を雇うことで『彼ら』のプロパガンダをインターネットにバラまきました。例えばTim White(ティム・ホワイト)(その者はシマヌスキに好意的です)は、特に告発者の人々の名誉を毀損して、脅迫しろという命令において、異なる別名をいくつか持ちます。または、 *Eric Jon Phelps(エリック・ジョン・フェルプス)、そして、彼の協力者:Craig Oxley(クレイグ・オックスレー)(その者はシマヌスキに好意的です)は、偽物のキリスト教信者です。フェルプスとオックスレーは妊娠中絶クリニックに走り込んで、発砲し始めるのを躊躇しないタイプです。これらはヒトラーと同じイデオロギーを持つ、雇われたネオナチ精神異常者です。彼らは精神病の憎しみを正当化するために、人々の聖書を悪用します。それから「従順な羊の群れ」に入り、影響を与え、そして、『彼ら』の犯罪を蔓延させます。

キリストのメッセージは愛ではなく、だいたいが憎悪だったと広め、それが『彼ら』が、多くの人々を間違った信者にする方法なのです。

TIm White.jpg
ホワイトの犠牲者の内の一人、バーバラ・ハートウェル(CIA離反者)について書きます。「ティム・ホワイト(写真)は、斧を振り回した錯覚病のうそつきです。その人物は、私自身のような合法的な告発者をターゲットとして返礼に、2002年にget-out-of-jail-freeカードで、犯罪政府の情報部員と法の執行職員と取引しました。私に、私だけに関して、ティム・ホワイトが掲示した、多くのうそで一杯詰まったファイルを2001年と今日(2005年)の間の時間に広めます。私が殺人に関係しているとさえ示そうとしました。それは、私が決して知らなかった人々で、決して会ったこともないし、決して、いかなる接触をも持たなかった人々です。」

私は、ホロウィッツ博士に対してグレッグ・シマヌスキが名誉を毀損しているコメントへの彼のレスポンスについて電子メールでDr. True Ott(トゥルー・オットー博士)に連絡した後、私は始めてティム・ホワイトについて知りました。オットーが私に、ティム・ホワイトのCCが、エリック・ジョン・フェルプスとドン・ニコロフだと教えてくれました。

オットーは、2チームと対戦しているようです。たとえば、彼と彼らが特定の答えを知られることを望まない場合、彼らCCではなく、彼が応答します。

敵意と未熟(オットー、つまり60才以上の男性に対して)で、ティム・ホワイト(ここで描かれる)がオットーに質問して、オットーのいくつかの疑問に答えました。(PDF形式で電子メールを読むために、これらの関連をクリックしてください:トゥルー・オゥトー:ティム・ホワイトE-MAILS.pdfティム・ホワイトE-MAILS1.pdfティム・ホワイトE-MAILS2.pdfティム・ホワイトE-MAILS3.pdf)(彼がバーバラ・ハートウェルに送った電子メールと比較するために、ここを読んで下さい)

唯一の論理的な結論で、我々の研究の全てで見ているものは、ホロウィッツ博士をダウン?する、複雑な高レベルCIAオペレーションで協力して働くのがフルフォード、シマヌスキ、サガミ、ホワイトです。

最大の問題は、我々はホロウィッツが、彼の健康製品の売上を自身の研究に当てていることを知っています。だが誰も、フルフォード、シマヌスキ、サガミ、ホワイトに資金供給される方法を見ていません。それは多分、CIAの『ブラック・オペレーション・口座』から出ているのでしょう。

彼らには、彼らの計画が決してうまくいかない最大の問題があります。それは、脳の半分で考えても誰もがホロウィッツの仕事をとても理解していて、詐欺師のようなサガミとシマヌスキの集団のように、この一団だけが嘘つきで凶悪犯だとすぐにわかることです。

sutherland.jpg
ちょうど先月、ホロウィッツ博士と私が注目に値する、『資本主義クライシス 』のためのBP深海層位石油採掘装置の解体に結ばれる、親しい関係として、ローマ法王の主な投資銀行行員(ゴールドマン・サックス・インターナショナルのピーター・サザーランド:写真)の存在を暴露しました。
そのように、ハール、フルフォード、サガミの露顕、シマヌスキの名誉毀損のサポートとともに、ハール殺人論争に突然ホロウィッツを巻き添えにした、ベストな方法と理由を説明します。

ロックフェラー/フルフォード/シマヌスキは、殺害するためにホロウィッツをはめました

シマヌスキ/サミュエルソンのリストでのホロウィッツ博士の名前は、ばかばかしくて、そうでなければ深刻なほどばかげたものです。フルフォードは、レナード・ホロウィッツ博士:ハーヴァード大学卒業、16冊の本の著者で、3冊のベストセラーと共に主要な健康科学告発者の信用を失墜させようと試みます。それは下記を含みます。
『新種ウイルス:エイズとエボラ:自然、事故、あるいは意図的に?』
ホロウィッツは明らかに、ビッグ・ファーマの不正行為の世界的なヘルス・サイエンス・アナリストです。彼はたいへんな度胸で、学者らしく研究を絶えず発表しました。たとえば、優生学、または、有効な人工抑制のために計画された実験で、スタテン島のメンタル面と知能の遅れた子供達と、アフリカ人、ニューヨークの同性愛者の男性の労働者をターゲットとした、米軍によって進められているB型予防接種で使用する、チンパンジーから採取したそのAIDSウイルスをホロウィッツの本と科学的なレポートは証明しているのです。そして、オバマは答弁で、ホロウィッツの新種ウイルスのケースをあげて、彼の選挙期間に、アメリカ政府に対して反対意見を述べました。オバマの黒人教会牧師Jeremiah Wright(エレミヤ・ライト)はこの仕事を支持しました。
もしホロビッツがなかったら、世界はワクチン接種人口減少アジェンダをずっと前から、それほど意識しなかったでしょう。

rife newspaper clipping.jpg
ホロウィッツは、ロイヤル・レイモンド・ライフを社会的に抹殺したことに対して、マルタ騎士団リスト上のJエドガー・フーバーを起訴しました。ライフは、ウイルス、バクテリアと真菌の拡大像で、疑いなく、多形態性を証明した、初期の電子顕微鏡に匹敵する31000倍の倍率を誇る光学顕微鏡「ユニバーサルマイクロスコープ」の開発者として世界をリードしました。言い換えるとこれは、ライフの治療『エネルギーマシン』が感染病かどうか診断して、感染病に対して化学療法(細菌の病気に基づく)を進める、無傷のメディカル・パラダイム(模範)だということです。

管理人注意:マイコプラズマも多形態性です。ライフが証明したように、癌なんて病気は苦しまずに治せるのです。キチガイがこの治療法を撲滅したのです。デービッド・アイクは癌は真菌だと言ってましたがこの事実をそらすデマを広めたようですね。

ライフのように、ホロウィッツは最近、ロックフェラーファミリーが支配する、アメリカの経済の約1/5の医療と製薬産業を終らせると脅迫しました。

kissinger.jpg
ホロウィッツは、エイズ予防接種/感染病へと導くアメリカの生物兵器産業とメルク社の、ナチ浸入のクリップ・プロジェクトを推進する、エドワード・ハールの主な犯人の内の一人、アメリカ人のゲシュタポ・エージェント:ヘンリー・キッシンジャー(写真)のこともスクープしました。これは、世界的な大規模な人口削減を必要としているキッシンジャーの国家安全保証メモランダム200(NSSM200)により実行されました。

この政府公式のインテリジェンス・レポートは、1969年にジョージH.W.ブッシュが、米国の国家安全保障のために必要な価値ある資源への、アメリカのアクセスをほのめかした、その増大する人口(特にアフリカ人)への主張の後に出されました。

(これは、デービッド・ロックフェラー、フルフォード、シマヌスキへ向けたメッセージです。あなたがテロリズムで彼を訴えることができるように、あなたのアリバイをセットアップして、彼を暗殺して、誘拐して、投獄して、自殺したと主張して、彼が殺人/自殺に関与した言い、飛行機、または、自動車事故を装って殺害して、または、カッとなった当局の銃で撃って、または、『狂信的で、宗教的なキチガイ』の殺人ターゲットにして、ホロウィッツ博士を悩まし、信用を落とす状況でたわごとだとあなたが思うならば、もう一度良く考えなさい。私は彼と非常に密接に働いています。私がそうなように、彼もあなた達を見抜いています。そして、あなた達が我々に対して発言するか、実行する何もかもがきっと逆効果となります。あなた達は完全に露にされています。あなた達が実行する規則を!それを断念しなさい。i528Tunes.comは発射されました、そして、あなた達が人類をコントロールするために精神的に抑えていたものを誰もが間もなく知り、体験するでしょう。)

(ナイト爵に叙している論争に関して、ホロウィッツ博士の宣誓書をここから見ることができます。)

フルフォードは、ホロウィッツだけでなくブルゲルマイスターを罠で捕らえます

jb_photo.jpg
ホロウィッツ(イルミナティの大きな悩みの種)の他に、ビッグ・ファーマの世界的な大量虐殺を暴露するのは、Jane Burgermeister's(ジェーン・ブルゲルマイスター:写真)です。


何百万人もの視聴が30万人未満に削減された、YouTubeに投稿されたホロウィッツ博士の「『メキシコの豚インフルエンザ』に関する特別レポート(youtube)」に続いて、インフルエンザワクチンに混入したH5N1型の出荷に対して、ブルゲルマイスターの絶え間ない報道でバクスターの悪事が暴露されました。ホロウィッツ、ブルゲルマイスター、その他の者はバクスターの動きを予想します。そして、ジェームズ・ロバートソン博士(この秋にH5N1 - H1N1が世界的な流行病に「発展する」と刑事訴訟した人物)はノババックスのワクチン(バクスターのようにH5N1を含んでいない)・セールスで絶好です。

フルフォードの手が加えられた記事(『エドワード・ハールの最後のレポートです(クリストファー・ストーリーのもの)』というタイトル)は、7月10日の日付が入っています。ストーリー氏は7月14日に死亡しました。フルフォードによるとハールの「最後のレポート」には、彼が彼女から受け取ったという電子メールを含んでいます。または、ハールの死後にジェーン・ブルゲルマイスターがブログをUPしたので、発見した彼は内容を転記したのでしょう。
それでストーリーの死後にUPしたブルゲルマイスターの文書が、クリストファー・ストーリーの最後のレポートに含まれるはずがありません。

『私は、いったい何が起こっているのか全くわからない』と、ブルゲルマイスターは私に手紙を書いて送ってきました。『私は、決してその主題[フルフォードが掲示した内容]に関してクリストファー・ストーリー氏と情報交換をした思い出などありません。我々は、キリスト教とアイルランドのキリスト教vsチャーチ(英国国教会)のことだけについて非常に短い文章のやりとりをしました。私は、決して他のどんな話題も、他のどんなコミュニケーションも思い出すことができません。私は非常に困っています。

『ホロウィッツ博士は今までそのような良い仕事をしていた。行ないは言葉よりも雄弁である!』と、ブルゲルマイスターはブログで書きました。『クリストファー・ストーリー氏は7月14日に死亡しました。私は2、3日前に、このレポートを書いただけです。一体全体どうして、それが7月10日付けの彼の最後のレポートに載ることが出来たのか?これは、偽のレポートです。』、と彼女は断言しました。そして、フルフォードを詐欺で起訴しました。

ブルゲルマイスターは、彼女がビッグ・ファーマの大量虐殺の極悪さを報告することに怒っているオーストリア政府によって、自身の生命に対する脅威に対処しています。彼女は、彼が「同じチーム」で取り組んでいると信じていたので、彼女は彼女の仕事と、彼女の身の守りを促進するためにフルフォードにメールを送りました。彼女は、マルタ騎士団の詐欺的なシマヌスキ/サミュエルソン・リストを回覧して、不当にホロウィッツを侵入者とみなしたことに関して、後悔を表明しました。

これによりまさに、生死に関わる、衝撃を与えている記事を投稿しているジャーナリストと、活動家のコミュニティーの中で詳細な調査がなぜ?きわめて重要かについて証明します。

フルフォードとハール:普通のプロパガンダ活動家、または「二重スパイ?」

だが、良い良心が我々に信じさせるよりも、エドワード・ハール/クリストファー・ストーリーが信頼できない可能性があることを私は思い出します。過去ハールは、イングランド女王のために働いていました。そして、私の研究において、彼は女王のクローゼットの中で多くの骨格を、女王の為に決して露出させませんでした。

私はこの事態から、ハールの分析を書こうとホロウィッツ博士を誘いました。『この全ての事態は、典型的な心理戦(すなわち、心理作戦)です。』と、彼はそれを手紙に書いて送ってきました。彼は、ハールとフルフォードをNew World Orderの最も金持ちで有名な専制君主による金融プロパガンダの典型として見ています。

『私には、ハールが自身の命 ― ブッシュ/ロックフェラー/CIAが管理する金融帝国のエージェントによって ― を脅かしていると報告した、ハールが人殺しをされたというのが皆無な疑いがある』と、ホロウィッツ博士は私への手紙に書きました。『彼の殺人は、世界的なビジネスと大量虐殺の狂気をおさえるために、犯罪行為、内紛、裏切りの進行を反映しています。』

ホロウィッツは、ハール/ストーリーがグローバルな非常に優れた専門の情報網によって動いていると説明しました。彼の偏りで、女王に味方するように見えます。

bush rockefeller.jpg
これに対してフルフォードは、明らかにブッシュ/ロックフェラー・キャンプにいます。「嘘つきの敗者」としてホロウィッツを記述した、ハール-かぶれのフルフォードとフルフォード・ファミリーが、英国君主制とロックフェラー王朝にリンクされるという事実の点。

この歴史が強硬に、フルフォードが「2重―スパイ 」であることを示唆すると、ホロウィッツ博士は主張します。「もしあなたが、彼が書いたロックフェラーへの手紙を読んだのならば、ルシフェリアンだと明確になるでしょう。」

「この殺人問題(私の信用を中傷する)」からホロウィッツは守られて、『典型的な「手先の早業」(注意をそらすことと偽装する為の「意図」)であり、私がフィルム:PHARMAWHORES.で詳述したように、イルミナティ(そして、彼らの「ファーマ・メディア」)によって、このプロパガンダを使い非常に効果的に、混乱させ、堕落させ、我々の様な人々の人口を激減させようとしたのです。』

ハールと彼の仕事を研究する際に、君主制への明らかな親近感で、彼は「サッチャー夫人の元臨時の指導教官」でした。それで彼は、ジェネラル・エレクトリックとロスチャイルドとの女王の関係を決して露出させませんでした。その代わりに、まるで英国エージェントの働きをするように、ハールは、最も洗練された知性で、ブッシュ-チェイニー/ロックフェラー/CIA情報部員の活動の密告を選択しました。昨年 ― ハールが書いた ― ジョージH.W.ブッシュ/チェイニー・アメリカ人犯罪ギャングによって、女王は520億ドルを失ったようです。

ハールは、おそらくウォール街のあらゆる大きな取引に関与していた、子会社のgads(ガデ)がジェネラル・エレクトリック/NBC/ユニヴァーサル/ウエスティングハウスにかなりつぎ込んだという、王女の事実を無視しました。英国の君主制は、悪名高く、9.11の不当な利益の獲得、製薬での人口削減と世界的な汚染(つまり、今日メキシコ湾で見られる「資本主義クライシス」)との繋がりがあって、世界の主要な法人マフィア:デービッド・ロックフェラーのパートナーシップ・フォー・ニューヨーク・シティ(PFNYC)を公認しました。

世界貿易センタービルでラリー・シルヴァースタインの保険金の示談金を支払ったのはジェネラル・エレクトリックでした。我々は、解体を取り巻く、瓦礫の中に散らばった高温テルミット焼夷弾のかけらによる、明らかな赤を発見するのに全く聡明でなかった、そのGEの保険調査者が犯人だと信じて欲しいです。

(管理人注意:何だか水爆で破壊したなんて見解はGEを擁護する為なんでしょうね。たっぷりブツをもらったんでしょう。日本にも大々的に水爆説を吹き込む工作員がいるな。正直、確信犯的陰謀論者のゲイジのサイトなんてなんの根拠にもなりませんよ。
「1500人の専門家」とやらの名前は公表されたこともないのですから。
表舞台に出てくる人たちは、ゲイジを始め、「専門家」とは呼べない人たちばかりですし。
>ツインタワーの倒壊後に何週間も続いた異常な高温 について、彼らが主張するその現象は「爆破」だと説明できるんでしょうか?
できないなら「爆破説が間違ってる証拠」になるんですが、理解出来てますか?
「火災倒壊」なら説明できます。倒壊後も、瓦礫の下では火災が続いていたことは当時から報道されてます。
それを誇大に騒いでるだけにしか見えませんが。
「爆破解体」で「長時間燃焼」は説明できません。
「超水爆」なら火災も発生するかもしれませんが、水爆の使用自体が陰謀論者ですらムリだと解るでしょう。
あと、NISTは「倒壊後も瓦礫の下で続いた火災」に言及してますよ?
http://www.geocities.jp/sazanami_tsushin/readers/0609/r0609_19.html
なぜNISTの調査は、WTCビルの残骸にあった融解金属に関する報告書を考慮しなかったのですか?
特定の状況下では、ビルが崩れた後で残骸の鉄鋼が溶けたと考えられます。
残骸の中でなにがしかの鉄鋼が溶けたのなら、ビルが立っていた短い時間に火炎や爆発にさらされたというよりも、
瓦礫の燃焼に長時間さらされ高温になったというのがその理由でしょう、ちゃんちゃん♪ )

pic87932.jpg
参考’WTCの柱にテルミットの証拠写真?
http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/archive.cgi?noframes;read=87970

また、株を空売りして、お金の「向きを変えている」デービッド・ロックフェラー/ゴールドマン・サックス/アポロ・マネージメントを含め、PFNYCを通して、その他の9.11の不当利得者とのつながりでシルヴァースタインが陰をつくって、そして、どんな合法的な保険調査者にも不正(詐欺)を要求しました。

Queen.jpg
この他に、CIAはロスチャイルド連盟の銀行に代わって、MI6と共に情報機関を明らかに共有しています。多くの歴史家と評判の良い研究者は、イギリスとアメリカの金融帝国が一体だと報告しました。「My Country Tis of Thee, Sweet Land of Liberty,(汝我が祖国と、すばらしき自由の地を讃えて)」のメロディに合わせて、『女王陛下万歳』を詠唱します。どうぞ!

全世界の犯罪ギャングとフルフォード・ファミリーの絆

全員がプロパガンダ活動家である、ハール、フルフォード、シマヌスキの証拠は、非常に魅力的です。ブッシュ-チェイニーとゴールドマン・サックスはハールが非難したスキャンダルによって囲まれます。だが、主流メディアは触れません。ハリバートン/トランスオーシャン/BP湾石油採掘装置解体は現在、英国/ドイツ/バチカン/ゴールドマン・サックスの金融の利益のたなからぼたもちであることが十分に証明されます。それは、ホロウィッツと私が編集した30の証拠に基づきます

bonnie and clyde wall street FInal-2.jpg
写真:「ビッグ・ファーマのボニー&クライド」としてのホロウィッツとケーン

『それは、フルフォードがブッシュ-チェイニー/CIA/ロックフェラー-パートナーシップ・フォー・ニューヨーク・シティ・ギャングに代わって、私の名誉を毀損するマルタ騎士団のシマヌスキ/サミュエルソンの偽リストを使って、ハールの最終レポートを作成した最もな理由でした』と、ホロウィッツ博士は結論づけました。

フルフォードは首尾よくハールの『最後のレポート』を悪用( ホロウィッツ博士について書かれた)します。 彼は『フィナンシャル・ニュースの強敵で、一番のプロの競争相手が現在消えた(死んだ)のが満足で、彼の友人(デービッド・ロックフェラー)に代わって、私の非難と彼の殺害[ハールの]を祝います。』

フルフォードの偉大な祖父:ジョージ・テーラー・フルフォードは、自動車事故で死亡するまでは、ジェネラル・エレクトリック(世界最大で最も裕福な会社)社の大株主でした。多くのレポートによると、イングランド女王が現在この名誉(大株主)を所有しています。

イルミナティの敵(例えばホロウィッツや多くの他の優秀な告発者)の伝記執筆の信用を落とすCIAのフロント・サイト『ウィキペディア』での『ベンジャミン・フルフォード』の紹介は、フルフォードの祖父がロックフェラー家によって暗殺されたと信じさせる報告をします。特にフルフォードが不評で悪名高い時から、分別のある常識人に、デービッド・ロックフェラーが何故?フルフォードのインタビューを承諾したのか?について疑わせたままにしています。もちろん、彼らが共に動いているのならば、このインタビューは理解できます。

david rockefeller.jpg
今現在、『グローバリズム』と呼ばれることで、英国の君主制が『植民地主義』を決してひかなかったように、ハールはデービッド・ロックフェラーのNew World Order・アジェンダのことで彼を非難しました。そして、デービッド・ロックフェラー『回顧録』(ニューヨーク/ランダム・ハウス社/2002年)の405ページから引用して:

『1世紀以上もの間、政治的なスペクトルの両方の終わりでイデオロギーの過激派[原文のまま]が、私のカストロとの出会いのような、十分に公表された出来事に飛びつき、我々がアメリカの政治的、および経済的な機関に対して行使したと彼らが主張した、その過度で法外な影響力の為にロックフェラー・ファミリーを攻撃しました。一部の者は、我々がアメリカ合衆国の最善の利益に反して作業している秘密結社の一部であると信じていさえする。そして、私のファミリーと私が『国際主義者』として、より統合化したグローバルな政治的、および経済的な構造システム(もしあなたがワンワールドを望むなら)を構築しようとする、世界中の他国との共謀のことを特徴づけています。もし、それが告発ならば、私は有罪のままでかまわず、私はそれを誇りに思う。』

エドワード・ハールは至る所で、デービッド・ロックフェラーのアジェンダと彼のスリップ(悪事)を広めるのが非常に速かった。たとえば、1994年の国連ディナーでロックフェラーが『我々はグローバルな変化の寸前である。我々が必要とする全ては正当な、重大な危機である。そして国家はNew World Orderを受け入れる。』と発言した事も含みます。

droppedImage.jpg
この点で最も興味深いポイントは、フルフォードがハールをブッシュ・ファミリーの敵として告知するが、フルフォードの明らかなボス(ロックフェラー)の問題には決して言及していないということです。

ハールの訴訟と殺人予告

ハールの「7月10日付けの最後のレポート」に、彼は以下を書きました:

『世界革命(世界規模の民主主義の完全崩壊)』を参照して、ハールはそれ(「世界中の重要で、有力なポジションにつく者の誰もが...)を書きました。『疑う余地なく、世界史上最大の金融テロリズムと腐敗(買収/汚職)クライシスに終止符を打つ為に、その力を働かせた方がよいでしょう...。』

CIA/チェイニー/MI6/オバマ/ブッシュ卿がクリストファー・ストーリーを暗殺しようと企てる 実行可能や否や、管理人に対するこの暗殺未遂と、恐ろしい病気を負わせた結果として詳細なレポートを発表します。我々は現在、CIA/MI6/オバマ/ブッシュ/チェイニーがこの管理人に対して暗殺命令を出したという証拠を持ちます。我々は、彼らが、この管理人が死んでいないことに驚いたという証拠をもっています。』

私のブログ(WorldReports.org) を見て、全世界のトップレベルの高官はこの米国の腐敗と犯罪の金融テロリズム・クライシスに関する詳細を知っています。 そのアメリカ合衆国が確かに、自国を破壊して、そうして喜ぶだろうと、そうイメージできるほど偉大で、冷酷な、のけ者国家だとみなしています。』(ハールの元のレポートをここで見てください:ワールドレポート296ー最悪の金融テロリズム破壊活動ヒストリー.pdf&ワールドレポート296Aー最悪の金融テロリズム破壊活動ヒストリー.pdf *現在リンク先のPDFが見れない)

MI_6.jpg
皇后陛下(女王)に対して習慣的に配慮した、忠誠に義務がある行いでの、ハールのMI6の包含は注目に値します。これで、仲間の女王が2009年に520億ドルをむしり取られたとハールは報告しました。アメリカ政府と同様に、ロックフェラー/CIA/オバマ/ブッシュ/チェイニーの秘密結託者による支配は現在、MI6を追い出して彼らを襲いましたか?私はそれを疑います。

更なる容疑者と殺されたジャーナリスト

我々は、シマヌスキ/サミュエルソンの「JD」(the editor of the Arctic Beacon)が対敵諜報活動員の一人として働いていないということを知っています。フルフォードがマルタ騎士団のシマヌスキ/サミュエルソンの汚れたリストを添付することによって、ホロウィッツ博士の名誉毀損を実行する動きをちょうど知ったにちがいありません。これは、このグループによるプロフェッショナルな『芸当の一部』であり、多くのインターネット報告によると、緻密に結ばれたグループにおいて、彼らは組織的にfamicide(中傷)を実行するのです。

オットーのメールに基づくと、シマヌスキは、当のトゥルー・オットー、ティム・ホワイト、エリック・ジョン・フェルプス、ドン・ニコロフを含む、彼の排他的集団で最も効果的なプロパガンダ活動家であるように見えます。これらの接触者の者の誰もが、ハールの殺人に続いて、ジャーナリスト・ジェリーE.スミス(陰謀団の最終兵器:HAARPの著者)の更に最近の殺人を精細に調べる動きをしています。
(管理人より;以前記事で引用した内容より。
オットーが本物のCIA対破壊者工作員だという証拠はジョセフ・モーシェの事件でよくわかります。
『ジョセフ・モーシェ、二重国籍(イスラエル人でアメリカ人)モサド・バイオ戦争の専門家は、全国ラジオ・ショーでトゥルー・オット博士と対談して、バクスター社のウクライナ研究室から伝染病を蔓延させるバクスター・インターナショナル社による策略を暴露して警告した後に警察に攻撃され、カリフォルニアで2009年8月中旬に連邦捜査官とロサンゼルス市警本部(LAPD)につかまり、カリフォルニアのパットン州精神病院に拘束されました。

その記事元:http://pimpinturtle.com/2009/08/21/the-strange-case-of-joseph-moshe.aspx ジョセフを葬ったのはオットーです。まさに天使の仮面を被った悪魔だったのですね。身を守ってくれるだろう、情報交換できるだろうと浅はかにも信頼して、怪しい陰謀論者とは死んでも連絡を取らない事です。ケーンは騙されていたようだがオットーを工作員だとわかるホロウィッツ博士の判断は正しいでしょう。)

droppedImage_1.jpgdroppedImage_3.jpgshapeimage_1_1-1.jpg
イングリ・カッセル(その人物は最近、アメリカで最も尊ばれたジャーナリスト達が編集する新聞の打ち切りを強制された;写真左)によると、アイダホ・オブザーバーの、その管理人(イングリの夫:ドン・ハーキンズ;写真中)に対する放射能照射汚染による殺人のために、エドワード・ハールは、ドン・ニコロフ(ジャーナリストであり、ジョージH.Wブッシュの多くの秘密を発表したラジオ・ホスト;写真右)に対して重大な懸念を表明しています。ハーキンズが暴いたブッシュ・ファミリーの秘密のヒストリーが、ハーキンズの暗殺の原因のようです。

Ms. カッセルは現在、予防接種解放組織のためにフルタイムで働いていて、以下を書きました:

『夫の故ドン・ハーキンズと私は、2008年夏に、バンクーバー(ワシントン)で初めてクリストファー・ストーリーに、カレン・グリフィンの50回目の結婚記念パーティで会いました。ストーリーはハーキンズがニコロフについて語ることを非常に願っていました。ストーリーは、ニコロフが本当は誰のために働いていて、ニコロフと共に働いているのが誰か?ハーキンズの意見と情報を得る事を望んで熱心に話し、ニコロフがとても怪しいと疑っていました。ストーリーは、ニコロフがハーキンズの仕事を盗作しているとして、まったく彼を信用していないと主張しました。激しい電離放射線が9-18-10座標上の、我々の家の彼に対して直接放射された後、ドン・ハーキンズは突然死しました。クリストファー・ストーリーがすぐに、ハーキンズに終止符を打つ為に実行するよう、ニコロフがコネクションを使ったことを突き止めて、彼を訴えました。それ以後、他の多くの者が、ドン・ハーキンズ殺害にニコロフが関与したと疑っています。』

傲慢と無知の新しいパラダイム

過去20年間、ホロウィッツはまた独断的な、「ニュー・エイジ」としてみなされた、いわゆる「キリスト教」保守派に対して、自然治療法と素材を進めていました。そして、その者達はますます、インターネット上での攻撃を増やすことを通して、マルチ宗派活動だとして、彼の多くの専門的な活動に対して異議を唱えました。
そのほとんどが、狂信的な陰謀団の共謀者による、あらゆる相容れない異論を唱える者に対するチーム心理(つまり、盲目的で向こう見ずな無知)を共有している人々によって扇動されているのです。

当初ホロウィッツは、単に「ラジオ・ホストとして有名になる」ために、彼の名前を悪名高いリストに加えて、名誉毀損をそのシマヌスキが犯したと考えていて、『私の名誉を毀損することは、彼が、彼の限られた観衆を得るのを援助しました。』と、推測していました。

しかし、シマヌスキの別の別名の使用と、フルフォード/ロックフェラー、ティム・ホワイト、クレイグ・オックスレーとの恐ろしいつながりを考慮すると、ホロウィッツ博士は、エリック・フェルプスとレオ・サガミの双方のプロモーターをしていて、シマヌスキが無能なふりをすることに関して世間知らずだとしています。

実際にシマヌスキには詐欺的なレポートを作成した経歴があります。そして、ハール殺人容疑者のこのチームによってそのレポートが配信されます。そして、その者はそれらの別名やペンネームとバイブルの後ろで隠れます。そして、それら全ての者が扇動的な著作を使い、インターネット上にリストUPして罵倒します。

droppedImage_4.jpg
シマヌスキ/サミュエルソンも、インターネット中に彼の詐欺を広げるために、デービッド・アイクの援助を得ました。ハールの第一級謀殺と関連性がある、起訴可能なその不法行為で、シマヌスキとフルフォードと共に、アイクはホロウィッツの誹毀文書を撤回しろという何人かの訴えを拒否した件に現在関与しています。

また、シマヌスキはアレックス・ジョーンズのウェブサイトにも記事を掲示して、ホロウィッツ博士を中傷するために「トゥルー・オットー博士」と同盟しました。そして、ジョーンズは「トゥルー・オットー」が何故?インターネットで広めていて、彼によるそのような偽造の紛らわしい言いがかりをするのかについて、理解していません。おそらく、オットー博士が代替医療を専門としていて、彼自身がホロウィッツを競争者とみなして、ささいに妬んでいると考えています。

「トゥルー」オットーはシマヌスキのために、ホロウィッツを中傷するために、いわれない誹謗中傷をします

true ott.jpg
オットー(写真上)はホロウィッツが抱えていた問題を全く知りませんでしたし、彼はシマヌスキのブログ(「investigative journal」上でのホロウィッツ博士のナイト爵位に関する)上で作られた虚偽の主張の件をオットーは知っていませんでした。

私はコメントのためにオットー博士と連絡をとりました、そして、彼は書きました ― 『記録については、明らかに作家の断片によって付け加えられた主観的な脱線で、私は引用が75%は真実だったと述べている。言い換えると、これはホロウィッツ博士と反する私自身への個人の攻撃ではありません。私は、私がマルタ騎士団とレニーに関しての意外な事実でその時にショックを受けた ― そして推測していた ― と認めます。』

『登録に関して、私はレン・ホロウィッツ博士が敵陣に加わったことを示唆しただけで、彼らが用いている資料で、いかなる実質上確かな証拠をも個人的には受け取りはしませんでした。』と、オットーは続けました。

『私は組織化された、名誉を傷つけるための工作であるように見えることを心配します。私は、そのようなものに熱中したくもない。私は、できる限り人々の良い面を探そうとしている。その上更に、引用は一個人が行った個人の推測であり−それはどんな形であれH.博士に対する公的な中傷を決して意図したものではありません。』

トゥルー・オットーは、誤った推測をシマヌスキの悪意のためにインターネットの至る所で隠しておいています。

オットーが主張することは、彼がFDAとDOPLによって襲撃されたということです。FDAとDOPLがオットーを逮捕して、彼の器材を没収しました。そして、第一学位重罪の嫌疑をうけました。ホロウィッツ博士がオットーの研究所を訪問した直後にそれが起こったと彼は主張しました。そして、事態で助けの電話をしたとき、ホロウィッツは電話を決して返さなかったと主張します。

ホロウィッツ博士はオットーにショックを受けました。そして、返答しました:

『20年の間、私はフリー・エネルギー機械から天然治療製品までいろいろなものを市場に出していることで、私は数千人に紹介されました。私は、私の人生のために、トゥルー・オットーの研究室を訪問したことを決して思い出すことができない。そして、それがもしあったのならば、私は、伝えによると彼がその施設で私を示したという証拠と事実が何も無く、思い出すことができない。私は、彼から少しの救難連絡も、または緊急メールを受け取ったことを思い出すことができない。私がちょうど約6ヵ月前にオットーと話して、彼の放送を聞く為の放送装置を約1800ドルで彼から購入したので、オットーの資産と迫害の連邦当局の侵入と私が関係していて同期しているという、私の疑われている訪問のこの主張の事実に私はちょうど今気づいて、驚いています。オットーは、そのような主張に関して一言も発しませんでした。私は彼の有害な告発をハッキリさせたいが、まだ彼からの返答を得ていないために、私に返すよう、オットーのために電話メッセージを残しました。』

すべての独立したジャーナリストに対する悪夢

NWO sign.jpg
この調査で正確に「彼ら」(イルミナティ;啓蒙主義者)が独立した、メディア代わりのジャーナリストと活動家の評判を落して、殺害することによって我々を引裂き、征服する方法を明らかにしています。啓蒙主義者/PharmaMediaが促進させる主要な方法は、可能な限りの詐欺的な誘導のあらゆる手段によって、多数をコントロールするために我々から引き離すことにあります。

彼らのアドバンテージ(強み)は嘘です。ならずものの主流ジャーナリストとして我々は共に働きません。彼らは我々を混乱させて、非難して、互いを信じさせず、疑わせるようにしておきます。彼らは、「大量破壊兵器」とマインドコントロールを使って人々を怖がらせて、混乱させます。「出征する」という国家主義的な訴えの製薬広告から、恐れと憎しみの餌をまき、我々、人々はそれを飲み込みます。

我々が、我々の目を真実に向けるならば、唯一我々はこの戦争に勝つことができます。だが、我々は思い出さなければなりません、我々がテレビ、または主流ラジオをつけるたびに、我々は我々自身を毒殺しているということを。


それで、洞察力が、心からの直観的な認識することのレベルから、我々は勝利を呼んでいます。我々は共に無敵です。そして、LOVE/528は宇宙で、そして、我々の心臓で最も強い力です

子供たちと我々の兄弟と姉妹を救うために、我々が団結するとき、我々の声は最も大きなものとなります。

ここでジェーン・ブルゲルマイスターが認めた過ちは、あらゆるジャーナリストの為のレッスンです。
我々がもし、著者に対して身元調査をする事なく、我々が真実であると書いたことを人々が簡単に認めて、真実であると主張したそれらのゴミを我々が広めたとき、我々は犠牲者と犠牲にする者になるのです。


注意してください:多くのジャーナリスト/活動家は、名声(評判)を求める為に、または、財政的な問題によりすべてを犠牲にしています。アレックス・ジョーンズのこの適例で、彼のスポンサーと共に、アメリカの生物工学研究室とクリフトン・マイニングの為に国土安全保障当局で働いていることが現在暴かれました。ホロウィッツは彼らが、ホロウィッツの知的所有権に基づく電子顕微鏡写真に手を加えて使用して、不正に広告したことを証明しました。

ジョーンズは、この種の誘惑に常に弱かったです。ホロウィッツに苦痛を与えたこのケースで、まさしくそれは時間の問題以前にそれにひかれていたのです。

近年では、truTVがジョーンスの人気陰謀リアリティー・ショー上でジェシー・ベンチュラと働くことについて、私に連絡をしてきました。ある程度これは行われました。そして、ホロウィッツ博士との、私との同盟を解散しました。彼らは、ビッグ・ファーマが後援することを認めました。私は明らかな理由により招待を断りました。

結論として、私はホロウィッツ博士の判断に同意します−ハールはイングランドの君主制によって演じられました。そして、フルフォードはロックフェラー/ブッシュ/チェイニー・ギャングによって演じられています。これは偽情報が両サイドの中に入り込む方法です。そして、誰もを混乱させます。この大規模な錯乱は、「生物化学大量破壊兵器」(特に予防接種)に影響されやすい誰もを作り出します。これは化学コースの毒(死食品)に加えて水に薬物を加えました。そして、彼らが支配するよう、汚染された環境がイルミナティ(啓蒙主義者)と「クライシス資本主義者」だけのために恩恵を与えます。

彼らの我々に対する戦争で、多くの人々を、我々を絶滅の淵へと導きました。これは、我々が我々の心と知性を真実に向けるならば、我々が唯一勝利する事が出来る。宣戦布告なしの戦争だということです。

明かされた、抑えられてきた真実が、すでに我々を自由の身にしています。

Sherri Kane

【転載終わり】

ビジネス好きの船井も何とか神事(ジャパニーズ・アセッション)のようにこれは取り上げません。
封印された、DNAを修復する不思議な力の528 Hz、堪能して下さい。神のロゴスです。


お待たせしました。
再開しようと思います。
子供達が希望を持てる未来をつくる為に。
タブーは全解禁する意気込みです。
目が覚め、一人一人が活動するよう、切に願っています。

ランキングで上位に上がる為にクリックの応援ヨロシクお願い致します。
日本も崩壊への道を着々と歩んでいます。
団結して国の破壊を阻止しましょう。
人気ブログランキングへ

posted by 東洸 at 16:10| Comment(23) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。