2011年09月12日

【ロスチャイルド連盟による殺人計画】メキシコ湾での石油大流出、大災害の真相。完全版

メキシコ湾オイル大災害は我々、人々に対する戦争です:ガルフ・オイル危機を計画した銀行家ロスチャイルド連盟の30の証拠

by Leonard G. Horowitz and Sherri Kane

本稿は、何がメキシコ湾で実際に起こったのか、誰が爆発に対して本当に責任があるか、そして、荒廃がどのように投資銀行家に貢献するのかを説明します。地政学的で財政的なアジェンダ(課題)を進めるために、一連のカタストロフィーの間に、これらの世界主義者は株を動かして、市場をつくって、この危機を計画しました。

イントロダクション(序章)

我々、人々により戦争は反対されました。にもかかわらず、国、または現在の軍隊は我々を守るために存在しません。
銀行家と「未公開株式投資家」の「ロスチャイルド連盟」による政府への隠れた浸入と買収、転訛は、現在我々の体、心と惑星を汚染します。にもかかわらず、適切な軍隊や民兵による防衛力が禁止されます。

クライシス-資本主義者は、我々と我々の環境を石油化学で皆殺しにしています。彼らの本当の意図と大きな破壊をカモフラージュするために、彼らはプロパガンダ(宣伝) ― マスメディア偽装 ― を展開しました。

我々が呼吸する空気、我々が食べる食物、そして、我々が飲む水を、有益な病気をもたらすために汚染して、そして、戦争による「焦土政策」をシミュレーションして、人口減少を計画します。

一般市民の不当逮捕、大陪審調査、嘆かわしい告発と戦争犯罪への起訴が緊急に必要であるが、金融上禁じられています。
全般的な恐れ、鬱、疲労と無関心は、我々の防衛力から能力を奪っていて、敵を援助していて、我々の病気と早死にの素因になっています。

トランスオーシャン/ハリバートン/ブリティッシュ・ペトロリアム/ゴールドマン・サックスの攻撃が、以下の反駁できない事実(いわゆるメキシコ湾での「偶然の爆発」)に基づきます。― ロスチャイルド連盟銀行家の英米国家によって行われる一連の言語に絶する戦争犯罪の最新版 ー

戦争の定義と役割

戦争とは、「国または州(武力行使する)との争い...と定義されます。交渉...の延長として、他に対して優勢と唯一の支配権を得て、確立するために。」

それで事実を考慮すると、「それには金儲けと金がかかります。」今日の文明社会全体で、あなたが資産を買うか、ビジネスを拡大したいのならば、大部分の人々は銀行からローンをする必要があります。実際、国、州と一般人が経済的に発展する主要な方法は、銀行と契約を結ぶか、支払いを引き受けられるかです。

同様に、戦争はほとんどが常に銀行によって融資されていて、伝えによると、我々市民の税によって返済されます。

あなたが以下の事実を読んで、これらの方法を考えてみると、それは、我々、人々を現在激烈なcon-sum(p)-tion.(詐欺-計算(p)状態または動作)の高利貸しシステムによって悪夢のように奴隷にしていることです。(末期病によって退化を意味した語;a sum total "con."訳;総計「詐欺」)

「投資銀行家」とは何かを考えると、その誰もがどのようにして多くの種が絶滅していっているのか?に関して殆ど関心が無い(おそらく我々自身も含む)、株式市場のスチュワード(執事的な役割)だということです。

それから、詩人ドロシー・パーカーによるこの引用について考えてみて下さい:
「あなたが、神がお金についてどう考えてるのかを知りたいのならば、実際にお金を与えた人々を見てみなさい。」

rothschild_history.jpg
現在、お金を与えた人々が下記(ロスチャイルド連盟)ということが証明され、利益を生み出す他に、我々に対して防衛する為に環境破壊、人口減少、大規模なマインドコントロールを拡大し、何世紀もの間、我々のグローバル経済に対して支配権を持ちました。結局、我々は眠っていた巨人のようにゆっくりと目が覚めています。我々の抑制は、完全なグローバル支配の彼らの計画を脅かします。

銀行家のロスチャイルド連盟とともに、宣戦布告なしの戦争で、判明している30の恐ろしい事実で、我々、人々は攻撃をうけています:

1)
メディアは、ガフル(意味は湾、以降ガルフ表記)の荒廃の範囲を著しく検閲(削除)しています。毒薬 ― 石油オイルと化学製品を分散させるもの(分散薬剤名称;Corexit) ― は世界中に広がる運命にあります。しかし、正直な報道は制限されています。そして、独立した調査者(ジャーナリスト)は逮捕されています。この検閲は、ファシズム ― 自由でない、または民主主義でない ― の確かな徴候です。このように、投資銀行家(下記を引用して)が先導することによって金融上、またはメディアを監督しました。そしてそれらは、この世界的な毒殺、またはオムニサイドの共犯者です。
(独立したニュースソースによるガルフ現地からのより正確な報道の例を見る為に、ここをクリックしてください。)

pfnycCollage.jpg
2)
イングランド王室によって公認され、デービッド・ロックフェラーによって設立されたパートナーシップ・フォア・ニューショーク・シティ(通称;PFNYC)から厳選して代表が選ばれて、共通の投資家を介して、BP、トランスオーシャン、ハリバートン、クリーンアップの資本家、Corexit供給元、トレーラーを用いるクリーンアップ作業員(清掃作業員)でさえも監督、指示する、ゴールドマン・サックス、JPモーガン・チェース、USBを含むロスチャイルド銀行連盟の銀行のパートナーがニュースとネットワークでマインドコントロール・プロパガンダ・プログラミングを発します。一斉に、これらのパートナーは世界史で最も恐るべき経済大国をふるい、行使します。

3)
リークされた彼らの経済アジェンダ(課題)によれば、進行中の悪化している環境汚染は、少なくとも1960年代からこれらロスチャイルド連盟融資者の主目的でした。環境を破壊して、このように、改善マーケットと救急処置のために新たな世界的脅威を創作することは、非良心的であるが、非常に真剣です。これは、資本主義クライシスを通して有益な人口抑制を確保している、伝統的な戦争の現実的代案となりました。

4)
ガルフオイル大災害は、これら大手3行の金融機関を支える為に、戦争の代理をしていると考えられます。現在の環境破壊は宇宙の脅威(例えば、太陽面暴発、エイリアンの脅威、小惑星の衝突)よりも緊急ではありません。この大手3行で、全く誰の目にも明白な有益な戦争の代わりは、石油化学製品製薬の奴隷状態だということです。これら全3行のグローバルな自治、緊急事態の準備、有益な軍隊、および、国土安全保障のレスポンスの為の目的とインセンティブは、「実際にかなりの生命の犠牲...のウエイトをもたらします。」
(Iron Mountainからのレポートを引用してください−ロスチャイルド連盟銀行カルテル・プロパガンダ活動家(メディア専門家を含む)によって風刺だと非難された、学術的で、深刻な、ノンフィクション、非−風刺の暴いた調査レポートを書きました。)

5)
ガフルで、そして、あらゆるクライシスで最も効果的に使われるプロパガンダ策略は、見せかけの議論をつくるために幻の悪者を非難することです。オバマがオイル・クライシスで非難されるとき、たとえば、「アクシデント(不測の事態)」で民主党を非難します。ハリバートンが非難されるとき、共和党が非難されます。この対立を生じさせる目くらましは一般大衆の馬鹿者の吸枝を取り去って、メディア情報部を信用しない、依然として、「フリーで」「信頼できる」プレスが私達にはいると主張する人々を侮辱します。

6)
爆発した深海層位(ミシシッピ・キャニオン252)石油採掘装置は、トランスオーシャン(ブリティッシュ・ペトロリアム(BP)でない)の所有物です。そして、両社はゴールドマン・サックス、JPモーガン・チェースとUBS投資銀行家によって金融上指揮されます。そして、すべてがロスチャイルド連盟の銀行で運営されています。

gulf_rig_explosion.jpg
7)
偶然の一致で、または、悪魔の仕業のように、石油採掘装置の失敗したセメンテーション作業が、ヒトラーの誕生日(4月20日)に爆発して ― ちょうど2010年度のアースデイ(地球環境について考える日;毎年4月22日)に汚すよう間に合わせるように ートランスオーシャンの請負業の為に、悪名高いディック・チェイニー/ジョージ・ブッシュが国土安全保障と同盟しているハリバートン社を執行しました。

8)
議会の証言によるとハリバートン当局は、トランスオーシャンのセメンテーション作業を知っていて、ちょうど作業を実行した時に爆発させた可能性があると認めます。

9)
同様に、ゴールドマン・サックス(GS)当局は、トランスオーシャンが作業を開始したとき、トレーラーが爆発する可能性があることを知っていました。彼らはこの出来事で、爆発事故が起こる前のたった一日だけで何百万ドルをも賭けました!(ロイド・ブランクフェィン(GSのCEO)は、ブリティッシュ・ペトロリアム(BP)株の44%(460万株)を、爆発の3週間前に投売りするよう指示しました。

10)
もっともなことだが、トランスオーシャンは2007年にゴールドマン・サックス(別名「国営サックス」)によって、その現在の法人型組合国家に吸収合併されました。

11)
ワコビアやウェルズ・ファーゴがそうしたように、UBS(最も裕福なスイスの銀行(ロスチャイルド連盟、または、世にいう「競争している」銀行の同盟で)と、世界最大の富の管理機関)のリスク委員会委員長デイビッド・シドウェルもまた、膨大にBP株を投売りしました。(すなわち、銀行が所有する株の99%、つまり210万株)。

12)
BPオイルCEOトニー・ヘイワードは3月17日 ― 爆発の1ヵ月前― に、彼が持つBP株(223,288株)の1/3を投売りしました。

13)
ちょうど9.11の前に ― あなたは思い出すかもしれない ― ゴールドマン・サックスは、航空企業株で同じような事をしました。そして、ガルフ大災害の前に、ゴールドマン・サックスは抵当証券を空売りしました。そして、アメリカで不動産倒壊をあおりました。

新しい衝撃的な事実:

14)
Eurex証券取引所の管理委員会とドイツEurex Clearing AG(Eurexの100%子会社)の理事会は、2010年4月14日に、トランスオーシャン社(2010年4月20日の爆発の日に効果があるよう)の株式に対してオプション取引の導入を決定しました。これは、可能な限り(他のウォール街が爆発に反応する前に)最も高値でそのトランスオーシャンの「無保険」株を投売りする為に、内部のトレーダーに丸1日を与えました。

それから、クライシス資本主義者は、より高い価格の価値を保証している彼らのファンドに再投資することができました。この当局は、100万ドルの儲けになる「予防プット」を犯罪銀行が行使するよう助成した、トランスオーシャンの新しい株オプション・プログラムに対して皆無な理由を発表しました。

言い換えると、比較的安い掛金(間もなく暴落するトランスオーシャン株の市場価格と比較して)を払うことによって、ロスチャイルド・リーガーは、株がどんなに大暴落したとしても、それが2012年4月20日前にいつでも、最初の「ストライキ価格(また、「プットオプション」と呼ばれる)」で売る事が出来ることを承知していました。

これはさらに計画的殺人を明示します。そして、スイス/ドイツの銀行チーフの金融の動因がヨーロッパの最も活発な証券取引所に影響を与えます。人々とガフルの破壊を大量に台なしにすることで利益を得る明らかな計画で、これら内部の裏切り者と産業の破壊工作者は、財政的にトランスオーシャン、ハリバートンとBPを支配して、空前の、最も重大な環境犯罪を犯しました。

15)
これは、明らかな破壊活動からお金を儲けた仕組みです。爆発前に、UBSが高値の210万枚のBP株を売却したあと、UBSが6月7日までに安値の860万枚のBP株を買い戻したとき、BP株に関する「プットオプション」政策は同様に遂行されました。
(東電株はどうなんだろ・・・。)

16)
かなり検閲(削除)されたトンプソン・ロイターのレポートとコピーによると、トランスオーシャン・マーケティングのテリー・ボンノ副社長は、2010年5月27日にUBS当局に会いました。(それを読むために、ここをクリックしてください。)『超深海マーケットは、より長期的に上向き始めますよ』、とボンノは銀行当局を励ましました。

17)
こうして、爆発から数週間も経たずに投資銀行家ロスチャイルド連盟はメディアも総出で叫びました。『買ってください!買ってください!買ってください!BP株を!!』BP、トランスオーシャン、ハリバートンがクリーンアップ(浄化作業)の費用を決めることで揉めて、出資した金額は、それらの投資と企業収益が得るものと比較すると非常に小額なものでした。

18)
この引用は、BP-銀行-株式-ジョッキー計画を詳述しました:「例えBPが次の21ヵ月間の間に単に14%立ち直るとしても、2012年1月満了の『プット』の未収の現金収益を見込んで、その書面が55ドルをコールする一方で現在BP株を購入しています。実際にあなたがした現金出費(経費)に対して、トータルで98%の収益を手に入れるという最高の状況下で。(あなたが負担するよう、支払済みマージンの有能な資産を盾にして広めるよう書き、あなたのマージン・タイプ・アカウント(振り込み口座)を掴みました。)
(著者注:あなたは、我々の惑星と我々を殺しているこれらの会社について、残虐で貧欲な投資、または、再投資をする、精神病理学的な、盲目で衝動的な愚か者だと想像することができますか?)

19)
爆発直前にトランスオーシャンのために、即座に捏造して作成された株式投資オプションの様に、BPの株式保険計画はこの金融保証によってガルフで進行中の荒廃を確実にしました:株式専門家が進めているものは、「それは、正に2004年から2007年までの全期間中のBPの年間最低価格水準よりも低いものです。」、「最悪の場合、あなたが平均原価の42.64ドル以下で、BP ADRsの2倍の数で終えるシナリオです。」
PARTNERSHIP FOR NYC PLAYERS.jpg
得意なメディア・マジックの不当利得者
オイル・ウィザード(石油を操る魔法使い)は、メディア・プロパガンダ(宣伝)の背後で糸を引いていて、ゴールドマン・サックスのCEO;ロイド・ブランクフェィンによって、最も明確に例証されています。ロイドはABC/ディズニー/Miramaxを合併して、依然として主にコントロールしています。
PFNYCの共同議長を務めるルパート・マードックはブランクフェィンのパートナーです。ルパート・マードックは、FOXニュース、タイム・ワーナー、AP通信、ニューズ・コーポレーションその他多くのメディア企業を支配しています。
このデービッド・ロックフェラーが創立したPFNYC秘密グループのもう一人のパートナーは、トンプソン・ロイターのチェアマンのトーマス・グローサーです。
PFNYCは9.11から財政的な和解に対して責任がありました。そして、ニューヨークからアポロ・マネージメントを通してラスべガスへと「方向転換した」、世界貿易センタービル再建金がMGM未公開株式投資となっています。(このアポロ・マネージメントは、ゴールドマン・サックスとともにNalco社(Nalco社製の石油分散剤Corexitを浄化作業で撒く)を共同所有しています。)
PFNYCは英国王室によって公認されました。そして、そのサポートに(ジェネラル・エレクトリック社だけでなく)NBC/コムキャストをあてました。
最後だがおろそかにできないのはCBSオーナー(サムナー・マレイ・ローススティーン(通称’サムナー・レッドストーン))で、彼の会社のCBS-バイアコムは家畜小屋で、排他的集団に加わりました。

20)
この次のNew World Orderの「ニューディール」アジェンダのために米国の計画的な経済崩壊を速めるよう、アメリカン住宅市場で空売りをしている、ロイド・ブランクフェィン/ゴールドマン・サックスの行為から離れてメディアの注目を「方向転換」するよう、結果としてガルフで生じたオイル大流出のハリバートン・セメントテーション作業の破壊活動が 完全に金融的にも同期しており、供給されました。

21)
そして、我々がひょっとすると、ガルフオイルで不正を行う政府サックスと関係するコネクションが深層のように少しも深くなることはないだろうと思ったとき、我々はゴールドマン・サックスがCorexitという名をつけた恐ろしく致命的な石油を分散させる分散剤を開発したNalco社に対して支配的利権(アポロ・マネージメント経営陣とともに)を持つということを知ります!

22)
実在する根拠....
ロスチャイルド・リーガーは、「競合他社で、[Corexit]よりはるかに有毒ではない、場合によっては、ほとんど二倍は効果があるように見えたものさえ、全て除外した」。と、ニューヨークタイムズのポール・クインランは報告しました。

23)
ついでに...
Nalco社は、1994年にデービッド・ロックフェラーにコントロールされたエクソン・ケミカル社によって、合弁事業から誕生しました。

24)
2003年に、ブラックストーン・グループ(アポロ・マネージメント・L.P.とゴールドマン・サックス・キャピタル・パートナー)は、40億3000万ドルでOndeo Nalco社を買収しました。全3社は、ロックフェラーが創立した、英国王室公認のPFNYCのパートナーをつとめます。

25)
皮肉にもNalco社のウェブサイトによれば、同社は水、エネルギー、空気のコンサーベーション(環境保護)企業のように描写されます。彼らは、水処置分野で世界のリーディングカンパニーであると主張します。彼らの有毒な分散剤(Corexit)は彼らの本業ではありません。それは『彼らがこれまで使ってきた本当の応急処置製品が必ずあるにもかかわらず、それを使わなかった。』ということです。

26)
Corexitはクリーンアップ労働者を毒殺していて、腎臓と肝臓疾患を引き起こしていて、1989年のエクソン-バルディーズ災害からそのデビューが続いているのを発見しました。Nalco社はこれらの問題を2-ブトキシエタノールのせいにしました。そして現在、それを取り除いたと主張しました。そして、それが全ての原因...であるというわけではありません。

27)
「自然のガス漏れ」の3週間前に、9.11で繋がりのあるジョージ・ブッシュ/ディック・チェイニーのハリバートン社は、世界最大の石油流出クリーンアップの実体とブーツとクロガモを購入しました。これはBPとトランスオーシャン株を処分し始めている銀行家と同時に起こり、彼らの投資に保険をかけるために、株オプションを確保していました。Nalco社/Corexitの他の大株主は、億万長者ウォーレン・バフェットと彼のコングロマリットの持株会社(バークシア・ハサウェイ社;モーリス・ストロング、アル・ゴア、ジョージ・ソロス)を含めます。

28)
さらにまた...
国土安全保障はKellogg Brown & Root(通称’KBR;ハリバートンの子会社)を介して、ハリバートンと共に集団を移動して、政治的な反体制派の為に強制収容所を用意するよう契約しました。歴史的に、金融アンダーライターが前記の戦争屋を主演させて、クレディ・スイス証券(USA)LLC;ゴールドマン・サックス;UBS証券LLC;シティグループ・グローバル・マーケット.INC;ワコビア・キャピタル・マーケットLLCの、上記で詳述される金融機関がまさにそのBPとトランスオーシャン株を空売りしているのです。

29)
国土安全保障によるガルフ・オイルクリーンアップ作業員のための宿泊設備の選択は、ハリケーン・カトリーナの間、使用を禁止されたのと同じ中毒トレーラーです。

30)
同様に国土安全保障省メディカル当局も現在、おそらく人口減少と利益のためのSilver Sol(シルバー・ソール)と呼ばれている伝染病マーケットで「デコイ(罠)製品」を不正に進める(アレックス・ジョーンズを通して)ことに関与していると示されます。

(衝撃的なストーリーを読む為にここをクリックしてください。)

結論と解決手段

これは我々が、偽造されたH1N1−H5N1豚インフルエンザ恐怖と詐欺的な(そして、ますますあやしい)予防接種キャンペーンを調査する一方で、「ファーマメディア」を管理している、その悪魔−実行者である、ウォール街の最も強烈なヒッター;PFNYCとロスチャイルド連盟の投資銀行家の全パートナーが関与していると発見した構造と同様です。
(参照:PHARMAWHORES:ベンとテラーのショータイム・スティング)

我々、人々は緊急に、完全に前記の犯人を除外する新しい銀行システムを必要とします。それはパーマカルチャーと、汚染しない、破壊的でない消費の、持続可能な生産性への投資を助長しなければなりません。それは、我々と大部分の他の種を殺している石油化学製品製薬の毒を絶たなければならないということです。そして、それは抑制された代替エネルギー(金銭的(餌)なパラダイムでメーカーを虜(誘惑)にして一般の使用から遠ざけられた水素燃料とテスラ技術を含む)に投資しなければなりません。新しい銀行システムは、高利貸しに基づく、退行性の経済をあおる、お金に対する欲よりも、生物学的な思いやりと愛をベースにした精神性を評価しなければなりません。

市民の不当逮捕に対する不満(刑事上の共謀を詳述している証拠として本稿とそのリンクを用いて広く公表された)で、1つの提案された解決策は、銀行カルテル(例えばロイド・ブランクフェィンやデービッド・ロックフェラーなど)に貢献している者、応えている法の執行者のリーダーを探して、発見する、捜索隊をつくることになっています。このように、我々、人々を保護する際に、検事総長は彼らの仕事をすることを強制されるかもしれません。そうでなければ、我々は、我々と地球にしている、そのことをするのを金融業界が自ら止める奇跡を必要とします。

Jesus and Money Lenders Illustration.jpg
まさしくこれは宗教的な声明などではなく、正しい見地で、イエスは命を、我々と同じことを説くことによって賭けました。イエスは、神の下での新しい真の国家と、神に対する信仰を侵害した、高利貸しを通して人類を財政的に奴隷にしていた、劣る小さな人間を露出させて、鞭で打ちました。

我々、人々は現在、我々自身と母なる大地を守るための、他のいかなる理にかなった、まさに、環境破壊と彼らの致死中毒と、多勢の殺人者を無効にする選択肢を持っていません。

我々は愛 ― 隠された周波数528Hzの音楽的に伝えられる愛 ― が、我々のこの緊急を要する社会と経済に対して奇跡的な変化を促すのを助けるよう、そして、精神病理学的で脅迫的な貪欲を終えるよう、そして、パーマカルチャーの持続性と本当の永続する幸せを得れるよう祈ります。

End

著者について:

レナード・ホロウィッツ博士は、3冊のアメリカン・ベストセラー(新生ウイルスに関する)を含む16冊の本の著者です:著書一例;『エイズ&エボラ − 自然、アクシデント、意図的な?』 『生物学的黙示録コードを癒す』『儀式で癒やすこと:古代聖書を通しての奇跡的な回復』『自然医学と現代の科学』
ホロウィッツ博士の健全な世界組織(HWO)は、二心ある世界保健機構(WHO)に代わるものとして、現在発展しています。

シェリー・ケーンは、道徳的観念が合わずFOXニュース(ロサンゼルス)から離反した調査ジャーナリストです。彼女は広範囲に渡り、バラク・オバマのヒストリーを含むワシントン政治に関して記事を書きました。ケーンはごく最近「ファーマ・メディア」を露出させました。そして、マスメディアと製薬産業と最も裕福なウォール街投資家のつながりを暴き、詳述しました。

ラスト・ニュースレター・チェック...。

sutherland.jpg
あなたが、我々の最後のショッキングなニュースレター(2010年6月10日)を見逃した場合に備えて再度掲載するが、我々は世界で最初に、ローマ教皇の財産管理の相談役でありながら、燃えているトランスオーシャン-ハリバートン-BP石油採掘装置に関係するゴールドマン・サックスに片足を突っ込んだ男、ピーター・サザーランドの存在を暴露しました。

言い換えると、ゴールドマン・サックスのサザーランドはローマ法王への主要な財政顧問です。聖霊に満ちたカトリックで、バチカンですぐさまサザーランド氏を非難する要請が奨励されます。

2010年にサザーランド氏は、BP(ヨーロッパ最大手の石油会社)会長として、13年間に及ぶ任務を終えました。
彼はアイルランドの前司法長官で、英国シンクタンクの、信頼できる『教育』というよりはより優れている可能性のある、コーポラティズム教化と呼ばれている効果の為の教育、研究の為の当局管理長です。 
彼はグレートブリテン・アイルランド基金の議長と、ニュー・ヨーロッパの為のビジネス諮問協議会のメンバーです。ーNew World Order賛成派のヨーロッパ・シンクタンクが英国に拠点を置きます。

1993-95年まで、サザーランドは世界貿易機関会長でした。

2006年1月に、彼の移動の為の特別な代表席に、国連事務総長(コフィー・アナン)によって、ゴールドマン・サックス・インターナショナルの現在の非常勤議長に任命されました。

END

cpw2.gif
今日の歌はPinkのRaise Your Glass。皆で拳をにぎってPower to the People!!


【LOVE528Hz】


工作員が末期的だというような状況とは異なり、通称;ユダ金は健全です。
つまらない、根拠の無い偽造された期待にのせられ不活動になるのは自殺行為です。
応援と拡散よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 19:03| Comment(3) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。