2011年09月18日

M8.9の日本の大地震はイルミナティー(ロスチャイルド連盟)によって引き起こされたイベントだったのか?@

M8.9の日本の大地震は、イルミナティーによって引き起こされたイベント(事前に準備された)だったのか?

ajapan-earthquake.png
「そして、巨大地震、飢饉、疫病がいくつかの場所で流行っている;そして、恐ろしい光景、巨大なサインがその場所の天にある。」- 21:11ルーク

アラスカの主要なHAARP基地(USA)。『マスターキー』が古代から形作られた、形ある幻影だと気づき、気象操作の『キー』の内の一つが、地殻構造プレートを過熱している地震テクノロジー、マインド・コントロール..(下記)さえすることです。

haarpfacility.jpg
日本の地震で、再びイルミナティーのシンボリズムと数理神秘学がその中に書かれています。日付:2011/3/11は、その悪魔の/イルミナティーの神聖なるナンバー『11』を含んだ新たな儀式であるように見えます。我々はかなり前からHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)の存在を知っていました。そして、それは気象パターンを変えて、地震のようなあらゆる「自然」災害を引き起こす能力を備えています。あなたがHAARPプロジェクトに関していくぶんか背景を知る事ができるように、私はMontauk.netから下記の情報の一部を引用します。

HAARP、地震とハリケーン

HAARPは嵐、ハリケーン、地震を操ることが可能か?これらの災害と、HAARPが活発的である時間帯との相関関係が確かにあります。本稿はその相関関係の若干の例を挙げる。そして、それだけが直接的な因果関係を証明しない反面、HAARP物理学と、政治的なアジェンダの裏計画で天候や地震操作を暗示しており、そして、可能性があり、十分にありえるものだと伝える。

aa-1.jpg
背景

―私は、本稿を読んでいる誰もがHAARPを知っていて、そしてそれがアラスカを除き、HAARPがそのような施設のうちのわずかな一つだと知っていると仮定します。―そして、非常にパワフルな施設でなくとも、日本の1施設を含む他施設が存在します。全5施設が世界のこの地に存在します:
aaaarrays2.jpg
1)【ムー・レーダー(Mu Radar)】日本の1メガワット施設(34°.51'14.80”N 136°. 6'19.45”E).

2)【アレシボ電波天文台(Arecibo Observatory)】プエルトリコの2メガワット施設(18°.20'38.97”N 66°.45'9.77”W).

3)【ヒパス(HIPAS) High Power Auroral Stimulation Observatory−高出力オーロラ刺激観測所】アラスカ・フェアバンクス東部の70メガワット施設 (64°.52'21.18”N 146°.50'18.78”W).

4)【スーラ(Sura)】ロシア中部の190メガワット施設(56°. 7'10.32”N 46°. 2'4.41”E).

5)【エイスキャット(EISCAT)European Incoherent Scatterー欧州非干渉散乱レーダー】ノルウェー・トロムソの1ギガワット施設(69°.35'1.06”N 19°.12'57.11”E).

HAARPの物理学

この電離層ヒーターを非常に実用的にしている原理は、それらが段階的な配列から成っているということです。段階的な配列で、周波数が個別に調節可能かについて誰かが段階的に行い(タイミング)、アンテナ・グリッド(アンテナ網)を据えます。これは豊富な種類の異なる組合せの試用が可能だと意味し、そして新たな、複雑な全体の波形を総合します。段階的に実行することで、アンテナ自体を動かさずに異なる方向に出力を向けることを可能にします。

トム・ビアーデンの作品をよく知っている誰もが、段階的な配列がまた、部分的な位相共役、または、発された電磁波をキャンセルすることが可能だと理解します。彼らが電磁構成要素も有するEM波をキャンセル(またはどちらも)したとき、含まれたエネルギーはその代わりに縦方向に/電位/スカラー/重力/時間的に間隔的な波の形をとります。

aaharrp2.JPG
また、電離ヒーターは、それが電離層の電子密度の調整の可能を意味する、『選ばれた地域の電離層の屈折する特性と電子が密集したグラディエント(勾配)のコントロール(制御)』を可能にします。それは、巨大な縦方向のアンテナとして空自体に使用して、疎密波を生み出す新たな強力な方法です。

このように段階的な配列は、まったく異なる種類の放射線(標準的なEM-計測器で検波することができないもの)を発生させるのに用いることが可能です。その周波数とタイプに応じてこれらの波は、理論的、生物学的に人間の感情に影響を及ぼすことが可能で、天候に影響を及ぼすことが可能で、地殻構造の力を変えることが可能で、軍人と車両を制御されコントロールされた不可視性(目に見えない)のインター次元で動かすことを可能にする為に、我々の周囲のハイパー次元の環境を操ることさえ可能です。本質的に、規則的な電磁波が実際に出来ない事は何もないのです。

私はこれほど多くの、そのHAARPのようなテクノロジーがそれらの規則的な電磁気に取って代わるレベルで作動する、そして、これがHAARPとその姉妹施設が実際に使われている、もっともなことだと気づきます。それを市民は何も、主流大学の教科書から成る殺菌された、わずかなサブセットだけに詳述されたたぐいの物理学を使っているので、このテクノロジーを理解できるはずがありません。だが、あなたに物理学の経験があって、自由なポテンシャル・フィールドでの力(効力)の影響と応用をよく研究(熟知)しているかで、理解することが可能です。

天候操作

次に、HAARPが活発だった時と、著しい天候災害との間のなんらかの潜在的な相関関係を見てみましょう。そのHAARPの活発度は、HAARPウェブサイトで公表されているウォーターフォール・カルテから読むことが可能です。サイトによれば:

このチャートは、この36時間の電磁波スペクトルをモニターに記録することでウォーターフォールの図面上に表しています。垂直軸は周波数(1〜30メガヘルツに変動する)です。 そして、水平軸はUTCタイム(協定世界時間)です。電磁波スペクトル・サンプルは、二、三分ごとに計測されます。色は各々の周波数で受信したシグナルの強さを示します。それは最も強いシグナルで白、次いで黄色、赤、最も弱いシグナルの青の順に分類されます。

aaawf2005_08_22.png
HAARP活動は、ウォーターフォール・チャート(ピアノ・ロールのスロット、または分光写真のストライプのような)上に、鋭く上記の定義されたパターンで示されます。バックグラウンド・ノイズもチャートにあります。しかし、それらは更に広がって示されています。重要なのは鋭いパターンで、シーケンス(配列)がその存在です。つまりは何時?それが発せられ(出現)、止むのかがポイントです。




MSNBCとCNNは、チリ地震の前か間にちょうど空で変な明りを見たという人々にインタビューをしました(一番上の動画)。まさに2004年の大津波、2008年の中国地震(上から2番目・3番目の動画)、2010年のハイチ地震の前に記録された通り、空でオーロラ光を象徴する明りを見たという多くの目撃者とビデオ証拠があります。しかしながら、電離層から落ちて元の電離層に戻るHAARPウェーブの一般的な副作用のライティング(発光照明)効果のような、自然地震の前か間にそのような明りを見るということは、全くもって自然現象ではありません。これは、非常に動かぬ証拠です。

ahaarp-china-sky2.jpgaaissue867.jpg
この明るい輝きは自然地震の前兆ではありません。報道によるとハイチ地震の時、明るい輝きが見られました。Pravda.Ru(ロシア・プラウダ紙)は、米国がハイチ地震を引き起こしたとロシア海軍が報告する、と報じました。そして、その記事がNoLiesRadio上にアーカイブされました。中国で強力な地震があった時、明るい輝きが見られました。その地震の前に、空でプラズマ放電ライトを映した結婚式パーティーのビデオ上で、スカラー兵器に基づいてそれが発生されたという証拠が記録されます。2002年のバヌアツのM7.3の大地震の間、何百人もの人々、地方住民、観光客によって明るい輝きを見たと報告されました。
参考’NoLiesRadioロシア海軍は、米国がハイチで地震を引き起こしたと報告; http://noliesradio.org/archives/11698

【管理人注意;類似性の検証としてネットサーフィンして探しました。】
TPP加盟へ否定的だったニュージーランドのクライストチャーチの地震時にもオーロラ発光現象が...

2010年チリ地震の間に発生した発光現象

TPP加盟へ否定的だった日本の2011年東北地震の余震の間に発生した発光現象(これほどのアーク現象はあり得ない、上記のチリの時も都合良くアーク現象が起きたのか?)


地球は地球自身に磁場を持ちます。イルミナティーはこれを知っていて、最も強いフィールドのグリッドに彼らの首都を置こうとします。そして、その場所が霊界とのコミュニケーションをより強くすると思っています。実際、世界のほとんどのあらゆる都市は「重要なライン」、または、最も大きな電磁気エネルギーがあるグリッド上のラインに沿って、そのストリート・グリッドを造っています。大抵、アメリカ合衆国では、これはメインストリートと州大通りになります。
ちょっと多くの教会と占い師が所在する通りを探して見て下さい。

このように、HAARPは我々の電離層に向けた膨大な量のエネルギーとなり、地球に戻り、それをはねさせます。
その現象が磁場を破壊して、まさしく我々が日本で見たような、強い地震を引き起こすことができます。

続きは後ほど....。
ここは一つ、はいはい陰謀論でしょ?何て言わないで下さいね。
日本人はモンキー・ボックス(日本のお笑いテレビ)ばかり見てるから無知(手遅れ)なんだと外人に笑われますよ(笑)
政治家もメディアも市民も信用されてませんから(汗)
変えるも、変えないもその心一つです。
クリック応援ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ

【LOVE528Hz】


posted by 東洸 at 04:22| Comment(10) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。