2011年03月27日

ロシアはリビア戦争に米国を引きづり込んだ、オバマに対立するフランスの脅威を報告します

2011年3月25日
ロシアはリビア戦争に米国を引きづり込んだ、オバマに対立するフランスの脅威を報告します
by:ソルチャ・ファール

sto5.jpgsto4.jpgsto3.jpg
先週、メドヴェージェフ大統領と米国国防長官ロバート・ゲーツの間で開かれた会議に関してロシア外務省が書いた衝撃的なレポートによると、もし米国が攻撃しないならば、フランスのニコラ・サルコジ大統領が『全てを暴露する』とバラク・オバマ大統領を脅した後、リビアに対するアメリカの戦いが『強制された』と述べています。

このレポートが述べるには、ゲーツがリビアとの戦いを始めた理由を告白して衝撃を与えたと同時に、メドヴェージェフはリビアの人々を守るためにロシア軍隊を派遣する意図が予測できるように、あまりにも多くの一般人がアメリカ人によって殺されたために警告を出して、ゲーツはロシアとの議論が『理解し難い』とわかって会議の場から立ち去ったように、無視された警告を述べました。  

特にゲーツが混乱させたことで、 -このレポートは続きます- プーチン首相が、リビアで軍事行動を容認している国連決議が『中世の十字軍の召集』を連想させると述べて、早急にメドヴェージェフが『受け入れがたい』として声明で反論して、そして、誰が?プーチンのコメントのように『文明の衝突になりかねない』可能性があると更に警告しましたか?

valerie_jarrett.jpg
[ダボス会議でのヴァレリー・ジャレット:お決まりのサインをした後ですかね?]
もし米国がリビアを攻撃しなければと、サルコジが脅した『全てを暴露する』が、大統領上級顧問補佐官:ヴァレリー・ジャレットと関係があります。その者に関してこのレポートによると、メヘディとして知られるイスラム教で予言された救世主の復帰をもたらそうとする、イスラム世界の「ムーンカルト」派閥に属するイラン生まれの彼女がオバマの『トレーナー』だということです。

二週間前のワシントンでの公共問題に関するユダヤ人議会での衝撃的な意外な事実の発覚で、 米国のエリート権力側の人々のようにイスラム教徒を信じない、彼女自身がユダヤ人の子孫であり、そして、ペルシャ国と彼女との広範囲に渡る関係について、ジャレットの本性を暴くと脅迫したサルコジが最も重要な点です。

ジャレットがユダヤ人だという経歴がワシントンを驚かせたかもしれないが、このレポートによると、その事実をずっと前からサルコジが知っていたと述べています。そしてその者を、フランスの日刊紙『ル・フィガロ』によれば、長い間イスラエル秘密諜報機関諜報局(イスラエル・モサド)のスパイだったと述べており、その記事に関して以下の一部を引用します。

『レポートは、彼が大統領に選ばれる前に、フランスのニコラ・サルコジ大統領が長い間イスラエル諜報局のために働いていたことを明らかにします。フランスの日刊紙:ル・フィガロは、フランスのリーダがかつてサヤン(sayan)(ヘブライ語で『協力者』の意味)としてシオン主義者体制のために働いたことを明らかにしました。

前モサド職員ビクター・オストロフスキーはサヤン(その者は多くの役割を果たす)がモサドをアシストする、他国籍のユダヤ人民だと言います。ル・フィガロ紙は、フランス警察当局がサルコジのイスラエル・モサドのスパイ活動行為の過去の関与をあばいた手紙を機密扱いにすることに成功したと主張しました。

手紙が、1983年よりもはるかに溯る、サルコジの疑わしいスパイ活動を定着しました』


リビアへの徹底した完全な破壊を望むサルコジの理由は、先週、リビアリーダーの息子(セイフ・アル−イスラム・カダフィ)が彼に対して行った脅迫にあります。そして、その者は戦闘準備を整えたフランス大統領を倒す『重大な秘密』を明らかにすると脅迫しました。ロンドン・ガーディアン・ニュース・サービスが報告したように、サルコジが恐れた『重大な秘密』を我々は読む事ができ、その一部で以下のように述べています:

Saif-al-Islam-Gaddafi-007.jpg
『ムアンマル・カダフィの息子は、リビアが2007年にニコラ・サルコジが当選した選挙キャンペーンを融資して援助しており、フランス大統領は「リビアの人々」にお金を返すよう要求を声明しました。

ユーロニュース・テレビ・チャンネルのインタビューにおいて、セイフ・アル−イスラム・カダフィは、リビアには銀行から送金した詳細の証拠があり、敵対軍隊を支援したサルコジを処罰する措置になっており、公表する準備が整っていると言いました。』


リビアとフランスの関係に関して最も重要なのが、この北アフリカ国家が410億バレル以上と推定された莫大な石油備蓄を持っており、今世紀に残されたエネルギーの保証を手に入れるためにこの戦争に勝たなければならないということであり、さらに重要なのが、地球上で残された石油を絞り出すのには最も楽で、最も簡単で、最もぼろいのがリビアの石油であり、そして、絞り出すには1.00ドルのコストがかかります。

リビアとフランスの関係に関して、過去1月、北アフリカ国家との合意で270億ドル以上に調印したことが等しく重要で、両者のうちどちらかを危険に陥れるか?フランス経済の崩壊で相殺しなければなりません。

sto2.gif
我々が、また、3月8日のレポート『警告された世界的な資源戦争が東西の間で始まりました。』で、リビアの膨大な水資源(アフリカ大陸で最大の水資源)を得ようと、西側諸国にはこの国の『賞』が必要不可欠で、そして、その軍事力がそれを得ようとすることを確実に実行すると言及しました。

西側諸国のリビアへの戦争で最も恐ろしいことは、内戦の懸念が高まるにつれ、100万人以上の人々が家から逃れたと今日国連が推定して、アフリカの国家コートジボワールを犠牲にしてそれが起こっていることです。

リビアの運命越しのアメリカ合衆国とフランスとの間の戦いの結果など、我々の知った事ではありません。各々の束の間の一日のように、明らかに注意することとは別に、我々のこの世界が日増しに危険になっています。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1464.htm

不思議とこんな急なニュースも
仏大統領来日へ 31日首脳会談で調整 復興へ連帯訴え
日本も西側諸国に属して戦えって説得ですかね?

人気ブログランキングへ

2011年03月26日

リビア攻撃を拒否した後、メルケルはCIAの暗殺から逃れました

2011年3月22日
リビア攻撃を拒否した後、メルケルはCIAの暗殺から逃れました
by:ソルチャ・ファール

maa1.jpg
今日クレムリンで広まるロシア対外情報庁(SVR)によって、プーチン首相に用意された衝撃的なレポートによると、先週、ドイツがリビアに対するいかなる軍事行動をも参加することを認めず、彼女が拒否した後、アメリカ中央情報局(CIA)がドイツの首相アンゲラ・メルケルを暗殺しようとしたと述べています。

maa4.jpg
このレポートによると、『ワールドシャット–ティエンゲン(Waldshut-Tiengen)』の『予想外』のキャンペーンを中止した彼女を、リッケンバッハ(Rickenbach)まで車で行く変わりにフライトすることになっていて、『ブンデス・ポリッツアイ:連邦警察(Bundespolizei(BPOL)』がクルーを務め操縦する『AS 332L2スーパー・プーマMk2ユーロコプター[写真]』に乗って、バーデン=ヴュルテンベルク(Baden-Wurttemberg)地区にあるリッケンバッハ(Rickenbach)へとメルケルを配送中でした。

リッケンバッハへのそのフライトで ― このレポートが続ける ― メルケルが乗っているはずのスーパー・プーマのエンジンの両方ともが『突然』パワー・ロスして、機が墜落する前に、その警察官が機のコントロールを修復するまで約2,000フィートは落下したとあります。

無名のこの警察官は、このきわどいトラブルについてロンドン・デーリー・メール通信社の取材に答えました。『両方のエンジンが同時に止まった危険な状況でした。クルーがちょうどその時想定して行動して、再びエンジンを動かすことができました』、3人のクルーの命は、航空機の『autorotation』能力によって救われました。これは、落ちているヘリコプターの回転翼を空気の力で打ちつけて回転させて、エンジンが故障した時の急降下を遅らせることを意味し、パイロットに命を救う重要な時間を与えます。さらに専門家は、ビルド・アム・ゾンターク・ニュース『その破壊活動は除外された』と話しました。

しかしSVRによると、このドイツの専門家が話した『破壊活動』が、『電磁プロトタイプ装置で停止する車両の評価』のタイトルに基づき米国司法省によって1990年末に契約が結ばれ開発された電磁パルス装置(EMP)に、『疑いなく』起因していると述べています。

米国で開発されたEMP装置がおそらく車両を避ける為に使用されるはずなのだが― このレポートが続ける ― CIAは航空機も撃ち落とすために、それを利用しました。(使用例として:合衆国上院議員ポール・デイビッド・ウェルストーン(1944−2002年)を航空機墜落事故で殺害して、それでブッシュ大統領がイラク戦争を始めることを推す共和党が米上院議会を占拠することを可能にした。)

彼女の殺人未遂の前日、彼女がリビア上空に飛行禁止区域を設ける合衆国の計画を妨げたその時に、すでにメルケルはCIAの怒り買っていました。

しかしその翌日、メルケルはリビア上空に飛行禁止空域を設けることの反対を止めました。だが、メルケルの外務大臣:グイド ・ヴェスターヴェレが『ドイツにはヨーロッパのパートナーとの強い友交関係がある。だが、我々はいかなる作戦にも参加しない。そして私はドイツ軍をリビアには派遣しない。』とハッキリと述べました。

2011-03-21T122400Z_01_BTRE72K0XQ100_RTROPTP_2_CNEWS-US-LIBYA-RUSSIA.JPG
リビアとの西側諸国の戦い(現在プーチンはそれを、中世のキリスト教がイスラム教に反対して行った十字軍の行為に匹敵していると述べます)に協力することを拒んだドイツとともに、作戦の命令がNATOに取って代わることの提案を阻止しているトルコとともに、このSVRレポートでは、この戦争に勝とうとするのなら、その土地の軍隊と共に、アメリカ合衆国の侵略に『十中八九』備えなければならないと警告しています。

maa2.jpg
この新しい戦争に関係するアメリカの状況がどれくらい不安定かという驚くべき暴露で、その米国大統領(バラク・オバマ)[写真]が今日、短い声明を出し、『誰も、このチェンジがどうすれば終わるのか断言できない、だが、私はチェンジが、我々が恐れるべきものではないことを知っている。』と、全体に向け述べました。

オバマが『どうすればこのチェンジが終わるんだろう』ということを知らないかもしれないが、同じことが多くの他国のリーダー達に言えないとは限らず、そして、我々の以前のレポート『ロシアが『全面的な戦争』を警告したように、中国がリビアのリーダーを救おうと動きます。』で明示したように、我々は、リビアに対するアメリカの新しい戦争に関して、我々皆の運命を明確につづって、完全な世界戦争の脅威に発達する事を詳述しました。

この出来事の全てで最も恐ろしいことは、我々の惑星が与えてくれるべきはずの天然資源の残された最後の数に対して、完全な支配権を自らが得ようと急いでいて、自国の命を救うためならば多くの罪のない人々が死のうが問題とはしない、その争奪戦で西側諸国のリーダーがどれほど冷酷になっているかということです。

そして、この西側諸国のリーダーの中で最も最悪なのがオバマのように見えます。その者が『オバマのノーベル平和賞の周囲50マイルを避難地帯として提案してもいいですか?』とTwitterに書くことによってオバマをあざけった、その自由主義の映画監督マイケル・ムーアを含め、米国民へ約束した『平和と繁栄』を破綻寸前に追い込んで、自身の熱烈な支持者さえも多く失っています。

だが、我々が多くの時間を要して警告したように、オバマが米国民のためにと思って起こした行動が、悲惨に基づいて国を保護し、保とうとしている行為で、そしてさらに2004年のペンタゴン機密レポートがそれを報告しています。『世界中で広範囲に渡り暴動が起こり、飢饉、メガ干ばつ、核対立が勃発し、2020年までに『シベリア』の気候が英国に突っ込んできて、主要なヨーロッパの都市が上昇する海の下に沈むと警告します。』

『警告された世界的な資源戦争が東西の間で始まりました』という我々の3月8日の報告で、リビアの支配によってその莫大な水と石油資源を得なければ、それらの国がどこも生き延びることができなかった、ヨーロッパの力が不可欠に必要とした事実を詳述しました。それで現在唯一の質問で、イスラム世界が彼らにそうさせるのを許しますか?

maa5.jpg
アメリカの有名な雑誌:ニューズウィークの今週の表紙が『黙示録の今:津波、地震、核メルトダウン、革命、崖っぷちの経済。何て#@%でしょう!次は何?』[写真]というタイトルのように我々の世界は恐ろしい状況になりました。

さっきの質問の答えは『何て#@%でしょう!次は』と、誰もが知って気にしなければいけません。そして、今暮らしている我々の時代に関して、2004年に結論を下した前記のペンタゴンレポートに含まれている:

『混乱と対立は生命特有の特徴です。再び、戦争が人の生命を定めます。』

ようこそ第三次世界大戦へ!それは、あなたが考えてるよりも早く、とても身近に迫っています。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1463.htm

達人先生のHPより頂きました(汗)(えりちんじいさんありがとう♪)


人間は過ちを繰り返してしまうのでしょうか?

ps:なかのひとが作動しない......
人気ブログランキングへ

2011年03月25日

ロシアが『全面的な戦争』を警告したように、中国がリビアのリーダーを救おうと動きます。

2011年3月21日
ロシアが『全面的な戦争』を警告したように、中国がリビアのリーダーを救おうと動きます。
by:ソルチャ・ファール

lww2.jpg
ロシア対外情報庁(SVR)ミハイル・フラトコフ長官から今日クレムリンで広まるメドヴェージェフ大統領への「緊急」レポートによると、中国の軍艦「徐州」が、北アフリカ諸国での米国主導の空襲から、そして、暗殺から守る為に、リビアのリーダー:ムアンマル・アル=カッザーフィー[写真]と家族を保護するための準備をしていると述べています。

このレポートで西側諸国に対して『衝撃的な裏切り行為』と呼んだのは、ロシア大統領はカダフィと反乱軍から民間人を守るとしてリビア上空に飛行禁止空域を設ける国連安全保障理事会の投票を棄権(ロシア、中国、インド、ブラジル、ドイツは棄権したが、賛成多数で採択した)したが、その安保理決議を、西側諸国がリビアの莫大な石油と水資源の乗っ取りを企むのに利用したと言います。そして、我々は3月8日のレポート(「警告された世界的な資源戦争が東西の間で始まりました」)で、前もってその事を警告していました。

lww3.jpg
たとえロシア連邦軍参謀総長ニコライ・マカロフ前もってリビアでの外国の軍事介入が西側諸国との全面戦争の引き金になるかもしれないと警告をしても、英国のリアム・フォックス国防相が直接カダフィをターゲットすることが「可能だった」と言い、英国の潜水艦がリビアのリーダーの住居があるトリポリ中心部に2発のミサイルを発射して、48人が死亡し150人以上を負傷させ、西側諸国によって多くの一般人の死をもたらしたように、彼の警告は無視されました。

西側諸国がリビアの一般人を多く殺した後に、ロシア外務省広報官:アレキサンダー・ルカシェビッチ は、リビア(この攻撃のまさに前日インド中国が加わった要求で、リビアの石油を採掘したいという申し出のオファーをリビア当局が考慮すると言った)に対する米国主導の攻撃を即刻停止するよう要求しました。

中国で最も有力な政治新聞「人民日報」が、アメリカ合衆国と同盟国が国際的な規則違反を犯していて、所々でイラクのように『その国の人々の言葉では表せない苦しみが模範と警告だ』、と、リビアへの軍事攻撃を、アフガニスタン並びに、イラク戦争から続く、『数カ国が独立国に対して武力行使を実行した第3弾だ』と述べ、さらに警告しています。

さらに、アラブ連盟事務総長アムル・ムサは、『リビアで起こっていることは飛行禁止空域を強要する目的とは異なっている、我々が必要とするのは一般人の保護と、多くの一般人が爆撃されないことだ。』と述べて、西側諸国を非難しました。

この出来事の全てにおいて最も仰天させられたのが西側諸国の狂った偽善行為です。その者達は、保護すると言った自らがリビアの一般人をあからさまに虐殺しているのと同時に、その友好関係にあるアラブの盟友が、武器を持たない全ての抗議者が虐殺されているのを許しているのと同時に、報復の脅威、又は、非難のことばを浴びずに平然と実行することができることです。

数万人を集結させた武器を持たない抗議者の指導者に浴びせるよう軍のスナイパー部隊に命令して、そのうちの50人以上を虐殺した、米国に後援されたイエメンの独裁者:アリ・アブドラ・サレハが、この『承認された』一般人の大虐殺で特に恐ろしかったです。まさに、西側諸国からの非難を浴びずに、自国の力強い群衆をその国のリーダーが即刻の除去を要求した、そのような野蛮な行為です。

同様に恐ろしいのは、一般人への野蛮な攻撃が米国に後援されたバーレーン・リーダーよって企まれたことです。そして、いったい誰が?彼に逆らって拡大する抗議活動の鎮圧を強行したサウジアラビアのアラビア人に電話をして要求したのか?そして、国連事務総長の声明によって誰が?『医療関係者(主張によると)に対して、武器を持たない一般人(含むこと)に対して、バーレーンの治安部隊と警察当局による過度で無差別な実力行使の報告から、非常に深刻な懸念を表明しました』、として非難されましたか?

バーレーンの人々を更なる政府の大虐殺から守るために援助を米国と国連に緊急に訴えたにもかかわらず、耳を傾けないことで確実にアピールしているように、ジョージ・フリードマン(ストラトフォー(STRATFOR):米民間シンクタンクで主に国際情勢を分析)によって最もベストに解釈されたように、今日、ボストン・ヘラルド・ニュースサービスに『我々はサウジアラビア人(その者の現在の体制をサポートする)とともに戦いに加わるつもりはなく、アメリカ合衆国がその(インド洋)艦隊をキープしている地域だからといって、我々はバーレーンに干渉するつもりもない』と語りました。

lww4.jpg
リビア政府への市民の攻撃に関して、西側諸国の民族の大半に話されていないことは、その市民の自由とチャンス(可能性)の権利を代償とした富と権力、そして、石油だけを切望する狂人だという真実を、このデカダンス的な偽善者の姿を見た、アラブ諸国全土で広まり高まった反発だということです。

リビアに関するこの出来事の全てで最も不吉なのが、第9章の四行詩の1つの世紀で、フランス人の偉大な予言者ミシェル・デ・ノートルダム(1503-1566)(aka:ノストラダムス)が、その者のことに関して終わりの時の予言を書いたことです。

東洋からアフリカの中心部にやって来る/ロムルスの継承者、ハーディの苦しみのため/リビア艦隊に同行して/マルタ寺院、そして、近くの島を棄てる

lww1.jpg
1983年に発売された「ノストラダムス:黙示録へのカウントダウン(287ページ)」のフランス人著者でノストラダムスの研究家:ジャン=シャルル・ド・ フォンブリュヌによると、『王の中の王』がリビアのリーダー・カダフィで、この予言によれば、西側諸国に対抗してアラブ諸国を団結させ、我々の世界を崩壊の瀬戸際にまで至らせる破滅的な世界大戦を始める男だということです。

フォンブリュヌがカダフィを「王の中の王」と称したことに関して、2008年8月29日の200人以上のアフリカの王との伝統的な定規会議が行われたまる25年前に、本当に、その称号の通りを行った、1983年のそれを実行したのがカダフィであった点が最も興味深いです。

我々が以前、『ヴァージン・メリーは重大な警告を発します、だが、天使は米国を救うことが出来ると言います』の3月17日のレポートで記したように、我々の先祖が伝えた予言的な警告が、我々を危うくするように無視されています。そして、我々のレポート『終わりに近づき、沈黙が覆ったアメリカを襲います』で人々に注意した、その狂ったリーダー達が先導してますます奈落の底に近づいたように、彼らを襲おうとしている真実の恐怖から遠ざけていて、アメリカ合衆国ではどこにも明示されていません。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1462.htm

参照:@カダフィ大佐「第2の十字軍」 欧米リビア攻撃を批判

A多国籍軍によるリビア空爆を巡り、ロシアのプーチン首相が21日、「中世の十字軍を連想させる」と米国などを批判した。

プーチンとカダフィは西側諸国を十字軍と表現しました。

そうです。つまりはそういう事です。
それにしてもメドベは『私はキチガイのビッチです』とハッキリ明言しているようなものだね。
0040sk3d.jpeg
プーチンは情報機関から絶大な支持を得ているのでメドベは本当に無力化されるでしょうね。(写真のプーチン陣営の目つきマジヤバくね?)
それに比べてプーチンは『北方領土を日本に返還しよう:参照@A』『LNG対日輸出拡大の用意』と本当に素晴らしいリーダーです。
大統領選挙のポイント稼ぎの為に北方領土で軍事演習をして、ロシアの領土だと頑固ゆずらないメドベとはダンチの対応です。日本の保守の方は是非プーチンとの日露同盟を推して下さい!!
これはまさに故小渕恵三の遺産ですね。日本人は戦って死んだ小渕氏に本当に感謝しなければいけません。
彼の意志を引き継ぐ国にいい加減に変わらなければならない。


ps:毎日更新したいのですが時間が無くてすいません。
多くのアクセス、ありがとうございます。
皆さんは今日のフライデーを見ましたか?富士山付近で地震雲が目撃されているようです。3月18日のようです。
地震に気をつけて下さい。

それに原発問題は徐々に真実が露出してきました。
隠し通せるはずがないのに何時まで政府は嘘をつき続けるのでしょうか?
せっかく助かった多くの市民の命が一握りのバカのせいで死んでしまうのです。
テレビでおばあちゃんが涙を流しながら『おいしいです、ありがとう』と言って、おにぎりを食べている映像を見て僕は涙がとまりませんでした。
無力とはほんとうに苦しいですね。
お願いです!最後の戦い、皆さんも力を貸して下さい!!
人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。