2011年04月18日

衝撃的なレポートには、オバマが850億ドルをホンジュラスへ動かしたとあります

2011年4月11日
衝撃的なレポートには、オバマが850億ドルをホンジュラスへ動かしたとあります
by:ソルチャ・ファール

ロシア財務省が、世界的な麻薬取引に関連する国際的な金融取引を追う目的で設立されたインターポール(ICPO)に用意した2011年3月のレポートの項目によると、アメリカン・プレジデントが中央アメリカのエルサドバドルを訪問(3月22日)していた同じ日に、推定150億ドル相当の金塊/銀塊と、730億ドル相当の米国証券と現金の衝撃的な財産をバラク・フセイン・オバマUが、バンコ・シティバンク・デ・ホンジュラス社へと、米国-EUが移したとリストUPしました。

oac1.jpg
アメリカン・プレジデント[クーデターで追放したホンジュラス大統領マヌエル・セラヤと嫌な顔で写るオバマの写真]としてリストUPされておらず、『バラク・フセイン・オバマU』と名付けたこのレポートの項目が重要な点で、まさしく、この名前が確かにアメリカン・プレジデントの名で、世界で唯一の人物の名であり、人はこの名を他の誰かだと想像するには難しいということです。

oac3.jpg
ホンジュラス(この驚くほど莫大な金額を預金した中米国)とアメリカン・リーダーとの関係は、米国が右翼の暫定軍事政権に賛成してマヌエル・セラヤ大統領を追放した2009年のクーデターを支援したことで有名です。全ラテンアメリカ世界に衝撃を与えた、セラヤ大統領が米州機構(OAS)からホンジュラスの除名をもたらした動きにより、サンノゼ(コスタリカ)に強制送還される前に、オバマ直々の命令により、テグシガルパ郊外の米国空軍基地に拘束しました。

セラヤは、南アメリカからメキシコへのドラッグの供給を阻止した努力のために、彼に対してこぞって反対する右翼の凶悪犯と米国の怒りを得ました。そして、その誰もが、ホンジュラスを介して移動することができず、アメリカンマーケットに到達することが出来なくなりました。だが、オバマによるセラヤの追放以来、ホンジュラスは現在『麻薬密売人のパラダイス』と言われます。

2009年以降、オバマは右翼組織のリーダーであるポルフィリオ・ロボの主要な同盟国でチアリーダーになりました。そして、ヒラリー・クリントンの米国務省はホンジュラスがOASに再び入るのを承認されるよう現在運動しています。米国はまた、2009年のクーデター以来、2つの新しい軍事基地をホンジュラスに建設して、地方警察のトレーニングを増やしました。

一方でオバマをどのようにして?我々の世界で最も金持ちの男にする財産へとアクセスさせたのか?メキシコとコロンビアの麻薬カルテルのために5000億ドル以上を資金洗浄したとわかった、ロンドン・オブザーバー新聞が先週発表した、ワコビアと呼ばれた米国の世界最大の銀行によるその方法を詳述した、この特別レポートから探り出すことができます。

オブザーバーのレポートは、2006年に開始された調査で、約6トンのコカインを運んでいるDC-9航空機(裏でCIAが絡んでいる)がメキシコ湾の都市:シウダード・デル・カルメンに緊急着陸した後の、この世界的な貿易でアメリカ最大手の銀行の何社かとを関連づけている詳細な財政記録も含んでいます。

ドラッグに関連した国際的な資金洗浄計画の歴史と記述されたことに対して、米国の連邦検察官が多くの米国銀行経営陣を起訴したかったが、オバマはワコビアだけが起訴されるのを許して、検察官の狙いをくつがえしました。そして、それはむしろ、彼らが裁判に行くことより、罪の意識を認めて深く謝罪し、米国バンクの秘密行為によってこれまで得てきた莫大な利益から、たった1億6000万ドルの罰金を払っただけでした。

さらに、2008年の銀行危機(その危機により、オバマにアメリカン・プレジデントの地位を与えた)のピーク時の、その米国銀行と金融システム(その者達はまず第一に、オバマが大統領になるよう力を注ぎます)に関連したドラッグとのオバマの秘密の関係に関して最も重要な点は、アントニオ・マリア・コスタ( 国連薬物犯罪事務所 事務局長 兼 国連ウィーン事務局長)が、米国とEUの銀行が崩壊の瀬戸際であり、活用できる『唯一の現金化しやすい投資資金』であったと、ドラッグと犯罪の収益のことを示唆して、その証拠があると述べたことです。コスタはさらに『銀行間のローンは、ドラッグ取引から生じたお金によって資金提供された』と述べました。そして、『一部の銀行がそのようにして救われた徴候がある』と述べました。

さらに米国からの衝撃的なレポートで、オバマが政府のエージェントに命じた、メキシコの麻薬カルテルに行くのに強力な武器の携帯を認めたことで、ワシントンポストが今日報道したニュースのように、子供達や赤ちゃんを殺すのに武器が使われているということです。

CBSニュースによると、米国の連邦アルコール・タバコ・火器局(ATF)のエージェント高官:ジョン・ダッドソンは、オバマに対してこのことを告訴しました。その記事で以下を引用します:

『私はフェニックス(不死鳥)の地上軍だ。
私がここに、私がここにいる前から、毎日それをしていたと、あなたは我々に話してください。
私がしたことを、私はしなくてもよかったと、私に話してください。
私がしたことをするようには、私に命令はしなかったと、あなたは私に話して下さい。
それは起こらなくてもよかったと、私に話してください。
今あなたは、そのことに関して名声がある。
あなたは、それに対して説明する面子がある。
ただいま。
誰かが今、そんなことは起こっていないと、私に話します。』


oac4.jpg
この出来事で、これまで我々が知っていた世界で唯一、最も残酷で、堕落した政府だと解説することができて、このアメリカ民族の継続した追従による出来事の全てに仰天させらます。実際に、彼らは悪魔によって支配されていることなど、全く心配しているようには見えません。

アメリカの状況がどれくらい衝撃的になったか?今日のガーディアン・ニュース・レポートの報告により、我々は全くもって観察する必要などないように見えます。:

『アメリカの著名な法律学者の内の250名以上が、疑いをかけられているウィキリークスへの情報提供者(イラク虐殺映像etc...)ブラッドリー・マニングの軍刑務所での処置に対して、それを違法だと争った、マニングの「品位を下げた冷酷な状況」が違法で、憲法に反して、拷問にさえ値するだろうと主張した、抗議した手紙に署名しました。署名者のリスト上には、ローレンス・トライブ(憲法の法律に関して、アメリカで一番のリベラルな権威者だと考えられているハーバード大学教授)の名があります。ローレンス・トライブはバラク・オバマに憲法の法律を教授して、2008年の大統領選挙戦の重要な後援者でした。ローレンス・トライブは、司法省の法律顧問として、昨年からオバマ政権に加わりました。』

また、オバマに関して非常に奇妙なことで、今週、ホワイトハウスの議会で『私は失敗した、匿名の行いができないのを悲しく思う』と発言した彼への、2012年の米国大統領候補だと考えられている前アラスカ州知事のサラ・ペイリンも先週末に参加した、共和党の支持率ナンバーワンで億万長者でもあるドナルド・トランプがオバマに対して向けた訴えである、彼がアメリカ人ではないかもしれないという、なかなか消えない疑いです。

参考:不動産王が共和党有力候補に浮上 次期米大統領選2011年04月08日
5日、米ニューヨークでイベントに参加したドナルド・トランプ氏(AP=共同)

 【ワシントン共同】オバマ米大統領が再選を狙う2012年11月の次期大統領選で、共和党から対抗馬の名乗りが正式にない中、不動産王として知られるドナルド・トランプ氏が8日までに世論調査で支持率2位を獲得、共和党候補指名レースの「ダークホース」(ウォールストリート・ジャーナル紙)に浮上した。

 トランプ氏は人気テレビ番組の司会者で、知名度も抜群。次期大統領選への出馬を今年6月までに判断するとしている。

 同紙とNBCテレビが共和党候補を絞る同党予備選の有権者を対象に実施した調査で、トランプ氏はハッカビー前アーカンソー州知事と同率の17%を集め2位。1位は他の世論調査でも安定した支持を得ているロムニー前マサチューセッツ州知事で、21%だった。

 話題を呼んだのが、7日放送のNBCとのインタビュー。トランプ氏は、オバマ大統領が米国生まれかどうか「疑惑がある」と述べ、独自の調査チームをオバマ氏の出生地ハワイ州に派遣したと発言した。

 米国内では、オバマ氏が米国生まれだと信じない一部の保守系市民が、オバマ氏に大統領の資格はないと主張。トランプ氏はこうした声を意識したとみられる。(共同)


オバマの答弁にやって来たのはチヨミ・フキノ(元ハワイ州保健局所長)でした。彼はNBCテレビ・ニュースでの珍しい電話インタビューで、「オバマ氏の出生証明書については、多くの人々から公開するようリスクエストがあったものの、証明書を家族以外へ公開することはハワイ州法で禁止されている」としたうえで、「今回、証明書を管理、維持する権限を持っている保険局所長である自分が、オバマ氏の出生証明書を確認した」と述べました。

ハワイ司法長官オフィスのジョシュア・ヴィッシュは、州法で実際に、『重要な記録』(最初の「出生証明書」を含め−その個人の出生を記録することさえも)の公表は容認出来ないとNBCに話しました。それは、ハワイで運転免許証を得る為の条件で、名前と生年月日の証明を立証するために、『出生証明書』とともに、生んだ『両親のデータもリスト』しなければならないと、そのウェブサイトでハッキリと述べていることとはダイレクトに矛盾している声明です。

oac2.jpg
この全てで不幸にも、今週末の明らかなショーで、ニューヨーク市で大規模な反戦デモを行ったのだが、米国民は彼らを知らないままで、彼らを知ろうとはしないが、確かに彼らを望んでもいないということです。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1470.htm

市民による、市民の為の革命のため、クリックして応援ヨロシクお願いします。
人気ブログランキングへ

2011年04月16日

『神の子供達』を見つけだして、殺す米国の動き(再)

2011年4月4日
『神の子供達』を見つけだして、殺す米国の動き
by:ソルチャ・ファール

coa4.jpg
神秘的な『弟子アンデレ(聖アンドレイ教会:キエフにある)』の宗教的な命令により、ロシア正教会最高指導者キリル総主教に用意された新しいレポートによると、アメリカ合衆国が現在、我々の地球のバランスを回復し、再生するために『最後の日』に帰還すると予言された『神の子達』のアイデンティティーを見つけ出して、殺していると警告しています。 
参考:神の子とは?http://www.epochtimes.jp/jp/2007/04/html/d51862.html
   http://english.pravda.ru/science/mysteries/05-03-2008/104375-boriska_boy_mars-0/

180px-José_de_Ribera_San_Andrés.jpg220px-Pope-peter_pprubens.jpg
『アンデレ』『ペトロ』     
『正真正銘生きている故人』聖アンデレは、キリスト卿を裏切った、異教徒でくわせ者の使途パウロに伴った兄:聖ペトロとは違うように、イエスの12人の使途のうちの一人として、『弟子アンデレ』が発した宗教的な命令を自らで確認しました。

423px-Folio_201r_-_The_Martyrdom_of_Saint_Andrew.jpg
聖アンドレは、東部地方中にキリスト教の正統な信仰をもたらしたと言われています。最も重要なのはロシアとギリシャでした。そして、イエスの血統の生き残りを守るために、その「遺産の保護」をテンプル騎士団[キリストの、そして、ソロモン寺院の貧しき騎士修道院]の宗教的な命令(「ロシアは、考えていたよりも身近になった中東への中国の侵入に警告します」というタイトルの我々の以前のレポートで触れた歴史)によって実行されたと語られた、その多くの伝説により10世紀のスコットランド(ギリシャでも)で守護聖人になりました。
[注:聖アンドレ(彼の兄:聖ペテロと同じく)は元々漁師だったので、ロシア海軍は軍艦全てに彼が張り付けにされた十字架の国旗を掲揚し続けます。また、聖アンドレの十字架は、スコットランド国家の象徴であり、イギリス国旗にも取り込まれました。]

現在、「弟子アンドレ」によって書かれたこのレポートの完全な臨界を理解するために、人は確実に、世界最高の重要語(「ロゴス」)の本当の意味と歴史を知らなければなりません。

ロゴスは、哲学、心理学、レトリック(雄弁術)、宗教の重要な用語です。元々はことば(「スピーチ」、「説明」または「論理」)を意味する用語です。それは哲学の専門用語となって、ヘラクレイトス(紀元前535 - 475年)から始まりました。彼は道理と認識の原理でこの言を使用しました。

古代哲学者は、異なった方法でこの言を使用しました。ソフィスト(古代学者)は論説を意味してこの言を使用しました。そして、アリストテレスはレトリックの分野でこの言を「論述過程」に適用しました。ストイック(禁欲主義者)な哲学者は、この言を森羅万象にいきわたる原理/原則に生命を与えた、その神聖さと結びつけました。

ユダヤ教がヘレニズム文化の影響を受けたあと、フィロ(BC20年〜AD40年)はユダヤ教哲学にこの言を採用しました。

キリスト教の新約聖書:ヨハネの福音書では、ロゴス(それを通して、すべてのものがもたらされた)を神(テオス)とみなして、さらに以下を述べることでイエスをロゴスの化身とみなします:

『初めに言(ことば、ロゴス)があった。言は神と共にあった。言は神であった。 この言は、初めに神と共にあった。 万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。 言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。 光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。』

イエスの生き残りのファミリーと、最初の使途全員に対し、その関係者を取り込み挑ませたローマカトリック教会と共に、全キリスト教の世界が何世紀も前に分裂したのは、この一言(ロゴス)によってでした。

グノーシス派として現在漠然と呼ばれている後者[注:グノーシス(Gnosis:古代ギリシア語で認識・知識を意味する言葉)は、聖者または神秘主義的に啓発された人間の精神的な知識です。]の誰が?その『基礎』のロゴスを産み出したのがイエス自身だと信じて記述しましたか?そして、どちらが?4つの正典の福音書(ゴスペル)のうち3つにそれを含んだのか?[注:正典の福音書(ゴスペル)は、キリスト教の戒律でイエスの人生に関する4つの報告です。]、そして何故?『カラシナの種子の寓話(注:カラシナはからしの種)』と呼ばれているのか?それを我々は読むことができます:

Teachings_of_Jesus_5_of_40._parable_of_the_mustard_seed._Jan_Luyken_etching._Bowyer_Bible.gif
マタイの福音書では、寓話は以下の通りです:

マタイはそれらの前に一つの寓話を用意し、言いました。『天の国はからし種に似ている。人がこれをとって畑に蒔けば、どんな種よりも小さいのに、成長するとどの野菜よりも大きくなり、空の鳥が来て枝に巣を作るほどの木になる。』[マタイ13:31-32]

マルコの福音書で:

彼は言いました ― 『神の国は、どのようなものと言えばよいのか。何にたとえればよいのか。それはからし種のようなものです。地に蒔かれるときには、地に蒔かれる種の中で、一番小さいのですが、それが蒔かれると、生長してどんな草の葉よりも大きくなり、大きな枝を張り、その陰に空の鳥が巣を作れるほどになります。』[マルコ4:30-32]

ルカの福音書で:

彼は言いました ― 『神の国は何に似ているか。何にたとえようか。 それは、からし種に似ている。人がこれを取って庭に蒔くと、成長して木になり、その枝には空の鳥が巣を作る。』[ルカ13:18-19]

ローマカトリック教会とイエスとの間の開きを理解する核心は、イエス・ファミリーと本当の信従が、これを言ったことです。
ファリサイ派の人々が、神の国はいつ来るのかと尋ねたので、イエスは答えて言われた。 『神の国は見える形では来ない。『ここにある』『あそこにある』と言えるものでもない。実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。』 [ルカ17:20-21]

coa3.jpg
まさにこの単純な言(「神の国があなたがたの間(中)にある、を見るために」)で、人間らいしとは何なのか?という唯一重要な事実を見い出すために無数の何億人もの人々を殺して、過去2,000年間、我々の世界は、その全歴史において多くの流血を経験しました;西側諸国の科学者が人のDNAの90%を研究して『くず』だとレッテルを貼ったのだが、ロシアの生物物理学者で分子生物学者:Pjotr Garjajevが科学的に検証したように、ことばと音には我々の全ての遺伝的構造を変化させる能力が備わっていると発見した、あなたはその発見に注目して下さい。

さらにGarjajev博士の研究は、まるで我々のDNAがこの次元と他次元の間を隔てている『スターゲート』のような働きをする、情報が寸法的な−中間層を通過する『ハイパー・コミュニケーション』の存在を証明しました。
[注:スイス・ジュネーブでの、2008年の量子物理学実験でニコラス・ギシンとその研究チームが行った量子ノンローカル接続(アインシュタインが不気味な現象(テレパシーだ)だと言ったこと)の「速度」が少なくとも光速の1万倍だと発見した。(つまり量子テレポーテーション)]

coa2.gif
より単純な言葉で言を解釈すると:どんなに小さくとも(カラシナの種子の寓話)、ロゴス(語)には誰もが、組織化された宗教、または教会の階層構造の必要性を否定している『天/神の国』にアクセスすることを許す、ヒトのDNAを変える能力があります:ローマカトリック教会(その新教徒の大半の子孫)にある純然たる真実は、人類が知ることを阻止するために数100万人を虐殺しました。そして、ほとんど全ての政府が現在、その市民が知ることを恐れて生きています。

そして、この恐れは無意味であり、アメリカ合衆国ほど明白なものはありません。この『弟子アンデレ』のレポートで、ロゴスによってDNAが変化したので、『つきとめて、見つけて、殺しなさい』と歴史的な努力を開始したと述べています。

このレポートによると、米国国防総省高等研究計画局(DARPA)が、監視することが可能な、ヒトゲノムに組み込む遺伝子セキュリティ・システムの要求(普及)を緊急に出したことです。そして、彼らをすぐに処分することができるように、このようにしてどんな新生な『神の子』でも『意のままに見つける』ことが可能なように、生体遺伝子メイキャップの変化を報道しました。

米国によるこの衝撃的な行動は、そのワクチンと呼ぶもので知らぬ間に、遺伝子を破壊する微生物を接種させることによって、そのDNA『網』が『ずれ落ち終わるまで』人々を無力にすることと、出生前の妊娠中絶を通してこれら『神の子』を除く、その10年間にも渡る長い『マスタープラン』に続きます。[注:以前我々がレポートした、厳罰を伴う米国のワクチン法への宗教的な免除は、イスラム教の国家とアンマン教徒の信仰(その子供達には自閉症の一つの症例もこれまで発見されていない)によって長い間利用されました。

coa1.jpgarticle-1371290-0B63F05200000578-171_634x432.jpg
このレポートでは言及されていないが、『キリスト教の歴史の重大な発見』かもしれないと述べた、その書を調べた少数派の内の一人であるデイビッド・エルキントン(古代宗教歴史学と考古学の英国学者)によって、これまでに見つかったイエスの彫像の中で、2000年も前のものであり、頭に茨の冠の付いた男性を表していることと、この書の意外な事実で、時間の終わりに開かれると記述された『神秘の書』の一部ではないか?と多くの人々に信じられた、70(リードリングによって縛られた5枚と15枚のリード・リーフからなる)の金属の書(死海写本より貴重な書)の発見が、非常に興味深いです。

言語の組織的構造の使用と理解が、音と想いのつながりのような役目を果たすとして、フェルヂナン・ド・ソシュール(その者は20世紀の言語学の父と広く尊敬されている)が述べたように、ソルチャ・ファールの、我々の要求の主要な焦点となっています。このレポートは、この乱れきった時代の中で、更に深く堕落しようとしている世界中で現在起ころうとしている『新たな覚醒』の合図よりも、大きな意味を持っています。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1468.htm

久々にテレビを見て堂本さんの話を聞いたんですけど、考え方など本当に素敵な方ですね。
菅直人に一番今会いたいようで、会ったら『日本をどうしたいんですか?』と質問したいようです。
2年前にこの歌を作成したようで、このまま行くと日本が無くなってしまうんじゃないか?と危惧しているキモチも込めているようです。
素晴らしいこの国を次の代にも残してあげたい。
先に生まれた者のサガです。
動物でも次の子のためにテリトリーや生態系を守り生活しています。
人間は今だけ良ければ良いんでしょうか?
日本人は本当にそれで良いんでしょうか?

これをロゴスのハーモニーというのでしょう....



この記事と、過去に訳した『テンプル騎士団とロスチャイルド家の結婚』と、先ほども参照した記事『ロシアは、考えていたよりも身近になった中東への中国の侵入に警告します』と、『テンプル騎士団の壊滅』を呼んで頂くと気づく点があるのですが、『テンプル騎士団の壊滅』の記事の冒頭で、

1307年10月13日、フランス全土のテンプル騎士団の支部が一斉に捜査され、総長のジャック・ド・モレー以下3000人のテンプル騎士達が、この同じ日に逮捕されたのである。
 これは、当時としては、おそろしく用意周到な計画的な逮捕劇であった。
 この計画を命令したのが、当時のフランス国王フィリップ4世美男王である。
 そして、王の右腕として、実際に作戦を練り、この計画を実行に移したのが、宰相ギヨーム・ド・ノガレである。
 フィリップ4世が、テンプル騎士団を潰そうとした理由は、騎士団が保有する莫大な財産狙いだったと見て間違い無い。

それはともかくも、フィリップ4世の出した騎士団の罪状は、端から見ても、でっち上げは見え見えだった。
 このフィリップ4世と宰相ノガレのコンビは、すでに1306年に、国内のユダヤ人相手にも同じようなことをしている。このコンビはユダヤ人達を追放し、彼らの財産を奪い取ることに成功している。
 今回も同じ手口で、「異端」の罪だ。

ルシファーの末裔であるギヨーム・ド・ジェローヌの子だろうか?

この手法、恐ろしいほど悪魔の手口に見える。

これはあらゆる組織、つまりはどんなに敵対する組織だろうと全てに入り込み、トップ階級に上り詰め、誘惑で唆し、最終的に悪魔以外の関係者を皆殺しにし、証拠を隠滅して、悪が富を独占するという、何世紀にも渡る壮大な泥棒劇だというのか?
このイザコザの後しっかりとイルミナティーがフランス革命を起こしてテンプル騎士団から奪った富をごっそり頂戴している。
ソルチャ・ファールの言うカタリ派の一派(キャザー)の裏切りとテンプル騎士団の裏切りの真相は分からないが、非常に興味深い。

この背景によると結局、邪神としてマニ教がアジア圏でも一掃されたということですか?
一般的に悪ではないのか?と広く言われているグノーシスの定義と、ソルチャ・ファールのグノーシスの定義に開きがあるのも興味深いです。
まだ何か隠されいると言うことなのか?

それにしても公開処刑された聖アンデレがその後、悪の巣靴のスコットランドの守護聖人になるとは.....。
悲しい悪の世です。

達人先生より格言
PS:私はゲームの達人,OUT OF EDENのブログ記事でロスチャイルド家のことを多く書いてきましたが創業者が成功した秘訣はただ一つ「下手にでるときは徹底的に下手にでる」ということです。これを知らないと必ず失敗します。自分の目標を達成するまでは嘘をついても構わないということです。これから世の中で起きることは半端ではないでしょう。しかしそれもすべて仕組まれたものです。変化に対応する能力を身につけられれば何も畏れることはありません。会社でもそうでしょ。嫌な上司に対してはあくまで下手にでて飲み屋では第三者にその上司を誉めること。誉められて怒る人間はいませんしそのそりが合わない上司から「どうだ今晩あたり一杯」と必ず声がかかります。その上司に復讐したければ自分が上司になることです。本当の男とは嫌なことに「ノー」と言える人間ですがまず世間の法律を知り上に述べた「徹底的に下手にでる.....」ことを覚えておくといいでしょう。頭にきたら自我を抑えればすべて丸く治められるのですよ。だけどDemocracyとはDemon+Cracyという悪魔の支配する意味ですから相手によっては自我など抑えていては殺されますよ。


PS:日本人はアメリカの裏組織(悪魔)と中国の裏組織(悪魔)が結託していることを決して忘れてはならない。

『中韓を知りすぎた男』より。

しかしアメリカ司法省やCIAの指摘は日本の「エージェント・オブ・
インフルエンス」と言われる社会的地位を持ち、その意見がかなりの
ウエイトを持つエージェントが財界、マスコミ、学者、教育界にかなりの
比重を占めていることが致命傷だと言っています。

どいうことかと言いますと、この種のエージェントは自分たちが中国の
利益のために手を貸しているなど決して思わない。また使っている方も
そう思わせてはならない。日中友好とか世界平和などの大義名分を与え、
あとはコントローラーにとって都合の良い情報をリークしていけばごく
簡単に操れる。

「エージェント・オブ・インフルエンス」を操る第一の鉄則は当の本人
に利用されていると気づかせないことなのです。

このようなエージェントが日本には数千〜数万いるそうです。コント
ローラーにとって教養があるエリートほど操り易いそうです。

映画の話ではありません。実際の話です


205v1u8.jpg
『2009年度の米国債の各国保有率』
o04300179109318635051.jpg
『2010年度の米国債の各国保有率』
アメリカを批判しつつ世界一しっかりと米国債を購入している中国。
ブリックスを中国が主導して独自通貨を立ち上げるなんて意気込んでたが、全く逆の行いをしている。
この裏切り者の行いにより完全にポツっただろうな....。
ロシアはテストコインまで作って披露したのに....。
またやるぞ!なんて言ってますが中国はやらないでしょう。

そんなのムカシッカラ言ってますし。
弁証法の鏡ですわ。

ブログの上位の方にも多くいますよね?アメリカ派だ、中国派だと言っている人が....

米国民や中国国民はいい人だが、両国の政府機関の裏側はバレないように争いを先導していて、その争いに日本も加え、武器の在庫一掃セールをしようとしているので本当に要注意してください。争い合う彼らは机の下で手を握っているのです。民族の争いは奴らの演出した戦場なのです。

まさしくこの通りです。

ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」─ Bipartisan report concerning Japan


1、東シナ海、日本海近辺には未開発の石油・天然ガスが眠っており、
その総量は世界最大の産油国サウジアラビアを凌駕する分量である。
米国は何としてもその東シナ海のエネルギー資源を入手しなければならない。

2、そのチャンスは台湾と中国が軍事衝突を起こした時である。
当初、米軍は台湾側に立ち中国と戦闘を開始する。
日米安保条約に基づき、日本の自衛隊もその戦闘に参加させる。
中国軍は、米・日軍の補給基地である日本の米軍基地、自衛隊基地を「本土攻撃
」するであろう。
本土を攻撃された日本人は逆上し、本格的な日中戦争が開始される。

3、米軍は戦争が進行するに従い、徐々に戦争から手を引き、日本の自衛隊と中
国軍との戦争が中心となるように誘導する。

4、日中戦争が激化したところで米国が和平交渉に介入し、東シナ海、
  日本海でのPKO(平和維持活動)を米軍が中心となって行う。

5、東シナ海と日本海での軍事的・政治的主導権を米国が入手する事で、
この地域での資源開発に圧倒的に米国エネルギー産業が開発の優位権を入手
する事が出来る。

6、この戦略の前提として、日本の自衛隊が自由に海外で「軍事活動」が出来る
ような状況を形成しておく事が必要である。

@原本:http://www.scribd.com/

A参考ブログ:http://syouhou.iza.ne.jp/

B参考ブログ:http://alternativereport1.seesaa.net/

マスコミの伝えない東シナ海油量サウジ並み
中川昭一氏 生前インタビュー (2009年1月頃)


その後、中川氏は2月にG7もうろう会見

そして死亡....。(日本に原発はいらないんです)

尖閣諸島でのイザコザの裏に確実に悪魔の臭いがする。
この問題は日中が本当の意味で悪魔を排除して手を取り合わなければならない。

ベンジャミンが『中国は正義の味方です』なんてハーメルンの笛吹きしてるが....米連銀は潰れろなんて言ってて、中国が国債を買って支えているから死なないんだよ。
デイビット・ロックフェラーは良い人です。なんてホントにクレイジーな人です。

それに日月神示(日本版ニューエイジ教というか、超うさん臭い)を広めた船井。
要注意です。
middle_1302607604.jpg

ロックフェラーセンタービルの前にある「プロメテウスの像」。ロックフェラーとロスチャイルドはどっちが強いか.....なんて記事がありましたがね。ロックフェラーはロスチャイルドの刎頚の代理人ヤコブ・シフ亡き後の米国での代理人にすぎないのです。財布の紐はロックフェラーセンター56階に構えるクーン・ロエブ商会に握られているのです。ニクソンに文鮮明が会い意気投合し莫大な寄付により気分をよくしたニクソンはロックフェラーに文鮮明との仲介をし統一協会が日本の代理人となった次第です。それは戦後を作った三人のうちの笹川良一によって支持された。

middle_1302608664.jpg
時あたかもGlobal2000の人類皆殺しの政策がカーターによって承認されるのと時を同じくして船井総合研究所がサイババの大キャンペーンを繰り広げた。ぼかすためである。結果としてサイババのビバーチェ(聖灰)は手品であることがTVで知らされたが船井幸雄からのコメントはない。泳いでいる金魚を止めるとした話も手品なのですよ。

楽しくてしょうがない世の中ってなんですか?
ミロクの世ってなんですか?

無気力になるよりも、世の中を変えたいと強く願い、行動することです。
身の安全の為に逃げるのは個人の自由ですが、そんな人間ばかりなら日本は戦前にすでに滅んでいます。

神はサタンに勝てますが、
サタンを支える者や、知らず知らず支えている者を無闇に殺生することはできないでしょう。
人に打ち勝てるのは人しかいないのです。


キチガイに乗せられずに世界中の人々が、善良なる市民の手による革命を敢行してほしいものです。

さらに達人先生よりお言葉
ヒラリー・クリントンが4月17日来日するという。4月13,14、15から16日は韓国経由で来日する。なんとまあいけしゃーしゃーと。13=4=四隅が立ち上がる。14=五芒星,15日=六芒星。韓国というアダム国家は4月16日=4+1+6=11。4月17日 4+1+7=12=3=イルミナティ21か条=3 3月11日。人を馬鹿にした日程ですね。今回天皇に会う目的が訪米を促すとしたらもう終わりです。その間どか〜〜んとやる算段でしょう。あるいは18番の金に絡んだ話でしょうか。17日を選んだ理由,彼女は知っているのです。

天皇が交渉後、何処かへ行ったら皆さん気をつけて下さい。
どか〜〜んと来るでしょうね.....

始めての方もクリックしてください。
多くの人が騙されないためにも....
人気ブログランキングへ

2011年04月14日

不可解な『渦』がドイツに直撃したあと、ロシアはミサイル警報を命じる

2011年4月10日
不可解な『渦』がドイツに直撃したあと、ロシアはミサイル警報を命じます
by:ソルチャ・ファール

3RIA-896839-Preview.jpg
ロシア非常事態省(EMERCOM)がプーチン首相に先週会って提出した衝撃的な『最高機密』レポートによると、ロシア・ノブゴロド地方で、地球の低層の軌道に乗る『ターゲット』からモスクワを守る為に、第2連隊のS-400トライアンフ航空機迎撃ミサイル・システムに応戦するようメドヴェージェフ大統領が命令した、まだ名の無い『地球外生命体』から我々の惑星:地球が現在『攻撃を受けている』と警告しています。

svn2.jpg
このレポートによると、NASAの衛星が3月28日に深淵宇宙空間で始めて観測した驚異的なガンマ線爆発[写真]が、12日間(前例がない)も輝き続けており、11月初旬に、月距0.85未満の範囲内で我々の惑星に接近する、約400メートル(1,300フィート)の丸い小さな小惑星2005YU55と、これまでに発見された中でも最大級のスペース・ロックが地球に接近していると発見された、巨大な小惑星2010SO16と共に、それらが通信しているように見えると報告しています。


複数の目撃者が見たロシア上空の巨大な光を放つUFO

変な異常−ニュージーランド・クライストチャーチ−ブルービーム・プロジェクト?−UFO?

NASA国際宇宙ステーション撮影フィルムー未知の写真のデータ(2011年4月5日にアップロードされたビデオ)

svn3.png
ロシア科学者はこの『通信』が何を意味しているのか?特定することがまだできていないが― このレポートが続ける ― 我々の惑星に対する影響で、この2つの小惑星が地球の超高層大気[写真]に『青い光線(ブルービーム)』を撃ったために、ロシアとニュージーランドで、そして国際宇宙ステーションがビデオでとらえたように、広範囲に渡りその様子が目撃されました

svn1.jpg

このEMERCOMレポートでは、この『ブルービーム』照射の一例で、今週の金曜日に、完全な混沌へと[映像:写真]約100台の車両を吹き飛ばして、8名を殺害して、更に41名以上を負傷させた、北ドイツ上空にオープンして、巨大な『渦』をつくったとさらに報告しています。

更なる警報で、20年間かけて、この2つの巨大な小惑星が地球に接近しているとこのレポートが述べているように、我々の惑星で不思議なほど強風が増加している、この衝撃の発覚をオーストラリア・メルボルンのスウィンバーン工業大学イアン・ヤング副学長更に確認しました。その者は過去20年間、我々の世界の環境をより嵐にした、風が平均して約5パーセント増して、そして、10%急増した、さらに速く加速した嵐が、とても強烈な嵐(スーパーストーム)の原因になっていると発見しました。

等しい警報で、我々の惑星の磁気シールドを崩壊させているこの『ブルー・ビーム』が原因で、この春、北極上空のオゾン層が記録的な損失を被ったとこのレポート(地上からその観測を報告した、世界気象機関(WMO)によって確認された結果)が述べていて、観測気球と衛星が冬の初めから3月下旬までに、この地域で約40%のオゾン・カラムが損失したことを示しています。


このEMERCOMレポートはまた、この2つの巨大な小惑星が、2つの恒星が空に出現したと世界中で多く報告(例:先月中国でそのようなエピソードが国営ニュース番組上で放送された)された原因だと報告しています。

またこのレポートで重要なメモは、この巨大な小惑星の存在により、春のシーズンおきに、我々の惑星に向けて火の玉(例:先週、米国のテネシー州上空で爆発したもの)を導いているのがその重力場だと、我々の地球に対するもう一つの脅威を述べています。まさにそれをビル・クック(NASAメテオロイド環境センター)が、『原因が我々には完全に理解できない、春(春季)の分点頃に一週間の間、明るい流星の率が上昇している』と声明で述べました。

svn4.jpg
何故?或は、誰が?我々の地球に対してこのような衝撃的な攻撃をしたのか?裏に嘘があるとすればその『手がかり』で、連邦捜査局(FBI)と呼ばれた米国内のスパイ・エージェンシーが先週、ロズウェルUFO事件と呼ばれた出来事で、米国に墜落したエイリアンの存在を認める、その最高機密文書[写真]の一つを市民に公開した点です。

このFBIの文書(1950年のワシントン・オフィス担当の特別捜査官:Guy HottelからFBI長官:J.エドガー・フーバー宛の『フライング・ソーサー(空飛ぶ円盤)』というタイトルの文書)によると、1947年米軍によって『3機のいわゆるフライング・ソーサー(空飛ぶ円盤)がニューメキシコで回収された』ことを述べていて、『形状は中央部が盛り上がった円形状であり、直径はおよそ50フィート(約15メートル)、3体の身長3フィート(約0.9メートル)の人間状の身体が、飛行士とテストパイロットが高速時に使用する失神防止用スーツに類似する、各々が体に包帯を巻いていて、非常に優れた特質の金属製の生地の服を着ている』と、彼が解説しています。

我々の世界全体が奈落の底に向かって押され続けている時に、この極秘文書を発表したFBIの裏の理由など、そして、過去のアメリカの政権が自国の市民に隠そうとして何億ドル費やしたか米軍が認めたことなど:我々の知ったことではありません。


第3次世界大戦に備えること−核シェルタービジネスは好況です−サバイバイズム(生存主義)

もう直き到来する3つの彗星−ホピ族の予言が成し遂げられる
我々の知っていることで、少なくともアメリカ人に関係していることは、この現在の年月の終わりに関して古代ホピ族のインドの予言に関係があると多くの人々がそれを信じていて今年4,000%も仰天するほど上昇した米国の核/サバイバルシェルターの売上高を先週、CNN通信社が報告していて、この人々の間で何かがもう直き起こることへの膨らむ恐れを示しています。

『地球に向かって進む「コントロールされた」彗星に対し発せられたロシアの警告』という3月1日のレポートで我々は更に、エリートクラスのように大規模な窃盗で得た富ではなく、まさに米国とは違って一般国民を保護するよう、ロシアも2012年までに5,000の核シェルターをさらに建造しているというその恐れから、アメリカ人のみでないことを実証しています。

西の多くがこの時代に関係する古代の予言を避け続けてるが、ソルチャ・ファールのその『暗い神のマスク:プラネット・アースの来たるべき破壊』『この世界の王座をめぐり戦いが始まる: 戦士エインヘルヤル(Einherjar)の帰還』の文書で十分に証拠で裏付けしたように、各々の日々の日常で、世界中の主流の新聞の見出しがますます、我々が書いているようなレポートの見出しに非常に良く似てきていることが、十分注意に値します。

この年月の終わりへと我々の世界がやみくもによろめきながら進んでいて、現在もそのままで、新しいこの世で本当に全てが値打ちのないものなどなかったと知った後、かつて起こった遺言のことが再び起こるでしょう。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1469.htm

skyline-blue-beam.jpg
遂にブルービームプロジェクトが始動しましたね。
NWO計画が本格的に始動しそうです。

彼らの重要な計画の一つに「プロジェクト・ブルービーム」というものがある。

これには、世界各地にある「スターウォーズ」ネットワークの衛星が作り出すレーザー光線を利用して、UFOやイエス、ムハンマド、ブッダ、クリシュナなどの像をホログラムで空に浮かび上がらせるということが含まれている。各宗教・集団が自分たちの救世主がやって来たと信じ込めば、大規模な宗教紛争が起こりかねないのは明らかだ。

こういった情報伝達は、すでに行われているように、極低周波(ELF)、極長波(VLF)、低周波(LF)、さらにはマイクロ波の各周波数帯で送られ、人間の脳がそれを拾う。


一方、「ブルービーム計画(Project BlueBeam)」とは、世界の支配者と自称している、NWOイルミナティーの連中が、「宇宙人の襲来」、あるいは、「宇宙人ショー」や「UFOショー」を人工的に引き起こすというものらしい。これは、地球の大気を一種のスクリーンに見立てて、宇宙に打ち上げた人工衛星から、ビームを発射し、それで大気中に宇宙人のUFOの襲来を描いたり、イエスやマリアの降臨を演出するものと言われている。その程度のものは、すでにできる準備が整えられているらしい。

リビア攻撃に積極的でなかったドイツへの破壊攻撃と、反NATO国家ロシアと、TPPに断固反対のニュージーランド上空に物の見事に『ブルービーム』が出現している(笑)

キチガイはバカだから分かりやすわ。

東北で出現したUFOは本物で被害を確認しに来たのか?はたまた米軍の演出なのか?


本物のUFO=神?は存在しますが、最後の最後に降臨するのでオバマに介されて出ては来ません。
テレビ放送されたら大声出して笑ってやりましょう。

610x.jpg
PS:機能不全の米国務長官でNWO高官のヒラリーが天皇に会いに17日日本にやってきます。
脅迫して天皇陛下からお金を奪いに最後通告にくるのでしょう。
交渉が決裂すれば我々日本人は産みの苦しみを味わなければなりません。

産みの苦しみって?

middle_1302742225.jpg
達人先生の記事より。

震源域東側でM8級、早ければ1か月内…専門家

読売新聞 4月14日(木)3時15分配信

 東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、複数の研究機関が分析を進めている。

 日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1か月以内に津波を伴う地震が再来する危険がある。

 M9・0の東日本大震災は、押し合っていた海のプレートと陸のプレートの境界面が破壊されて起きた。そのため周辺の地殻にかかる力が変化し、東日本全体で地震が誘発されている。

 京都大防災研究所の遠田晋次准教授(地震地質学)は全地球測位システム(GPS)の測定データから、海のプレート内部で引っ張られる力が強くなっていることを突き止めた。明治三陸地震(1896年)の37年後、昭和三陸地震を起こしたメカニズムと共通しているという。「今、昭和三陸規模の地震が起きると、仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」と言う。

最終更新:4月14日(木)3時15分

読売新聞ポダムと呼ばれた男)。PODAM=吾通報すの意味

OSSの極秘文書をもう一度参照。

↑もし日本での戦略的地域で人工地震を起こさせるべく我々に同調してくれる科学者を配置しているともし知ったとしたら,日本国民はパニック的ヒステリーになるであろう。これらの計画は日本政府への踏み絵である。地下産業(ちきゅうのようなことを暗示している)という存在は通常の爆弾投下から機械,およびそれに携わるワーカーを保護するものである。このような人工地震によって生きたまま生き埋めになることは簡単に想像できる。

 どうりで読売や京都大学からここにアクセスがあるわけだ。陛下が東北地方に見舞いに出るという。この読売の記事は「なべつね」の息がかかっていると推察する。つまり房総から関東一体にかけて殺戮をやるということだ。科学者を出してプレートのせいにする。決して人工地震ではない......ということを印象づけるために。陛下のお見舞い後やるとしたら5月15日か24日であろう。いずれも5と6=五芒星と六芒星=11。ちょうどその頃ここの管理人はマイコプラズマで血を吐いて死ぬだろうという含みだ。(残念ながら死なないんだよね〜。タバコや葉巻吸っているからね♪。

詳しくはリンクにある井口和基氏のブログをご覧下さい。

ここに人工地震(爆弾による)の危険性の入り込む隙があるというわけですナ。福島原発の保安会社がイスラエルの専門企業だったというのもまったく同じことである。

IODP とか、インターナショナルという名前がつくと、さも国際的なグローバルな最先端の仕事をしているような気分が得られ、若い日本人研究者はさもすごいことをしているような錯覚に陥る。これが「マインドコントロール(洗脳)」と我々が言っているものなのである。若者を洗脳することは非常に容易い。これが最先端だ。これが今の時流だといえば、かつての勝海舟や坂本龍馬のようにすぐに洗脳できるからである。

問題は、この掘削の最終のところで、かなり大きなロート状の黄色いキャップを海底に残すところである。私はもっと厳密に封印するのかと思っていたら、ほとんど穴の空いたキャップをそのままにしておくようである。まるで、海底にロートを突っ込んだようなものである。

これでは、後からどこかから潜水艦がやって来てそこに爆弾を仕込んだとしても解らない。一説では、あのシーシェパードのワトソンも個人的にロシアの潜水艦を持っているとも言われている。海のギャングや米軍の原子力潜水艦がやって来て、海底せいぜい数百メートルの水深だから、そこで爆弾設置作業をしたとしても、「ちきゅう」プロジェクトのこういう馬鹿な日本人科学者たちは知る由もないだろう。世間知らずもたいがいにしろ!ということである。

さて、ではそもそもこの「ちきゅう」というプロジェクトを組んだ悪玉はだれだったか? 

今流行の東電の清水社長やIAEA会長に治まっている天野之弥事務局長のような役割を果たした人物がいたのである。
Wanted! 即刻こいつを逮捕せよ!:原発のドン、天野之弥帰国
それがこの御仁。加藤康宏
(東大卒の悪者はなぜかみんな同じ顔つきをしていますナ。)

である。

略歴 [編集]

1967年(昭和42年) 東京大学工学部卒業、科学技術庁入庁
1981年(昭和56年)7月1日 科学技術庁原子力局調査国際協力課原子力調査室長
1983年(昭和58年)10月1日 科学技術庁原子力局調査国際協力課長併任原子力局調査国際協力課原子力調査室長
1983年(昭和58年)12月27日 原子力局調査国際協力課原子力調査室長併任解除
1986年(昭和61年)1月1日 科学技術庁計画局科学調査官
1986年(昭和61年)7月1日 科学技術庁科学技術政策局計画課長併任内閣官房内閣内政審議室内閣審議官
1987年(昭和62年)9月1日 工業技術院標準部材料規格課長
1989年(平成元年)6月27日 科学技術庁原子力局動力炉開発課長
1990年(平成2年)5月8日 科学技術庁長官官房秘書課長
1992年(平成4年)6月23日 通商産業大臣官房審議官(通商政策局担当)
1993年(平成5年)6月25日 科学技術庁長官官房審議官併任科学技術振興局
1994年(平成6年)7月1日 科学技術振興局併任解除
1995年(平成7年)6月30日 科学技術庁研究開発局長
1997年(平成9年)1月17日 科学技術庁原子力局長
科学技術庁科学技術政策局長
1999年(平成11年)7月6日 科学審議官
1999年(平成11年)11月24日 科学技術事務次官
2004年(平成16年)4月1日 独立行政法人海洋研究開発機構理事長


この人は、原子力担当者でもあったのである。心底の悪ですナ。

この人物が「天下り」したのが、「独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)」というものである。この組織が、税金でさまざまな海洋研究のための船を発注(建造ではない!)し、そのうちに出来たのものが「地下深部掘削船ちきゅう」というものである。

面白いのは、話はこれで終わらない。
「地球深部探査船「ちきゅう」の引渡し及び今後の予定について」
によれば、「ちきゅう」を建造したのは、三菱重工業(株)長崎造船所であった。それが平成17年7月29日(金)にJAMSTECに引渡しされたのだが、所詮は日本人研究者は、文科省の公務員の大学研究者でしかいない。日本の進学エリートの馬鹿ものたちに、掘削技術は0。どこにも掘削できるエキスパートがいないのである。

そこで、この加藤康宏が悪巧みを考えた。それが、「GODI(グローバル・オーシャン・ディベロプメント)社」という民間の会社を作って、「ちきゅう」の航海や運営をそこに丸投げするということである。

管理人注:GODI=カバラ数字転換=六芒星

Integrated Ocean Drilling Program=IODP=カバラ数字転換=11

2001年4月25日 起工..3+4+7=14=5
=五芒星=バフォメット

2002年1月18日進水式..4+1+9=14=5
=五芒星=バフォメット

全長210メートル=3(A)

幅38メートル=11(B)   (A)+(B)=3月11日

喫水9.2メートル=11

エンジンMitsui12ADD30V,5,270KWx6=12+3=6
                =5+2+7=14=5
                 6+5=11(聖なる数字) 
                =エンジン6基X11=66
                =6+6=12=3=3月11日

初めてのあなたもクリックして下さい。
時間が無いので多くの人に広めたいのです。
人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。