2012年01月24日

米/メキシコ太平洋海岸沖へ発令された大地震警告

日本も大変危険な状況です。
まだ書きかけです。

独り言。5・5・15? 10・15? 10+15=25日?
25日に地震発生?

2012年1月22日
米/メキシコ太平洋海岸沖へ発令された大地震警告
by;ソルチャ・ファール

今日クレムリンで広まるモスクワ・シュミット地球物理学会(IPE:Institute of Physics of the Earth)が用意した不穏なレポートによると、昨日のメキシコのチアパス地域を襲ったM6.2の地震が二週間(プラス・マイナス七日間)以内に米国&メキシコの太平洋海岸線を襲うと予測され、少なくともM7.5〜8.3の『巨大地震』への『潜在的な先駆け』であると警告します。

このIPEレポートによると、1月18日にメキシコのバジャカリフォルニア半島をM4.1の地震が襲い、通常の地震とは異なる「極度の」大気の温度変化を「4.433〜4.498マイクロメートルの範囲」に発した後で、この地域への懸念が高まりました。そして、再びチアパスで起こったように、その懸念が昨日確かめられました。

この地域に関する重要なメモで、メキシコの地震帯とカリフォルニアの巨大な断層システムとを結ぶ、この特定の断層システムで1982年以降に最初に起こった大地震である、2010年4月4日のM7.2の大地震の後に懸念が高まった、この地域での破滅的な地震/火山噴火発生への懸念(可能性)を「再び呼び起こしている」ことがポイントだとこのIPEレポートは述べます。

3月11日の地震が襲う前に、総体的に電子を含有する一つの超高層大気(電離層と呼ばれている)が、地震が起こる3日前に最大に達して、地震の震央上空で劇的に増加したと、以前の2011年の日本への大地震と津波で記録(立証)されたように、現在確かな大地震発生の前兆であると考えられている、地震発生地帯上空の大気圏のその極端な、及び/又は急速なヒーテイング(加熱作用)が等しく重要なメモです。

このIPEレポートではさらにその結論が、NASAにより運営されて観測が可能な、 Moderate-Resolution Imaging Spectroradiometer(MODIS;モーディス)衛星から得た最新の情報を分析して確かめたものだと述べています。
[注:これはキーストローク・モニタリング(監視)を利用する高レベル・アメリカ政府サイトです。(管理人注;サイトへクリックするのなら身元がワレマすよ。)]BY:国際サイエンスコミニュティー。
意図的にか22日(25日発生なら22日から変化が見られる)からのデータが更新されていない・・・

IPE科学者と英国の科学者は、この種の日付データを利用する世界最高の地震専門家の一つで、約400キロメートルの間隔で一つがナノ・サイズ〜マイクロ・サイズの大きさの衛星を地球の低軌道に打ち込むTwinSatプロジェクトに現在取り組んでいます。そしてそれは地震を予測する地上から電磁気のサインを集め、解析するよう、同時に働きます。

In our analyzing news coming from this region that could further substantiate this IPE report we came upon a 4 January report ascribed to Mexican communication giant Conciencia Radioレジスタードマーク that, in part, says:

“Conciencia Radio is currently conducting an investigation on something massive that occurred in the port town of Ensenada, Baja California Mexico. In or around August 2011, a very big secret meeting took place among the scientific elite at the number one scientific research center in Mexico known as the Center for Scientific Research and Higher Education of Ensenada (CICESE). This preliminary report, not be published as of yet, is being developed to ascertain why prominent scientists from different parts of the world that work at CICESE have decided to suddenly relocate or flee from the Baja California peninsula due to an impending geophysical event of great magnitude.

We spoke a series of anonymous sources. Among them a woman who yesterday revealed to us what transpired at the CICESE. She and a professor of hers arrived to the CICESE to attend an astronomy workshop. When they arrived to the center, the saw that the Mexican Military had closed all vehicle access to the center. They thought they were removing radioactive substances that are used in the labs, which is not uncommon to see because the removal of hazardous substances such as chemicals and radioactive compounds are ascribed to the Military. Later they realized why the Military was there and it was not for this purpose but to protect important visitors that were present at the CICESE at that same moment.

The two women, who wish to remain anonymous, decided to park behind the center and ingress from the back of the facility. They parked their car on one of the hills and managed to get inside the complex. Once in, they went to the auditorium were the workshop was supposed to be held. To their surprise, the main access to the auditorium had been sealed off. They decided to go around the building and found an access door that led them inside. They expected very few people attending the event in question. To their surprise, the auditorium was full of people and it was not in any way related the astronomy workshop/conference that they planned to attend.

To their amazement, they saw scientists from different parts of the world having a very heated discussion over a definite problem of enormous proportions. They saw Japanese, Russian and other European nationals present at the event. They were all discussing in a very high tone of voice. They even saw things being thrown and tables being banged. Another source whom which we spoke to informed us that at least a top-level Cabinet member from the Calderon government attended the event as well as possibly the Governor of Baja California (the latter has not been confirmed) who was in Ensenada on that day.

The topic being discussed by the scientific elite is the fact that they now have confirmation that a huge cataclysmic geological or geophysical event is about to occur any moment now that would at least destroy the port city of Ensenada Mexico. Ensenada is located at just 68 miles south of the Tijuana/San Diego border. At least 300,000 people reside in Ensenada. Among other things discussed was that they leave the city as soon as possible. It has been revealed to us that in fact many of the foreign scientists working at the CICESE and other well-connected individuals in the Baja California elite have left Ensenada. Our direct source mentioned in the interview we conducted with her on January 3rd, 2012 that the antendees mentioned that they were expecting the event to occur any moment now and that they referred to it as a "geophysical event".

To if the final outcome of this report will be as the IPE scientists predict it is now in our knowing, other than to mention that as global natural disasters cost our world $109 billion in 2010, and rose to $366 billion in 2011, the trending line of catastrophes hitting our world is, most assuredly, not going in the direction anyone would choose.

January 22, 2012 コピーライトマーク EU and US all rights reserved. Permission to use this report in its entirety is granted under the condition it is linked back to its original source at WhatDoesItMean.Com. Freebase content licensed under CC-BY and GFDL.

元;http://www.whatdoesitmean.com/index1556.htm

2011年05月16日

UFO『艦隊』が地球に接近し、『エイリアンの攻撃』で500人の死者をテキサスに残す

2011年5月14日
UFO『艦隊』が地球に接近し、『エイリアンの攻撃』で500人の死者をテキサスに残す
by:ソルチャ・ファール

連邦宇宙局(FKA/RKA)によってプーチン首相に用意された衝撃的なレポートによると、我々が2010年12月21日にレポートした『ミステリアスな「タイム・ウェル(穴)」が発見された後、各国首脳がアフガニスタンに集結する』で以前報告したように、アフガニスタンに集結した米国軍隊による、その発見の後に米国に搬送した『ヴィマナ』テクノロジーを破壊することを意図した『エイリアン軍隊』が先週、テキサス州フォートワースに位置する米国で最も重要な宇宙基地を攻撃したと述べています。

このレポートによると、アメリカ航空宇宙局(NASA)の航空システム部巨大なダラス-フォートワース国際空港より遠く離れた区画に位置して、北アメリカ上空域を管制するためにソフトウェアを必要としたエンジニアリング運営に責任がある機関)は、『ヴィマナ』テクノロジーの研究に取り組むスペース請負業社の人員と、500人以上の米軍の死を結果として生じさせた約30分間の長い『継続した』攻撃で苦しみました。


その事態がビデオテープに録画[youtube(またここにリンクした、より長いバージョン)]されたことで、米国へのこの『エイリアン攻撃』に関するメモがとても信じがたく、稲妻が原因の『変圧器爆発』以外の何物でもないとしてアメリカのプロパガンダ・メディアが速報で釈明しているが、そんなものはビデオに現れてはおらず、炸裂音もまったく聞こえませんでした。

Rama_welcomed.jpg
「ヴィマナ」テクノロジーに関して最も重要な点で、このミステリアスな飛行物体は、我々の地球を最後にひっくり返した前から存在していて(つまりポールシフトが起こる前から)、無気味に現代の原子爆弾と類似した意味を持つ兵器を所有している古代サンスクリット語の叙事詩で記述された、太古から既知された神話の飛行機だということです。

TriangleBelgium1990.jpg
捕えた「ヴィマナ」テクノロジーをフォートワースのNASA施設へ運搬しているアメリカの理由は、エイリアン・テクノロジーから「リバース・エンジニアリング」して、1980年末期以降、その施設に配置されたと言われている『ブラック・トライアングル(黒い三角形)』と言われた米国で最も秘密裡に開発された飛行機の1機に、そのテクノロジーの使用を試みることだと、このレポートが続けます。


fwa1.bmp
レポートのメモで興味深いことは、アメリカの「ブラック・トライアングル」UFOの1機を、ダラス-フォートワース空港の近くで、2時間以上も夜の空に浮かんでいたそれを、リサ・ブロックが設置したゲームカメラによって捕えられた後、また、この2010年8月の出来事にちなんだビデオテープ[youtube]で見ることができます。

アメリカ合衆国から到来することを全て説明することで、そして我々が以前、4月24日の報告『米国はロシアに警告します:「エイリアンが彼らのやり方で、2012年に地球に来ると」』で報告したように、アメリカ人がその者の対処をしていて危険性を知っているけれども、ロシアの多くの人々は、この惑星の全ての人の生命を危険にさらすと信じられている、このエイリアン『ゴット』の派閥と同盟することを固く決心しているように見えます。


我々の5月10日の『ロシアの町の上空で『時空渦』が裂けて、科学者に衝撃を与える』の報告では、我々の祖国がこの種の『エイリアンの攻撃』にも免疫があるというわけではない点をさらに注意しました。そして、新たなNASAのビデオ[youtube]で、不可解な彗星エレニンに続いて地球に向かう大規模なUFO『艦隊』が、当初考えていたよりも非常に巨大で強力だと示しているように見え、すべてを説明され信じていたよりもさらに状況が悪化しています。

この古代の『神』の帰還に関する、本当に厳しい状況に関して米国民(または、どんな西洋人でもその事実に関して)に告げることは、ほとんど見込みがないように見えます。 

だが、何年も前にソルチャ・ファールが言及したように、彼女の未来の研究『この世界の王座をめぐり戦いが始まる:戦士エインヘルヤル(Einherjar)の帰還』の中で、有名なフランスの予言者ノストラダムスが4行句6:21で書いた語を参照しました。:
When those of the arctic pole are united together, 北極極地の人々が一致団結するとき、
Great terror and fear in the East: 東の大きな恐怖と恐れ
Newly elected, the great trembling supported, 新たに選ばれた、震えている偉人に支持されて
Rhodes, Byzantium stained with Barbarian blood. ロードス、ビザンチウムは野蛮人の血で汚れました。


そして今週、ロシアとの新しい合意書に北極国家が署名したことと、特に北極資源競争でNATO軍とロシア軍との対立につながる可能性が非常に高いという恐れを示す新たなWikiLeaksケーブルとを照らし合わせて見るとき、誰もが信じるよりも、ノストラダムスが警告した米国と他の北極国家のこの『将来』が間近かもしれません。

そしていつものように、このレポートに含まれる情報が、西側諸国(特にアメリカ)で無視されているけれども、同じことが祖国でこれらの真実を知っている人々に言えないとは言えません。そしてその者は、我々が取り扱う最高機密レポートと同じ秘密の多くにアクセスすることで、まもなく訪れることになっている出来事から身を守る為に、巨大な地下バンカー(地下壕)を建設していることが現在報告されています。そして、ブルームバーグ通信社が『ロシア国民の金持ちは、黙示録の恐怖から地下壕を購入する』とタイトルを付け報告するように、記事の一部で以下を抜粋します。:

『テロリズムは、地下壕建造企業にとって望ましいものです。黙示録はビジネスをさらに良好にします。ダニーラ・アンドレーエフは3年前に「パニック・ルーム」を造り始めました。その時にテロ攻撃の恐れと、狂暴になった商業論争によってロシアでバンカー需要が作られました。彼は来年に世界が終るというセオリーの不安を利用して、一つにつき40万ドルもの『サバイバル地下壕』を販売しています。

「私は、私自身は終末シナリオ信者ではありません。」、アンドレーエフは31人の社員がいるモスクワ中部のオフィス(Spetsgeoproektカンパニーはロシア全域の秘密の場所に15の地下壕を完成させました)で発言しました。「まさにあなたは、クライアントが世界の終わりについて会話しているのを聞き始めたとき、それがあなたを考えさせるようにするでしょう」』


しかしながら考えることで、かつてのモットー(『前もって警告されたことは、予め準備万端に備える』)に従って生活した、かつては得意にしていたアメリカ人の間で不足しているように見えます。まさに、誰かの新しいモットーが『かまうもんか』のように見えます。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1481.htm


我が家(新宿)の上空にもUFOの大群が現れたようですね。

約束の時は近いようです....。

ランキングに参加しています。
お金はいりませんがクリック一つしてくれるととても励みになります。
少なければいらぬ情報ということでフェードアウト決定ですね。
重要な情報を公開したくても、下位で公表したら意味がないですよね。
人気ブログランキングへ

2011年05月14日

米国は、「黙示録方程式」の時が今だとロシアに言います

2011年5月4日
米国は、「黙示録方程式」の時が今だとロシアに言います
by:ソルチャ・ファール

ウサマ・ビンラディンが死んだという市民の発表の前に、オバマとメドヴェージェフ大統領との間で行われた電話会談についての恐ろしいレポートで、アメリカン・プレジデントとクレムリンが協議して、恐れられた『黙示録方程式』が後にではなく、現在の可能性があると、その時を非常に恐れたようです。

e0171614_18565464.jpg
opg5.jpg
[ビンラディンの住居への攻撃中に撮られたホワイトハウス・シチュエーションルーム内の写真のオードリー・トマソン]
「黙示録方程式」に関して、オバマの国家安全保障会議対テロ部長である、オードリー・トマソンという名の、最も秘密主義の米インテリジェンス・サークルで彼女が書いたレポートを参照します。それは彼女が、ハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)に通っている間、現在突入しているカオスの深淵へと下降するのを見るよりはむしろ『計画された、そしてコントロールされた大量虐殺』を経たほうがいっそう人道的であることを示唆している、マスター論文[現在、合衆国によって「トップシークレット」に分類された]を書きました。

Ms.トマソンの「黙示録方程式」によると、今年の10月31日に達すると国連が見積った70億人と比較して、我々の世界の「持続可能な人口」がわずか15億人のみであり、そして、2100年までにはさらに状況が悪化する、100億人の人口を推測しています

Ms.トマソンは、もし、『抑制できない』ままならば、人間だけでなく、地球上全ての命を十分に破壊することが可能だと、石油化学製品と化石燃料をベースとしたグローバル経済によって『環境を維持することが出来ない』と、ここ約100年の間に『人工的にふくらんだ』、我々の世界の人口について論じています。 

opg1.png
この独自のレポートで残念なことは、Ms.トマソンの恐ろしい警告が本当に、それ以前の歴史の全ての量よりも石油化学製品を使用したことにより、世界の人口が激増したことを示している、PostPeakLiving.Comの研究グループによって調査されたグラフ・データ[写真]で強く裏付けられていることです。

すなわち、自然に湧き出る石油[別名原油]に関する重要なメモは、合成混合ハイドロカーボンからなる可燃性液体が全グローバル経済を支えていて、そして、それの存在なくして我々の今の生活が成り立たないということです。

大部分の人々は、石油の主な使用の目的が、様々な燃料(例えばガソリン、ディーゼル、ジェット燃料etc...)への、その蒸留を通して車両、ボート、航空機の燃料を供給するためだと思っているが、別の主な使用例では、農業で使うほとんど全ての農薬と多くの肥料が石油から作られているため、より一層誤解してはならないということです。

そして、今、我々の世界が直面している最も重大な事実をMs.トマソンの論文が指摘しており、経済崩壊から身を守る為に、新しい戦争を起こし続けてエネルギーを飢えさせた西側諸国によって、実際に、既に始まった、人類の歴史で今まで見たこともないほどのスケールで彼ら自身が世界大戦を起こすと脅すことで、我々の地球の減少する資源を確保するという国家の戦いの、最後の世紀にのみおおう「石油ブーム」だということです。

石油への関心での我々の世界の現在の苦境に関して最も驚く点は、1956年から、それが歴史上で最も長い『スローモーション列車事故』のように、その存在が警告されたことです。

opg3.png
実際、ロイヤル・ダッチ・シェルの地質学者:マリオン・キング・ハバート(1903-1989)が1956年に、1970年にアメリカ合衆国の石油生産が『ピーク』に達して、21世紀の最初の10年の終わり間際に、我々の世界の石油が尽きることを米国石油協会にプレゼンテーションして警告していました。

opg6.png
1956年の公表以来、マリオンの警告をビジュアル的に例証するように、有名な『ハバート・カーブ』が調査[写真]した結果で、米国が本当に1970年に石油生産がピークに達していると、1963年に起こった世界的な石油発見ピークによって100%確かだと確信しました。

最も特に現時点で、石油とエネルギー資源に関する我々の世界の危機的な状況に関して、我々の生活を支えることが可能だと、いわゆる『自然エネルギー』プロジェクトの幻想を抱かせるよう、ほとんど全ての西側諸国の政府が、その市民に数十年間もの長い間、嘘を宣伝し続けたのを知ることも重要です。 

これらの「自然エネルギー」[ソーラ、風力、地熱etc...]の関係者が現在、世界のエネルギー生産の総計の05%以下だと決めてかかり、農業(石油の主な使用)をダメにして、そして、我々の世界の完全なエネルギー・ニーズを満たすようそれを構築するには、世界が莫大な額の投資をして、完了するまでには約200年もかかり、なお一層、何の解決策も無い真実にしか聞こえません。

Ms.トマソンの恐ろしい論文で、石油生産に伴って関連している、「あらゆる環境を維持する対策」以上に「人工的にふくらんだ」人口による、エネルギーと食糧「ショック」とともに、世界の金融システムも崩壊に直面すると続けます。

アメリカ合衆国が1970年に、その石油生産がピークに達して以降、『人工的にふくらんだ』その経済を維持する為に、1972年(ニクソン・ショック)に米ドルを金本位制へと移行することによって、その通貨を、本質的に『役に立たない紙くず』にするよう選び、その代わりとして、その政策をもたらしたが、経済の『バランスをとる』ことに失敗して、その失敗が問題をより悪化させたと、Ms.トマソンは説明します。

opg7.jpg
Ms.トマソンが『破滅的』だと言った状況で、我々の世界の唯一の準備通貨であり、また、アメリカの通貨でもある、その全ての破壊をデフレーションが確実にしたので、かつての力強い製造能力がより低価格な海外市場へと移されたように、20世紀の間だけで、米ドルは何千万人ものアメリカ人を失業中のままにして、その購買力[写真]のほぼ80%を失わせました。

opg2.jpg
一つのようになる、この複合体の経済状況を、なんて巨大で危険なものなのかと理解することで、文字通り、実質的に一夜にして世界の富の全てを蒸発させる、いわゆる『巨大な信用縮小[写真]』に至って噴き出した負債の総計200兆ドル以上とは対照的に、1年間の全世界の国民総生産(GDP)が55兆ドル以上だと理解しなければなりません。

最も重要な点で、『主流』な経済学者が、それに関してあなたに何も話さないでいて、控え目に言っても、あなたにショッキングだと言い、説き伏せて、結論づける、きっと人類の歴史で最も巨大な経済崩壊だということを理解しなければなりません。

2008年の世界的な経済崩壊後に、ダーク・ベゼメル (オランダ・フローニンゲン大学経済学教授)は何故?『主流』エコノミスト(ノーベル賞受賞者さえも)は何も確かめることができなかったのか?を知る為に、世界中のほとんど全てのエコノミストの調査を行ないました。彼が発見したものは、正確に2008年の経済崩壊を予測した11人の研究者[彼らのリストをここで見れます]でした。彼らのモデル・データを作成して、彼らがはじき出した負債を包含したとき、彼ら全員のデータからある一つの共通点を発見しました。

まさしくその通りで:何が起こるのか?予測する為に、役立たずのままの経済モデルを作成する時に、ほぼ全員の経済学者が世界の負債の要因を取り扱つかわないという訳ではありません。とりわけ政府のためのその作業には、政治的な動機づけがあるのです。

けれどもMs.トマソンは、その負債を論文に含めて、2011年までに、米ドルが『非常に上手く暴落し始めることができた』とさらに警告しました。そして、CNBCニュースの報道も米ドルの崩壊が現在進行中であると報道しています

opg4.jpg
米ドルの崩壊についてMs.トマソンは論文で、全グローバル経済が、何億人もの人間(西欧諸国の何億人をも含む)を『ニーズ(欲求)のマスロー階層』の底辺のスケールに陥れて崩壊する、と主張します。[写真]

ニーズのマスロー階層とは心理学の理論です。エイブラハム・マスロー(1908-1970)の1943年の論文によって、根本的な、人間のモチベーション(動機づけ)の理論を提唱していて、人間が『安全の欲求』(安心感)を求める前に、『根本的な欲求』(サバイバル:生存欲)を得ようと最初に努め、そして、それらのニーズを満たしたのならば、次に「生理的欲求」、「自己実現の欲求」と、最後に「至高体験欲求」を得ようと努める、と述べています。

Ms,トマソンは論文で、経済崩壊で苦しんでいて、『根本的な欲求』に転じたどんな住民もが『制御不能で』、『法と秩序が大規模な崩壊』に至った国家にとって『相当な危険』をもたらすと述べます。

Ms.トマソンの『黙示録方程式』の論文で文明の崩壊から、我々はそれを「回避不能」だと知っていて、世界のリーダーが人口の多くを『我々の地球資源に相応した持続可能なレベル』に減らすという、『大規模な大量虐殺』の可能性を考慮しなければならないとさらに主張します。

Ms.トマソンが心に描く恐ろしい大量虐殺のシナリオは、放射能物質の降下を制限するよう計画されているが、人口が密集する主要都市をターゲットとした『限られた核対立』から始め、その次に、彼女が提案する生物学的エージェントによる有毒な化学物質の放出です。それにより新たな「持続可能な生活環境」へと、人口の大規模な強制移動が続いて起こるように、「テロリストの存在」のせいにすることができます。

Ms,トマソンの想像するこの『持続可能な生活環境』とは、個人が車両を持つことを許さず、そして、完全に人口を激減させること以外の、農業地帯が政府のために農業『システム』を行うようにする、大量輸送機関システムを伴った大規模な人口センターです。

これらの黙示録イベントが開始される前にMs,トマソンは、数100万〜数10億人の同じ故郷の市民の多くが死ぬ間に、「価値ある人」を保護することができる、政府が設立し運営する、保護された『強制収容所』に賛成します。
「価値ある人」とみなされる者は、科学者、医者、技術の専門家、その他を含みます。

すべての人間にとって非常に残念なことで、Ms.トマソンのその『黙示録方程式』が現在、我々の地球が生き残るためならば、他のどんな選択肢も許さない、世界のリーダー達が認めた模範であるように見えます。だが、例え何か少しでも救うことができるとしても、後々というよりはもう間もなく帰還する『神』を望む人間が人類をリードすることになるのです。

管理人注意:優生学とフィーマキャンプのお話ですね。確かに現在の経済システムを支え続ける資源はもう地球にはないのでしょう...。オイルピークは3年前から色々調べて知りましたからね。
少なくとも政府には現状を市民に伝え、改善する誠意が無いのは確かです。
原発や太陽光パネルなんてのは自然破壊の鏡ですから(笑)

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1477.htm
ガガ様の神曲『ユダ』

やっぱCOOOOLだな。ガガ様のずんどこぶしが炸裂している。
歌詞:たとえ3度私を裏切った後でも
私は彼をおとす、彼をおとす、おとすの... 
冠の無い王、無冠の帝王を
私は聖なる愚か者よ、ああベイビー、あなたはとても残酷だわ
それでも私はユダに恋をしているのよベイビー
私は聖なる愚か者よ、ああベイビー、あなたはとても残酷だわ
それでも私はユダに恋をしているのよベイビー
ああ私はユダに恋をしている
もっとも聖書的な意味から言えば
有名な娼婦、売春娘が胸の内を吐き出すの
私は『悔い改め』を通りこしてる
だけど文化的な意味では、ただ未来の話をしてるってこと
ユダ、私にキスして。もしこれが罪深いのなら
そうじゃなきゃ次は耳にコンドームをつけて
あなたを愛したい
キリストは私の天使
私は聖なる愚か者よ、ああベイビー、あなたはとても残酷だわ
私がしがみついているの
それでも私はユダに恋をしているのよベイビー


ps:大切な身内の死により深く落ち込み、ネットも出来ない状況でしたが、知らせたい書きかけの記事もたくさんあり、今まで応援して下さった方々の為にも、今後も続けようと思います。
精神的なケアって時間でしか解決できないので本当につらいですね.....。
アイドルで自殺した方が最近いましたが、心の闇、虚無感ってものはほんとうに恐ろしいものです。
こういう時こその家族と仲間なんですね....
人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。