2010年11月01日

連邦準備制度理事会スキャンダルは、現在のシティバンク・テロ・スキャンダルです。

破壊:連邦準備制度理事会スキャンダルは、現在のシティバンク・テロ・スキャンダルです。

Behind the scenes intelligence briefings ALL Patriot Americans MUST know...the REAL facts and truth the corporate-controlled, fascist, extortion-friendly U.S. media covers up

Hot EXPLOSIVE Back Breaking News
Federal Reserve-Gate is Now Citibank TerrorGate
連邦準備制度理事会スキャンダルは、現在のシティバンク・テロ・スキャンダルです。

by:トム・ヘネガン
2010年10月30日土曜日

FederalReserve2.JPGimages.jpeg
金融テロリスト:連邦準備制度理事会[私有]とシティバンク

ーアメリカ合衆国ー
アメリカを占領する犯罪の銀行エリート達が、この犯罪の銀行エリート達の金融アジェンダ(計画)促進を意図とした別名『偽りの旗』テロ脅迫と、マージンが支払われないインチキ電子トレーディング(WEB取引)を伴う、重大な金融犯罪行為に再び関与していると現在報告することができます。

注:米連邦準備制度理事会は、「QE2」として知られる提案された景気刺激策の新たなラウンド開始を現在考慮しています。この疑わしい景気刺激策は米国債購入を伴います。

解釈:新たな金融緩和策『QE2(世界最大の債券ファンド:パシフィック・インベストメント・マネージメント社(PIMCO)を運用するビル・グロース氏は、米連邦準備制度理事会(FRB)による資産購入再開は30年に及んだ債券強気相場の終わりを告げる公算が大きいとの見方を示し、同氏はPIMCOのウェブサイトに27日掲載した月次投資見通しで、「兆ドル単位の規模で当局が小切手を切ることは、債券保有者に歓迎される行為ではない」と記述。そのような政策は「インフレにつながる性質のものであり、真実を言ってしまえば、ある意味ポンジースキームですらある。債券の価格を押し上げて高い年間リターンという幻想を作り上げるが、最終的には価格がそれ以上は上がることができない行き止まりにたどりついてしまう」と解説し、それがポンジースキーム以外の何物でもないと最近定義しました。)』は、別名:犯罪のエリート銀行であるゴールドマン・サックスと米シティバンクのためのバック・ドア(不正な裏口手段)な救済以外の何物でもありません。

『QE2』は現在、毒性資産として一般的に知られているデリバティブに裏付けされた様々な抵当権の購入をも伴っています。

これらのデリバティブは現在、本来ならば、それぞれのオフショア・トレーディング(取引)のロケーション(場所)に置かれる、それぞれの電子高周波トレーディング(WEB取引)プラットホーム(基盤)の担保がマージンとして使われます。

アイテム:これらの金融取引での、取引のための担保が決してマージンには使われませんでした。すなわち全く実際の通貨がその取引に伴っていないのです。

それで問題は以下の通りです:別名:茶化して取引する、このあやしい取引で犯罪のエリート銀行によってマージンと担保が無秩序に使われているのが本質であります。

答えは世界の金融市場で価格変動をもたらすために原則的に夜な夜な1つの銀行から他行へと『クレジット・レター(信用状)』を放り投げる、多数の銀行から世界を横断する『クレジット・レター(信用状)』なのです。

今我々は、我々が「金融テロ活動」と定義する、昨日の経緯に対処するつもりです。

第1項:2010年10月29日に正確に東部標準時午前7時47分に、2回の大規模な電子(WEB)取引で、50秒以下でゴールドの価格を9ドル(1343〜1352)も押し上げた、12月のゴールドComex先物取引で急な上げ高をつかせました。

参照:夜間のボード・トレーディング・セッションとして一般的に知られることに関し、この種の価格変動でこのような前例がありません。

さらに加えて取引が東部標準時午前7時47分に起こりました。そして、Comexのゴールド先物取引が、東部標準時午前8時20分に実際のセッション・デーとして取引を開始しました。
我々は今、この取引がドバイ(アラブ首長国連邦)とムンバイ(インド)の取引プラットホームから東部標準時午前7時40分に同時に始まったと明かすことができます。

そして、状況はより悪化しています!

コントロール不能の共謀の、私有の連邦準備制度理事会は、2010年10月29日に正確に東部標準時午前7時47分に米国経済についてのGDPレポートをそのビジネス・パートナー(ゴールドマン・サックス)に漏洩しました。

14_GOLDMAN11.jpg
参照:ゴールドマン・サックスは、その者(連邦準備制度理事会)と共に、あらゆる夜通しの電子取引上で3秒のリードタイムを持ち、このComexゴールド先物取引ですぐさま儲けるよう便乗します。

もちろん、皆さんこれは違法行為です。それは『電子的にバケツでくむこと』と呼ばれています。

注:伝えられるところではこの時間で、米上院銀行委員会は、この金融のペテン策略(金融取引業務を監督する関連した金融監査機関団体による調査だけでなく)を調査しています。

クリストファー・コックス(元ブッシュFRAUD SEC(証券取引委員会)委員長&バーナード・マドフが上院銀行委員会の一員にいないこと)に希望を持ちましょう。

連邦準備制度理事会とゴールドマン・サックスによる金と銀の価格のこの不正な直接操作でシティバンクを『救済する』よう計画されていました。そして、現在クロス(置き換えた)担保によって保証されるユーロ通貨から何億ものドルを持つサウジアラビアの石油関係者、金・銀・ガソリン・原油デリバティブをデリバティブ勘定関係者以外の何者でもないゴールドマン・サックスとともにシティバンクを結びつけました。

参照:シティバンク株の80%がサウジアラビア皇族以外の何者によっても所有されていません。

2010年10月29日の経緯は続きます。

タイミングよくComex取引セッション・デーの途中で、通常のComexセッションの間に、社会をコントロールした、ファシスト、強奪者にフレンドリー米国メディアは、別名:疑わしい「テロ」脅迫放送で攻撃するために、ドバイの国(ユナイテッドアラブ首長国)から起こされた『偽りの旗』が、伝えられるところではイエメニーズの首都サヌアから飛んだUPS貨物輸送機内のインク・トナーカートリッジ・タイプの疑わしい爆発装置を処理したと切り出しました。

20101030--095545-wor_02.jpg
このビデオで伝えられるところでは、昨日、中間地点である中部イングランドのイースト・ミッドランド空港に立ち寄りをしたUPS貨物輸送機内でパッケージが見つかり、それがインク・トナーカートリッジを示しています。写真:CNN/AFP

事実:この48時間でUPSやFed Exを含めて、イエメンの首都、またはどこからもイエメンを出発したという貨物専用機の記録がまったく存在していません。

事実:CNNは当初(すでに)、発見されたインク・トナーカートリッジ爆弾が微々たるものだと報告していました。

事実:現在の情報の情報提供者とこの事件の疑わしい証拠に対処するが別名イスラエル・モサド以外の何者でもないドバイ警察です。

[ イエメン当局:パッケージはイエメンから来たものではありません。]
南国に拠点を置くアラビア半島のアルカイダ(AQAP)グループだときっぱりと名指しで非難している当局と世界のイエメンに対する眼差しについて、イエメン政府は結論を急ぐことに対して警告していて、陰謀の爆弾パッケージがイエメンからもたらされたことを全く否定しています。

[48時間の間で、米国の貿易または民間飛行機が米国へとイエメンを出発しませんでした;イエメンの当局者]
イエメン当局者は、まったく米国企業の米国貨物輸送機がこの48時間の間でイエメンから飛んではいないとイエメンポストに話しました。
「UPSにせよ、Fed Ex、DHLまたは、他のどのんな米国貨物会社もこの48時間の間にイエメンを出発していません。」

[カートリッジは、伝えられるほど危険なものだとは聞こえませんでした!]
人は唯一、政府がその「テロリストの脅迫」を訴えるとき、その不吉な陰謀に対して十分な支持を得る必要があるときに示される自暴自棄(やけくそ)を笑うことができます。

[イエメンからアメリカへの怪しいパッケージではない;イエメニア航空貨物ディレクター]
モハメッド・アル・シャイバ(Mohammed al-Shaibah)、イエメニア航空の航空貨物ディレクターはイエメンポストに言いました ― 『UPS貨物輸送機は48時間陸地で、イエメンの地を出発しませんでした。これらの告発は間違っていて、なんら根拠や証拠がありません。』『イエメンを通ってシカゴに向かっているUPSまたは、DHLの貨物小包輸送もまた、ここ48時間では行われていません。』と、彼は付け加えました。

質問:別名:この疑わしい「テロ」事件で調査を開始する前に、ドバイ警察が有名なドバイ・トレーディング・プラットホームを訪ねました。これは「偽りの旗」ですか?

答え:この「偽りの旗」テロリスト・パニックの影響により、有名な犯罪エリート銀行の金融利益を促進することになっていました。それは、ニューヨークComexトレーディング(取引)・セッションの途中でテロリスト・パニックが電波放送とニュース網を打つとすぐに、金、銀、ガソリン、原油の価格が急激に上昇し始めました。このテロは隠す為の見せかけでシティバンクのデリバティブ証券を強化(高める)することになっていて、実質的に、別名:刺激物である爆弾パッケージで『QE2』に関わり、連邦準備制度理事会の決定に先立ってシティバンクのバランスシートにある証券の価値を増やすことになっていました。

P.S.この時間で、我々はイエメン当局が「偽りの旗」のこの疑わしいテロ事件と関連づけ2人の女性容疑者を拘束していると報告することができます。彼女たちは外国の2つのパスポートでイエメンを旅行していて、サウジアラビア情報部とイスラエル・モサドとつながりがあるのかもしれません。

積み荷目録をチェックした後、我々はフランス情報部が貨物専用機がこの48時間でイエメンを出発しなかったことを絶対に確信したと明かすこともできます。

問題はフライトがどこから始まったかということです?

答えは以下の通りです:フライト自体まったくなかったかもしれません!

我々は現在、世界中で財政的で政治的な利害関係が、偽の電子取引を使った金融テロリズムとその世界主義者のアジェンダを強化する「偽の旗」テロリスト脅迫を行うことによって、どのようにしてその力を結合したか見る事が出来ます。

当然それは、別名:ファシスト企業、連邦準備制度理事会にコントロールされた、強奪者にフレンドリーな世界的なメディア共同企業体であるFOXニュースとブルームバーグ・ニュースによって援助されます。

それによってあなたが見るように、皆さん、我々にはメディア「テロリスト」も存在しているのです。

P.P.S.質問:あなたは、アメリカ合衆国(民主党員か共和党員)の政治家がコントロール不能の、私有の連邦準備制度理事会によって米国民に向けられるこの明白な金融テロ戦争について話しているのを聞きましたか?

答えは以下の通りです:いいえ!

私の意見ではこの汚物に耐え得る内臓がある政治家が3人だけ存在します。一人はテキサス州共和党員のロン・ポール、そして、ケンタッキー上院議席の選出で共和党員の立候補者として選挙活動で現在走っている彼の息子ランド・ポールです。そして、3人目は前カリフォルニア州知事で現在民主党からのカリフォルニア州知事候補エドマンド・ブラウン・Jr(別名:ジェリー・ブラウン)です。

images-1.jpeg
トム・ヘネガンの爆発的インテリジェンス状況説明
国際的なインテリジェンス専門家トム・ヘネガンは欧米の情報部とインターポール内に何百人もの非常に信用できる関係者を持ちます。−主流メディアが舞台裏で本当に起こっていることを大規模な偽装と幻想のプロパガンダですっかり覆い隠していると報告します。

転載終わり:詳細:http://blogs.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendId=147509065&blogId=540262451

原田武夫国際戦略情報研究所公式ブログ(転載すいません)
IISIAオープニング・ベル「胡錦濤国家主席が11月4日から6日までフランスを訪問。何を話すのか?」

ストーリー氏とソルチャ・ファールが警告していた中国・フランスが新たな通貨システムに取り組むのでしようね。
FRBの上記のキチガイじみた政策の実体をみると怒り心頭といったところでしょうか・・・
トムの言うように事実としても、どう見ても日本は日銀がFRBをサポート(円高・ドル安容認)しているとしか思えん。合わせ過ぎだろ!
とても堪え難いが日本はキチガイのお仲間国なのですわ。
新たな米国債購入も、もちろん折り合いがついているんでしょうね。

米中間選挙で民主党は敗退し、共和党(モサド工作員:サラ・ペイリン筆頭に)が大幅に議席を獲得し、遂に内戦(計画された)へと突入するのでしょう。
民主党も共和党も日本で言えば自民と民主みたいなモノで、『カレー味のうんこ』か『うんこ味のカレーなのです。』

世界中の国々にキチガイ工作員がいて内部破壊工作に昼夜をとわず勤しんでいます。
005a6pfq.jpeg005a5phh.jpeg
メドベージェフの野郎アニキ(プーチン)の顔を潰しやがって!!
こいつが大統領になってからロシア軍事演習を北方領土でしたりとやりたい放題です。
計画通りならアニキが次期大統領になる運びなのに、遂に本性を現したメドベージェフ。
次期大統領になるために北方領土問題を引っぱりだしてきて国民へのポイント稼ぎに余念がない。(しかも中国の尖閣諸島領土問題に便乗してダブルで利を得る行為:ロシア国民&中国共産党ネオコン派閥へのリップサービス)
0040sk3d.jpeg
もううざがってるわ、アニキに消されろ!

ランキングに参加しました。
応援ヨロシクお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 18:59| Comment(0) | 米国トム・ヘネガン氏情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

手に負えない連邦準備制度理事会

BREAKING: Federal Reserve Out of Control

アメリカ人を覚醒させる:すべてのパトリオット・アメリカ人が知っていなければならないインテリジェンス状況説明の舞台裏で...社会をコンロトールした主流メディアがすっかり覆い隠した本当の事実と真実

ホットで爆発的な裏のブレイキング・ニュース
Federal Reserve Now Out of Control
手に負えない連邦準備制度理事会

by Tom Heneghan(トム・ヘネガン・インターナショナ諜報活動専門家)
2010年10月24日日曜日

FedSpider_Web.jpgimages-4.jpeg

ーアメリカ合衆国ー
ドイツのアンゲラ・メルケル首相が慶州(韓国)でのG-20経済会議で米国の財務長官ティモシー・ガイトナーと連邦準備制度理事会会長バーナード・バーナンキに立ち向かったと現在報告することができます。

現在メルケルは、別名:有名な犯罪証券会社ゴールドマン・サックス銀行とニューヨーク・メロン銀行(ウォーレン・バフェットのバークシア・ハサウェイ社だけでなく)によって握らされた外貨デリバティブのために、ガイトナーとバーナンキをユーロ通貨の露骨な不正操作で訴えました。

aa7ef9986b7edbeaf723086c7697-grande.jpg610x.jpg
German Chancellor Angela Merkel (L), Federal Reserve Chairman Bernard Bernanke and U.S. Treasury Secretary Timothy Geithner
images-3.jpegbony_mellon_logo.jpgbuffett_Slide11.jpg
メルケルはベルギーのブリュッセルでヨーロッパのインターポールによって供給された『動かぬ証拠』をG20で提示しました。それはベルギーのガイトナーとバーナンキの米国連邦準備制度理事会が使い古した秘密のオフショア・ヘッジファンドで別名:夜通し外国為替でゴールドマンサックスのシンガポール支店、オーストラリア支店、ドバイ支店に何億ものドルと日本円をつぎ込んで命令で、金と石油の先物取引価格を引き上げるのと同時に、その一方で米ドルに対するユーロ通貨の価値を人工的に上げて外国の為替相場をコントロールしました。

この金融ブラック・オペレーションのタイトルは『トイレに流す』(米国通貨の価値を下げる策略)です。それは日本中央銀行によって許可されました。そして、WEBオーダー・エントリーの形式を利用したので前記の取引プラットホームを『高周波取引』と呼びました。この高度なテクノロジー(それは有名なMIS推進ソフトウェア技術でスピン・オフ(管理人注:デリバティブの副産物の意味)から高い利益を産みます。)は、犯罪の証券会社ゴールドマン・サックスとニューヨーク・メロン銀行と共に、連邦準備制度理事会がすべての電子通貨の取引注文で3〜5秒のリードタイムを得るのを可能にしました。

疑わしいテロ脅迫の24時間の電撃戦によって、他の世界の国々と同調して、この金融ブラック・オペレーションにより、社会をコントロールしたファシスト、強奪者にフレンドリーな米国メディア(それは米国民を攻撃しました)も認めたのです。

あらためて皆さん、テロとの戦いは存在しません。テロとの戦いなど決してありませんでした。
アメリカ合衆国を不法に占領する犯罪の金融エリート達によってその憲法に基づいて米国民に命令した戦争がありました。ひとしきりあなたがこのインテリジェンス状況説明を読んでいるのならば、皆さん、あなたは、再び、本当のテロリストの正体が誰であるかについて理解しているはずです。

信じがたいかもしれないが、この電子高周波取引は犯罪の銀行エリート集団が外貨業務上で活動範囲を広げて、いわゆる外国為替を利用(活用)する環境を作り出しました。そして、それがエリート達の活動域を巧みに広げ、同時に実際に市場の両側にいるのを許しています。皆さん、これはある素人用語で『電子的にバケツでくむこと』と呼ばれています。

参照:この犯罪の金融のごまかし全てが別名:疑わしい政府の金融不正見落とし機関『証券取引委員会(SEC)』などの機関が、犯罪の銀行エリート達による犯罪の不正行為の全てを無視(彼らがマドフ&スタンフォード・ポンジースキームの犯罪行為を無視したように)しており、そして、その代わりに、違法な、憲法に反する盗聴とおとり捜査の汚いやり口を駆使して小規模な小売証券会社に宣戦布告しています。SECのやり口は、小売証券会社に別名:あなたが45ドルないし50ドルを、顧客に対する請求で法外な手数料を請求したとして訴えることです。

これを聞いてください皆さん。この政府の金融規制見落とし機関の大部分が政府高官レベルが委員を代表していて、別名:米国金庫を荒らした犯罪の銀行業者ゴールドマン・サックスとニューヨークメロン銀行以外の何ものともつながらないで、巧みに略奪し続けさせるために調査ターゲットから『はずし』たのです。

犯罪の銀行エリート達へのメッセージ:あなたの仕事は単純です。それを難しくするようにしないでください。あなたは保護されているために、あなたに顧客が保証金と人生の貯金を預けているのです。それ以外でのあなたの役割は、自動車と家の購入のため、市民にお金を貸さなければならないことです。あなたに安心して、他の何かをしたいのに任せることができない今、それは明白です。

質問:投資銀行行員とは何ですか?

答え:投資銀行行員は売春婦です。そして現在の監査機関は売女のヒモです。

注:文書足跡(取引痕跡)が海外マーケット、または、オフショア・ヘッジファンドの中の電子取引上にありません。全ての関係者により消されています。

House+Speaker+Nancy+Pelosi+Holds+Weekly+News+3xZ2G9STyJ8l.jpg
金融テロリストをこのデリバティブのたらい回しで多数の米国バンクにつなぎ合わせました。
もともと誰が?現在の米国議長『下院のナンシー・ペローシ、別名:ナンシ・ポンジー』の助けを借りて、前違法なブッシュ.FRAUD内閣によって外部に金融犯罪を押しつけ救済させましたか?

アイテム:ブッシュ.FRAUDとナンシー・ポンジーは、もし、米国の納税者によるお金で関係ある銀行(犯罪の)を『救済しない』のならば、アメリカ合衆国に「戒厳令」の事態を起こすと、米国議会を脅しました。

その国連で合法に『救済してください』を与えられた後に、これらの犯罪銀行は、米国納税者のお金の助けを借りて、別名:TARP(不良資産救済プログラム)により違法な登録商標であるそのデリバティブ取引を続けました。そしてそれは今日まで傀儡オバマ政権に完全な賛成を続けています。

P.S.ゴールドマン・サックスとニューヨーク・メロン銀行だけでなく連邦準備制度理事会の現在のデリバティブの持ち株が2008年9月にほとんど米国経済を破壊した最初の中毒資産とデリバティブであり、まさにスピン・オフ(デリバティブの副産物)以外の何ものでもありません。実はこれらは2008年のオリジナル(デリバティブの原型)につながる同じデリバティブであり、それは、2008年にベアー・スターンズの『救済』により、元締めのBank of Americaを援助したことです。

Bank of Americaで2008年から実行した全ては、これらの有毒な抵当権に裏付けされた有価証券デリバティブをごちゃ混ぜにすることになっていて、外国為替の外貨トレードで疑わしいマージンを彼らが利用することになっていて、それからすぐさま米国納税者のお金によって全てが融資される新たな『救済してください』と呼ばれる、住宅差し押さえ大失敗を作り出しました。

images-2.jpeg
参照:ゴールドマン・サックスの前CEOであった元米国財務長官ヘンリー・ポールソン(ベアー・スターンズからのBank of America脱出計画の立案者)は、元々TARP(不良資産救済プログラム)の資金を利用して中毒資産を買い取って、これら犯罪の銀行の帳簿をきれいにしようと思っていました。
ポールソンとブッシュ.FRAUD当局は、これらの凶悪犯を税金で救済して、彼らの専売特許のトレーディングで何兆ドルものお金を自由に利用し続けるよう、その代わりとして、根本的にそれらを米国にプレゼントしたのです。

現在の米国財務省長官ティモシー・ガイトナーは連邦準備制度理事会会長バーナード・バーナンキの為のカバン持ち程度の男であり、これら犯罪の銀行とともに行われている暴虐な犯罪行為を可能にし続けています。

それをあきらかにしましょう皆さん。

彼ら自身の帳簿上であえてきれいにしなかったこれら犯罪の銀行:別名「金融テロリスト」は、認められ合法に受け取った自由なお金:別名「米国民からの、米国納税者のお金』で巨大な世界的なポンジースキーム(つまりデッド・エンドと財政的な破滅への道)に関与し続けています。

P.P.S.あなたがニュースメディアの財務報告でブルームバーグ・ニュース(陰謀の連邦準備制度理事会のフロント・メディア)を好んで聞くとき、連邦準備制度理事会が米国経済を刺激すると主張する更なる「量的緩和」政策について、それはでたらめだけです!

量的緩和は継続的な『救済します』以外の何ものでもありません。そして、米国財務省から相変わらず略奪し続け、アメリカをバナナ共和国レベルに引き下げたこれら不正な金融機関(今なお有毒資産デリバティブを満載する)を支え続けるだけです!

obama-burns-constitution.jpg
オバマ大統領へのメッセージ:
あなたが米国経済を復活させるために1兆ドル使うのならば、米国の財政赤字を消すワンタ-レーガン-ミッテラン・プロトコルを実行して、納税者の費用なしで高速レール・プロジェクト(AmeriRail)で何百万もの新たなアメリカ人の仕事を創出して、米国賃金税(給与税)と最終的にケニア生まれのオバマ氏自身を排除して、あなたはアメリカ国内でルーズベルト-タイプ時代の実際の仕事を創出してたいかもしれません。

[付録]
米大統領オフィスは米ドル4兆5000億を返還
連邦税の米ドル1兆5750億
最初のニュース2010年10月21日
[リー・エーミール・ワンタ大使のAttachment(s) は以下の通り]
約束の支払い期限が過ぎている
click to view image
http://www.stewwebb.com/Office_of_the_President_pgs_1-9_REDACTED_16oct2010.htm
image003.gif

ワンタ氏がオバマに宛てた実際の催促状です。

詳細: http://blogs.myspace.com/tom_heneghan_intel#ixzz13LGFoOvc

メルケルがいきなりしおらしくなっちまってどうしたんだろ?
ロシア経済ジャーナルさんの『ドイツ・メルケル首相の衝撃発言〜「ドイツの移民政策は完全に失敗した!」』という記事が今日UPされたのですが、この発言一つとってもなんだがNWO派閥から距離を置いているように見える・・・
ストーリー氏もドイツ銀行をキチガイの手から取り戻したとリークしていたし・・・
何か今までと違うのは事実でしょうか。

キチガイの計画も一筋縄では行かないのも事実です。

てか、日本は移民受け入れ&朝鮮学校無償化なんてマジキチなことやめろ〜!!
朝鮮学校無償化を文科省が年内実施を企てているらしい。

ランキングに参加しました。
応援ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 13:32| Comment(2) | 米国トム・ヘネガン氏情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

エスカレートする炭疽菌事件、ブッシュの手先メグ・ウイットマン、トロントで生きているクリストファー・ストーリーA/A

ぶっ壊す:エスカレートする炭疽菌事件、ブッシュの手先メグ・ウイットマン、トロントで生きているクリストファー・ストーリー

エスカレートする炭疽菌事件
ブッシュの手先メグ・ウイットマン
トロントで生きているクリストファー・ストーリー
A/A


images.jpeg

P.P.S.我々は現在、現在の米国共和党員でカリフォルニア州知事の候補者メグ・ウイットマンがバーナード・マドフ・ポンジースキームへのダイレクトな文書の足跡(関与)によって、既知の犯罪証券会社ゴールドマン・サックスが関与する莫大な不正金融収入スキャンダルとつながりがあったことを明かすことができます。

ウイットマンは、現在、マドフ・ポンジースキームのじゅうたん爆撃状態で焦土と化したカリフォルニア州で、彼女にとって大衆的な敵であるエドマンド・ブラウン・Jr前カリフォルニア州知事に別名:むきだしで取り組む批判の広告活動でマドフ・ポンジースキームの収益を使っています。

ブッシュの手先ウイットマンは、カネの運び屋として動いているほかならぬ前ブッシュ.FRAUD当局のホワイトハウス次席補佐官カール・ローブがジョージ.W.ブッシュのため、様々な政治活動に伴うマネー洗浄時に、何年間も彼女の旧EBay社を巧みに利用させました。

我々は、ブッシュの手先ウイットマンが2008年の銀行を救済する反逆の方法を指揮したブッシュ政権の財務長官ヘンリー・ハンク・ポールソンに意見を聞かれ、それゆえ彼女が投資対象(ほかならぬゴールドマン・サックスへのインサイダー)を握り、巧みにビッチのウイットマン自身の個人的な証券会社に利益をもたらしたと明かす事もできます。

MegWhitmanMoney.jpggrandtheft2000.gif

我々はカリフォルニア州の人々に、ブッシュの手先ウイットマンがフロリダ州での票の再集計をやめさせた、2000年のブッシュ.FRAUDによる選挙工作において個人的に何百万ドルも寄付してイカサマに貢献したと明確に報告することができます。


したがって、ブッシュの手先ウイットマンは事実上、2000年の大統領選挙でアルバート・ゴア副大統領からダイレクトに票を盗みとり、国を破壊するよう支援し、選挙泥棒、コカインを鼻で鳴らし、米財務省資金横領、同性愛inクローゼット、憲法をシュレッダーにかけ、無断欠勤、不法に就任して、効果的に米国共和国を破壊する戦争犯罪人ジョージ.W.ブッシュ.FRAUDに力を与えたのです!

ビッチのウイットマンはカネの力により、最近、カリフォルニア州の前ジェリー・ブラウン知事を中傷する企ての柱として、ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーのメンバーであるビル・クリントン前大統領を出演させたブラック・コマーシャルを国中に走らせました。

注:前ブラウン知事(その人物はアルバート・ゴアと個人的な友人です)は、1992年の民主党の大統領予備選挙でパパ・ブッシュのリトル・ビッチ(ビル・クリントン)と競争していた過去にまでさかのぼる、両者ともがクリントン家(ブッシュ家と彼らの関係に向けられた)の生涯の宿敵であります。

f0166919_10272250.jpg
参照:ずうずうしいNew World Order(ニュー・ワールド・オーダー)の手先(ビル・クリントン)は近頃、現在エイズで死にかけている、ほかならぬ英国の家来、Dunblaine小児性愛者及び、ジョージW.ブッシュの操り人形(戦争犯罪人トニー・ブレア)に対し『自由勲章』を与えました。

米国メディアは、米銀行家達が依然としてコントロールしているデリバティブ・ポンジースキームから今もなお直接報酬が支払われていて、事実、米国メディアがこの2つのピースの悪党を我々に与えるよう推し進め続けています。

唯一、ジェリー・ブラウンがブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリー・マフィアに対して反対勢力で、当然、彼が一律税を支持する、真実を与える本物のティーパーティー候補であると主張することができます。

P.P.P.S.それは現在も、英国の審判と宗教の狂信者以外に何もその歴史の書物に載っていない反逆のコントロール不能のテキサス州は、アメリカ合衆国で最も偉大な愛国者(トーマス・ジェファーソン)を替えて、アメリカ合衆国の憲法を軽蔑し続けています。

テキサス州の人々がアメリカ合衆国憲法の下でよりも、むしろ旧約聖書の原則の下で生きたい今、それはとても明白です。テキサス州から独立を求める話がありました。
是非、もう一度、連邦から脱退してください。

米国民からテキサス州へ向けた直接のメッセージが以下です。:
あなたは、もう二度と連邦から脱退する必要などありません。
米国民は立ち上がり、連邦からあなたを追い出すからです!

注:思い出してください皆さん、これは汚らわしいのと同様である、あなたにブッシュ・ファミリーを持ってきた反逆の州です。そして、ジョン・F・ケネディが暗殺された、ここが汚らわしいのと同様の反逆の州です。

テキサス州を支配した、この宗教的な狂信者と説教壇チンピラが怪しげなティーパーティー運動を管理している時点でテキサス州の全てがキチガイである点に注意することが最も重要です。

私があなた(皆さん)に、会社をコントロールした、ファシスト、強要者にフレンドリーな米国メディアが共和党に許可し、アメリカ合衆国の憲法の回復(憲法に反する反逆の愛国法の廃止)を支持する連邦議会議員ロン・ポールによって、反逆の連邦準備制度理事会の廃止と、一律税による国税庁の終わりで別名:ブッシュ・ファミリーをムショにぶち込む本当のティーパーティー運動をリードしたと警告しました。そして、それはただのガス抜きで何も変わらず、この犯罪のブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーと銀行家達が米国金庫を荒らすのを許しました。

誰が本物のティーパーティーなのか覚えているようにしましょう。そして、そのもの以外は本物のティーパーティーではないので注意して下さい。

民主党員と共和党員党は汚れています。彼らは隠れ同性愛の財源(ハリウッド)からコントロールされていて、そして、他の隠れ同性愛者のネオナチ、宗教的な説教壇チンピラ達によってコントロールされています。合理的に考えてみると、テキサス州に彼らすべてを強制的に送り、交通を遮断するようテキサスの回り全てに警戒線を張るのがいいでしょう。

我々の次のインテリジェンス状況説明をこのあとも楽しんでください。それは、英国のMI6エージェントであるクリストファー・ストーリー(別名:エドワード・ハール)の偽の死に関して最新版を含みます。

現在ハールは、前英国首相(Dunblaine小児性愛者と戦争犯罪人トニー・ブレア)の為に偽情報を流す代理人として動いていて、カナダのトロントにある隠れ家に住んでいます。そして、2010年6月より早い時期の、彼の疑わしい死の1ヵ月前、元英国科学者で生物兵器科学者(D・ケリー博士)の暗殺で、スコットランドヤード(ロンドン警視庁)により主要な容疑者として名を挙げられました。

彼のハールー手帳が明るみに出て、現在スコットランドヤードが所有しています。その手帳の中にD・ケリー博士の電話番号とアドレスが記載されています。彼がケリー博士が裁可される必要があったと主張するエドワード・ハール自身の筆跡が手帳に表記されています。

mi61.jpgblackwater_logo01.jpgharmful-mobile-radiations.jpg
white full.jpg2433.jpgs-TOWNSEND-CNN-large.jpg
Stoner cell phone microwave attacks on American Patriots
CONSPIRATORS
British MI6, Blackwater, Christopher Story aka Edward Harle
Tim White, Jeff Fisher, Frances Fragos Townsend

ストーリー(別名:ハール)がブラックウォーター(現在社名変更し、Xeカンパニーとして有名な)の仕事仲間と結びついて、英国のインテリジェンス情報部員との関与により、アメリカ合衆国でも指名手配されていて、そればかりでなく、FBIディビジョン5の犯罪分子である別名;ティモシー・パトリック・ホワイト(ティム・ホワイト)と、疑わしいジェフ・フィッシャーと、国土安全保障省の反逆分子である別名:バーバラ・フライと、そして、ブッシュ–クリントン犯罪シンジケート・ファミリーの手先で『スカル&ボーンズ』出身の女:フランセス.F.タウンゼンドと私自身を含めたアメリカの愛国者に対する『ストナー・セルフォン・マイクロウェーブ攻撃(携帯電話からのマイクロ波攻撃)』を組織化する際に、アメリカの愛国者(レオ・ワンタ大使)を含めた個人へ対して実際に暗殺を企んでいます。

あなたがトロントの通りを歩いているアメリカ市民か、いっそうカナダ市民であるならば、あなたがこのくわせ者クリストファー・ストーリー(別名:エドワード・ハール)と遭遇したならば、進んで彼を拘束して、彼をカナダの治安判事の元に連れて行って下さい。彼は、直ちに国外退去される必要があります。

さらに、ワンタ-レーガン-ミッテラン・プロトコルの現状の最新版と、高速レール・プログラム『AmeriRail』、欧州連合の今後の情勢とアメリカ合衆国自体の支払い能力を含む我々の次回のインテリジェンス状況説明を今後も楽しみにしていて下さい。

注:最近ゴールドマン・サックスがコモディティ(管理人注:商品先物取引所で取引されている商品:金・銀・原油・エネルギー・トウモロコシ・麦etc...)とポンジースキームをトレードしているという暴かれた情報を持っています。それにより、金融資産を莫大にディレバレッジング(管理人注:意味参照)することが24時間以内に本格的に始まります!

注:思い出してください皆さん! ― このワンタ協定資金の実現が米国財務省に27兆5000億ドルを戻し回復する― 完全に米国の財政赤字をなくし、『AmeriRailプログラム』で働くアメリカを取り戻すのです。

ラファイエットがブラッディーワインで生き残り、この重大な時に、我々は自由に生きるか死ぬかです。そして、アルバート・ゴアはアメリカ合衆国で2000年に正式に選ばれたが非就任する、純粋に米国で生まれながらの大統領のままです。

詳細:http://blogs.myspace.com/tom_heneghan_intel#ixzz103HSktXb

てか、ストーリー氏が生きてるなんてトンデモ話を出しているのはトムとベンジャミン・フルフォードぐらいですか....

ちなみにこちらがベンジャミン氏の記事の日本語版です。翻訳はa氏です。(転載すいません。)

元:http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2010/09/hobie.html

09/18/2010

Hobie,
What is going on with Rumor mill news? Why are you posting my subscription newsletter for free and with an inflamatory headline?
Why not post the latest free article I wrote instead with my own headline?
Also, please post the following in order to set the record straight.

Response to recent accusations against Benjamin Fulford:
Although it is my policy to not engage in mud-slinging and focus on constructive ideas, I have been asked by many people to respond to two recent lines of attack against me.
First of all there is the accusation that I killed Christopher Story. That is serious slander and I may decide to sue. First of all, I was asked by MI6 to please cooperate with them and not reveal the fact that Christopher Story AKA Edward Hale, was never killed. It was all part of a psy-ops. However, they are using Story's baseless accussation that I threatened him with murder as part of a campaign to discredit me so I am now revealing the truth: Christopher Story was not killed and I never threatened him.
The other concerns the ongoing mud-slinging surrounding the OITC. The fact of the matter is that the lawsuit against the OITC and their backers at Davos and the UN has been delayed twice. First by the sudden suspicious death of Joe Bendana (the man who was going to file the lawsuit against them) and now by the fact that all the cables leading to Neil Keenan's server were cut. The lawsuit will go ahead and the courts can decide the truth as far as I am concerned.
The Federal Reserve Board crime syndicate has found itself in a situation it cannot mathematically get out of no matter how hard they try. In their death throes, however, they are revealing their entire global network of bought and paid for servants. My message to them: accept the inevitable, help start the new financial system and then appear before a truth and reconciliation committee in exchange for forgiveness.
Believe me, the average people and the legal system will be a lot less forgiving if you continue to try to drag the rest of humanity down with you.

訳:ホビーへ。

Rumor mill newsでは何をやっているんだ?何故キミは私のメールマガジンを無料で、しかも大げさに脚色した見出し文までつけて掲示しているんだ?それならいっそ私の書いた最新のフリーの記事も載せたらどうだ?それもまた私のオリジナルの見出し文を変更して…。キミの掲載について誤解がないよう事実をありのままに伝えるために、以下の文章も追加して欲しい。

ベンジャミン・フルフォードに対する近日の非難についての返答:

誹謗中傷は相手にせず、建設的な見解に集中していくのが私のポリシーではあるが、現在多くの人たちから、私を非難する二つのトピックについて反論するように求められている。まず最初に、私がクリストファー・ストーリーを殺害したというものがある。これは全くの事実無根であるため、場合によっては告訴するかもしれない。最初から説明すると、私はクリストファー・ストーリー・AKA・エドワード・ホールなる人物が殺されてなどいなかったという事実を明らかにしないよう、MI6から協力を要請されていただけである。それが心理動揺作戦のすべてだった。しかしながら、私に対する批判者たちは、私がクリストファーに殺害の脅しをかけていたという事実無根の話を、私の信用を貶めるために使っている。だからこそ私は今ここで事実を明らかにしようと思う。クリストファー・ストーリーは殺されてなどいないし、私が彼を脅したなどということもない。

もう一つのトピックは現在進行中のOITCに関する状況についてである。これについての事実は、OITCそれ自体とダボス及び国連にいるその支援者たちに対する訴訟は、これまでに二度延期されている。一度目はジョー・ベンダナの突然の不審死によって、二度目は現在発生しているニール・キーナンのサーバーに繋がる全てのケーブルが切断されたという出来事によって、である。訴訟は進展するであろうし、法廷は真実を見極めることができるであろうと私は捉えている。

FRB犯罪シンジケートはどう足掻いても数学的に破綻は避けられない状況にあるという現実を、今や自らが理解している。彼らは苦境の中で必至になってもがいているが、しかしそのもがき自体が、彼らがこれまでカネのちからで培ってきたエージェントたちの全地球規模のネットワークを暴露してしまうという結果を招いている。私からの彼らへのメッセージはこうである。

「避けられない結果を受け入れなさい。そして新しい金融システムを立ち上げることに協力しなさい。そして寛大な処置がなされることと引き替えに、真実と和解委員会に出廷しなさい」

あなたたちが人類をその下へ従属させんとする努力を続ければ続けるほど、これまで虐げられてきた人々や法的制度は、あなたたちに対する恩赦の度合いを弱めるだろう。
BY:a氏の訳


てか、ホビーとバトってるのね。

ホビーの反論コメントは、この嫌がらせはエージェントによるものでホビーは無関係だとサ。(シーソーゲームか?)

海外の方々もいろいろとこのやり取りには疑問みたいです。

http://www.abovetopsecret.com/forum/thread612424/pg1によると。

worldreports.orgで高名の英雄的リポーター・クリストファー・ストーリー氏は殺されたのか?

最初にnesaranews.blogspot.comのジョン・MacHaffieがストーリー氏の二ュースを伝えるので、MacHaffieがこの『Psy-オペレーション』に関与していることを示しているようなインターネット上で明かされた死は、私の知っている限りでは......ですか?

私の疑問:なぜ?
いったいなぜ?、MI6は第一にでっちあげてまでストーリー氏の死が欲しいのか?そして、いったいなぜ?彼らはフルフォードにそれについて話して、彼にそれに協力するよう頼んだのか??
奇怪な、なんとも奇怪な......


転載終わり。

僕もなんとも奇怪ですわ。

トム・ヘネガンまで生きているなんて言う始末だし・・・(あんた、ドクター・ケリーの殺害首謀者なんて....。)

てか、nesara(ネサラ)ニュースっていう名前自体がうさん臭いね〜。工作サイトまるだしな気がする....。ネサラって結局アセッ死ヨン系のイカサマ情報でニューエイジ教に引き込む為のツールだったんだよなぁ・・・

いよいよキチガイが作戦を実行に移すデリケートな時期だけに邪魔者はどんな形だろうと消し去ろうと言う魂胆ですか?

なんだかんだでウィキリークスとワールドレポートは更新が途絶え、してやったりってな感じですわ。

ストーリー氏が生きている事と、無事である事を願い記事をUP。

忙しくて更新はまばらですがランキングに参加しました。
応援ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 10:09| Comment(2) | 米国トム・ヘネガン氏情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。