2012年01月24日

米/メキシコ太平洋海岸沖へ発令された大地震警告

日本も大変危険な状況です。
まだ書きかけです。

独り言。5・5・15? 10・15? 10+15=25日?
25日に地震発生?

2012年1月22日
米/メキシコ太平洋海岸沖へ発令された大地震警告
by;ソルチャ・ファール

今日クレムリンで広まるモスクワ・シュミット地球物理学会(IPE:Institute of Physics of the Earth)が用意した不穏なレポートによると、昨日のメキシコのチアパス地域を襲ったM6.2の地震が二週間(プラス・マイナス七日間)以内に米国&メキシコの太平洋海岸線を襲うと予測され、少なくともM7.5〜8.3の『巨大地震』への『潜在的な先駆け』であると警告します。

このIPEレポートによると、1月18日にメキシコのバジャカリフォルニア半島をM4.1の地震が襲い、通常の地震とは異なる「極度の」大気の温度変化を「4.433〜4.498マイクロメートルの範囲」に発した後で、この地域への懸念が高まりました。そして、再びチアパスで起こったように、その懸念が昨日確かめられました。

この地域に関する重要なメモで、メキシコの地震帯とカリフォルニアの巨大な断層システムとを結ぶ、この特定の断層システムで1982年以降に最初に起こった大地震である、2010年4月4日のM7.2の大地震の後に懸念が高まった、この地域での破滅的な地震/火山噴火発生への懸念(可能性)を「再び呼び起こしている」ことがポイントだとこのIPEレポートは述べます。

3月11日の地震が襲う前に、総体的に電子を含有する一つの超高層大気(電離層と呼ばれている)が、地震が起こる3日前に最大に達して、地震の震央上空で劇的に増加したと、以前の2011年の日本への大地震と津波で記録(立証)されたように、現在確かな大地震発生の前兆であると考えられている、地震発生地帯上空の大気圏のその極端な、及び/又は急速なヒーテイング(加熱作用)が等しく重要なメモです。

このIPEレポートではさらにその結論が、NASAにより運営されて観測が可能な、 Moderate-Resolution Imaging Spectroradiometer(MODIS;モーディス)衛星から得た最新の情報を分析して確かめたものだと述べています。
[注:これはキーストローク・モニタリング(監視)を利用する高レベル・アメリカ政府サイトです。(管理人注;サイトへクリックするのなら身元がワレマすよ。)]BY:国際サイエンスコミニュティー。
意図的にか22日(25日発生なら22日から変化が見られる)からのデータが更新されていない・・・

IPE科学者と英国の科学者は、この種の日付データを利用する世界最高の地震専門家の一つで、約400キロメートルの間隔で一つがナノ・サイズ〜マイクロ・サイズの大きさの衛星を地球の低軌道に打ち込むTwinSatプロジェクトに現在取り組んでいます。そしてそれは地震を予測する地上から電磁気のサインを集め、解析するよう、同時に働きます。

In our analyzing news coming from this region that could further substantiate this IPE report we came upon a 4 January report ascribed to Mexican communication giant Conciencia Radioレジスタードマーク that, in part, says:

“Conciencia Radio is currently conducting an investigation on something massive that occurred in the port town of Ensenada, Baja California Mexico. In or around August 2011, a very big secret meeting took place among the scientific elite at the number one scientific research center in Mexico known as the Center for Scientific Research and Higher Education of Ensenada (CICESE). This preliminary report, not be published as of yet, is being developed to ascertain why prominent scientists from different parts of the world that work at CICESE have decided to suddenly relocate or flee from the Baja California peninsula due to an impending geophysical event of great magnitude.

We spoke a series of anonymous sources. Among them a woman who yesterday revealed to us what transpired at the CICESE. She and a professor of hers arrived to the CICESE to attend an astronomy workshop. When they arrived to the center, the saw that the Mexican Military had closed all vehicle access to the center. They thought they were removing radioactive substances that are used in the labs, which is not uncommon to see because the removal of hazardous substances such as chemicals and radioactive compounds are ascribed to the Military. Later they realized why the Military was there and it was not for this purpose but to protect important visitors that were present at the CICESE at that same moment.

The two women, who wish to remain anonymous, decided to park behind the center and ingress from the back of the facility. They parked their car on one of the hills and managed to get inside the complex. Once in, they went to the auditorium were the workshop was supposed to be held. To their surprise, the main access to the auditorium had been sealed off. They decided to go around the building and found an access door that led them inside. They expected very few people attending the event in question. To their surprise, the auditorium was full of people and it was not in any way related the astronomy workshop/conference that they planned to attend.

To their amazement, they saw scientists from different parts of the world having a very heated discussion over a definite problem of enormous proportions. They saw Japanese, Russian and other European nationals present at the event. They were all discussing in a very high tone of voice. They even saw things being thrown and tables being banged. Another source whom which we spoke to informed us that at least a top-level Cabinet member from the Calderon government attended the event as well as possibly the Governor of Baja California (the latter has not been confirmed) who was in Ensenada on that day.

The topic being discussed by the scientific elite is the fact that they now have confirmation that a huge cataclysmic geological or geophysical event is about to occur any moment now that would at least destroy the port city of Ensenada Mexico. Ensenada is located at just 68 miles south of the Tijuana/San Diego border. At least 300,000 people reside in Ensenada. Among other things discussed was that they leave the city as soon as possible. It has been revealed to us that in fact many of the foreign scientists working at the CICESE and other well-connected individuals in the Baja California elite have left Ensenada. Our direct source mentioned in the interview we conducted with her on January 3rd, 2012 that the antendees mentioned that they were expecting the event to occur any moment now and that they referred to it as a "geophysical event".

To if the final outcome of this report will be as the IPE scientists predict it is now in our knowing, other than to mention that as global natural disasters cost our world $109 billion in 2010, and rose to $366 billion in 2011, the trending line of catastrophes hitting our world is, most assuredly, not going in the direction anyone would choose.

January 22, 2012 コピーライトマーク EU and US all rights reserved. Permission to use this report in its entirety is granted under the condition it is linked back to its original source at WhatDoesItMean.Com. Freebase content licensed under CC-BY and GFDL.

元;http://www.whatdoesitmean.com/index1556.htm
この記事へのコメント
パートナーとの信頼や絆や愛を確かめる方法はやっぱり肌と肌を合わせる事しかないと思います。どちらかが我慢をするのではなくお互い気持ち良い性生活を送る為にも恥ずかしがったりせずちゃんと話合いをしましょう。そこからよりよい関係性を築いていくものなんだと思います。
Posted by セッ クス at 2012年01月26日 02:08
時間と性欲を持て余したセレブな人妻達のほんのひとときの暇つぶしにお付き合いしてもらえませんか?契約内容は様々で1日10万〜など当たり前。あなたの希望通りの条件で働いてもらいたいと思っております。まずはネット面接を実施しております。簡単なプロフと顔から下の写真を添付し当サイトまでお送り下さい。
Posted by 人妻SEX換金所 at 2012年01月31日 18:58
ガレキの広域処理利権は
田中派の紅白戦です。

野田、検察、ガッキーのやる気のなさは異常です。

小沢と創価が解散させない理由は簡単。

それは小沢と創価が黒幕だからです。

事実、野田のマズイ政策は
すべて小沢の利権と結びついています。

詳細はこちら↓

ht■tp://blog.livedoor.j■p/sheltem2/
Posted by sheltem at 2012年03月19日 03:27
恵みあふれる聖マリア、主は、あなたと共にあり、
主はあなたを選び、祝福し、あなたの子イエスも祝福されました。
神の母聖マリア、罪深いわたしたちのために今も、死を迎えるときも
祈って下さい。アーメン
    6〜7で13
2012年、4月5日、13時30分イエスが帰って来ます。

春祭り(過越祭)の2日前です。さて、過越祭の二日前になった。祭司長たちや律法学者たちは、策略をもってイエスを捕らえたうえ、なんとかして殺そうと計っていた。彼らは、「祭の間はいけない。民衆が騒ぎを起こすかも知れない」と言っていた。イエスはパンを取り、祝福してこれをさき、また杯を取り、感謝して彼らに与えられると言われた。これは、多くの人のために流すわたしの契約の血である。http://www.japan-israel-friendship.or.jp/modules/special/index.php?content_id=6

聖霊があなたがたにくだる時、あなたがたは力を受けて、わたしの証人となるであろう。こう言い終ると、イエスは天に上げられ、雲に迎えられて、その姿が見えなくなった。イエスの上って行かれるとき、彼らが天を見つめていると、白い衣を着たふたりの人が、彼らのそばに立っていて言った。天に上げられたこのイエスは、あなたがたが見たのと同じ有様で、また帰っておいでになるであろう。ヨベルの日。ハレルヤ
Posted by Santa Maria at 2012年04月04日 11:08
生きていたら更新をお願いします。
Posted by ゼカリヤ at 2014年05月13日 09:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。