2011年05月16日

UFO『艦隊』が地球に接近し、『エイリアンの攻撃』で500人の死者をテキサスに残す

2011年5月14日
UFO『艦隊』が地球に接近し、『エイリアンの攻撃』で500人の死者をテキサスに残す
by:ソルチャ・ファール

連邦宇宙局(FKA/RKA)によってプーチン首相に用意された衝撃的なレポートによると、我々が2010年12月21日にレポートした『ミステリアスな「タイム・ウェル(穴)」が発見された後、各国首脳がアフガニスタンに集結する』で以前報告したように、アフガニスタンに集結した米国軍隊による、その発見の後に米国に搬送した『ヴィマナ』テクノロジーを破壊することを意図した『エイリアン軍隊』が先週、テキサス州フォートワースに位置する米国で最も重要な宇宙基地を攻撃したと述べています。

このレポートによると、アメリカ航空宇宙局(NASA)の航空システム部巨大なダラス-フォートワース国際空港より遠く離れた区画に位置して、北アメリカ上空域を管制するためにソフトウェアを必要としたエンジニアリング運営に責任がある機関)は、『ヴィマナ』テクノロジーの研究に取り組むスペース請負業社の人員と、500人以上の米軍の死を結果として生じさせた約30分間の長い『継続した』攻撃で苦しみました。


その事態がビデオテープに録画[youtube(またここにリンクした、より長いバージョン)]されたことで、米国へのこの『エイリアン攻撃』に関するメモがとても信じがたく、稲妻が原因の『変圧器爆発』以外の何物でもないとしてアメリカのプロパガンダ・メディアが速報で釈明しているが、そんなものはビデオに現れてはおらず、炸裂音もまったく聞こえませんでした。

Rama_welcomed.jpg
「ヴィマナ」テクノロジーに関して最も重要な点で、このミステリアスな飛行物体は、我々の地球を最後にひっくり返した前から存在していて(つまりポールシフトが起こる前から)、無気味に現代の原子爆弾と類似した意味を持つ兵器を所有している古代サンスクリット語の叙事詩で記述された、太古から既知された神話の飛行機だということです。

TriangleBelgium1990.jpg
捕えた「ヴィマナ」テクノロジーをフォートワースのNASA施設へ運搬しているアメリカの理由は、エイリアン・テクノロジーから「リバース・エンジニアリング」して、1980年末期以降、その施設に配置されたと言われている『ブラック・トライアングル(黒い三角形)』と言われた米国で最も秘密裡に開発された飛行機の1機に、そのテクノロジーの使用を試みることだと、このレポートが続けます。


fwa1.bmp
レポートのメモで興味深いことは、アメリカの「ブラック・トライアングル」UFOの1機を、ダラス-フォートワース空港の近くで、2時間以上も夜の空に浮かんでいたそれを、リサ・ブロックが設置したゲームカメラによって捕えられた後、また、この2010年8月の出来事にちなんだビデオテープ[youtube]で見ることができます。

アメリカ合衆国から到来することを全て説明することで、そして我々が以前、4月24日の報告『米国はロシアに警告します:「エイリアンが彼らのやり方で、2012年に地球に来ると」』で報告したように、アメリカ人がその者の対処をしていて危険性を知っているけれども、ロシアの多くの人々は、この惑星の全ての人の生命を危険にさらすと信じられている、このエイリアン『ゴット』の派閥と同盟することを固く決心しているように見えます。


我々の5月10日の『ロシアの町の上空で『時空渦』が裂けて、科学者に衝撃を与える』の報告では、我々の祖国がこの種の『エイリアンの攻撃』にも免疫があるというわけではない点をさらに注意しました。そして、新たなNASAのビデオ[youtube]で、不可解な彗星エレニンに続いて地球に向かう大規模なUFO『艦隊』が、当初考えていたよりも非常に巨大で強力だと示しているように見え、すべてを説明され信じていたよりもさらに状況が悪化しています。

この古代の『神』の帰還に関する、本当に厳しい状況に関して米国民(または、どんな西洋人でもその事実に関して)に告げることは、ほとんど見込みがないように見えます。 

だが、何年も前にソルチャ・ファールが言及したように、彼女の未来の研究『この世界の王座をめぐり戦いが始まる:戦士エインヘルヤル(Einherjar)の帰還』の中で、有名なフランスの予言者ノストラダムスが4行句6:21で書いた語を参照しました。:
When those of the arctic pole are united together, 北極極地の人々が一致団結するとき、
Great terror and fear in the East: 東の大きな恐怖と恐れ
Newly elected, the great trembling supported, 新たに選ばれた、震えている偉人に支持されて
Rhodes, Byzantium stained with Barbarian blood. ロードス、ビザンチウムは野蛮人の血で汚れました。


そして今週、ロシアとの新しい合意書に北極国家が署名したことと、特に北極資源競争でNATO軍とロシア軍との対立につながる可能性が非常に高いという恐れを示す新たなWikiLeaksケーブルとを照らし合わせて見るとき、誰もが信じるよりも、ノストラダムスが警告した米国と他の北極国家のこの『将来』が間近かもしれません。

そしていつものように、このレポートに含まれる情報が、西側諸国(特にアメリカ)で無視されているけれども、同じことが祖国でこれらの真実を知っている人々に言えないとは言えません。そしてその者は、我々が取り扱う最高機密レポートと同じ秘密の多くにアクセスすることで、まもなく訪れることになっている出来事から身を守る為に、巨大な地下バンカー(地下壕)を建設していることが現在報告されています。そして、ブルームバーグ通信社が『ロシア国民の金持ちは、黙示録の恐怖から地下壕を購入する』とタイトルを付け報告するように、記事の一部で以下を抜粋します。:

『テロリズムは、地下壕建造企業にとって望ましいものです。黙示録はビジネスをさらに良好にします。ダニーラ・アンドレーエフは3年前に「パニック・ルーム」を造り始めました。その時にテロ攻撃の恐れと、狂暴になった商業論争によってロシアでバンカー需要が作られました。彼は来年に世界が終るというセオリーの不安を利用して、一つにつき40万ドルもの『サバイバル地下壕』を販売しています。

「私は、私自身は終末シナリオ信者ではありません。」、アンドレーエフは31人の社員がいるモスクワ中部のオフィス(Spetsgeoproektカンパニーはロシア全域の秘密の場所に15の地下壕を完成させました)で発言しました。「まさにあなたは、クライアントが世界の終わりについて会話しているのを聞き始めたとき、それがあなたを考えさせるようにするでしょう」』


しかしながら考えることで、かつてのモットー(『前もって警告されたことは、予め準備万端に備える』)に従って生活した、かつては得意にしていたアメリカ人の間で不足しているように見えます。まさに、誰かの新しいモットーが『かまうもんか』のように見えます。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1481.htm


我が家(新宿)の上空にもUFOの大群が現れたようですね。

約束の時は近いようです....。

ランキングに参加しています。
お金はいりませんがクリック一つしてくれるととても励みになります。
少なければいらぬ情報ということでフェードアウト決定ですね。
重要な情報を公開したくても、下位で公表したら意味がないですよね。
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
やめないでください!とっても私にとって興味ある情報ばかりです。
こういう話題は分かる人にしか分からないってとこありますから(^^)

続けてください!お願いします。
Posted by yori at 2011年05月16日 20:26
同じく
やめないで下さい!!
ランキングより、
貴方の記事は素晴らしい動きですよ。
大変でしょうけれど。
上位にあるブログは、
議員が書いてるものなので信者数には敵わないと思います。それと、分野が政治というのもあるのではと思いますよ。
宇宙戦争ですよ!
ワクワクしてます。
動画が削除されてしまったようで残念です。
見たかったナ…(T-T)
Posted by aoishi at 2011年05月17日 09:09
ご免なさい。
連投してしまいました。始めの方を削除願います。
Posted by aoishi at 2011年05月17日 09:12
消しました。
愛は毎日ほしいですね。
人って誰でも孤独で寂しがり屋なんですよ。

Posted by 東 at 2011年05月18日 12:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。