2011年04月27日

米国はロシアに警告します:『エイリアンが彼らのやり方で、2012年に地球に来ると』

【注目】(ホントになめてるな)
4月27日午後7時27分:群馬県北部で震度4  M4.5 
4月28日18時28分:宮城県南部で 震度4 M5.7
明日は999かな?第9だね。カウントダウンなんて思い過ごしかね。
政府(天皇)はまだ金払ってないのか?

【原発事故】安全宣言のカラクリ そして子供になにが起きた。(是非見て下さい、広めて下さい。)


評価の高いコメント
IAEAの調査委員長、重松逸造。広瀬隆が「極悪人」と名指した 広島系の学者の重鎮です。「因果関係がない」という「魔法の言葉」で、こうし て犠牲者が葬り去られることになります。日本がこれからそうならないように、監 視し、チェックしなければ。私たちは自分たちで出来ることを、何でもよいので、 していきましょう。

rainkame2 5 日前 38
返信
甲状腺発病率が平均の7800倍とは統計上有意であるなどという ものではありませんね。


2011年4月24日
米国はロシアに警告します:『エイリアンが彼らのやり方で、2012年に地球に来ると』
BY:ソルチャ・ファール

image2_1299773596.jpg
先週、衝撃的なことで、米国のバイデン副大統領とロシアのプーチン首相との間で開かれた会議をクレムリンのレポートが詳述していて、我々の太陽系内に侵入した、『数マイルにも広がる』UFOの大艦隊が到来するのをNASAの衛星が捉えた後、2012年後半だと予測された『エイリアンの侵入』から我々の惑星を守るために、『地球の広範囲』にミサイル防衛計画を確立するために、ロシアの援助をアメリカが求めたことを明らかにしています。

このレポートによると、我々が4月21日にレポート『巨大な小惑星が地球に接近するにつれて、月を『目覚め』させていると科学者に衝撃を与える。』で報告した、現在、地球へと先立って向かった巨大な小惑星2010SO162005YU55の、両小惑星が『通信シグナル』を受け渡していて、それは、人類以外の存在の、知的な地球外生命体種族を『確かめる』ために、米国国家安全保障局(NSA)が行ったと前に述べた、深淵宇宙空間トランスミッションと全く同じ原理のようです。

このレポートの内容に関して最も興味深いことは、まさしく、我々の地球に近づいているのが2つの異なった種族の地球外生命体であり、一種族でないことを示しているような、その『通信』においてエイリアンが使った『21のシンボル』に関する、『地球外生命体のメッセージの鍵』というエイリアンについてのタイトルの、最高機密文書の一つをNSAが先週公開した点です。

ufa3.jpg
ジョン・F・ケネディ大統領(1917-1963)がまもなく暗殺される前に、中央情報局(CIA)に、エイリアンとUFOに関する情報とファイルを全て出すよう要求したが、CIAは提供することを拒んだにもかかわらず、ニューメキシコでエイリアンの遺体が発見されたことと、ロズウェルでUFOが本当に墜落したことを明らかにしている、その最高機密文書を最近公開した米国情報局以外に、この一週間たらずでエイリアンに続いて彼らの『言語』をも解釈した、その衝撃的な情報を公開したNSAの行いが等しく重要なポイントです。

このレポートは、1561年4月4日に、ドイツ・ミュンヘンベルク上空で何百機ものUFOと交戦した戦いを、数千人もの人々が目撃した時に起こった、そのようなシナリオに我々の地球が近づいているかもしれないと、バイデンの推測をプーチンに説明し続けていて、そしてその交戦時に報告された内容を、我々は読むことができます。:

ufa2.jpg
NurembergUFOWoodcut2.gif
『ヘヴンズ・ウォー(神々との戦い)(多種多様な飛行物体に対して、「プレート」とクロス・シリンダーの様な槍の球体に照準を合わしていた)と言われたことで、空中が明らかにその機械であふれ、埋め尽くされました。おそらく、戦いで1時間以上は衝突したでしょう。戦いは、勝者が同様に認知されたようなものでした。スフェロイドUFO(回転楕円状)は、巨大な円筒状の『母船』から出てくるのを見ました。戦いの終結の場面で、ある種の素晴らしい、黒い、槍のような超大型タンカーが到来したように見えました。古代の木版画[写真]は、この出来事の証拠を記録するために、ハンス・グレーザーによって制作されました。』

なぜ?このエイリアン種族が我々の地球にやってくるのか?先週、英国王室の天文学者マーティン・リー卿と、スコットランド王室の天文学者ジョン・ブラウン教授が共同声明を出した時に、人工大災害で苦しまずに、2100年までに生き残るチャンスが50%だけ我々人類の文明にはあると警告して、明かしました。

このレポートではさらに、我々の大気のアウタースペースをパトロールする有人/無人の乗り物がレーザーを発射する、大規模な米艦隊を建造するために、米国が民間の航空宇宙機建造業者(例:非常に秘密主義のロケット・ビルダー・カンパニー「ブルー・オリジン」)に数10億ドルもの予算を転換したと、米宇宙機関NASAの資金提供のほとんど全てを剥奪して、その民間企業に流したとバイデンがプーチン首相に話したとしています。しかし、たとえ資金を助成した政府が情報公開法(FOIA)の下に縛られていないとしても、私企業が行ったので、誰の研究なのかアメリカ市民にわかっていません。

[注:先週、米海軍はレーザー兵器のテストが初成功したと発表しました。]

ufa1.jpgufa4.jpg
当時の大統領ロナルド・レーガン(1911-2004)政権下で、1980年代初期にこの衝撃的なイベントをおそらく予め警告していたことが重要な点で、ワシントン・ポスト紙は1983年12月30日にその記事を掲載しました。その第一面で、『おそらく木星と同じくらい巨大な;謎の天体が発見された』と、大きく見出しをつけて以下のように述べました:

『おそらく、巨大な惑星:木星と同じくらい巨大な天体が、おそらく、太陽系の一部である地球へと、軌道に乗る米国の赤外線天文衛星の望遠鏡が、オリオン星座の方へと、非常に近づいているのを発見しました。』

この米国の発見についてのソビエト/ロシアのレポートで、1985年のジュネーブ・サミット中にゴルバチョフ書記長との会話で、レーガンがソビエト・リーダーに言った発言が明らかにされた後、さらに衝撃を受けました。

『私達のこの世界が外部からの、エイリアンの脅威に直面しているとすれば、私は時折、世界中の紛争などすぐになくなるだろうと考えてしまう。それなのに、我々の中ではすでにエイリアンには力がないと、私に尋ねてくるんだ?』


さらにレーガンは、過去の国連でのスピーチの最後で、『いつ敵が攻めてくるかわからない現状で、人類はどれだけ結束するでしょうか。 恐らく人類を一致団結させるためには、外的な、宇宙の脅威が必要なのです。我々がエイリアンの脅威に直面しているのならば、世界的な紛争などあっという間に消えてしまうだろう』と述べました。そして、第二次世界大戦の偉大な米国陸軍指揮官:ダグラス・マッカーサー将軍(1880-1964)が23年も前にすでに警告(西側諸国への1955年のスピーチで指摘して警告した)を繰り返し述べていました。
『世界中の国が団結しなければならない、なぜならば、次の戦争は惑星間の戦争だからだ。地球の国家は、他の惑星の種族による攻撃に対して、共同戦線をいつか敷かなければならない』[See video here.]

地球の上空のUFOが一般的にどのように報告されたのか?米国の大手データマーケットプレイスInfochimps社が今まで記録された、この飛行物体の目撃例が60,000件以上あると明らかにしたデータセットを始めた時、先週、世界はUFOのこれまでを学びました。

しかし、このUFOに関して最も重要なことは、今週の日曜日の復活祭で10億人以上のキリスト教徒が待ち望む帰還である、聖書のヨハネの黙示録で強力な『新しいエルサレム』を予言していて、そしてそれは、大いなる意志に『天から下って来る』と言われ、そして、『12の門(十ニ使途:ユダヤの十ニ氏族の名が刻まれた)』を含んでいて、『黄金のように輝いている』その『大きな城壁』から、再び『神』が地球に帰還するということです。

【参考】
新しいエルサレム、黙21・9b-14 21:9b、その中の一人が来て、わたしに語りかけてこう言った。「ここへ来なさい。小羊の妻である花嫁を見せてあげよう。」 21:10 この天使が、"霊"に満たされたわたしを大きな高い山に連れて行き、聖なる都エルサレムが神のもとを離れて、天から下って来るのを見せた。 21:11 都は神の栄光に輝いていた。 その輝きは、最高の宝石のようであり、透き通った碧玉のようであった。 21:12 都には、高い大きな城壁と十二の門があり、それらの門には十二人の天使がいて、名が刻みつけてあった。 イスラエルの子らの十二部族の名であった。 21:13 東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門があった。 21:14 都の城壁には十二の土台があって、それには小羊の十二使徒の十二の名が刻みつけてあった。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1475.htm

ユダヤ12氏族をルシファーのダビデ王が一つに纏め支配した。
その時に消えた10氏族の王が帰還するのでしょう。
キチガイはメギドの丘で本気で神を迎え打つようです。

セルンのビック・バン砲やレーザー兵器を駆使してね。
多くのクリックでやる気がでます。
危険な時期が近いので、応援よろしくお願いします。
僕はエゲツナイ輩と違ってお金はとりませんが、たった『クリック』一つで励みになります。
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
なんかデマだとおっしゃってる方もいらっしゃいますが、本当に来るなら人類絶滅の危機ですね。
http://slicer93.real-sound.net/2.index.html
このサイトでは、UFOが都市攻撃をしてくるため地方へ逃げた方が良いと書かれています。
ただ時期が10月と。これから第三次世界大戦が始まるとすると、いつまでに準備しておいた方がいいと思いますか?
Posted by ゆと at 2011年04月27日 22:41
はじめまして。
たまに拝見させていただいております。
私は50代のオバサンですが、このような内容のブログは大好きです!
私も「エゲツナイ」のは大嫌い・・・

この記事を読むと、かねてより抱いていた
「カール・セーガン博士は殺された?」が確信を持ってしまいます。
横内正氏吹き替えの「コスモス」はもう、何十回となく観ました。
(今ではテープが擦り切れてしまってますが)
博士は「UFO」について「コスモス」の中で語ってます。
「地球に来る確率が非常に低い」と。そして「その目的は?」
私が20歳くらい時に日本で「UFO」が話題になりました。
とても恐怖心と期待を持ってました。
そして友人に言った言葉は「もし、宇宙人に遭ったら、『神はいると思うか?』と聞いてみたい」と。
時が経ち、現在の私は「もし、本当に宇宙人が地球に来たら、とっくの昔に『ドラマV』みたいな状態になってるね!」です。
「V」も全20巻夢中で観た時期がありました。
私が初めて「レンタルビデオ」で観た映画が「第5惑星」。
このまま、「善」人類が覚醒しなければ、この地球環境も第5惑星のようになってしまうのでしょうか?
それとも「Child of Men」?でしたっけ。そうなるのでしょうか?
でも、その前に「エンドオブザワールド」の様に人類滅亡となってしまわないように
何とかしないと・・・と焦りますが、カトリック教徒の私には「祈ること」しかできず、複雑な気持ちです。
今は子供もまだ未成年ですし、時間と継時的に余裕がなく、このようにネットから情報を仕入れることが精一杯です。
しかし、5年後10年後は確実に若い人に病気が増えていることでしょう・・・残念ですが。
その時にはすぐ行動できるよう今から少しづつできることを模索してゆこうと思ってます。
ブログ楽しみにしてます!
あまり無理はしないように!健康が一番です。
ではでは
Posted by Mayuko at 2011年04月27日 22:50
本物が到来する前に、ブルービームプロジェクトは始動させる計画なんでしょうか?
じゃないと欺けないし。

過去のUFO情報と、最新のUFO情報を自動的にデータ処理し始めた、情報の可視化をしだしたのでキチガイは警戒してか?プロパガンダの目的か?分かりませんが何か起こっているのは確かでしょうか?
キチガイはビビりですから。
UFOの機密情報の急な公開からして何か動きがあるのは確かだと思います。
経済崩壊か、ピンチのキチガイの最後の悪あがきか・・・・いろいろな要素はありますがね。

個人的にUFO=神は信じています。
古代の壁画や書物に記されているからです。
それは決して、スピリチュアルとか、アセッションとか、くそけつ神事とか、そういうカルトのバカ騒ぎに触発されての信頼ではありません。

良い宇宙人と悪い宇宙人ってなんですかね(笑)

聖母マリアも数度しか現れないのに、その辺の訳のわらない奴の前に現れて、私は良い宇宙人です。なんて出てくるわけねーだろ(笑)
本当に不便な人々です。

ホントに船井とか中丸とか信じる人の気持ちが理解不能です。

そういう人間は毎日毎日逃げろ逃げろの大合唱です。
キチガイはそういう負のエネルギーが大好物なんだよね。

ホントに良い供物ですね。
Posted by 東 at 2011年04月28日 08:53
東さん、初めまして。
HPはありませんが、記事ならあります。よければ、読んで下さい。
可能であれば、記事取り上げて下さい。
もし、ご紹介頂けるときは「はじめに」の箇所のみHPでご紹介して
いただき、残りはダウンロードさせてあげて下さい。

今後、「阿修羅」には投稿しません。
無料PDFダウンロードはこちらのURLからどうぞ
http://xfs.jp/kWg7X
Posted by 平成の坂本竜馬 at 2011年04月28日 12:50
今晩は。
もう他界した軍事ジャ‐ナリストの知人から日本も既にレ‐ザ‐の兵器ができてると教えてもらいました。今日この記事を読んで何となく繋がりましたがとんでもない話しですね。この惑星を世界中の国が一つになって宇宙艦隊と戦うなんて。
日本をいつも実験場にして挙げ句の果ては皆で戦おう!…ですか?
考えれば考える程、怒りが込み上げてきます。
Posted by aoishi at 2011年04月29日 00:42
この計画の筋だと、宇宙戦争だなんて煽って国連軍を招集して皆殺しにするんでしょう。

聖書の記載どおりに神降臨を真似て、偽りの神が降臨してNWOなんてマンガみたいな事も本気で考えてるかもしれない・・・

本当の神の降臨はキリストの時代の終わりでしょうかね。悪が暴れる、許された時間は2012年からほんの数年です。

必ずや生き延びて、数万年ぶりにあのお方を目にしたいですね。
Posted by 東 at 2011年04月29日 02:19
マッチポンプだろ

そうやって何回も終末思想を初めから過去の叡智を独占してるやつらが
そのUFOとかを使って人類をほとんど滅ぼして、また神様気取りで君臨して今のような世界をつくって支配欲を満たすつもりだろ

本当の民衆の敵は内にいるもんだ
Posted by at 2011年07月23日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。