2011年03月28日

サイバーテロでリードした日本の核メルトダウン(再)

アメリカ人を覚醒させる:すべてのパトリオット・アメリカ人が知っていなければならないインテリジェンス状況説明の舞台裏で...社会をコンロトールした主流メディアがすっかり覆い隠した本当の事実と真実

ホットで爆発的な裏の最新ニュース
サイバーテロでリードした日本の核メルトダウン
by:インターナショナル・インテリジェンス専門家トム・ヘネガン
2011年3月20日日曜日

virus_stuxnet1.jpgarticle-1366308-0B2D78CD00000578-616_964x648.jpg
−アメリカ合衆国−
M9.1の地震と津波の別名:気象「ブラックオペレーション」で日本を襲った一ヶ月前に、日本の4機の原子炉(1機がメルトダウンに直面)のコンピュータシステムにNSAのコンピュータ・ウイルス「Stuxnet」が侵入していたと現在報告できます。

注:Stuxnetは、イランでの核開発計画を不安定にするために開発されたアメリカ・イスラエル共同開発のNSAコンピュータ・ウイルスです。

それは、直接原子炉の冷却ロッドを攻撃します。

したがって、このコンピュータ・ウイルス「Stuxnet」は効果的に日本の原子炉の二重安全防護システムを無力化しており、M9.1の地震と同じタイミングで行われました。

japan_quake_sendai.gif
P.S.我々は、日本に打撃を与えたM9.1の地震と津波が、最終的な金融メルトダウンで世界経済を崩壊させる前に、世界の住民の少なくとも25%が脱落しなければならないと決めた、コントロール不能のNew World Order(NWO)エリートが日本に対して開始した気象テロ攻撃であったと明かすこともできます。

この気象ブラックオペレーションで使われたテクノロジーは、HAARPとテスラ・テクノロジーとして一般的に知られています。

Alaska_HAARP.jpghaarp.jpg
注:HAARPとテスラ・テクノロジーの基礎を第2次世界大戦終了後に米国とソビエト連邦が奪った、第2次世界大戦時の秘密のナチス・テクノロジーだということです。

172_george_bush_sr.jpg
アイテム:この秘密のナチス・テクノロジーの管理者は、ほかならぬNew World Orderマフィア・ボス(サタニスト(悪魔主義者):ジョージ・ブッシュ)でした。

この秘密のナチス・テクノロジーは現在、悪魔の秘密グループに対して地球上全てを無防備のままにしているNew World Orderエリート達によって開発され、完成しました。

P.P.S.今週、連邦準備制度理事会会長バーナード・バーナンキが、QE2プログラム別名:米国財務省長期証券の購入を6月30日に終了すると発表したことは、偶然の一致でありません。(この災害のタイミングで)

日本への強烈な地震が、日本中央銀行に莫大な日本円を原則的(日本中央銀行はちょうど15兆円を印刷しました)に夜通し印刷させるための道を開きました。
この円が、連邦準備制度理事会の助けを借りて、外国為替取引を通して洗浄され米ドルに変わります。

BCO1820.jpgst15t.jpg
この通貨偽装別名:ポンジースキームは次に、米国の連邦準備銀行と日本の中央銀行が共同して、依然として世界の銀行システムを汚染し続けている有毒資産別名:デリバティブを転がし続けるために使われるでしょう。

参照:皆さんが、あなたが理解できるように分かりやすく言うと、連邦準備制度理事会にはQE3が必要ないということです。
日本の地震が、別名:陰謀の連邦準備制度理事会プログラム:QE3、QE4、QE5、QE6、QE7であり、つまりは日本を巨大なATMカードに変えたということです。

mena_map.png
mercenariesphillipine.jpgMercs_19.jpg
P.P.P.S.我々は現在の中東での反乱と革命が、異なった特殊部隊の混成部隊による『オペレーション・カオス』と呼ばれた、総合的な国際的な諜報局によるブラック・オペレーション・プログラムの一部だと明かすこともできます。そして、リビア、バーレーン、チュニジア、イエメンとイランで起こっている革命と内戦の両側で戦っているその者達全てが金目当てのグループです。 

注:次はサウジアラビアです。

s-CLARK-large.jpg610x.jpg
共謀者達は抱き合います
(L)ウェズレー・クラークとヒラリー・ロダム・クリントン
(R)コリン・パウエルとヒラリー・ロダム・クリントン

『ファーストレディーで現在の国務長官:ヒラリー・ロダム・クリントン』と『CIAオフィサー:ゲイリー・ベスト』と『前クリントン時代のNATO軍最高司令官ウェズレー・クラーク将軍』と共に『彼のアドバイザーでもある旧米国国務長官:コリン・パウエル』によってこの方針が進展され、米特殊部隊がボスニアでのNATOの戦争で既に民営化されており、その発射点である国際的な破壊会社を所有していました。

注:CIAオフィサー:ゲイリー・ベストは最近、自身が行った暗殺をフェイク(偽造)しようとしました。

この破壊の民間会社(現在ゲイリー・ベスト大佐が率いている)には、旧イスラエル・モサド、ロシア連邦保安院(FSB)、英国MI6、米CIAのメンバーがいます。

参照:この破壊の民間会社は、有名なソマリア海賊とも結びつきます。

ブリティッシュ・ペトロリアム(BP)とロシアの大手石油会社ルーセの、大手石油会社と名がつくメガ・オイルによってこのチームが財政的にバックアップされています。

osama-cia.jpg6a00d8341c4df253ef00e54f08e19c8833-800wi.jpg
この国際的な会社のCEOは、別名:米国CIAのデータベースで依然としてアルカイダの容疑で命令してコントロールしている、現在死亡したティム・オスマン別名:9.11のお人好しウサマ・ビンラディンです。

ティム・オスマンが生きていることにしたい理由は、この会社の支店を賑やかにしておいて、会社のリーダーが米財務省資金を隠し続けるのを支援していて、そして、米国財務省から米国民の税金を借りている為です。

参照:ワンタ-レーガン-ミッテラン・プロトコルの最終的な実現の継続的な妨害活動。
http://wantagate.blogspot.com/
http://hsr-marilyn.blogspot.com/
http://wtsnb.blogspot.com/

この国際的な会社別名:メガ・オイル/ゲイリー・ベスト社は政治的な暗殺を専門家(別名:パキスタンのベナジル・ブット前大統領の暗殺etc...)して、そして、世界の第3国(例ナイジェリア)で偽りの旗テロリスト・イベントを起こして不安定化(それは革命に至らせる)させて、1バレルにつき200ドルへと石油価格を上昇させるために計画した全ての反乱と内戦によって再び、世界的な犯罪シンジケート(米国では一般的にブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーとして知られる)が持つデリバティブ証券を豊かにして、その支配エリート層が直接すべての天然資源を掌握(買い占め)して、世界経済の破壊の後に、効果的にNew World Order(NWO)をつくります。

トム・ヘネガンの爆発的インテリジェンス状況説明
国際的なインテリジェンス専門家トム・ヘネガンは欧米の情報部とインターポール内に何百人もの非常に信用できる関係者を持ちます。−主流メディアが舞台裏で本当に起こっていることを大規模な偽装と幻想のプロパガンダですっかり覆い隠していると報告します。
http://www.myspace.com/tom_heneghan_intel/blog/542442443

最初読み間違えました(汗)
どしどしご協力下さい。
何度でもクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 21:55| Comment(0) | 米国トム・ヘネガン氏情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。