2011年03月18日

気になった事....

まずはこのニュースから。

福島第一原発正門で中性子線検出、3号機からか?
福島原発:東電は15日未明、14日午後9時ごろ、福島第一原発の正門で中性子線を検出したと発表した。


 放射線量は不明だが、14日午前に水素爆発を起こした同原発3号機の燃料から出た可能性があるとしている。

(2011年3月15日03時30分 読売新聞)


福島第一原発正門付近、15日にも中性子線検出
2011年3月16日16時12分
東京電力は16日、福島第一原発の正門付近で15日にも中性子線が検出されたことを明らかにした。モニタリングカーによる計測で、15日午前1時30分と同40分にそれぞれ、1時間当たり0.02マイクロシーベルト、0.01マイクロシーベルトの中性子線を検出したという。

 中性子線は同原発3号機が水素爆発を起こした後の14日にも検出され、再び検出できないレベルになっていた。

 中性子線は核分裂が起きた時に出てくるが、検出の原因は不明。


このニュースによると現在、核分裂を起こしている状態(炉心内の核分裂反応によって中性子線は発生するから炉心からもれたんじゃねーの?)は確かでしょうか(汗)
今ニュースでやっているように、東電が使用済み核燃料プールの冷却をしなければと騒いでますが.....
外部まで中性子線が漏れている状況で再び爆発が起これば、つまり今の状況で原子炉格納容器を破損させるようなことがあれば大変なことになります。
一度は耐えたが次は無理な気がします。
もしメルトダウンさせれば、第3号機がプルサーマル発電(プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料)なことから、福島にチェルノブイリ以上の被害をもたらすのでは?と危惧しています。
(注:MOX燃料は、「スプーン一杯が2000万人の致死量 に相当」という最凶最悪の猛毒プルトニウムをウランと混ぜたもの。)

詳細に事故のケースを載せているサイト
上記URLから抜粋
地震に弱い原子力:崩壊熱

  原子力の本質的な弱点として、人工放射能が出す崩壊熱があります。原子炉の燃料は、崩壊熱のため、停止後も大量に発熱し続けます。そのため、原子炉が地震で止まっても、崩壊熱を取り除くため、冷却し続けなければなりません。

  アメリカや日本の原子炉では、大量の冷却水を回しています。(図5)
配管が地震などで破損し、冷却水が大量に失われると、メルトダウン(炉心溶融)という、致命的な事故になります。

図5
f003-05.gif
  崩壊熱とは原子力に特有な現象です。原子力はウラン(プルトニウム)を人工的に壊してエネルギーを放出させます。壊されたウラン(プルトニウム)の破片が人工放射能になります。その強さは、もとのウラン燃料の1億倍にもなります。

  作られた放射能は自然に別の核種に変化していきます。やがてそれ以上変化しない非放射性物質になります。この過程で崩壊熱と呼ばれる大量の熱を出します。

崩壊熱は、原発を運転していようが止めようが無関係に発生し、止めることも減らすこともできません。放射能の寿命は一瞬のものから数十億年のものまで、種類によってちがいます。

時間あたりで見れば、短寿命の放射能が出す熱はきわめて大量で、原子炉停止直後は電気出力100万kWの原子炉1基で21万kwに達します。1時間後で4万kw、12時間後で2万kw、1日後で1万7千kw、の熱を出し続けます。

恐ろしい冷却水喪失

  アメリカ・日本型の原子炉では、燃料が密集しています。そのため発生する崩壊熱の逃げ場がありません。大口径の配管が破れると、冷却水は沸騰して失われてしまいます。冷却水がすべて失われると、核分裂反応は止まります。

  けれども崩壊熱による発熱のため、燃料集合体の温度は10〜60分後には数千度になり、溶け落ちます。これを、炉心溶融(メルトダウン)といいます。(図6)

  30〜120分後には原子炉の鋼鉄も溶かしてしまいます。溶け落ちた燃料が水に触れると水蒸気爆発を起こします。原子炉格納容器が破壊されればチェルノヴィリを上回る大事故になります。

図6
f003-06.gif
  1979年、アメリカのスリーマイル島原発2号炉で起きた事故は、給水ポンプの停止とバルブが閉じなかったことが原因で冷却水が失われ、燃料の50%以上が溶け落ちました。
  炉外の配管には損傷がなかったため、数日間の悪戦苦闘のすえ冷却水再注入に成功し、原子炉の溶融破壊はまぬがれました。

  この事故以前は、炉心溶融事故は起こり得ないと主張されていたのです。

  この事故以降、アメリカではすべての原発建設が中止されました。廃炉によって、アメリカの原子炉の数は減っています。


冷却水で冷やさなくてもメルトダウンを起こさなくなるまでには最低でも3ヶ月かかると言われています。(1年という説もあります。)

崩壊熱について、中部電力のHPでは原子炉を停止後、「1秒後には定格出力で運転する際に発生する熱量の約7%,1日後には1%以下」になるとしか説明されていません。これだけを読むと、停止させればメルトダウンの可能性は低いと誤解するのは当然で、説明が極めて不十分と言わざるを得ません。

詐欺まがいの説明をする中電の根本的な基本姿勢が問われます。

以上転載おわり。

その中性子線の検出に応じて無人偵察機が福島原発を撮影したのかもしれません。タイミングが合います。

もっと詳しく状況を確認できるよう更に政府が米軍に撮影を依頼しているようです。

まさしく事が起これば黙示録的なメルトダウンってことですか....
(注意:中性子線は放射線の一種で透過率が高い為に炉心から透過したのでは?という説があるが、炉心から漏れないように設計したはずのものが漏れいているということは、爆発で炉の外壁が損傷して透過しやすくなった可能性が高い。)

避難勧告が出ても手遅れになる可能性が高く、非難時は無秩序化する可能性があるので、万が一の為に、家族や友人と共に逃げるのであれば、待ち合わせ場所を決めておくようお願いします。
きっと携帯電話はつながらなくなるでしょう。
ヨロシクお願いします。
皆さん、最悪のケースに備えて下さい。

仮に、大丈夫な場合は、地震で故障した、海水を利用した冷却システムと電源装置が修復すれば問題はありません。
現在、電源が確保出来たようで、システムを修復しているようですが、修復している作業員はきっと死亡しますので、人員の消耗戦と人選に手間取るのは必須です。

現在、自衛隊のヘリコプターによる命がけの放水作業や警視庁の放水車(放射能濃度が高すぎて近づけずに断念)による活動は、上記作業の時間稼ぎの為のように私感ですが見えます。
3号機のメルトダウンは何としても食い止めなければならず、緊急に政府が『ゴー・サイン』を出した背景が伺えます。

しかしながら恐怖を覚えたのは急な大規模停電の恐れがあるというニュースです。
節電キャンペーンが虚像だという話もあることから非常にきな臭い。

さらにきな臭いのはこのニュース。

仙谷氏が官房副長官 内閣の体制を強化
2011.3.17 18:15

菅直人首相は17日、東日本大震災を受け内閣の体制を強化するため、民主党の仙谷由人代表代行=衆院徳島1区、65歳=を官房副長官に起用する方針を決めた。党代表代行も兼務する方向。

 仙谷氏は弁護士出身。衆院6期。平成2年に社会党公認で初当選した。

 平成21年秋の政権交代で鳩山由紀夫内閣の行政刷新担当相に就任。22年1月に国家戦略担当相も兼務した。昨年6月の菅内閣発足で官房長官に就任したが、「自衛隊は暴力装置」などの発言により昨年11月に参院で問責決議を受け、今年1月の菅第2次改造内閣で党代表代行に就任した。


仙谷はあのキチガイが主催するスイス:ダボス会議に2度出席した経緯がある。
1:<ダボス会議>開幕 主要国首脳は欠席…例年より地味に
1月27日22時12分配信 毎日新聞
【ダボス(スイス)伊藤智永】
 世界各国の政界・経済界リーダーや有識者らが集まる世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)が27日、スイス東部のダボスで5日間の日程で始まった。今年は通算40回目。
開会演説を行うフランスのサルコジ大統領の他、ブラジルのルラ大統領、韓国の李明博(イミョンバク)大統領ら30人以上の各国首脳が参加するが、米英独露中など主要国首脳は欠席。
日本も鳩山由紀夫首相に代わり仙谷由人国家戦略担当相が出席する予定で、例年より地味な会合になりそうだ。
 今年のテーマは「世界の現状を改善する−再考・再設計・再建」。
08年の世界金融・経済危機後、国際協調の場がG2(米中)からG20(20カ国・地域)まで分散しつつある中で、世界の新しい合意形成の体制や基準はどうあるべきか、を中心に討議が行われる。
 主要国首脳の顔ぶれがそろわないのは、オバマ政権をはじめ、いずれも景気・雇用対策など内政に忙殺されているためだ。
参加者の具体的な関心も、直近に発表された米国の新たな金融規制策や中国経済のバブル懸念などに集まっている。
 米要人で最も注目される参加者は、国連ハイチ特使のクリントン元米大統領だ。
急きょ設定されたハイチ大地震復興支援の特別討議が最大の「呼び物」となる点に、不透明な世界の現状が投影されていると言えそうだ。


Ahttp://gendai.net/articles/view/syakai/128595

死の商人の代行者『仙谷』が登場し、急な大停電のニュースもこのタイミングで出るとなると......。
もしメルトダウンしたら停電で証拠を隠滅して、後々バレても仙谷お決まりの、尖閣諸島問題の様にしらをきったり、逆切れして時間稼ぎをして皆被ばくして終了なんてシナリオかもしれません。

それは日本にいる外人は皆緊急帰国しますね(激汗)

本当に、余談を許さない状況です。
バカの尻拭いで命がけの作業をしている自衛官に敬礼!!
生中継しているクソニュースキャスターは失せろ!!
お前は死ぬと分かってあの場に報道に行けるか?
俺はあの放送で涙が出たよ!!

人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 01:45| Comment(0) | 日本のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。