2011年02月05日

CIAのトップ・スパイが致命的なエジプトの抗議を引き継ぎます

2011年2月3日
Top CIA Spy Takes Over Deadly Egyptian Protests
CIAのトップ・スパイが致命的なエジプトの抗議を引き継ぎます。

BY:ソルチャ・ファール

cte4.jpg
Russian Foreign Intelligence Service (SVR) reports circulating in the Kremlin today state that Egyptian President Hosni Mubarak has agreed to allow the United States Central Intelligence Agency’s top spy to take over his countries military and police forces in order to stamp out the growing threat to America’s most vital Arab ally in the Middle East.
今日、クレムリンで広がるロシア対外情報庁(SVR)の報告では、アメリカにとって最も必要不可欠な中東、アラブ諸国の同盟国への日増しに膨れ上がる脅威を根絶するために、米国中央情報局(CIA)のトップ・スパイがエジプト国軍と警察を引き継ぐ(支配する)ことを、エジプトのホスニ・ムバラク大統領が許可し同意したとしています。

obama-hosnix-inset-community.jpg
According to these reports, US President Barack Obama phoned Mubarak on February 1st ordering the Egyptian dictator to allow this CIA takeover of Egyptian military and police forces or face “immediate and permanent removal”, a term this report says is a euphemism for “assassination”.
この、『米大統領バラク・オバマはエジプトの独裁者に、エジプト軍隊と警察をこのCIAが引き継ぐよう認めるか、もしくは「即刻、永久の除去」に直面するか命じるため、2月1日にムバラクに電話をかけました』のレポートによると、このレポートに書かれている用語が『暗殺』の婉曲表現なのがわかります。

cte2.jpg
Upon Mubarak’s agreeing to Obama’s harsh order, these reports continue, the American President put in charge of Egypt the United States most feared spy, Ambassador Frank G. Wisner II [photo 2nd left with US Iran expert Vali Nasr] , who the SVR says has been the Egyptian dictators CIA “handler” and best friend for decades.
このレポートによると、ムバラクがオバマの過酷で手厳しい命令に同意すると即座に、アメリカン・プレジデントが、SVRがエジプトの独裁者でCIA『ハンドラー』と何十年も親友であったと言う、米国の最も恐れられたスパイ:フランク.G.ウィスナー2世大使[米国の対イラン専門家ワリー・ナスル(右)と共に写る写真]をエジプトの担当に据えたとしています。

To understand how feared Wisner II is among Russian Intelligence services one has to know that his father, Frank G. Wisner I (1909-1965), was head of the Office of Strategic Services (OSS) operations in southeastern Europe at the end of World War II, and the head of the Directorate of Plans [now known as the National Clandestine Service (NCS)] of the Central Intelligence Agency during the 1950s.
ウィスナー2世がどうしてロシア情報部の間で恐れられているのか理解する為に、一つには彼の父(フランクG.ウィスナー1世(1909-1965))が第二次世界大戦終了後の南東部ヨーロッパでのオペレーション部門、戦略諜報局(OSS)の長官であり、1950年代における中央情報局(CIA)の計画を立てる理事会[現在、国家秘密局(NCS)として知られている]の委員長であったということを知らなければなりません。

Even more crucial to understand about Wisner I was that prior to joining the CIA he headed the Office of Policy Coordination (OPC) which was a US covert psychological operations and paramilitary action organization. Created as an independent office in 1948 by the US State Department, it was merged with the CIA in 1951.
ウィスナー1世についてよく知るためにさらに重要な点は、彼が米国の秘密の心理作戦と準軍事的組織の実行組織であった政策調整局(OPC)の長官だったということであり、その後CIAに加わったこということです。
参照:米国国務省によって1948年に独立系の局として政策調整局(OPC)が創設され、1951年にCIAに合併されました。

In 1947 Wisner I established Operation Mockingbird, a program to influence the domestic and foreign media. In 1952, he became head of the Directorate of Plans, with Richard Helms (1913-2002) as his chief of operations. This office had control of 75% of the CIA budget.
1947年にウィスナー1世は、オペレーション・モッキンバード(国内と国外のメディアを支配する計画)を確立しました。1952年に、リチャード・ヘルムズ(1913-2002)がオペレーション・チーフとして、彼の計画立案理事会の委員長になりました。この局はCIAの予算の75%をコントロールしました。

In this position, Wisner I engineered the toppling of the Iranian Prime Minister Mohammed Mossadegh (1882-1967) in 1953 to instill a dictator, and ousted Guatemala President Jacobo Arbenz Guzmán (1913-1971) in a 1954 CIA-backed coup to put in place a military junta.
このポジション(地位)でウィスナー1世は、暫定軍事政権を米国にとってふさわしいものにするため、グアテマラのアルベンス・グスマン大統領(1913-1971)を1954年にCIAが後援したクーデターで追い出して、そして、独裁者を植え付けるために1953年イランのM・モサデグ首相(1882-1967)を転覆することを計画しました。

The much feared leader of the US Federal Bureau of Investigation (FBI), J. Edgar Hoover, became jealous of Wisner’s growing power and described the OPC as “Wisner's gang of weirdo’s” and began carrying out investigations into their past.
米国連邦捜査局(FBI)の非常に恐れられたリーダー(J.エドガー・フーバー)は、ウィスナーの増大する力をねたむようになって、政策調整局(OPC)を『奇人のウィスナー・ギャング』と言って罵り、彼らの過去の調査を開始しました。

It did not take Hoover long to discover that some of them had been active in left-wing politics in the 1930s. This information was passed to Senator Joseph McCarthy (1908-1957) who started making attacks on members of the OPC. Hoover also gave McCarthy details of an affair that Wisner I had with Princess Caradja (1893-1993) in Romania during the war; Hoover claimed that Caradja was a Soviet agent. Hoover and Senator McCarthy succeeded in forcing CIA director Allen W. Dulles (1893-1969) to dismiss one of his key staff members, Carmel Offie (1909-1972) in 1953 over Wisner's objections.
彼らの一部が1930年代に左翼政治活動で活発的だったという事実を発見するのに長い間フーバーを必要とせず、この情報は、政策調整局(OPC)メンバーへの攻撃をし始めたジョセフ・マッカーシー上院議員(1908-1957)に引き継がれました。フーバーもマッカーシー上院議員に、ウィスナー1世が戦争の間に、ルーマニアのプリンセス・カラジャ(1893-1993)を使った事件がある事の詳細を伝えました;フーバーは、カラジャがソビエトのエージェントであると主張しました。フーバーとマッカーシー上院議員は、CIA長官アレン.W.ダレス(1893-1969)に彼の重要なスタッフのメンバー(1953年ウィスナーの異議に対してカーメル・オフエ(1909-1972))のうちの1人を強制解雇させることに成功しました。

Wisner I, also, worked closely with Kim Philby (1912-1988), the British agent who was eventually unmasked as a Soviet spy.
ウィスナー1世は、また、キム・フィルビー(1912-1988)(結局ソビエト・スパイとして仮面をはがされた英国エージェント)と、密接に働きました。

These SVR reports further link Wisner I with the 1963 CIA-engineered coup against President John F. Kennedy (1917-1963), and which cost him his life when in 1965 he attempted to “revise” his testimony before The President's Commission on the Assassination of President Kennedy (known unofficially as the Warren Commission).
このSVR報告ではさらに、ジョン・F・ケネディ大統領(1917-1963)に対する、1963年にCIAが企てたクーデターとウィスナー1世を関連づけます。そして、それにより1965年に彼がケネディ大統領の暗殺で、大統領委員会(非公式のウォーレン委員会として知られている)の前で自身の証言を「改訂しよう」と企てて、彼は人生を犠牲にしました。

On October 29, 1965, however, and prior to his being able to be interviewed again by the Warren Commission, these SVR reports state that Wisner I was assassinated in his own home by his own son, Wisner II with a shotgun blast to the head.
しかし、1965年10月29日に、彼がウォーレン委員会によって再び面談(聴取)される前に、このSVR報告では、ウィスナー1世が息子(頭をショットガンで吹き飛ばしたウィスナー2世)によって自宅で暗殺されたとしています。

Wisner II, who by late 1965, these SVR reports say, was already a seasoned CIA covert agent, was ordered to assassinate his own father, but whose death was labeled a suicide by his use of his son’s shotgun.
このSVRレポートが伝えるには、1965年後半までその者(ウィスナー2世)が、すでにベテランのCIAの隠れたエージェントであり、彼自身の父親を暗殺するよう命令されていました。まさしく誰の死が?『自身の息子のショットガンの使用による自殺』と分類されましたか?

cte3.jpg
Wisner II, in carrying on his fathers “tradition”, these reports continue, engineered the 1981 assassination of Egyptian President Muhammad Anwar El Sadat (1918-1981) thus successfully installing the CIA controlled Mubarak as president-for-life over Egypt. Even worse for the Egyptian people was Wisner II’s first “order” for Mubarak to make another of the CIA’s Egyptian agents, General Omar Suleiman [photo 3rd left with Israeli leader Netanyahu] his vice president.
このレポートが続けて述べていることは、ウィスナー2世が父親の『伝統(ならわし)』を続ける際に、1981年にエジプトのマホメット・アンワル・エル・サダト大統領(1918-1981)の暗殺を企てて、そして、こうも巧みに就任させ、エジプトに対する終身大統領としてムバラクをCIAがコントロールしました。そして、エジプトの人々にとって更に悪いことは、ウィスナー2世の最初のムバラクへの『命令』は、エジプトのCIAエージェント(オマール・スレイマン将軍)[写真はイスラエル首相ネタニヤフと]を副大統領に据えるよう、ムバラクの様な同類の工作員を新たに用意することでした。

The next actions taken against the Egyptian people by their new defacto leader Wisner II have been both brutal and predictable as mobs of what are described as government thugs descended yesterday upon thousands of peaceful protesters, and with the death toll in this revolution estimated to be over 300, and just like the 1953 Wisner I-backed overthrow of Iran, Egypt’s Army has “stepped in” to restore calm and order.
彼らの新たな事実上のリーダー:ウィスナー2世によって、エジプトの人々に対してとられる次の措置は残忍で、政府の殺し屋と呼ばれたものの暴徒で、昨日何千人もの温和な抗議者に襲いかかって、そして、犠牲者数が300人以上と推定されたこの革命によって、1953年のウィスナー1世によるイランの打倒を支援すると、エジプト軍は落ちつき、治安回復に『踏み出しました』

cte1.jpg
To the eventual outcome of these events it is not in our knowing, other than to point out the obvious fact, that when the CIA moves in, thousands of innocent human beings will lose their lives so that the dictators and tyrants supported and propped up by the US can continue to rule their Nations with an iron fist.
これらのイベントの最終的な結果にとって、それは我々の知ったことではありません。しかし、別の明らかな事実(CIAが進出するときのそれ)を指摘することで確かに言える事は、米国によって支えて、支えられる独裁者と暴君が圧政で国を統治し続けることができるように、何千人もの罪のない人々の命が失われます。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1444.htm

やはりこういう背景にロシアのテロ事件も関わっているのでしょう。
プーチン政権打倒への工作でしょうか?
イランのバックにいるロシアは邪魔でなりませんから。

それに、このパワーゲームに乗じてしっかりとマネーを稼ぐ、ダブルの利益があることも忘れずに。

ランキングに参加しました。
応援ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
Fed up with all the men reports? Our company is there to help you! AKG ヘッドホン http://www.headphonejp.biz/akg-japan-115.html
Posted by AKG ヘッドホン at 2013年07月24日 18:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。