2011年01月31日

「アトランティスの異常」が、米陸軍の兵器基地の閉鎖を引き起こします(再)

忙しくて更新あきあきですがぎりぎりで法定調書も出し終え一段落です。
けっこう皆ギリギリで提出するんですね(笑)
今回も時事ニュースとして読んで下さい。

2011.1.27
“Atlantis Anomaly” Causes Shutdown Of US Army Weapons Base
「アトランティスの異常」が、米陸軍の兵器基地の閉鎖を引き起こします
by:ソルチャ・ファール

aad1.gif
A Russian Space Forces (VKS) report circulating in the Kremlin today says that one of their Kosmos-2469 satellites currently in orbit over North America has detected a gamma ray burst of “unprecedented proportions” emanating from the United States Army’s main weapons base Dugway Proving Ground located in their State of Utah.
今日クレムリンで広がるロシア宇宙軍(VKS)報告によると、現在、『先例のない規模』のガンマ線バーストがユタ州にある米陸軍のメイン兵器基地:ダグウェイ実験場から発せられているのを北アメリカ上空の軌道上を浮かぶ衛生『Kosmos(コスモス)-2469』が観測したとあります。

According to this report, since the formation of what is described as a “magnetic vortex” began appearing in the Gulf of Aden (see our December 1, 2010 report Mysterious ‘Vortex’ Warned Is Creating Global Weather Catastrophe) a growing number of gamma ray bursts emanating from beneath our Earth and its seas, and directed towards the Sirius star system [Sirius is the brightest star in the night sky], have been detected and have given rise to the belief of many Russian scientists that they belong to an ancient “early warning system” of some type.
このレポートによると、アデン湾(我々の2010年12月1日の:警告された不可解な『渦』は、世界的な天候大災害を引き起こしていますの報告を参照)に出現し始めた『磁気の渦』と呼ばれたものの形成以来、我々の地球とその海の下でますます多くのガンマ線バーストが発せられ、そして、シリウス・スターシステムシリウスは夜空で最も明るい星]の方へ向かっていくのが検出されて、それが古代の「早期警戒システム」に属するタイプの一部だと多くのロシア科学者の確信を呼び起こしました。

One of the largest of these gamma ray bursts was detected coming from the seas off the Florida coast in an area long believed to have once been a part of the Lost Continent of Atlantis described by the classical Greek philosopher and mathematician Plato (428-347BC) as being a naval power lying “in front of the Pillars of Hercules” that conquered many parts of Western Europe and Africa 9,000 years before the time of Solon, or approximately 9600 BC.
最も大量のこのガンマ線バーストが、古代ギリシアの哲学者で数学者のプラトン(BC347ー428)によって、ソロンの時代より前の9000年、または紀元前約9600年に西ヨーロッパとアフリカ大陸の多くの地域を征服した、『ヘラクレスの柱の向こう』に存在した海軍大国だとして解説された、かつての失われた大陸アトランティスの一部であったと長い間考えられてきた地域である、フロリダ州の海岸沖の海域から発生しているのが検出されました。

Unlike other locations around our Earth where these gamma ray bursts have been detected, however, the anomaly generating them off the Florida coast was in relatively shallow waters estimated at no more than 500 meters under the sea, and which this past week the United States Navy began one of their largest operations ever to recover.
しかしながら、我々の地球でこのガンマ線バーストが検出されたことに関して他の場所とは異なり、フロリダ州の海岸沖は異例で、海の底が500メートル以上もないと推定された比較的浅い水域でガンマ線バーストが発生していることです。そして、それにより、ここ一週間で米国海軍がこれまでを『リカバリー(回復)』するために最大のオペレーション(作戦)を展開しました。

aad3.jpg
Now according to this report, the US Federal Aviation Administration (FAA) issued an unprecedented warning to all pilots flying over this area [see map 3rd photo left] that between the dates of January 20 and February 22 their Department of Defense (DOD) would be “conducting tests” leaving the Global Positioning System (GPS) “unreliable or unavailable” while this “recovery” operation was underway.
その時のレポートによると、米国連邦航空局(FAA)が、進行中のこのリカバリー・オペレーションの間に全地球位置測定システム(GPS)を『あてにならない、役に立たない』ままにしておき、国防省(DOD)が『テストを実施している』1月20日〜2月22日の間に、この地域[写真の地域]上空を飛行する全てのパイロットに対し前例のない警告を発令しました

The VKS in their report states that this DOD operation was, in fact, to remove from the “pyramid shaped structure” discovered off the coast of Florida a “capstone” believed to be one of the sources of these mysterious gamma ray bursts and remove it to the US Army’s Dugway Proving Ground located about 149 km (85 miles) southwest of Salt Lake City, Utah for further testing.
実際には、そのレポートの国防省(DOD)オペレーションが、この不可解なガンマ線バーストの源の内の一つだと推測された、フロリダ州沖で発見された『ピラミッド形の構造』から取り除いた『冠石』を更なるテストの為にユタ州ソルトレークシティの南西約149km(85マイル)に位置する米陸軍タグウェイ実験場へと、その『冠石』を運ぶことだったとVKSが述べています。

aad2.jpg
Once this mysterious “capstone” was secured at Dugway Proving Ground yesterday, however, and presumably tests on it had begun, the Kosmos-2469 detected a massive series of gamma ray bursts emanating from that location and news reports from the United States stated that the bases commander, Colonel William E. King, locked down his whole facility stating that they were trying to resolve a “serious concern.”
とはいえ、この不可解な『冠石』が昨日タグウェイ実験場で保管され、そして、おそらくそれに対するテストが開始され、『Kosmos(コスモス)-2469』がその場所から発生する一連の大量のガンマ線バーストを観測し、そして、アメリカ合衆国からの最新のニュース報道で基地司令官(ウィリアムE.キング大佐)が『重大な懸念』を解決しようとしていたと述べ、その全ての施設を厳重監禁しました。

aad4.jpg
According to the official US government website about this base [photo bottom left] we can read:
この基地[写真]に関してアメリカ政府公式ウェブサイトによると:

“The Department of Defense has designated Dugway Proving Ground as a major range and testing facility, and the primary chemical and biological defense testing center under the Reliance Program. The Proving Ground covers 798,214 acres. It is located in the Great Salt Lake Desert, approximately 85 miles southwest of Salt Lake City, Utah. Surrounded on three sides by mountain ranges, the Proving Ground's terrain varies from level salt flats to scattered sand dunes and rugged mountains.”
『国防総省はタグウェイ実験場を主要な射撃場とテスト施設に指定しました。そして、Relianceプログラムに基づき化学と生物兵器に対する主要な防衛テストセンターでもあります。実験場の敷地面積は798,214エーカーです。それは、ユタ州:ソルトレークシティの約85マイル南西、グレートソルトレーク砂漠にあります。実験場は、厳しい岩山とソルトフラットが散在する砂丘の変異した地形と、3方面が山脈で囲まれています。』

Independent American researchers, however, say this about Dugway Proving Ground:
しかし、アメリカ人の独立研究者は、このタグウェイ実験場についてこう述べます:

“…its huge size and remote isolation serves many more secret purposes than that and its general area also serves as a site for US Air Force flight tests. It has also been alleged to have housed recovered UFOs in the past and UFO activity is very frequent in this area. It has been alleged that much of the Area 51 secrets have been relocated to this area and that combined with all the UFO activity has caused it to be referred to as Area 52 and it has become infamous for that.
『その遠く隔離された広大な敷地が、一般的な地域よりもより多くの秘密の目的を満たし…、米国空軍の飛行試験の場所として用いられます。過去に回収されたUFOを収納した場所だと疑われました。そして、UFO活動はこの地域で非常に頻繁に起こっています。エリア51の秘密の多くがこの地域へ移転されたと疑われました。そして、それはエリア52と呼ばれる原因となる全てのUFO活動と結合され、それによって悪名が高まりました。

In November, 2009 what has been alleged to be a "meteor" (UFO?) lighting up the night sky exploded in the atmosphere and scientists tracking its trajectory determined that the pieces fell in the Dugway Proving Ground area, so it got a little publicity as some wished to get access to the debris area. Part of that publicity is that the area is not just closed to civilians, even Army personnel are denied access to large areas because they are deemed too dangerous.”
2009年11月に、夜空を照らす『流星』(UFO?)だと言われたものは、大気圏で爆発しました。そして、その軌道を追跡した科学者は、破片がタグウェイ実験場の地域に落下すると断定しました。それで、破片の地域へアクセス(出入り)することを多少望んだので、少し宣伝しました。その宣伝地域がまさに一般人に閉ざされた地域だけでなく、それがあまりに危険であるとみなされ、軍人員にさえ広大な地域へのアクセスが許されていません。』


One of America’s top independent researchers named Steve Quayle, also, has written about this mysterious “Atlantis Anomaly”, and as we can read from his January 23rd report titled “The Anomaly in the Atlantic" Bermuda Triangle Strangeness, Ancient Gate Opening, or Atlantis Rising?”, and which, in part, says:
スティーヴ・クエールという名の一流のアメリカ人独立研究者もまた、この不可解な「アトランティス異常」について書きました。そして、我々は彼の1月23日のタイトル『「大西洋の異常」未知のバミューダトライアングル、古代のゲート開放、またはアトランティスが浮かび上がる?』から読む事ができて、そして、それによると一つには以下のように述べています。:

“On Friday 1/22 they came back up in a flurry with many units trying to establish communications with Puerto Rico and discussions were heard about an "anomaly" that was causing great difficulty with communications that was not due to normal propogation problems. The units which seemed to be in the Atlantic off Florida and in the Carribean were having to change frequencies multiple times in working with Puerto Rico Comm Station in order to get decent copy of messages. These were not normal reach flights but were coded units anxious to get their reports into the Comm Station. Later Friday evening, "the anomaly" was detected by the HAM operator.
『1/22金曜日に、プエルトリコで通信を行おうとする多くの部隊とともに動揺を乗せてそれが戻って来ました。そして、通常の誤差伝播問題によってではなかった通信に伴う重大な障害を引き起こした「異常」について議論しているように聞こえました。フロリダ州沖の大西洋カリビアンにいるようだった部隊が、メッセージの適切なコピーを受け取るために、プエルトリコの通信局で作業する際に複数回周波数を変えなければならないようでした。これらは通常範囲の飛行ではなく、彼らのレポートを通信局へ送ることを望む、コード・ネーム化された特殊部隊でした。その後の金曜日の夕方に、この「異常」がアマチュア無線技士オペレーターによって検波されました。

aad3.jpg
m_0806180007.jpgtriangl1.gif
Initially, it was described as an amplitude modulated signal of extreme power of many megawatts. It was constant and not pulsed and was in the VLF range. It showed up on the Spectrum analyzer and also on lightning detection equipment which use the VLF for detection and mapping of lightning which are normally used by pilots. The problem was that there were no storms in that area. The location of "the anomaly" was also actually further off the coast of Florida than the location given for the center of the circle for "GPS tests ?" and closer to the Bermuda Triangle area.
まず最初に、それは振幅が数メガワットに至る最大パワーの信号を調整したと言われました。それは振動しないで一定で、VLF帯の範囲内でした。それはスペクトル・アナライザーで、そのうえ、パイロットによって一般的に使われる稲妻のマッピングと発見のためにVLFを使う稲妻発見装置が使われ現れました。問題は嵐がその地域に起こっていなかったということです。『異常』の位置が実は、『国防省のGPSテスト?』のための範囲サークルの中心として与えられた場所と比較してフロリダ州の沖合より遠い、バミューダトライアングル・エリアに近い場所にありました。

Specifically, it was stated that it exhibited a repeating pattern that was very strange, and unlike any the HAM had ever heard. It was not a "whistler" or lightning or any other geophysical signal that the Ham had ever heard in over 40 years of experience, though it was said .......it is NOT MAN MADE AND IT IS CAUSING MAJOR PROBLEMS. It did show up on the lightning detection maps but to repeat no storms were present.
明確に、アマチュア無線技士がこれまでに聞いたどんなこととも違っていて、非常に奇妙にリピートするパターンを示すと述べました。それはアマチュア無線技士が40年以上のキャリアにおいてこれまでに聞いた、「ホイッスラー(口笛を吹く人)」、または稲妻、または他のいかなる地球物理学的信号でもありませんでした。たとえそれを起こしたのが人でなかったとしても、それは重大な問題を引き起こしている、と述べました......。それは稲妻探査マップ上に現れました。しかし、リピートするための嵐は起こっていませんでした。

On Saturday 1/22 "the anomaly" remainded in place and seemed to be slowly growing in strength. Also, another "anomaly" of the same signal was detected north of the original by hundreds of miles and on closer resolution each of these separate "anomalies" was two distinct sources very close to each other on the map. Saturday there was still no storm present in those areas.”
1/22土曜日、『異常』が同じ場所に留まっていて、ゆっくりと強度が増しているようでした。また、同じ信号の別の『異常』が、オリジナルの場所より数百マイル北で探知され、そして、より精密な分析により、これら各々の分散した『異常』が地図上でお互いが非常に近い、2つの異なった源(出所)から出ていることが分かりました(つまりは基地とバミューダ海域)。土曜日に、起きているはずの嵐が、まだそれらの地域には発生していませんでした。』


As we stated in our last report, Millions Of Chinese Stunned After Government Makes Obama UFO Statement, and in our reports Greenland Sunrise Shocks World As Superstorms Pound Planet, Poisonous Space Clouds Slamming Into Earth Cause Mass Bird And Fish Deaths, Pole Shift Blamed For Russian Air Disaster, Closure Of US Airport and Massive Earthquake Fears Rise After Mysterious Object Moves Nearer To Earth, the complexity of the dire issues now confronting our Earth are too voluminous for the average person to gain immediate knowledge of as it takes decades, and in some cases centuries, to decipher, decode and fully understand the grave nature of the warnings passed down to us today from our ancient ancestors about what is happening now, and will happen in the future.
将来起こるであろう事の、そして、現在起こっていることを古代の祖先が今日の我々に渡した警告の重大な本質を暴き、解読して、完全に理解するため、数世紀の一部の実例で、『不可解な物体が地球に近づき動いた後、強い地震の懸念が高まります』、『米国の空港の閉鎖とロシアの航空機事故の原因とされたポール・シフト』、『地球を襲っている有毒な宇宙雲によって、鳥と魚の大量死が発生』、『スーパーストームが惑星を打つ事によるグリーンランドの日の出が世界にショックを与える』、『政府の『オバマがUFOの公式発表をする』という報道後、非常におおくの中国人がビックリします』、で我々がレポートで述べたように、現在、我々の地球が直面している恐ろしい問題の複雑さを理解するのに数十年かかる知識を、普通の人がすぐに得るにはあまりにも膨大です。

To believing that your leaders will tell you the truth about what is really happening as more Superstorms continue hitting our planet is not only beyond foolish, it is dangerous. Even this past week, one of America’s top weather experts, Joe Bastardi of the State College of Pennsylvania’s Accueweather.Com, was forced to admit that grave condition of our World’s weather was not only unprecedented, but no one (in authority at least) was able to say what was causing it. (Watch his video report HERE)
あなたのリーダーがあなたに、本当に起こっている真実を話すだろうと信じている事で、さらに多くのスーパーストームが我々の惑星を攻撃し続けることが対岸の火事ではなく、それは非常に危険で、先週、アメリカ人のトップ気象学専門家(Accueweather.Comのペンシルバニア州立大学ジョー・バスタルディ教授)でさえ、我々の世界の天候の危機的な状況が、ただ単に前例がなかっただけではないと認めることを強いられ、まさに誰(少なくとも政府当局は)もが何故?それがどのようにして起こるのかメカニズムを解明する事ができないのです。(彼のビデオ・レポート)

225px-Svalbard_Global_Seed_Vault_main_entrance_1.jpg
In these times we live in, it is, perhaps, best for one to do what these so called leaders are doing for themselves, instead of listening to what they say, and include such examples as: The Chinese government building what is described as an underground “Great Wall” that stretches for more than 5,000 km in the Hebei region of their country; The United States government ordering hundreds of millions of blankets, body bags and survival food; The Russian government ordering 5,000 additional bomb shelters to be built by 2012; and the building in Norway of what is called the “Doomsday Seed Vault” where all of the seeds and plant DNA of our entire Earth are now being stored.
我々が生きるこの時代で、彼らが発言し従わせようとしているその裏で己の為に、いわゆるリーダー達がしていることの例としておそらくもっともベストな参照で以下を含みます。:その国の河北地域で5,000km以上も伸びる、地下の「万里の長城」と呼ばれるバンカーを構築している中国政府何億もの毛布と遺体袋とサバイバル・フードを用意するよう命じた米国政府さらに5,000棟の核爆弾シェルターを2012年までに建設するよう命令じたロシア政府 : そして、地球上全ての種子と植物のDNAを保存している、いわゆる「最後の審判の日:種子地下貯蔵室』があるノルウェーの建造物。

Now if our ancient ancestors are to be believed from the thousands of myths and legends handed down to us through the ages, than what is happening to our Earth (and this is what they said, not us) is that in the “End of Days” our planet would “cry out unto the heavens” to the “gods” who would then “descend upon the Earth” to save a “remnant of humanity” and “restore what will soon be destroyed”.

And when these ancient myths and legends are combined with the technical knowledge we have today, it begins to appear that whomever, or whatever, these “gods” were, and when they left our planet after the last “overturning”, they set up a system monitoring our Earth that when the “End of Days” would come again so would they.

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1441.htm

色々な書籍から前々から怪しいとは思ってましたが...
やはり、バミューダトライアングルには不思議な力が作用しているようです。
現代のテクノロジーでは解明できない、古代のあるシステムだとソルチャ・ファールは言います。

ノアの大洪水が地球に組み込まれたあるシステムにより発動するのでしょうか?
もしくは人の手により、争いによって終末が起こるのでしょうか?

古代の予言では同じタイミングで全てが起こるとしています。

世界的な異常気象、食糧価格の高騰、経済危機によるブロック化、富裕層と貧困層の争い(デモ)、
大きく時代が動いているのは事実です。

資本主義という強烈なマインドコントロールから人は抜け出せるのでしょうか?
世界中が江戸時代の生活に戻るのは不可能なのでしょうか?

豊かさと引き換えの自然破壊と動物の死はいずれ人に返って来るでしょう。
その時を古代から警告しているのかもしれません。

ランキングに参加しました。
応援ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
ぐっち
Posted by 財布 ブランド 通販 at 2013年07月16日 15:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。