2011年01月26日

政府の『オバマがUFOの公式発表をする』という報道後、非常におおくの中国人がビックリします。

政府の『オバマがUFOの公式発表をする』という報道後、非常におおくの中国人がビックリします。
BY:ソルチャ・ファール

アンチ・セミチック症嫌がらせウェブサイトにギャーギャー言われないように、僕自身がUFOの存在を信じたウェブサイトを貼っておきます。
古代の歴史の遺跡にUFOは描かれています。
学校や大学の参考書では死んでも見ることのできない歴史遺産です。
http://www.alien-ufo-pictures.com/ancient_aliens.html
一部の写真を転載しておきます。
心臓の弱い方、精神障害のある方、カルト教団に騙されやすい方はお読みにならないで下さい。
アセッション教(ニューエイジ教)の方は私の記事を転載しないで下さい、そして商売に繋げないで下さい。
ヨハネの黙示録のように神は最後に人をふるいにかけ、生き残った強い生命をお選びになります。
このカオスは人のカルマ払いと試練です。
そしてこの試練は悪魔の誘惑666の刻印に屈しなかった屈強で健全な精神の者が再び地球での生活を約束されます。
この無益な虐殺は転生できず永遠の死が約束された悪魔の手に落ちた者のひがみ以外の何者でもありません。
聖書に記載されたアシュケナージ系のユダヤ人を聖書の民とは認めたくない、3500年前に現代に遺言を残した聖書の神と民を憎み、取って代わりたい者達が起こしています。つまりはダビデの末裔、サタンの末裔と悪の民によってです。
神は存在します。
カルト教団にすがって助かるなど愚の骨頂、そんな暇があるならもっとまともなことに時間をつかいなさい。


aliens-glyph.jpg
ovni.jpg
peru-drawing.jpghalo-grey-alien.jpg
japan-fiery-ufo.jpg
alien-spacecraft.jpg
saxons-ufo.jpg
notre-dame-ufo.jpg
french-ufo.jpg
christ-ufo.jpgcrucifix-ufos.jpg
このUFO出現に歩調を合わせて人工UFOも出現するので見定めはご注意を。
神は宣伝メディア機関を使って呼びかけなどしないでしょう。

12944686_41n.jpg
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/video/2011-01/04/c_12944686.htm

Hundreds of millions of Chinese citizens remain stunned today after China's official government television news station Xinhua made their unprecedented January 4th announcement that the American President, Barak Obama, was preparing to announce to the world the existence of extraterrestrial races currently on our planet and fueled by what they called was a “extraterrestrial disclosure race” now developing between China and the US.
中華人民共和国・国務院直属の通信社である新華通訊社が、米国と中国の間で現在ふくらむ『地球外生命体の発表レース』だと呼びあおって、我々の惑星で現在地球外生命体の存在を米国大統領(バラク・オバマ)が世界に発表する準備をしていると、1月4日に前例のない発表をした後、何億人もの中国人をビックリさせたままです。

Unfortunately for the American people, their propaganda media outlets have refused to allow them to know of this historic event, and even worse are keeping from these people the grave and dire situation facing our entire planet as we near what the ancients called “The End of Days”.
米国民にとって残念なことは、宣伝メディア・アウトレットがこの歴史的なイベントを人々(管理人注:日本も含め)に知らせることを認めず拒否したことです。そして、さらに良くないことは、古代人が「日の終わり」と呼んだことに近づくにつれ、我々の惑星全体を重大で緊急の状況に直面させたままです。

In our previous reports (Greenland Sunrise Shocks World As Superstorms Pound Planet, Poisonous Space Clouds Slamming Into Earth Cause Mass Bird And Fish Deaths, Pole Shift Blamed For Russian Air Disaster, Closure Of US Airport and Massive Earthquake Fears Rise After Mysterious Object Moves Nearer To Earth) we began detailing the rise of the global chaos now occurring, and when matched with the accounts of similar events in our Earth's ancient past we stated:
我々の以前のレポート(『不可解な物体が地球に近づき動いた後、強い地震の懸念が高まります』『米国の空港の閉鎖とロシアの航空機事故の原因とされたポール・シフト』『地球を襲っている有毒な宇宙雲によって、鳥と魚の大量死が発生』『スーパーストームが惑星を打つ事によるグリーンランドの日の出が世界にショックを与える』)で、我々は現在起こっている世界的なカオス(混沌)の高まりを詳述し始めました。そして、我々の地球の古代の歴史に類似したイベントの報告と照らし合わせた時、我々は以下を述べました:

“Now to fully understand what this Global catastrophe is all about one must look at exactly what the ancients wrote about it, and can be summarized as follows: 1.) Every few thousands years (3,500-5,000) a planetary size “object” sojourns through our Solar System causing chaos among the Planets. 2.) The timing of this mysterious objects appearance coincides with a human population grown so large and powerful it begins to threaten all other life on Earth. 3.) The events preceding this mysterious objects return include social upheaval, world wars, mass animal deaths and powerful Superstorms. 4.) The culminating event is this mysterious object coming so close to Earth that our planet's rotation is stopped, reversed and re-started causing massive earthquakes and tidal waves that wipes out nearly all human civilization. 5.) Both immediately prior to and following the cataclysmic destruction of Earth the “gods” return to save a remnant of humanity and help it rebuild a shattered Earth.”
『今、完全にこの世界的な大災害が何なのかを理解するために、人は正確に古代人がそれについて書いたものを見なければならず、以下の通り要約することができます:
1.)数千年(3,500年-5,000年)間おきに、我々の惑星の間を、我々の太陽系を通ってカオスを引き起こしている惑星サイズの「物体」が逗留しています。
2.)この不可解な物体の出現のタイミングは、それが地球上で他の全ての生命を脅かし始めるように強力で、広範囲に拡大していくような人間の人口と同時です。
3.)この不可解な物体が帰還する前の出来事は、社会的動乱、世界大戦、大規模な動物の死と強力なスーパー・ストームを含みます。
4.)最高潮に達した時の出来事は、ほとんど全ての人間の文明を一掃する強い地震と津波が起きて、我々の惑星の自転が止められ、逆転され、再スタートされるように地球に近づくこの不可解な物体です。
5.)地球の大変動の破壊に伴い、そして、早急にそれよりも前に、人類の生き残りを救出するために『神』が帰還し、そして、共に破壊された地球を作り直す手助けをします。』


With Obama knowing that the ancient “gods” are returning to Earth to, once again, help protect humanity from the coming destruction of our planet he is, likewise, pitted against those in his own government intent upon keeping the truth from his people, and as evidenced by a recently released secret US State Department cable to their embassy in Ukraine which said:
再び、古代の『神』が地球に帰還することでオバマが知ることは、最近発表された、以下のように述べウクライナの米国大使館へと送られた米国国務省の機密ケーブルで暴露されたように、身内の関係者に真実を隠すと即座に、それ自身の政府の意図でUFOに挑んで、同様に、我々の惑星の来るべき破壊から人類を保護することにオバマが協力している事です。:

WikileaksUFO-300x225.jpg
New secret UFO Wikileaks cable revealed
暴露された新たな機密のUFO・ウィキリークス・ケーブル
2011年1月17日
マイケル・コーエン:m.cohen@allnewsweb.com

A source from within the inner circle of the Wikileaks team has confidentially leaked to All News Web the content of a State Dept cable, concerning UFO affairs, that Wikileaks has declined to upload onto their website.
ウィキリークスがウェブサイト上へアップロードするのを辞退したUFO問題に関して、ウィキリークス・チームの側近グループ内からの情報源は、こっそりと米国国務省ケーブルの内容を私のオール・ニュース・ウェブにリークしました。

The cable states: "It is critical all embassy staff understand that they are not to discuss under any circumstance concerns DOD has with UFOs entering orbit, once again the seriousness of this matter cannot be overstated"
ケーブルは、以下を述べます:『DOD(アメリカ合衆国国務省の専門表記)が抱えている、軌道にUFOが侵入している懸念の状況下で少しも討議しようとはしないと全ての大使館スタッフがわかっていて批判的だが、再度この問題の重大性が誇張されることはありません。』
The cable was sent on 9 November, 2005 by the State Dept to a diplomat connected to the US embassy in Kiev, Ukraine. As it implies, the State Dept was concerned with diplomats with loose tongues chatting about UFOs at cocktail parties and conceding that the US does allocate resources to the matter. Due to the fact that UFO and alien affairs fall within the absolute highest level of secrecy and security clearance it is hardly surprising that Julian Assange has chosen, as a safety measure, not to reveal such information.
ケーブルは、キエフ(ウクライナ)の米国大使館につうじた外交官に、米国国務省によって2005年11月9日に送られました。それが意味することは、米国国務省がカクテルパーティでUFOについて話した、米国の問題をメールにリソースして送りその事実を認めて、舌のゆるい外交官に懸念を抱いたということです。エイリアンとUFO問題が秘密事項扱い許可と絶対的な最高レベル機密に入るという事実によって、ジュリアン・アサンジが身の安全対策として、そのような情報を暴露しないと選んだことは、実際に驚くべきことではありません。
【一部翻訳:Some translation】


かきかけ....

紀元前3500年頃に存在した古代人、つまりはメソポタミア文明のシュメール人が残したとされる粘土板『ギルガメシュ叙事詩』から。
『シュルパックの人、ウパラ=トゥトの息子よ、家を打ち壊し、舟を造れ。…すべての生きものの種を舟に積み込め。おまえが造るべきその舟は、その寸法(長さ300キュビト(約45センチ×=135m) 幅は50キュビト(22.5m) 高さは30キュビト(13.5m)と記されてる)を定められた通りにせねばならぬ。…
六日六晩にわたって、嵐と洪水が押し寄せ、台風が国土を荒らした。七日目がやってくると、洪水の嵐は戦いに敗れた。…そしてすべての人間は泥土に帰していた。…舟はニシルの山にとどまった。…七日目がやってっくると、私は鳩を解き放してやった。鳩は立ち去ったが、舞い戻ってきた。…私は大烏を解き放してやった。大烏は立ち去り、水が引いたのを見て、ものを食べ、飛び回り、かあかあ鳴き、帰ってこなかった。そこで私は…、生け贄をささげた。』
(ギルガメシュ叙事詩:洪水物語、高橋正男訳)

ランキングに参加しました。
応援ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。