2011年01月15日

オバマは、軍隊に春の食糧暴動に備えるよう命令します(再)

2011年1月13日
Obama Orders Military To Prepare For Spring Food Riots
オバマは、軍隊に春の食糧暴動に備えるよう命令します

BY:ソルチャ・ファール

frn4.jpg
A grim report prepared by France’s General Directorate for External Security (DGSE) obtained by Russia’s Foreign Intelligence Service (SVR) states that president’s Obama and Sarkozy have “agreed in principal” to create a joint US-European military force to deal exclusively with a Global uprising expected this spring as our World runs out of food.
フランスの対外治安総局(DGSE)から得た、ロシア対外情報庁(SVR)によって用意された厳しいレポートによると、我々の世界の食糧が尽きて、大統領のオバマとサルコジがこの春に予想される世界的な反乱に対処するため米・欧州による共同軍隊をつくる『元本に同意した』とあります。

frn3.jpg
According to this report, Sarkozy, as head of the G-20 group of developed Nations, called for and received an emergency meeting with Obama this past Monday at the White House wherein he warned his American counterpart that the shock rise in food prices occurring due to an unprecedented series of disasters was threatening the stability of the entire World and could lead to the outbreak of Total Global War.
このレポートによるとサルコジは、先進国G-20グループの議長国として、先例のない一連の大災害により起こっている食料品価格の急な高騰が全世界の安定性を脅かしていて、世界戦争の勃発につながる可能性があるとアメリカの政府関係者に警告したホワイトハウスで、今週月曜日にオバマ大統領との緊急会議を要求して、オバマはこの要求を受けました。

Just last week French Prime Minister Francois Fillon underlined that one of France's top G-20 priorities was to find a collective response to “excessive volatility” in food prices now occurring, a statement joined by Philippe Chalmin, a top economic adviser to the French government, who warned the World may face social unrest including food riots in April as grain prices increase to unprecedented highs.
まさに先週、フランスのフランソワ・フィヨン首相がG-20議長国フランスの優先事項の1つである、フランス政府で現在起こっている食料品価格の「極度の不安定性」に対する共同の反応で明らかに強調したように、フィリップ・シャルマン(フランス政府への最高経済顧問)も加わり声明で、穀物の価格が先例のない高さに高騰して、4月に世界が食糧暴動を含む社会的騒乱に直面するかもしれないと警告しました。

The fears of the French government over growing Global instability was realized this past week after food riots erupted in Algeria and Tunisia and left over 50 dead. So dire has the situation become in Tunisia that their government this morning rushed in massive amounts of troops and tanks to their capital city Tunis and instituted a Nationwide curfew in an order to quell the growing violence.
先週、ふくらむ世界の不安定性に関して理解したフランス政府の恐れの後、アルジェリアチュニジアで食糧暴動が勃発して、50人の死者を出しました。チュニジアでの状況は、政府が今朝大規模な数の軍隊と戦車を首都チュニスへ急行させて、拡大する暴動を鎮圧する命令で全国的な夜間外出禁止令を布いたようにひどくなりました。

The United Nations, also, warned this past Friday that millions of people are now at risk after food prices hit their highest level ever as Global wheat stocks fell to 175.2 million tons from 196.7 million tons a year ago; Global corn stocks are said may be 127.3 million tons at the end of this season, compared with last month's USDA outlook for 130 million tons; and Global soybean inventories will drop to 58.78 million tons at the end of this season, from 60.4 million tons a year earlier.
国連もまた、世界的な小麦の備蓄が1年前の1億9670万トンから1億7520万トンに減って、世界的なコーンの備蓄が、先月USDA(米国農務省)が出した1億3000万トンの見通しと比べて、今季の終わりが1億2730万トンかもしれないと伝えられ、そして、一年前の6040万トンから、世界的な大豆の備蓄が今季の終わりに5878万トンに落ちたことで食料品価格が今まで以上に最も高いレベルを記録したことにより、何百万人もの人々が現在危険にさらされていると金曜日に警告しました。

Robert Zoellick, president of the World Bank, further warned this past week that rising food prices are “a threat to global growth and social stability” as our World, for the first time in living memory, has been warned is just “one poor harvest away from chaos”.
ロバート・ゼーリック(世界銀行総裁)は、世界で始めての出来事で、今なお人々の記憶に残っているように、上昇する食料品価格が『世界的な成長と社会的な安定性に対する脅威』だと警告して、まさに『カオスから生まれた1つの不作』であるとさらに警告しました。

frn2.jpg
Important to note about how dire the Global food situation has become is to understand the disasters that have befallen our World's top wheat growing Nations this past year, and who in descending order are: China, India, United States, Russia, France, Canada, Germany, Ukraine, Australia and Pakistan.
世界的な食糧事情がどれくらいひどくなったのか理解する為の重要なメモで、去年我々の世界のトップ小麦生産国(中国、インド、アメリカ合衆国、ロシア、フランス、カナダ、ドイツ、ウクライナ、オーストラリア、パキスタン)で起こった災害で、そして、生産量が減少することで出した命令が以下の通りです:

From China's disaster:2010 China drought and dust storms were a series of severe droughts during the spring of 2010 that affected Yunnan, Guizhou, Guangxi, Sichuan, Shanxi, Henan, Shaanxi, Chongqing, Hebei and Gansu in the People's Republic of China as well as parts of Southeast Asia including Vietnam and Thailand, and dust storms in March and April that affected much of East Asia. The drought has been referred to as the worst in a century in southwestern China.
中国の災害から:2010年に中国で起きた干ばつと砂塵嵐は、2010年の春に起こった一連の猛烈な干ばつで、中華人民共和国の雲南、貴州、広西、四川、山西、河南、陝西、重慶、河北、甘粛に影響を及ぼしただけでなく、ベトナムとタイを含む東南アジア全域で、それが東アジアにかなりの影響を及ぼした3月と4月の砂塵嵐でした。この干ばつは、中国南西部で世紀の最悪の事態と呼ばれました。

From India's disaster:
A record heat wave and growing water crisis in India are forcing politicians to consider implementing user fees and other measures to conserve water. Sri Lanka's President Mahinda Rajapaksa yesterday instructed ministers and officials to prepare a strategic plan to face an impending food crisis as there were signs that the World is to confront a food shortage by next April.
インドの災害から:インドの記録的な熱波と広がる水不足の危機で、政治家が水を節約するために水の使用料金の徴収と別の処置の実施を考慮し強いります。世界が今年の4月までに食糧不足に直面する徴候があるように、スリランカのマヒンダ・ラージャパクサ大統領は昨日大臣と当局に切迫した食糧危機に直面するための戦略的な計画を作成するよう命じました

From Russia's disaster:
(10% of total World's output, 20% for export) they were hit by the highest recorded temperatures Russia has seen in 130 years of recordkeeping; the most widespread drought in more than three decades; and massive wildfires that have stretched across seven regions, including Moscow.
ロシアの災害から:ロシアが130年の歴史の中で始めて遭遇したその最高記録の気温によって打撃を受けました。(全世界の産出量の10%(ロシアの輸出量の20%)); 過去30年以上で最も広範囲にわたる干ばつ;そして、モスクワを含む7つの地域まで広がった大規模な野火。

From France's disaster:The French government lowered their wheat crop forecast by 2.7% over last year due to drought and cold weather.
フランスの災害から:フランス政府は、干ばつと寒冷の天候により昨年に2.7%だと予想したその小麦収穫高を減らしました。

From Canada's disaster:Record setting drought has affected their main grain producing provinces in the Western part of their Nation.
カナダの災害から:記録的な干ばつ環境が、その国の西部のその主な穀物生産地区に多大な影響を及ぼしました。

From Ukraine's disaster:(the World's top producer of barley and sixth biggest of wheat) hit as hard as Russia by fire and drought to the point they have halted all their exports of grains in 2011.
ウクライナの災害から:ロシアからの火と干ばつで同様にひどく襲われ(大麦で世界第1位、小麦では第6位の重要な生産国です)、彼らは2011年にすべての穀物の輸出を停止させました。

From Australia’s disaster: Fears of a Global wheat shortage have risen after the Queensland area of Australia was hit by calamitous flooding. Andrew Fraser, Queensland's State Treasurer, described the floods as a “disaster of biblical proportions”. Water is covering land the size of France and Germany. It is expected to reach over 30 feet deep in some areas in coming days.
オーストラリアの災害から:オーストラリアのクイーンズランド地域が悲惨な洪水によって襲われた後、世界的な小麦不足の恐れが強くなりました。アンドリュー・フレーザー(クイーンズランド州財務官)は、洪水を「聖書規模の災難」と言いました。水がフランス、またはドイツ規模の土地をおおっています。それは来たるべき日(雨期)に、いくつかの地域で深さ30フィート以上に達することになっています。


From Pakistan's disaster:Floods have submerged 17 million acres of Pakistan's most fertile crop land, have killed 200,000 herd of livestock and have washed away massive amounts of grain and left farmers unable to meet the fall deadline for planting new seeds, which implies a massive loss of food production in 2011, and potential long term food shortages.
パキスタンの災害から:洪水がパキスタンで最も実りをもたらす収穫の土地1700万エーカーに水に入れ、家畜20万匹の群れを殺して、膨大な量の穀物を水で流して、農民が新たな種を植える秋の最終期限に間に合わせることを不可能な状態にしました。そして、それは2011年の長期的な食糧不足を暗示し、食糧生産の大きな損失を意味します。


Not only have the vast majority of our World’s top wheat producers been affected, but also one of the main grain producing regions on the Planet, South America, has been hit by disasters too where an historic drought has crippled Argentina and Bolivia, and Brazil, that regions largest Nation, has been hit with catastrophic floods that have killed nearly 400 people in the past few days alone.
我々の世界の大多数の主要小麦生産国が影響を受けただけでなく、地球で主な穀物生産地区の一つである南アメリカも災害によって襲われた一方、歴史的な干ばつがアルゼンチンボリビア、ブラジル(南米で最大の生産国のみ、ここ数日間で約400人の命を奪った破滅的な洪水に襲われました)の穀物生産能力を麻痺させました。

slide_15219_214883_large.jpg
Even the United States has been hit as a catastrophic winter has seen 49 of their 50 States covered by snow causing unprecedented damage to their crops in Florida due to freezing weather, and record setting rains destroying massive numbers of crops in their most important growing region of California.
記録的な豪雨により、カリフォルニア州の最も重要な栽培地域の大量の収穫量を破壊して、フロリダ州で凍る様な天候によりその収穫に対して前例のないダメージを与えた雪が50州の内49州で覆われるのを見た、破滅的な冬のようにアメリカ合衆国さえも襲われました。

And if you think that things couldn’t get any worse you couldn’t be more mistaken as South Korea (one of the most important meat exporters in Asia) has just this past week had to destroy millions of farm animals after an outbreak of the dreaded foot-and-mouth disease was discovered.
もしあなたが、これ以上状況が悪化することはないだろうと思うのならば、恐れられた口蹄疫の発生が発見された後、韓国(アジアで最も重要な肉輸出国)が先週何百万匹もの家畜を殺さなければならない事実により、あなたはより一層見誤ることなどできません。

To how horrific the Global food situation will become this year was made even more grim this past month when the United States reported that nearly all of their honey bee and bumblebee populations have died out, and when coupled with the “mysterious” die-off of the entire bat population in America means that the two main pollinators of fruit and vegetable plants will no longer be able to do their jobs leading to crop losses this report warns will be “biblical and catastrophic”.
世界的な食糧事情がどれくらい恐ろしくなるのかで、アメリカ合衆国が蜂蜜とマルハナバチの個体数がほぼ全て滅びたという先月の報告により、今年はさらに状況が厳しくなる見込みで、そして、アメリカで全てのコウモリの個体数の『不可解な』激減と結びつけて考えたとき、果物と野菜の植物の主な授粉者である蜂とコウモリが、もはやその受粉の仕事が出来ないことが『聖書風の破滅』を意味しているとこのレポートが警告しています。

Chillingly to note is that after meeting with Sarkozy, Obama began implementing his Nation’s strategy for keeping the truth of this dire events from reaching the American people by ordering all US citizens to have an Internet ID so that they can be tracked and jailed should they begin telling the truth.
サルコジに会った後のメモでゾッとする事は、全ての米国民を追跡する事が出来るようにインターネットIDを持つよう命令することによって、真実を言い出す市民を投獄することができるように、米国民にこの緊急の出来事の真実が及ばないよう封じ込めようとするための国の戦略をオバマが実行し始めたということです。

And so today, as agricultural traders and analysts warn that the latest revision to US and Global stocks means there is no further room for weather problems, a new cyclone is preparing to hit Australia, brutal winter weather in India has killed nearly 130, and more snow is warned to hit America, and we’re not even two full weeks into 2011…may God have mercy on us all.
そして今日、農業トレーダとアナリストが米国と世界的な株式への最新版で、気象問題が起因してもうこれ以上の余地がないことを示唆して警告したように、新しいサイクロンがオーストラリアに打撃を与える準備をしていて、インドの厳しい冬の天候が約130人を殺して、そして、さらに多くの雪がアメリカに打撃を与えると警告しています。我々は、2011年に入って2週間も経っていないが...神は、我々皆に情けをかけるかもしれません。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1439.htm

一連の動物の大量死や天災や食糧危機は天からの『悔い改めよ!悔い改めよ!悔い改めよ!』に聞こえるのは僕だけでしょうか?
翻訳は個人的な勉強も兼ねて多くの人に少しでも真実を知ってもらいたいというキモチでやっています。
日本のメディアは機能不全なのでね....。
英文の意味は分かりますが日本語として的確に伝える表現力(日本語苦手なのかオレは:汗)がまだまだ芳しいので、時間があって見直せば記事は直しますので読みずらかったら少し時間をあけて、また読んでみて下さい。
なんせ遊びの予定や仕事で時間が無く結構苦労します。
もちろんまわりの皆は僕がこんなことしてるなんて死んでも思わないでしょうね(笑)
現在はロシア語にも手をだしてブログよりも勉強したい気分ですナ.....。
第三次世界大戦の『キー』はロシアのプーチンなのは確かでしょう。
ヨハネの黙示録でも『ブラヴァー』らしい記述がありますのでとても気になります。(最初の獣はロシアだと思っています。また、次に書かれている獣が悪魔崇拝のキチガイ共でだと思っています)
聖母マリアが予言したように、悪魔崇拝組織を完膚なきまでに粉砕するためあの手この手で追い込まれたプーチンとロシアが『あやまち』を犯さないよう草の根ですが何か出来ればと思い本気で頑張ろうと思います。
プーチンは故小渕首相との関係から日本人にとってとても大きな存在です。
サミットは沖縄ではなくて僕は北海道で開催され、会議の場でロシアと日本が北方領土返還への宣言をする予定だったと思います。背景は佐藤優の書籍を読めば十分理解出来ます。2000円札も本当は北方領土を描く意図だったと思います。
小渕氏が殺され全ての真実は謎のままですが、関係者筋から背景はよく伺い知れます。

聖母マリアの予言(ファティマの予言)(情報元は達人先生より。)

第一は地獄のビジョンでした。

 マリアは,わたしたちに広大な火の海をお見せになりました。それはまさに,地の下にあるもののようでした。この火の中に,サタンと人間の形をした魂とが閉じ込められていました。この魂は,透き通るように燃え上がる燃えさしのようで,すべては黒く,あるいは,光り輝く青銅色をしていて,大きな炎の中に漂っていました。彼らは自分の中から放つ炎によって,巨大な煙の雲とともに空中に吹き上げられ,ぞっとするような,しかも恐怖に震え上がるような苦痛と失望の悲鳴とうめき声を上げながら,重さもバランスも失って,火花のように大火の中を四方八方に飛び散っていました。サタンは,見たこともない奇怪な動物の形をしていたのでそれと分かりましたが,戦慄を覚えさせるような気味の悪い形相をしており,透明で黒い色をしていました。

 このビジョンは,ほんの一瞬の間続いただけでした。天の母マリアが,最初のご出現のときにわたしたちを天に連れて行くことを前もって約束してくださっていたことに,わたしたちはどれほど感謝したことでしょう。もしそうでなければ,わたしたちは恐怖のあまり死んでしまったと思います。そのあと,マリアに目を上げると,優しいけれども悲しそうに,こうおっしゃいました。

 「あなたちは,あわれな罪びとの魂が落ちていく地獄を見ました。罪びとを救うために,神は,わたしの汚れない心に対する信心を世に定着させるように望んでおられます。もし,わたしがあなたたちに言うことを人々が実行するなら,多くの魂は救われ,平和を得るでしょう。戦争がもうすぐ終わろうとしています。しかし,もし人々が神に背くのをやめないなら,ピオ11世が教皇である間に,もう一つの,もっとひどい戦争が始まるでしょう。
ある夜,まだ見たことのない光がやみを照らすのを見たら,それは,戦争や飢餓,教会と教皇に対する迫害による世の罪のために今まさに神が,世を滅ぼそうとしておられる大いなる徴(しるし)であると悟りなさい。それを防ぐために,わたしの汚れない心にロシアを奉献することと,償いのために毎月初めの土曜日に聖体拝領をするよう,わたしはお願いにまいります。もし,わたしのこの要請を受け入れるなら,ロシアは回心し,平和が訪れるでしょう。さもなければ,ロシアは,戦争と教会への迫害を推し進めながら,自分の誤りを世界中にまき散らすでしょう。善良な人々は殉教し、教皇は非常に苦しみ,多くの国々は滅ぼされるでしょう。けれども,最後には、わたしの汚れない心が勝利するでしょう。教皇は,ロシアをわたしに奉献し,ロシアは回心し,世界に平和の時が与えられるでしょう」

ファティマのコーワ・ダ・イリアにおいて,1917年7月13日に明らかにされた秘密の第三部。

 レイリアの司教と聖母マリアを通してお命じになる神への従順の行為としてペンを執ります。すでに述べたあの二つの啓示のあと,私たちは,マリアの左側の少し高いところに,火の剣を左に持った一人の天使を見ました。この剣は,まるで世界を火で焼き尽くさんばかりに,火花を散らして光り輝いていました。しかし,その炎は、マリアが天使に向かって差し伸べておられた右手から発する輝かしい光に触れると消えるのでした。天使は,右手で地を指しながら大声で叫びました。「悔い改め,悔い改め,悔い改め」。それから私たちには,はかりしれない光〜それは神です〜の中に,「何か鏡の前を人が通り過ぎるときにその鏡に映って見えるような感じで」白い衣をまとった一人の司教が見えました。「それは教皇だという感じでした」そのほかにも幾人もの司教と祭司,修道士と修道女が,険しい山を登っていました。その頂上には,樹皮のついたコルクの木のような粗末な丸太の大十字架が立っていました。

 教皇は,そこに到着なさる前に,半ば廃墟と化した大きな町を,苦痛と悲しみにあえぎながら震える足でお通りになり,通りすがりに出会う死者の魂のために祈っておられました。それから教皇は山の頂上に到着し,大十字架のもとにひざまずいてひれ伏されたとき,一団の兵士たちによって殺されました。彼らは教皇に向かって何発もの銃弾を発射し,矢を放ちました。同様に,他の司教,司祭,修道士,修道女,さらにさまざまな地位や立場にある多くの信徒たちが,次々に殺されていきました。十字架の両腕の下には二人の天使がいて,おのおの手にした水晶の聖水入れに殉教者たちの血を集め,神に向かって歩んでくる霊魂にそれ注ぐのでした。


第三の秘密に関してバチカンは真実を言っていない (1)より。
http://gokyo.ganriki.net/diary2008/d-2008-10-05.html

実際、Catholic World News は2001年10月11日に元フィリッピン・ヴァチカン大使ハワード・ディー氏が Inside the Vatican 誌との1998年インタビューにおいて「伊藤司教[秋田の地方司教、現在亡くなっておられる]が秋田はファチマの延長であると確信しておられた」、そして「ラッツィンガー枢機卿は、これら二つのメッセージ、ファチマと秋田のメッセージは本質的に同じであると個人的に私に確証されました」と言いました。。同じ Catholic World News の記事はさらに「伊藤司教とラッツィンガー枢機卿は二人とも秋田におけるメッセージと諸々の出来事は超自然的な起源のものであると宣言され、そしてそれらを信じるに価するものと保証された」と述べました。

ラッツィンガー枢機卿のこれらの驚くべき証言を念頭に置いてわれわれは秋田の聖母がシスター・アグネス・笹川カツ子に1973年10月13日、まさに太陽の奇跡の記念日に仰ったことを考察することができます。これを言葉通りに引用させてください


前にも伝えたように、もし人々が悔い改めないなら、おん父は、全人類の上に大いなる罰を下そうとしておられます。そのときおん父は、大洪水よりも重い、いままでにない罰を下されるにちがいありません。火が天から下り、その災いによって人類の多くの人々が死ぬでしょう。よい人も悪い人と共に、司祭も信者とともに死ぬでしょう。生き残った人々には、死んだ人々を羨むほどの苦難があるでしょう。その時わたしたちに残る武器は、ロザリオと、おん子に残された印だけです。毎日ロザリオの祈りを唱えてください。ロザリオの祈りをもって、教皇、司教、司祭のために祈ってください。

悪魔の働きが、教会の中にまで入り込み、カルジナルはカルジナルに、司教は司教に対立するでしょう。わたしを敬う司祭は、同僚から軽蔑され、攻撃されるでしょう。祭壇や教会が荒らされて、教会は妥協する者でいっぱいになり、悪魔の誘惑によって、多くの司祭、修道者がやめるでしょう。
(訳者註:安田貞治 秋田の聖母マリア pp.133-134 から引用)


ですからここにわれわれは[教会によって]承認された一つのマリア御出現における二つの要素:すなわち、物質的な破局と霊的な破局との結合を見るのです。われわれは教会における背教 - そしてまた好結果の聖母によって予告された - を見ますがそれは全世界を懲罰する激変的な出来事を伴っているのです。

ところで、私がさっき述べたように、ラッツィンガー枢機卿はフィリッピン駐在元ヴァチカン大使に、ファチマのメッセージと秋田のメッセージは本質的に同じものであるということを認められました。それにもかかわらず、ファチマの秘密の最初の二つの部分も2000年に公表された第三の秘密の幻視も聖母が秋田で言われたことを言っていません。実際、われわれは第三の秘密の幻視につけ加えられた聖母の言葉を全然持っていません。


キチガイはファティマの聖母ルチアまで消したようです

神の警告もだんだんエスカレートして行き、マヤ族が予言した警告は2012年金融市場の完全崩壊&金本位制&ID管理社会だと個人的に思っていますので皆が真実に気づき、各々がキチガイに踊らされている世の中の真実に目を向け、悪事に手を貸さず、自然の理に習い、変えようと勤めれば状況は良くなるかもしれませんね。

ランキングに参加しました。
応援ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。