2011年01月12日

金融腐敗への国際的な調査の結果、数週間のうちに750人以上の著名なヨーロッパ人と米国人が逮捕される。(再)

書き途中でしたがハイ完成。
非常に興味深いベンジャミン氏の記事です。
参考としてどうぞ。

2011年1月10日
Over 750 prominent European and US citizens to be arrested within weeks as a result of a multinational investigation into financial corruption
金融腐敗への国際的な調査の結果、数週間のうちに750人以上の著名なヨーロッパ人と米国人が逮捕される。
BY:ベンジャミン・フルフォード

giancarlo-bruno.jpgsilvio_berlusconi_e_l_antifascismo_jpg.jpgsg1.jpg
『ジャンカーロ・ブルーノ(Giancarlo Bruno)』、『シルヴィオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)』、『潘基文(Ban Ki Moon)』
A long awaited lawsuit involving a multi-trillion dollar theft is going to be a trigger mechanism that will result in the arrest of at least 750 prominent European and US citizens, according to a senior CIA source. According to the 187 page lawsuit’s RICO (organized crime) indictment, Daniel Dal Bosco, Giancarlo Bruno of the Davos World Forum, Italian Prime Minister Silvio Berlusconi, UN Secretary General Ban Ki Moon and others will be charged with the theft of trillions of dollars from several Asian royal families as well as from the German, Austrian and Japanese governments. The money was going to be used to set up a fascist world government controlled by a group of Plutocrats involved in the Davos World Forum, according to the indictment. Over 8 different government agencies worldwide have been involved in the investigation, according to law-enforcement officials in Europe, the US and Japan.
CIA高官の情報筋によれば、数兆ドル単位の窃盗に関する長い間待望された訴訟が、少なくとも750人の著名なヨーロッパ人と米国人の逮捕に至るトリガー・メカニズムとなるでしょう。
187ページに渡る訴訟でRICO(リコ:組織犯罪)への起訴によれば、『ダニエル・ダル・ボスコ(Daniel Dal Bosco)』、『ダボス・ワールド・フォーラムのジャンカーロ・ブルーノ(Giancarlo Bruno)』、『イタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ首相(Silvio Berlusconi)』、『国連事務総長潘基文(バンキムン:Ban Ki Moon)』、その他何名かは、ドイツ、オーストリア、日本政府からだけでなく、いくつかのアジア王室から何兆ドルもの窃盗で起訴されています。この起訴内容によれば、お金がダボス・ワールド・フォーラム(ダボス会議)に関わる富豪グループによって管理/統制されたファシスト世界政府を設立するのに使われそうでした。ヨーロッパ、米国、日本の警察官によると、8カ国以上の異なる政府機関が世界中で調査に関与したようです。

The case briefly entered the public arena in June, 2009 when two Japanese citizens carrying diplomatic passports were illegally detained by Italian Treasury police who seized $134.5 billion worth of financial instruments they were carrying. Following that theft, the Italian Freemason P2 Lodge contacted this writer promising they would cash these bonds for the owners so they could be used for humanitarian purposes. This writer introduced them to a member of the British Royal Family who in turn introduced them to a Mr. Neil Keenan. The P2 Lodge then introduced him to what they described as a Vatican banker by the name of Daniel Dal Bosco. Keenan then asked Dal Bosco to cash an additional $1 trillion in financial instruments. However, instead of cashing the bonds or “putting them into a program,” on behalf of the owners, Dal Bosco stole the bonds. Surveillance of Dal Bosco in turn led to David Sale and Giancarlo Bruno of the Davos World Forum.
2009年6月に外交官パスポートを所有していた2人の日本国民が1,325ドル相当(約13兆1千億円)の価値がある金融証券を持っていたので強奪して、イタリア財務省警察が彼らを不法に拘留した時、公の舞台に一時的に事実が露出しました。その窃盗後に、イタリアのフリーメーソンP2ロッジは、それを人道的な目的のために使うはずだったように、その債券所有者に対してこれら債券を現金化すると約束したあるライターとコンタクトしました。このライターは、債券所有者にニール・キーナンという人物を紹介して、英国王室メンバーを順番に紹介しました。P2ロッジは、それからダニエル・ダル・ボスコという名のバチカンの銀行家だと名乗る人物を紹介しました。それからキーナンは、ダル・ボスコに金融証券を新たに1兆ドル現金化するよう頼みました。しかし、債券を現金化する代わりに、債券所有者を代表して「彼らをそのファシスト世界政府プログラムに入れる」として、ダル・ボスコはその債券を盗みました。ダル・ボスコの追跡調査によりデイビッド・サーレとダボス・ワールド・フォーラムのジャンカーロ・ブルーノにつながりました。

According to one official involved in the case:
この事件に関与する1人の当局者によると:

“I think the Keenan issue just started out with David Sale and Dal Bosco planning to steal the Bonds. There is no doubt in my mind that Giancarlo Bruno was eventually the person who planned everything. First they tried to scare Keenan off. That did not work, so they tried to buy him off. That has not worked either and Dal Bosco, and Sale are now on the run and Bruno will surely be trying to cover his tracks, but frankly, I think Keenan has too much on all of them.”
『私はキーナン問題がまさしく、デイビッド・サーレ と ダル・ボスコが最初から債券を盗む計画だったと思います。ジャンカーロ・ブルーノが結局は、すべてを計画した人物だという私の疑いが拭えません。当初彼らはキーナンを脅して追い払おうとしていました。しかしキーナンは脅しに屈しなかったので、計画を変え彼を買収しようとしました。それでも、ダル・ボスコは失敗しました。そして、サーレは現在逃走中で、そして、ブルーノは必ず関与を隠蔽する為にサーレを追う試みをしているはずです。だが率直に言って、私はキーナンが彼ら全員に関わってとても多くのマネーを所有していると思います。』

According to Keenan criminal charges have already been filed against David Sale who is now on the run from authorities.
キーナンによると、刑事告発が現在当局から逃走中であるデイビッド・サーレに対して、すでに起こされたようです。

More from the same source, who is close to R.C. Dam, the head of an organization known as the International Office of Treasury Control:
同じく情報源(その人物はR.C.Damに身近な人物で、財務省の国際オフィスをコントロールしているある組織のトップ)から更に:

“Bruno was the one who arranged for the Bonds to be placed into a Sovereign Program through the United Nations, all the evidence Neil Keenan now has clearly points to this. Sale and Dal Bosco did not have the contacts to people like Ban Ki Moon and they do not have the brains needed to plan this out, so it seems to me that they were just lackeys in the overall plan set up by Bruno and apparently organized and constructed by him.
『ブルーノは、債券で国連を通して支配プログラムに入れるよう手配した人物でした。ニール・キーナンがはっきりと今持つ証拠の全てがこれです。サーレとダル・ボスコは潘基文のような面々とは全く接触しなかった。彼らにはこの作戦を計画する頭脳などないので、この計画がまさにブルーノによって準備され、明らかに組織され、ブルーノによって作られた全体的な計画のただの召使にしかすぎなかったと私は思っています。

Then, not satisfied with a trillion dollar heist, they planned to place the blame for the loss of the Bonds on Dr. Dam who is the signatory of the Institutional Parent Registration Accounts and then have him removed as controller of those accounts and bring the accounts under the control of the World Economic Forum, possibly with Bruno as signatory or Sale as a puppet signatory. Both Keenan and I
それから、1兆ドルの強盗では満足せずに、彼らは、『OITC:The Office of International Treasury Control (国際財務管理機構)』のトップでInstitutional Parent Registration Accounts(機関の母体を成す登録預金口座)の管理者あるV.C. Dan(通称Dr. Dam)に対して債券を失った責任を負わせて、それから彼をその口座の管理者から追い出して、おそらく私かキーナンか、手先のサーレに管理させるか、ブルーノが管理者として世界経済フォーラムの下にその口座をもたらす予定でした。

believe they planned to have Dr, Dam murdered and it was Keenan who contacted high level people in the United States that brought all that to an end.
彼らはDr, Damを殺す予定だったが、そのようなを予想外の結末に至りアメリカ合衆国のハイレベルな人々と連絡をとったのがキーナンだと信じて下さい。

Bruno had Sale send out letters to all Asian countries, sworn by Sale and attested to by David Crayford (Whistleblower) to say that I was a criminal claiming to be an officer of OITC and that I had resigned from OITC in 2008 (which is a lie and which they know is a lie) and that I was trying to cheat people in those countries and indeed, I was trying to cheat the Government itself. They also wrote to newspapers making similar claims. This was intended to eliminate me from blocking Sale from taking control of OITC and moving it under the umbrella of the World Economic Forum.”
ブルーノは、私が2008年に既にそのOITCを辞めていた(彼らはどれが嘘で、そして、どちらが嘘をついているのか知っている)にもかかわらず、私がOITCのオフィサーであり、そして、私が本当に、政府自体をだまそうとしていた、それらの国の人々をだまそうとしていた犯人だと主張するようデイビッド・クレイフォード(告発者)に証言させ証明して、サーレが証言が事実だと誓って、サーレに全アジア諸国に手紙を送らせました。彼らは同様に類似した主張を作りだし工作するようネタを新聞に投書しました。つまりこれは、OITCを支配して、世界経済フォーラムの傘下の下でOITCを動かす目的でサーレが私をブロックして、排除することを意味しているのです。』

For those us, including this writer, who are unfamiliar with the esoteric world of high finance, I will quote more from this source who has been vetted as reliable by sources in both MI6 and the CIA:
このライター(その者は大規模な金融操作の秘密の世界をよく知らない)やそれらを含め我々は、MI6とCIA関係者が念入りに調査した信頼性が高いこの情報源からさらに引用します。:

“Let me explain how the Institutional Parent Registration Accounts (IPRA) work. There are many account holders who are in fact the holders of nationalized assets. These accounts are owned by the Holders and they hold vast amounts of funds and assets from cash, securities such as mortgages etc., gold, silver, nickel, copper, diamonds etc. etc. These account holders include the Dragon Family, the Soekarno accounts in many names, the Marcos accounts in many names, and the nations that own these assets irrevocably contributed them into the Institutional Parent Registration Accounts in the Bank for International Settlements. So the money sits in the accounts of the Holders who are actually only Trustees of the accounts, no matter how much they wish to claim ownership of the value. The Bonds represent the value of the accounts, but the value is owned by the IPRA. From that Value, the Family Heritance Guarantee belongs to the Trustee/Holder and the Bonds he holds are the proof of that entitlement. To remove those Bonds from the Holder is a denial of his lawful rights and therefore is an act of theft.
『Institutional Parent Registration Accounts(機関の母体を成す登録預金口座)(IPRA)がどのように機能しているのか説明させてください。実際に国有化された資産の持主である、多くの口座保持者が存在し、この口座は保有者が所有しています。そして、それは現金、証券といった抵当権証書など...、金、銀、ニッケル、銅、ダイヤモンドなど...膨大な額の資金と資産を保有します。この預金口座保持者はドラゴン・ファミリーを含め、スカルノ預金口座の多くの人々の名義で、マルコス預金口座の多くの人々の名義で、そして、最終的にこれらの資産を所有する国が国際決済銀行(BIS)の機関の母体を成す登録預金口座(IPRA)へ寄贈しました。それで、彼らがいくら大いにその価値の所有を主張したくとも、実際にお金は保有者の口座の唯一の受託者の口座にあります。その債券が口座の価値を意味しているが、この価値はIPRAによって所有されます。その価値はファミリー遺産保証人の受託者/所持者が所有しており、そして、その者が持つ債券がその資格の証明でもあります。保有者からその債券をとる事は、その者の合法的な権利の否定であって、したがって、窃盗の行為です。

To understand the IPRA, one must understand that the United States Dollar is not a United States of America Dollar. The US$ is a Federal Reserve Note and that Federal Reserve Note is the Global currency and is therefore beyond the capacity of the United States of America taxpayer to sustain. All Governments contribute their overbalance accounts into the International Collateral Combined and this in turn underpins the US$. The International Collateral Combined forms the IPRA. The United States of America domestic taxpayer is not the sole underwriter of the currency, the primary underwriter being the IPRA. To ensure proper management of these accounts, a sole arbiter is the means decided in 1930 as the most appropriate and therefore, after the term of the Tripartite Gold Commission would expire, provision was made in 1930 for the establishment of a sole arbiter who is the signatory of the accounts. That signatory is Dr. Ray C. Dam. Like a finance minister who owns a national bank, these accounts assume Dr. Dam is the owner, but this is clearly understood that this ownership is actually a trust position as it is executed under legal decadency to the heir. (a legal construction)
IPRAを理解するには、人は米ドルがアメリカ合衆国ドルでないことを理解しなければなりません。米ドルは連邦準備券です。そして、その連邦準備券は世界的な通貨であり、そのため、支えているアメリカ合衆国の納税者の立場を越えたものであり、全ての政府は結合された国際的な担保へその超過預金を寄贈しているのです。そして、これが納税者の次に米ドルを支えているのです。この結合された国際的な担保でIPRAをつくります。アメリカ合衆国国内の納税者が通貨の引受人ではなく、主な引受業者がIPRAなのです。この口座に相応な管理を保証するために、最も適切な手段として1930年に決定されたのがたった一人の調停者です。したがって、三者間のゴールド・コミッションの合意後、口座の署名者であるたった一人の調停者の機関が1930年に創設され、権限が提供されました。その署名者が、Dr. Ray C. Dam.(レイC.ダム博士)です。国立銀行を所有しているのが財務大臣なように、この口座をDr.Damが所有していると仮定すると、明らかにこの所有者たる資格が、受取人(法的な形式)へと合法的なデカダンスによってそのまま譲渡された、実際に受託者のポジションとして理解できます。

In order to legally utilize that account, and please take note that I said "Legally" use it, the proper procedure is to do so on approval of the Sole Arbiter who is the account signatory. This process has been side stepped by collusion between banks and their regulators and Governments and the United Nations since 1996 (when the Tripartite Gold Commission was wound up), that in turn has allowed the illegal use of the assets in order to avoid payments back to the Holders. In other words there is an established order, but because of the illegal use of the assets, the rights of the Holders are abused and and in doing so, the banks trapped themselves into a situation that because their use of the assets was illegal they themselves had to cover positions they had taken by mirroring institutional accounts as their own. They could not call the underwriting funds as they had no legal right to access those funds because they had bypassed the proper system and so many of them went belly up.
合法的にその口座を利用する正しい手順は、私がそれを『合法的』に使うと言って、口座の署名者であるたった一人の調停者(Dr. Dam)の承認により覚書を書いてもらう事です。このプロセスは、1996年(三者間のゴールド・コミッションで合意後)以降、保有者への支払いから逃れるために形式を変え資産の違法な運用を許した、銀行とその監査機関と政府と国連との間の共謀によるサイド・ステップでした。言い換えると、まさに違法な資産運用のためにこのステップが確立され、保有者の権利を悪用します。おまけに資金を悪用する際に、己のものとして組織の口座をミラーリングすることで隠蔽のポジションをとり、自らが持ち運用する資産が違法なので、そのシチュエーションの中で自らの手により銀行を罠にはめたのです。彼らはその資金にアクセスする法的な権利がなかったので、正しいシステムを回避しようと非常に多くの銀行をつぶしたので、彼らをアンダーライティング・ファンドと呼ぶ事などできません。

It is very easy to see what happened. Dal Bosco simply stole the Bonds, then looked around to see what he could do with them. He went to Bruno and to Berlusconi (according to my understanding, both members of the P2 Lodge) I think it was Berlusconi who brought in Bruno and from thereon it is clear from the irrefutable evidence that Keenan has, that Bruno became the mastermind. Sale supported them because underneath all his public praises of Dr. Dam, Sale actually despises him as he considers Dr. Dam to be a lesser man than he. Sale would have also seen the possibility and would have been assured by Bruno that he would become the new Treasury Controller, and so became complicit in the whole sorry affair. The matter went from stealing Hundreds of Billions in Bonds to furtively and through whatever foul means, including murder, take control of the hundreds of Trillions in the IPRA accounts. The planner was Bruno and he had the approval and support of Ban Ki Moon and others and would execute these crimes under the immunity banner of the United Nations.
何が起こったのか想像することなど非常に簡単です。ダル・ボスコは単に債券を盗んで、そして彼は、計画がどのような運びなのか確かめるためにあたりを見まわし、ブルーノに会いにいきました。そして、ベルルスコーニ(私の認知によればP2ロッジ・メンバー)に対して私は、キーナンが持つ反駁できない証拠で明白なように、ブルーノに計画を立案してもらうよう、ブルーノを引き入れたのがベルルスコーニであったと思います。Dr. Damの公式な賞賛の下でサーレはブルーノ、ダル・ボスコを支援しました。サーレは実際、Dr. Damがブルーノより劣る男だと思っており軽蔑していました。サーレはブルーノが新しい財務省のコントローラーになるとも分かっていて、そして、まったく惨めな事件の共犯者になったとも確信しました。問題は、債券で数百、数10億も盗むために人目を忍んで、そして、殺人を含む汚れた手段を通して、数百〜数兆ものIPRAの口座を支配しようとした事です。計画立案者はブルーノでした、そして、彼は潘基文やその他の面々の承認と支持を得て、国連特権の旗の下でこの犯罪を実行しました。

Sale forged Dr. Dam's signature on papers and provided these forged papers to Dal Bosco and Bruno. They then used other manufactured papers to incriminate Dr. Dam and have him arrested, then segregated into a separate area where both Keenan and I understood from conversations we are aware of involving Sale, Bruno and Dal Bosco, that Dr. Dam would be killed. It was Keenan who saved Dr. Dam's life. We know Sale was also an instigator in the proposed killing of Dr. Dam as he was with Bruno when Bruno boasted that Dam would never leave jail alive. After Keenan's intervention through US authorities, Dr. Dam was removed from jail and is now under the protection of Cambodia's Prime Minister. The Cambodian police now know that the reasons Dam was arrested were based on effecting a coup against him, that they were lied to and misled by Sale and are now looking for him as are the Thai Police. If the Cambodian Police get Sale, then even I would feel sorry for him, as they are not well known for being gentle with crooks, especially those who have used the police wrongly.
サーレは書類上でDr. Damのサインを偽造して、この偽造書類をダル・ボスコとブルーノに提供しました。それから、Dr. Damに罪を被せ、彼を逮捕させるために別の偽造書類を使いました。それからキーナンと私はブルーノ、ダル・ボスコ、サーレがDr. Damを殺害しようと企てていることを会話から知って気づき、別の地域にDr. Damを隔離しました。Dr. Damの命を救ったのはキーナンです。我々は、ブルーノがDr. Damを決して刑務所の中で生かしてはおかないと豪語したとき、その場にキーナンがいたので、サーレがDr. Damの殺害を提案した扇動者であることも知っています。キーナンが説得し米当局を通してDr. Damを刑務所から出して、現在カンボジア首相の保護の下にDr. Damを逃がしました。現在カンボジア警察は、サーレが嘘をつき、だましたタイ警察を使いDr. Damを捜索させているように、Dr. Damが逮捕された理由が、その者に反発してクーデターを起こそうとしたことが根本だと知っています。もし、カンボジア警察がサーレを捕らえれば、カンボジア警察がペテン師(特に不正に警察を利用した人々)に対して優しいことで有名じゃなくても、私でさえサーレを気の毒に思うでしょう。

I am supporting Keenan's actions. He was wronged and cheated by Sale and others. In my view, Keenan's dogged efforts to correct wrongs has done OITC a great service. Keenan is not a scattergun hitting everyone in range, but he has targeted accurately those who are responsible.” End of quote
私はキーナンの行いを支持します。彼はサーレやその他の人物によってだまされ、誤解されました。私の意見だが、誤りを正すキーナンの不屈の努力により、素晴らしいサービスをOITCにしました。キーナンは射程範囲内の誰もを攻撃する散弾銃ではありません。だが彼は正確に、責任がある人々をターゲットにしました。』引用終わり。


元:http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2011/01/over-750-prominent-european-and-us-citizens-to-be-arrested-within-weeks-as-a-result-of-a-multinational-investigation-into-fin.html


さらに+
2011年1月10日
Weekly Geopolitical News and Analysis20100110: The Satanist link to intelligence operations disguised as religious sects
宗派で偽装した諜報活動と悪魔主義者とのつながり

One of the most powerful weapons used by the Satanists in their plot to create a totalitarian world government is the use of certain religious sects such as Moonies, the Dalai Lama's network, Falun Gong and others. The trail ultimately leads to the Federal Reserve Board crime syndicate and the Satanic part of the Vatican centered around the Vatican bank. The inclusion of the Dalai Lama in the network of Satanists may come as a surprise to many but the evidence speaks for itself.
全体主義世界政府をつくる彼らの策略で、悪魔主義者により用いられる最も強力な武器の1つが『統一教会信者』、『ダライ・ラマのネットワーク』、『法輪功』など...特定の宗派の使用です。しっぽを掴めば最終的に連邦準備制度理事会犯罪組織に通じています。そして、バチカンの悪魔の一部がバチカン銀行に集中しています。悪魔主義者のネットワークにダライ・ラマが関与していることは多くの人々にとって驚かれるかもしれないが、証拠ではっきりしています。

バチカンに悪魔が入り込み悪さをしているのは確かです。
http://higasinoko-tan2.seesaa.net/article/177878889.html


ランキングに参加しました。
応援ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 19:07| Comment(3) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリスタンルブタン
Posted by クリスティアンルブタン at 2013年07月17日 00:46
marc by marc 時計 トリーバーチ 激安 http://www.lonfuqm.com/
Posted by トリーバーチ 激安 at 2013年07月31日 19:11
crocs サイズ
Posted by victoria secret japan at 2013年08月02日 12:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。