2011年01月10日

地球を襲っている有毒な宇宙雲によって、鳥と魚の大量死が発生

2011年1月8日
Poisonous Space Clouds Slamming Into Earth Cause Mass Bird And Fish Deat
地球を襲っている有毒な宇宙雲によって、鳥と魚の大量死が発生

BY:ソルチャ・ファール

dbf1.jpg
A grim report prepared by Russia’s Ministry for Extraordinary Situations (MCHS) is warning today that our world is currently “under attack” from “poisonous space clouds” penetrating our planets upper atmosphere due to the “accelerated movement” of the Earth’s magnetic poles and are responsible for the many reports of mass animal deaths being reported all around the globe.
ロシア非常事態省(MCHS)によって用意された厳しいレポートによると、我々の世界が、地球の磁極の『加速的な動き』のせいで地球の超高層大気に侵入している『有毒な宇宙雲』から現在『攻撃をうけている』と警告しています。そして、世界中で報告されている、不可思議な動物の大量死に関する多くの報告に対し原因があると報告しています。

In our previous report, Pole Shift Blamed For Russian Air Disaster, Closure Of US Airport, we had detailed how the shifting of our planets poles were wreaking havoc on planes having to adjust their air-fuel mixtures to compensate for distorted altitude readings in their computer avionic systems, and now this new MCHS report warns the situation is getting even worse.
我々の以前のレポート(『ロシアの航空機事故(米国空港の閉鎖)の原因とされたポール・シフト』)では、コンピューター・アビオニクス・システムでゆがめられた高度の示度を補正するように航空−混合燃料を調整しなければならない飛行機を、地球のポールがシフトすることによりどのようにしてむちゃくちゃにしたかを詳述しました。そして、現在、この新しいMCHS報告によると、状況が更に悪化していると警告しています。


According to this report, the rapid shifting of our planets poles is allowing the normal streams of solar wind that buffet Earth's magnetic field to enter into our lower atmosphere at nearly 700 kilometers per second carrying with them parts of the deadly space clouds that have “mysteriously” been appearing in greater numbers around the globe these past few years.
このレポートによると、我々の惑星のポール(柱/磁地)を急速にシフト(移動)したことにより、ここ数年で世界中で頻繁に不可思議に出現した致命的な宇宙雲の要素をもたらす、1秒間につきほぼ700キロメートルで我々の下層の大気圏の中に入り込んでいる、地球磁場を襲う太陽風の流入を許しています。

dbf2.jpg
The name given to these deadly space clouds by Western scientists are Noctilucent Clouds (NLC’s) [photo] and are described as tenuous cloud-like phenomena that are the “ragged-edge” of a much brighter and pervasive polar cloud layer called polar mesospheric clouds in the upper atmosphere, visible in a deep twilight.
西欧の科学者によりこの致命的な宇宙雲に付けられた名が夜光雲NLC's)[写真]で、ぼんやりと薄明かりで見える超高層大気の極中間圏雲と呼ばれている、浸透する極地の雲の層よりも非常に明るい、「縁」がかった薄い雲のような現象だと言われています。

Noctilucent Clouds began to first appear over our Earth in 1885 as our world began its full assent into what is called the Industrial Revolution that has seen our planets human population rise from about 1 billion to over 7 billion today
我々の世界で、我々の惑星で人間の人口が約10億人から現在の70億人以上まで膨れ上がるのを可能にした、いわゆる産業革命に人類が完全に同意し始めたときから、夜光雲は1885年に我々の頭上の上に最初に現れ始めました。

Not just mysterious are these clouds, this report continues, but they are also deadly as they are comprised of the poisonous gas Hydrogen Cyanide which gives them their electric blue-like colour.
実際にこの雲が不可解なものではないとレポートが述べています。まさに、人類が鋼青色のような色のものを自らに与えるよう、有毒ガス・シアン化水素から雲が成っていて、人類にとってとても致命的なものです。
【注:毒ガスとしての使用例:ウィキペディア参照】
かつてはホロコーストの際にガス室で使用された。この時にはツィクロンBという殺虫剤が流用された。可燃性であることから、ガス室の隣に燃焼炉があるので危険で使えないという否定論者もいるが、上記のとおり爆発する濃度は5.6%(56000ppm)以上であり、中毒死には270ppm〜5000ppm(0.5%)で十分であることを知れば、成り立たない。なお日本でも同時期にサイロームという同種の製品が存在し、ミカン農家などで使われた。人に対する毒性が強いため、殺虫用途での使用はかつてより減っているが、現在でも、輸入食品の燻蒸に使用されている。
日本軍が対戦車兵器として液化青酸270g入りのビン「一式手投丸缶」(ちゃ剤、ちび弾とも呼ばれた)を製造した。戦車にぶつけて割ると、装甲の隙間から中に入り込み、乗員を中毒させるのが目的であった。日本で時々、遺棄されたこの兵器が地中から発見されている。
この毒性に着目したオウム真理教がテロ未遂事件を起こしている。(新宿駅青酸ガス事件)
空気よりわずかに軽いため、化学兵器として使用しても野戦場では早期に上空に浮き上がって消滅してしまう。このため化学兵器としての用例は稀であり、毒性が類似しており空気より重い塩化シアンの方が使われる。
数百ppmの濃度では肺から吸収されて循環器に回り、血液中のヘモグロビンや細胞内のミトコンドリアと結合して機能を停止させる血液剤として働くが、数千ppm以上の濃度では肺に直接作用し、肺の機能を麻痺させて呼吸ができなくなる窒息剤として働く。


Hydrogen Cyanide was first isolated from a blue dye (Prussian Blue) which had been known from 1704 but whose structure was unknown. It is now known to be a coordination polymer with a complex structure and an empirical formula of hydrated ferric ferrocyanide.
シアン化水素は1704年に発見されました。しかし、その構造が未知であったため青い染料(プルシアンブルー)としての使用から隔離されました。それは現在、鉄分を含むフェロシアン化物を水和する実験式と複雑な構造を持つコーディネーション・ポリマーとして知られています。

In 1752, the French chemist Pierre Macquer made the important step of showing that Prussian blue could be converted to iron oxide plus a volatile component and that these could be used to reconstitute the dye. The new component was what we now know as hydrogen cyanide.
1752年にフランスの化学者ピエール・マケールが、プルシアンブルーの不安定な構成要素を酸化鉄の利点で変えることをできた、そして、これが染料を再構成するのに用いることができることを証明する重要なステップをもたらしました。この新たな構成要素が現在、我々がシアン化水素として知るものでした。

dbf3.gif
Important to note, this report continues, is that Hydrogen Cyanide is also formed in interstellar clouds through one of two major pathways: via a neutral-neutral reaction (CH2 + N → HCN + H) and via dissociative recombination (HCNH+ + e- → HCN + H). The dissociative recombination pathway is dominant by 30%; however, the HCNH+ must be in its linear form. Dissociative recombination with its structural isomer, H2NC+ produces hydrogen isocyanide (HNC), exclusively.
メモにとって重要な、2つの主要な経路のうちの一つの恒星間の雲の中を通って水素シアン化物が構成されているとこのレポートが続けて述べます。:ニュートラル(中立) − ニュートラルの反応(CH2 + N → HCN + H)を通して、そして、分離性再結合(HCNH+ + e- → HCN + H)を通して、この分離性再結合が経路の30%を支配します。;しかし、HCNH+がその線を成す原形でなければなりません。分離性再結合がその構造異性体に味方し、独占的にH2NC+が水素イソシアン化物(HNC)を生産します。(意味不明....。)

Upon the solar wind breeching our Earth’s magnetic field, this MCHS report asserts, these poisonous Hydrogen Cyanide Noctilucent Clouds would be carried down into the lower atmosphere where they could, literally, “poison in seconds” flocks of birds in its path, not mention the force of these winds by themselves would cause massive trauma and instantaneous death.
我々の地球の磁場の尾部から入る太陽風について、このMCHS報告が断言していることは、この有毒なシアン化水素夜光雲が下層の大気圏へと運び降ろされた所で、文字通り「数秒で毒」はその経路を通って鳥の群れに広がり、この風の効果が触れられていないが、人類に対して広範囲に及ぶ精神的外傷と死をもたらすということです。

An example of the mass deaths being caused by this phenomenon we can read, in part, as reported by London’s Daily Mail news service yesterday on the tragic events in Italy:
イタリアでの悲劇的な出来事を昨日ロンドン・デーリー・メール通信社が報告したように、この現象が原因の大規模な死の例を我々は読む事が出来ます。:

“Thousands of dead turtle doves rained down on roofs and cars in an Italian town in the latest in a growing spate of mass animal deaths across the globe. Residents in Faenza described the birds falling to the ground like 'little Christmas balls' with strange blue stains on their beaks. Initial tests on up to 8,000 of the doves indicated that the blue stain could have been caused by poisoning or hypoxia.”
『世界中で増大する大規模な動物の死の最新のケースで、何千羽もの死んだキジバトがイタリアの町の屋根と車へ雨のように降り注ぎました。ファエンツァの居住者は、鳥のくちばしについた変な青いしみが『小さなクリスマス・ボール』のように見え、鳥が地面に落ちてきたと解説しました。8,000羽のハトの最初の実験で、青い染色が中毒、または低酸素症を発症させる可能性があることを示しました。』


dbf4.bmp
Not just to birds, either, can this phenomenon cause mass death as this MCHS report states that upon these poisonous space clouds hitting our planets waters it is a “near certainty” aquatic creatures will be killed too, and as evidenced this past week alone with the reports that millions of fish and crab deaths in the United States, South America, United Kingdom, Taiwan, Sweden and New Zealand. [Complete Global list of dead birds and fish for 2011]
まさに鳥でなくとも、この現象による同じ大量の死としてMCHSレポートが述べている事は、我々の惑星の海を攻撃している宇宙雲により、アメリカ合衆国南アメリカ英国台湾スウェーデンニュージーランド、[2011年度に死んだ鳥と魚のコンプリート・グローバル・リスト]で、先週だけで数百万の魚とカニが死んだレポートによって立証されたように、水生の生物も死ぬことが「ほぼ確実」なことです。

Important to note about all of the animal deaths being reported this past week, the MCHS says, are that they have been confined to a very specific latitude range between 24 and 58 North and 8 to 24 South indicating two separate breeches of our Earth’s upper atmosphere allowing these poisonous space cloud gasses to come through to the lower atmosphere.
先週報告された動物の死の全てに関して重要なメモで、この有毒な宇宙雲ガスを下層の大気圏に届かせている、我々の地球の超高層大気の2つの別々の尾部を示す南8〜24度と、北24〜58度の間にある極めて特定の緯度範囲に流入が限定されている、とMCHSが述べています。

Though this MCHS report does not say how long these breeches in our Earth’s magnetic will remain open allowing these poisonous space clouds to continue to cause mass death, it is instructive to note that though this phenomenon is new to our world today, the same cannot be said of the ancients.
このMCHS報告は、我々の地球のこの尾部の磁気の意志が、この有毒な宇宙雲による大規模な死を引き起こし続ける侵入口をどれぐらいオープンにし続けるかについて述べていないが、この現象が今日の我々の世界にとって新しい出来事だが、同じようなことが古代人から言及されていた点が非常に教訓的です。

In her seminal work Battle Begins For Throne of This World: The Return of the Einherjar Warriors, the Sorcha Faal detailed how much the ancient myths of our forbearers are equaling the world we live in today, where men believe they are ‘gods’ while at the same time they begin the wholesale destruction of not only themselves, but all life forms on this planet we call Earth.
調査レポート『この世界の王座をめぐり戦いが始まる:戦士エインヘルヤル(Einherjar)の帰還』で、ソルチャ・ファールは我々の慎しむものの古代の神話が言及していることと、我々が今日住んでいる世界がどれぐらい等しくなったか、そこで男性が、まさに我々が地球と呼ぶこの惑星の全ての生物形態を無差別に破壊し始めると同時に、彼らが『神』だとおごっていることを詳述しました。

And if these ancient myths are true, then, once again, the “overturning” of our arrogant human race is upon us all where the “balance” will be restored, but not without the deaths of billions. Where today stands the nations of the United States, Russia and China, a future history written of these times may very well describe them with the awe and reverence we do today for Atlantis, Mu and Lemuria, who, like us today, really believed they were in charge.
そして、この古代の神話が真実であるならば、その次にもう一度、数10億人の死を持って『釣り合い(清算)』がとれたところで、我々の傲慢な人類を『ひっくり返す』ことが我々皆の上に起こります。
我々が現在アトランティスムーレムリアに対して敬意と畏敬することに伴い、現在のアメリカ合衆国、ロシア、中国の国を示すことで、この古代に書かれた将来の歴史が上記の国を非常に適切に記述しているのかもしれません。そして、その未来を予言した者は今日の我々が思う様に、本当にとって変わる存在だと信じました。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1437.htm

ランキングに参加しました。
応援ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。