2010年12月03日

警告された不可解な『渦』は、世界的な天候大災害を引き起こしています(再)

2010年12月1日
警告された不可解な『渦』は、世界的な天候大災害を引き起こしています(再)
by:ソルチャ・ファール

gye1.jpg
ロシア北方艦隊マクシモフ提督によってプーチン首相に用意された奇怪なレポートによると、現在アデン湾の中心に発生した『不可解な磁気を帯びた渦』を閉じようと、あるいはその渦の正確な発端、又は存在の理由を確かめるためロシア、アメリカ、中国が結集した力を渦は全く『ものともしなかった』と述べています。

719px-Gulf_of_Aden_map.png
アデン湾[写真]は毎年21,000隻以上の船がその海を通って航海しているのを見る、アラブ半島南方の海岸地帯でアフリカのホーン岬(ソマリア)とイエメンとの間のアラブ海に位置する世界で最も重要不可欠な水路のうちの1つです。

このレポートによると、2000年後半に米国の科学者がこの渦の「形成」に気づき始め、その後アメリカ人がアフリカ・ホーン岬にあるジブチ(ジブチ共和国最大の都市で首都)に作戦基地を設けました。アメリカへの9.11テロ攻撃の後、それからジブチは 米軍のアフリカ司令部・米海兵隊を主力とする統一タスクフォースである 『合同統一タスク・フォース – アフリカ・ホーン岬(通称:CJTF-HOA)』の基地拠点になりました。

2000年11月の発見以来― このレポートが続けて述べている ― 『比較的安定』なままだった後、2008年後半にアデン湾の渦が急に『拡大』し始めました。この不可解な出来事について全世界へと『前代未聞の』警告を発令した米国に促されて、そして、警告に応える為このエリアへ海軍戦力を緊急派兵する国が後に続きます。:

gye3.jpg
オーストラリア海軍、ベルギー海軍、ブルガリア海軍、カナダ海軍、中国人民解放軍海軍、デンマーク海軍、フランス海軍、ドイツ海軍、ギリシャ海軍、インド海軍、イラン・イスラム共和国軍海軍、イタリア海軍、海上自衛隊、大韓民国海軍、マレーシア海軍、オランダ海軍、パキスタン海軍、ポルトガル海軍、サウジアラビア海軍、ロシア海軍、シンガポール海軍、スペイン海軍、スウェーデン海軍、タイ海軍、トルコ海軍、イギリス海軍、米国海軍。

このレポートでマクシモフ提督が述べていることは、これらの海軍がソマリアの海賊[この不可解な渦が地元住民の漁場領海を破壊した時から、その者は実際に食物を探し求めている軽武装した若者以外の何者でもありません]からアデン湾を守るために必要だったという口実を使って、この軍隊の増強が人類の歴史上、その類で最も大規模で、そして、多くの世界当局が推測しているものを『撃破する』ためにロシアがアメリカ人と手を組む『用意ができている』ことが、今まで知られていなかった『軍隊』による我々の惑星への攻撃に対処するためだということです。まさしくそれが、おそらく『中間−次元(inter-dimensional)』か『地球外生物』ではないかと評されています。

gye2.jpg
先月より前に起こった出来事をこのレポートが続けて述べます。アデン湾の渦がその発見以来初めて地震活動後に『驚異的』な連続的『拡大』を起こしました。メモで重要なのが先月アデン湾で発生した約40〜60回の地震です。また、過去に記録した全てのデータを見ても、この領域でこのような地震が一度も起こっていないのがわかります。

Wayne-Jaeschke1_strip.jpg
「木星の赤道縞再出現』
このレポートでは、この地震全てがリヒタースケール上で4.5と5.4の間を変動しており、震源が深さ10kmあたりで、または、ほとんど全てがそれよりも上で起こっていて、今年5月を過ぎてたところで急に『消えた』惑星「木星」の南赤道縞が不思議と『再出現』したタイミングに『奇妙』にリンクしているとさらに述べています。
参考:木星の縞が1本消失?

このレポートに含まれる情報が世界の主流メディア全ての間でブラックリストに載っていて、同じく他のニュース・サイトも報道する事ができないが、大体、我々が虚無として知っている世界、及び/或は、次元を我々の世界へと『スターゲート』で開いている、まさしくその穴かもしれないのがアデン湾の渦だと推測します。

『舞台裏の真実(The Truth Behind The Scenes,)』のようなサイトでの、更なるメモ:

『他の注目に値する偶然の一致、或は/確かに、『同時発生』のこの一連の地震(スターゲートの)が、ウェブ・ボットとタイム・ウェーブ・ゼロの両方ともが『転換点』のことを示した、まさしくその日にあたるということです。』
(ウェブ・ボット参照:ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ。さらにタイムウェーブゼロとは?)

別のそのようなサイト『Danwi』は、中国での「スターゲート」仮説について以下を述べます

「インターネット・ユーザは、「アデン・スターゲート湾」に関するニュースに最近関心を持ちました。」、噂は2009年12月9日という早い時期の、ブルーライト(コンピューターで生成したイメージのような)の螺旋がノルウェー北部上空に突然現れたことを引き合いに出します。

パープル・マウンテン天文台(中国UFO研究の中心人物)所長のワング教授は、この現象のことを言いました:『「スターゲート」論は信用できない。それは、天文学または事実として根拠をなにも持たないからだ。』


本当の事を言えば、この不可解なアデン湾の渦の裏にあるものが何なのかなど、我々の知ったことではありません。しかし、マクシモフ提督のレポートで彼が警告している要点以外で、この地震以降、我々の惑星の北半球でジェット気流が発生して、世界の広大な地域で天候の混沌に陥れて『ほとんど崩壊させている』ように、我々は以下を読むことができます:

article-1334410-0C4E3FCF000005DC-485_306x423.jpgarticle-1334410-0C4EBC77000005DC-287_634x400.jpg
今日英国では、彼らの巨大な輸送機関システムが前例のない降雪と寒波により、同様にドイツで異常な降雪と寒波により渡航交通網が混沌状態でストップする理由になりました。そして、中国がここ30年間で最悪の降雪により窮地に陥る何千人もの牧夫を救い出そうと急いでいて、さらに降雪と寒さにより7万匹以上の家畜が死んだと報告していて、スウェーデンはそれが100年間に渡り経験したことのない最も寒い温度を記録したと報告しています。

アメリカ合衆国はここ2、3日、前例のない降雨量によりその全ての大陸をほとんどおおった、その歴史で最も強力なストーム・システムのうちの一つを報告しました。

この不可解なアデン湾の渦(マクシモフ提督のレポートで推測される)に注意しているアメリカ合衆国と他の世界各国が最も恐れている事は、その入手したほとんど全ての外交機密ケーブルを公表すると脅迫しているウィキリークスという名のウェブサイトにより知識を持った市民です。そして、それが必然的に『疑う余地なく』地球上至る所でパニックを植え付けます。

ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジの行いが非常に危険になったのでインターポールは、現在彼が所有している米国の『アデン湾の渦』のファイル公開を妨げようとする命令において、彼を即刻捕まえるために『レッドノーティス(国際指名手配)』の逮捕状を発して、そして中国が私的なウェブサイトに対して政府によるこれまでで最も『強力な』サイバー攻撃を目撃した、彼のウェブサイトに対して異例の処置をとりました。

その所有している米国の機密に含まれるもので、ウィキリークスには『アデン湾の渦』のファイルがあって、それを発表すると脅迫していることなど我々の知ったことでありません。

gye4.jpg
我々がアデン湾の渦について知っていることで言わなければならないのは、古代文明諸国のものであるが、まさに、彼らはそれを『古代のエジプトの女神ワジェト(Wadjet)』により象徴される『ラー(太陽神)の目(別名:ホルスの目[写真])』で、炎の女性としても知られる、太陽の女神の目の後でホルスの目(ラーの目)に変わり、雌のライオン戦士の保護者になる、怒り狂う荒々しい女神の姿を描写していることです。

250px-S_F-E-CAMERON_Hatshepsut_Hawk.JPG
『ワジェト』
ワジト、エジョ、ウト(Wadjyt,Edjo,Uto)とも。下エジプトの守護神。上エジプトの守護神はネクベトであり、エジプト王権の二元性に深く根付いていると考えられる。コブラの女神として表現される。その名は「緑なる者」「パピルスの女」を意味する。
 その崇拝は、先王朝時代に遡り、下エジプトの街ブトと関連があると考えられる。普通、鎌首をもたげたコブラとして描かれるワジェトは、王権を表す蛇のイメージと重なり、王の冠などから突き出ている装飾のウラエウスと同一視されるようになった。
 またライオンの姿で表されることもあったが、ワジェトとウラエウスが「ラーの眼」として知られる雌ライオンの女神と、しばしば同一されたためである。


この古代の伝説によると、我々人類がするはずであろう、ますます地球を破壊すると脅迫している人類のその計画で神に『逆らっている』人々と交戦する為に、ラーの目の『渦を通して』正義の怒りでワジェト神がよみがえるというものです。

これほど最も強力で、恐れられた古代のエジプトの女神ワジェトについてほとんどの人々に知らされていないことは、数千年間も有名な、宗教的な受肉とあまりに多くの異なる名称の下で、12月25日の、まさに、現代の世界でクリスマスと呼ばれている、女神への儀礼で開催される『Going Forth of Wadjet』と呼ばれた人文学的に最も古い宗教的な祝賀です。

それで、再び、我々の世界が別のクリスマス・タイムに近づくにつれ、死に対する渇望と戦争で怒らせて、そして、各々の一日が過ぎて、ますます人々を奴隷にしているそのエリート・マスターの圧政支配の下で人類がもがき、そして、我々のまわりに現れ始めている一つに言及している、あまりに多くの『徴候』のように、人は、次に起こることを怪しむことができるでしょう....。

元:http://www.whatdoesitmean.com/index1425.htm

ジブチに自衛隊基地を作るなんて話もあり、やはりただの海賊討伐なんていう理由ではなくもっと大きな『何か?』が原因なんでしょうか?

こういうニュースも地球外生命体のリリースへ向けた一つの動きなんでしょうかね?

井口氏の情報が彼女の記事の内容と非常にマッチングしていますね。(かなり前からスターゲート説を指摘した氏の洞察力はキレてますね)
アデン湾の謎の渦巻きと宇宙から飛来する3つの巨大物体:NASAの時代は終焉した?
ご参考に。

バミューダトライアングルのように、ある海域には『特殊な力』が作用するようですね。

アトランティスから古代エジプト文明に渡った聖典からキチガイも人知を超えた存在にとっくに気づいているのは確かでしょう。
maya2.jpg
maya3.jpg
コロンブスより遥か前にシンクレア家はアメリカ大陸に渡り、建造したロスリン礼拝堂にアメリカ大陸で見た植物をモチーフにした内装構造物やマヤのピラミッドのモチーフ知っている(人間のDNA構造など)からなんですよ。
その為の『準備』などとっくにしているでしょうね。

イエス・キリスト再臨を本気で迎え撃つようです。

ランキングに参加しました。
応援ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。