2010年10月25日

アメリカが全面的な内戦に近づき発砲されたペンタゴン

2010年10月21日
アメリカが全面的な内戦に近づき発砲されたペンタゴン
by:ソルチャ・ファール

53214418.jpg
今日、クレムリンを回る新たなロシア対外情報庁(SVR)のレポートで、狙撃発砲に関して長い間恐れられた新たな南北戦争が進行している可能性があると警告しており、ペンタゴンと近くの海兵隊国立博物館(両方ともアメリカ合衆国ワシントンD.C.エリアにある)の窓ガラスが粉砕され、これが強力な軍のスナイパー・タイプのライフル銃によるものだと思われています。


このレポートによるとペンタゴンを標的としていくつかの窓ガラスを粉砕している某スナイパー・チームによって火曜日早朝に6発以上の弾丸が発砲され、少なくとも5発がその建物の大広間の二重構造の窓ガラスを破壊した、海兵隊国立博物館への3日間の同様の攻撃に続いて起こりました。

驚くことに米国のセキュリティー担当官はこれらの攻撃を『ランダムなイベント』だと仰天発言しました。しかし、スティーブン・カルベリー(民間のペンタゴン防護局(PFPA)長官)は、もし、調査をしてそれら事件がより重要な計画の一部であったと明らかになるのならば『再評価されなければならないだろう』と発言しました。

しかし、このSVR報告は、世界で最も警備された都市に対するこれらの攻撃が、そのとても強固な敵の防衛力を徹底調査していて、「配置転換」「堅実なマスキング」戦術を使用していて、洗練された、非常に訓練されたスナイパー-チームのすべての特質が裏付けされていると指摘します。

[配置転換]は特定の位置から2、3ショットの発砲を必要とします。敵(男/女)がどこにいるのか判別する前に、スナイパーを別の死角の場所へ動かしカウンター攻撃を巧みに開始することができます。そして、[堅実なマスキング]は発砲音を隠すことができる環境(ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港のこのケースでは、旅客ジェット機の離着陸音の両方を利用して)で大きい音を使う技術です。これらの技術の両方ともが隠密活動、浸入戦術、ゲリラ戦において多用されます。

アメリカ人の恐れを高めてこのレポートは続けます。フランスで起こっている出来事で、その国の群衆がエリート・クラスをターゲットにし始め、そして、パリから今日報告されるように我々が一部で以下を読むことができます:



『店から略奪して、車に放火して、警官隊と通りで交戦した若者は、反対する年金制度改革のデモでフランスの高級街『リヨン』を暴動の発火点に変えました。そして、一般的に連想してフランスで最も裕福な都市で、上質のディナーと比べ暴動により衝突で2ダース以上の人々が負傷して、そして、より多くの人々が逮捕されたので、今週リヨンの街は路上での抗議活動で最悪の惨状(暴動)を見ました。』

米国での高まる怒りについて、エリート・クラスの内心で増大する恐れを説明するのに、ニューヨークタイムズのライター:ロバート.H.フランクス(昨日の編集記事で『所得の不平等:無視するにはあまりにおおきい』とタイトルをつける)が警告しています。

『アメリカ合衆国で最も人口の多い100の郡を対象とした国勢調査データに基づく最近の労働新聞で、アダム・セス・レヴァイン(ヴァンダービルト大学政治学博士号取得研究者)、オッジ・ダイク(ヨーロッパ大学研究所経済学博士号の学生)と私は、所得の不平等が同様に進んだ郡が、財政的な貧苦の徴候の大きな増加を示しているとわかりました。たとえば、他の要因によりコントロール(抑制)した後でさえ、これらの郡は、破産申し立てでとても大きな増加傾向があります。』

おそらく更に悪いことに、火曜日の記事でタイム・マガジンが『連邦準備制度理事会が内戦を引き起こす?』とタイトルをつけ警告し、そのアメリカが完全な反乱の尖端の上に立っています。そして、我々が一部のパートで以下を読む事が出来ます。:

『最も見込みのある原因は?今日の市民の不安は何ですか?出入国管理法?ゲイ(同性愛)の結婚の合法化?妊娠中絶の合法化?選挙の結果?9.11グラウンド・ゼロ(爆心地)に近いモスク建造?いや...。連邦準備制度理事会を調べてみてください。11月3日は、連邦準備制度理事会の来期の政策委員会(連邦公開市場委員会(FOMC))が終わる時です。そしてあなたが、これがまさにさらなるうんざりするようなお金だと思うのならば、あなたがこれに応ずることは間違っているでしょう。それは連邦政府の歴史で…最も重要な会議になるでしょう。』

naw1.jpg
我々が以前10月7日の報告で米ドルが50%の切り下げに直面してアメリカから逃げだす準備をするオバマで概説したように、世界銀行が発した先例のない警告で以下のように部分的にだが述べた、世界的な経済の安定性がクラッシュ間近です。:『急増する資本流入はアジア経済の安定性を脅かすと、世界銀行は火曜日に警告しました。その日の財務長官ティモシー・ガイトナーにならってドルを切り下げないと誓うことによって、通貨をめぐる世界的な口論から悪意を得ようとしました。』

それから米国の財務省ティモシー.F. ガイトナー長官は困らせるように、それをアメリカのメディアに話します。『より弱いドルは、今や国益なのかもしれない。』

アメリカ合衆国に対する中国のアクションは、中国共産党政府がその米国産業に従属して共に走り続けているもの(日本)に対する、そのアメリカへの急襲で必要不可欠なレア・アース・メタルの輸出の急な停止の命令から予想できるように、差し迫っていてとても厳しいものです。また中国は、日本が統治する島(日本の尖閣諸島。中国ではDiaoyuとして呼ばれている)との対立で、日本人との条約により日本を保護すると誓った米国を脅かすために、まさに今、その海軍巡視艇を派遣しました。

かきかけ・・・

応援ヨロシクお願いします。
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。