2010年09月23日

エスカレートする炭疽菌事件、ブッシュの手先メグ・ウイットマン、トロントで生きているクリストファー・ストーリーA/A

ぶっ壊す:エスカレートする炭疽菌事件、ブッシュの手先メグ・ウイットマン、トロントで生きているクリストファー・ストーリー

エスカレートする炭疽菌事件
ブッシュの手先メグ・ウイットマン
トロントで生きているクリストファー・ストーリー
A/A


images.jpeg

P.P.S.我々は現在、現在の米国共和党員でカリフォルニア州知事の候補者メグ・ウイットマンがバーナード・マドフ・ポンジースキームへのダイレクトな文書の足跡(関与)によって、既知の犯罪証券会社ゴールドマン・サックスが関与する莫大な不正金融収入スキャンダルとつながりがあったことを明かすことができます。

ウイットマンは、現在、マドフ・ポンジースキームのじゅうたん爆撃状態で焦土と化したカリフォルニア州で、彼女にとって大衆的な敵であるエドマンド・ブラウン・Jr前カリフォルニア州知事に別名:むきだしで取り組む批判の広告活動でマドフ・ポンジースキームの収益を使っています。

ブッシュの手先ウイットマンは、カネの運び屋として動いているほかならぬ前ブッシュ.FRAUD当局のホワイトハウス次席補佐官カール・ローブがジョージ.W.ブッシュのため、様々な政治活動に伴うマネー洗浄時に、何年間も彼女の旧EBay社を巧みに利用させました。

我々は、ブッシュの手先ウイットマンが2008年の銀行を救済する反逆の方法を指揮したブッシュ政権の財務長官ヘンリー・ハンク・ポールソンに意見を聞かれ、それゆえ彼女が投資対象(ほかならぬゴールドマン・サックスへのインサイダー)を握り、巧みにビッチのウイットマン自身の個人的な証券会社に利益をもたらしたと明かす事もできます。

MegWhitmanMoney.jpggrandtheft2000.gif

我々はカリフォルニア州の人々に、ブッシュの手先ウイットマンがフロリダ州での票の再集計をやめさせた、2000年のブッシュ.FRAUDによる選挙工作において個人的に何百万ドルも寄付してイカサマに貢献したと明確に報告することができます。


したがって、ブッシュの手先ウイットマンは事実上、2000年の大統領選挙でアルバート・ゴア副大統領からダイレクトに票を盗みとり、国を破壊するよう支援し、選挙泥棒、コカインを鼻で鳴らし、米財務省資金横領、同性愛inクローゼット、憲法をシュレッダーにかけ、無断欠勤、不法に就任して、効果的に米国共和国を破壊する戦争犯罪人ジョージ.W.ブッシュ.FRAUDに力を与えたのです!

ビッチのウイットマンはカネの力により、最近、カリフォルニア州の前ジェリー・ブラウン知事を中傷する企ての柱として、ブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーのメンバーであるビル・クリントン前大統領を出演させたブラック・コマーシャルを国中に走らせました。

注:前ブラウン知事(その人物はアルバート・ゴアと個人的な友人です)は、1992年の民主党の大統領予備選挙でパパ・ブッシュのリトル・ビッチ(ビル・クリントン)と競争していた過去にまでさかのぼる、両者ともがクリントン家(ブッシュ家と彼らの関係に向けられた)の生涯の宿敵であります。

f0166919_10272250.jpg
参照:ずうずうしいNew World Order(ニュー・ワールド・オーダー)の手先(ビル・クリントン)は近頃、現在エイズで死にかけている、ほかならぬ英国の家来、Dunblaine小児性愛者及び、ジョージW.ブッシュの操り人形(戦争犯罪人トニー・ブレア)に対し『自由勲章』を与えました。

米国メディアは、米銀行家達が依然としてコントロールしているデリバティブ・ポンジースキームから今もなお直接報酬が支払われていて、事実、米国メディアがこの2つのピースの悪党を我々に与えるよう推し進め続けています。

唯一、ジェリー・ブラウンがブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリー・マフィアに対して反対勢力で、当然、彼が一律税を支持する、真実を与える本物のティーパーティー候補であると主張することができます。

P.P.P.S.それは現在も、英国の審判と宗教の狂信者以外に何もその歴史の書物に載っていない反逆のコントロール不能のテキサス州は、アメリカ合衆国で最も偉大な愛国者(トーマス・ジェファーソン)を替えて、アメリカ合衆国の憲法を軽蔑し続けています。

テキサス州の人々がアメリカ合衆国憲法の下でよりも、むしろ旧約聖書の原則の下で生きたい今、それはとても明白です。テキサス州から独立を求める話がありました。
是非、もう一度、連邦から脱退してください。

米国民からテキサス州へ向けた直接のメッセージが以下です。:
あなたは、もう二度と連邦から脱退する必要などありません。
米国民は立ち上がり、連邦からあなたを追い出すからです!

注:思い出してください皆さん、これは汚らわしいのと同様である、あなたにブッシュ・ファミリーを持ってきた反逆の州です。そして、ジョン・F・ケネディが暗殺された、ここが汚らわしいのと同様の反逆の州です。

テキサス州を支配した、この宗教的な狂信者と説教壇チンピラが怪しげなティーパーティー運動を管理している時点でテキサス州の全てがキチガイである点に注意することが最も重要です。

私があなた(皆さん)に、会社をコントロールした、ファシスト、強要者にフレンドリーな米国メディアが共和党に許可し、アメリカ合衆国の憲法の回復(憲法に反する反逆の愛国法の廃止)を支持する連邦議会議員ロン・ポールによって、反逆の連邦準備制度理事会の廃止と、一律税による国税庁の終わりで別名:ブッシュ・ファミリーをムショにぶち込む本当のティーパーティー運動をリードしたと警告しました。そして、それはただのガス抜きで何も変わらず、この犯罪のブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーと銀行家達が米国金庫を荒らすのを許しました。

誰が本物のティーパーティーなのか覚えているようにしましょう。そして、そのもの以外は本物のティーパーティーではないので注意して下さい。

民主党員と共和党員党は汚れています。彼らは隠れ同性愛の財源(ハリウッド)からコントロールされていて、そして、他の隠れ同性愛者のネオナチ、宗教的な説教壇チンピラ達によってコントロールされています。合理的に考えてみると、テキサス州に彼らすべてを強制的に送り、交通を遮断するようテキサスの回り全てに警戒線を張るのがいいでしょう。

我々の次のインテリジェンス状況説明をこのあとも楽しんでください。それは、英国のMI6エージェントであるクリストファー・ストーリー(別名:エドワード・ハール)の偽の死に関して最新版を含みます。

現在ハールは、前英国首相(Dunblaine小児性愛者と戦争犯罪人トニー・ブレア)の為に偽情報を流す代理人として動いていて、カナダのトロントにある隠れ家に住んでいます。そして、2010年6月より早い時期の、彼の疑わしい死の1ヵ月前、元英国科学者で生物兵器科学者(D・ケリー博士)の暗殺で、スコットランドヤード(ロンドン警視庁)により主要な容疑者として名を挙げられました。

彼のハールー手帳が明るみに出て、現在スコットランドヤードが所有しています。その手帳の中にD・ケリー博士の電話番号とアドレスが記載されています。彼がケリー博士が裁可される必要があったと主張するエドワード・ハール自身の筆跡が手帳に表記されています。

mi61.jpgblackwater_logo01.jpgharmful-mobile-radiations.jpg
white full.jpg2433.jpgs-TOWNSEND-CNN-large.jpg
Stoner cell phone microwave attacks on American Patriots
CONSPIRATORS
British MI6, Blackwater, Christopher Story aka Edward Harle
Tim White, Jeff Fisher, Frances Fragos Townsend

ストーリー(別名:ハール)がブラックウォーター(現在社名変更し、Xeカンパニーとして有名な)の仕事仲間と結びついて、英国のインテリジェンス情報部員との関与により、アメリカ合衆国でも指名手配されていて、そればかりでなく、FBIディビジョン5の犯罪分子である別名;ティモシー・パトリック・ホワイト(ティム・ホワイト)と、疑わしいジェフ・フィッシャーと、国土安全保障省の反逆分子である別名:バーバラ・フライと、そして、ブッシュ–クリントン犯罪シンジケート・ファミリーの手先で『スカル&ボーンズ』出身の女:フランセス.F.タウンゼンドと私自身を含めたアメリカの愛国者に対する『ストナー・セルフォン・マイクロウェーブ攻撃(携帯電話からのマイクロ波攻撃)』を組織化する際に、アメリカの愛国者(レオ・ワンタ大使)を含めた個人へ対して実際に暗殺を企んでいます。

あなたがトロントの通りを歩いているアメリカ市民か、いっそうカナダ市民であるならば、あなたがこのくわせ者クリストファー・ストーリー(別名:エドワード・ハール)と遭遇したならば、進んで彼を拘束して、彼をカナダの治安判事の元に連れて行って下さい。彼は、直ちに国外退去される必要があります。

さらに、ワンタ-レーガン-ミッテラン・プロトコルの現状の最新版と、高速レール・プログラム『AmeriRail』、欧州連合の今後の情勢とアメリカ合衆国自体の支払い能力を含む我々の次回のインテリジェンス状況説明を今後も楽しみにしていて下さい。

注:最近ゴールドマン・サックスがコモディティ(管理人注:商品先物取引所で取引されている商品:金・銀・原油・エネルギー・トウモロコシ・麦etc...)とポンジースキームをトレードしているという暴かれた情報を持っています。それにより、金融資産を莫大にディレバレッジング(管理人注:意味参照)することが24時間以内に本格的に始まります!

注:思い出してください皆さん! ― このワンタ協定資金の実現が米国財務省に27兆5000億ドルを戻し回復する― 完全に米国の財政赤字をなくし、『AmeriRailプログラム』で働くアメリカを取り戻すのです。

ラファイエットがブラッディーワインで生き残り、この重大な時に、我々は自由に生きるか死ぬかです。そして、アルバート・ゴアはアメリカ合衆国で2000年に正式に選ばれたが非就任する、純粋に米国で生まれながらの大統領のままです。

詳細:http://blogs.myspace.com/tom_heneghan_intel#ixzz103HSktXb

てか、ストーリー氏が生きてるなんてトンデモ話を出しているのはトムとベンジャミン・フルフォードぐらいですか....

ちなみにこちらがベンジャミン氏の記事の日本語版です。翻訳はa氏です。(転載すいません。)

元:http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2010/09/hobie.html

09/18/2010

Hobie,
What is going on with Rumor mill news? Why are you posting my subscription newsletter for free and with an inflamatory headline?
Why not post the latest free article I wrote instead with my own headline?
Also, please post the following in order to set the record straight.

Response to recent accusations against Benjamin Fulford:
Although it is my policy to not engage in mud-slinging and focus on constructive ideas, I have been asked by many people to respond to two recent lines of attack against me.
First of all there is the accusation that I killed Christopher Story. That is serious slander and I may decide to sue. First of all, I was asked by MI6 to please cooperate with them and not reveal the fact that Christopher Story AKA Edward Hale, was never killed. It was all part of a psy-ops. However, they are using Story's baseless accussation that I threatened him with murder as part of a campaign to discredit me so I am now revealing the truth: Christopher Story was not killed and I never threatened him.
The other concerns the ongoing mud-slinging surrounding the OITC. The fact of the matter is that the lawsuit against the OITC and their backers at Davos and the UN has been delayed twice. First by the sudden suspicious death of Joe Bendana (the man who was going to file the lawsuit against them) and now by the fact that all the cables leading to Neil Keenan's server were cut. The lawsuit will go ahead and the courts can decide the truth as far as I am concerned.
The Federal Reserve Board crime syndicate has found itself in a situation it cannot mathematically get out of no matter how hard they try. In their death throes, however, they are revealing their entire global network of bought and paid for servants. My message to them: accept the inevitable, help start the new financial system and then appear before a truth and reconciliation committee in exchange for forgiveness.
Believe me, the average people and the legal system will be a lot less forgiving if you continue to try to drag the rest of humanity down with you.

訳:ホビーへ。

Rumor mill newsでは何をやっているんだ?何故キミは私のメールマガジンを無料で、しかも大げさに脚色した見出し文までつけて掲示しているんだ?それならいっそ私の書いた最新のフリーの記事も載せたらどうだ?それもまた私のオリジナルの見出し文を変更して…。キミの掲載について誤解がないよう事実をありのままに伝えるために、以下の文章も追加して欲しい。

ベンジャミン・フルフォードに対する近日の非難についての返答:

誹謗中傷は相手にせず、建設的な見解に集中していくのが私のポリシーではあるが、現在多くの人たちから、私を非難する二つのトピックについて反論するように求められている。まず最初に、私がクリストファー・ストーリーを殺害したというものがある。これは全くの事実無根であるため、場合によっては告訴するかもしれない。最初から説明すると、私はクリストファー・ストーリー・AKA・エドワード・ホールなる人物が殺されてなどいなかったという事実を明らかにしないよう、MI6から協力を要請されていただけである。それが心理動揺作戦のすべてだった。しかしながら、私に対する批判者たちは、私がクリストファーに殺害の脅しをかけていたという事実無根の話を、私の信用を貶めるために使っている。だからこそ私は今ここで事実を明らかにしようと思う。クリストファー・ストーリーは殺されてなどいないし、私が彼を脅したなどということもない。

もう一つのトピックは現在進行中のOITCに関する状況についてである。これについての事実は、OITCそれ自体とダボス及び国連にいるその支援者たちに対する訴訟は、これまでに二度延期されている。一度目はジョー・ベンダナの突然の不審死によって、二度目は現在発生しているニール・キーナンのサーバーに繋がる全てのケーブルが切断されたという出来事によって、である。訴訟は進展するであろうし、法廷は真実を見極めることができるであろうと私は捉えている。

FRB犯罪シンジケートはどう足掻いても数学的に破綻は避けられない状況にあるという現実を、今や自らが理解している。彼らは苦境の中で必至になってもがいているが、しかしそのもがき自体が、彼らがこれまでカネのちからで培ってきたエージェントたちの全地球規模のネットワークを暴露してしまうという結果を招いている。私からの彼らへのメッセージはこうである。

「避けられない結果を受け入れなさい。そして新しい金融システムを立ち上げることに協力しなさい。そして寛大な処置がなされることと引き替えに、真実と和解委員会に出廷しなさい」

あなたたちが人類をその下へ従属させんとする努力を続ければ続けるほど、これまで虐げられてきた人々や法的制度は、あなたたちに対する恩赦の度合いを弱めるだろう。
BY:a氏の訳


てか、ホビーとバトってるのね。

ホビーの反論コメントは、この嫌がらせはエージェントによるものでホビーは無関係だとサ。(シーソーゲームか?)

海外の方々もいろいろとこのやり取りには疑問みたいです。

http://www.abovetopsecret.com/forum/thread612424/pg1によると。

worldreports.orgで高名の英雄的リポーター・クリストファー・ストーリー氏は殺されたのか?

最初にnesaranews.blogspot.comのジョン・MacHaffieがストーリー氏の二ュースを伝えるので、MacHaffieがこの『Psy-オペレーション』に関与していることを示しているようなインターネット上で明かされた死は、私の知っている限りでは......ですか?

私の疑問:なぜ?
いったいなぜ?、MI6は第一にでっちあげてまでストーリー氏の死が欲しいのか?そして、いったいなぜ?彼らはフルフォードにそれについて話して、彼にそれに協力するよう頼んだのか??
奇怪な、なんとも奇怪な......


転載終わり。

僕もなんとも奇怪ですわ。

トム・ヘネガンまで生きているなんて言う始末だし・・・(あんた、ドクター・ケリーの殺害首謀者なんて....。)

てか、nesara(ネサラ)ニュースっていう名前自体がうさん臭いね〜。工作サイトまるだしな気がする....。ネサラって結局アセッ死ヨン系のイカサマ情報でニューエイジ教に引き込む為のツールだったんだよなぁ・・・

いよいよキチガイが作戦を実行に移すデリケートな時期だけに邪魔者はどんな形だろうと消し去ろうと言う魂胆ですか?

なんだかんだでウィキリークスとワールドレポートは更新が途絶え、してやったりってな感じですわ。

ストーリー氏が生きている事と、無事である事を願い記事をUP。

忙しくて更新はまばらですがランキングに参加しました。
応援ヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 10:09| Comment(2) | 米国トム・ヘネガン氏情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
応援しています。
Posted by sophy93 at 2010年09月24日 11:00
応援ありがとうございます。
更新がまばらですいませんです(汗)
Posted by 東 at 2010年09月25日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。