2010年09月11日

ミサイル攻撃で撃墜したサンフランシスコ機、米政府は報道管制を命じる。

2010.9.10
Missile Strike Downs San Francisco Plane, News Blackout Ordered
ミサイル攻撃で撃墜したサンフランシスコ機、米政府は報道管制を命じる。

BY:ソルチャ・ファール

sff1.gifsff2.jpg
今日クレムリンを回るロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)の恐ろしい報告によると、北アメリカ上空を軌道に乗り回っているロシア衛星『9K34Strela(ストレラ)-3(NATO名称:SA-14グレムリン)』が受信した『紛れもない』信号から『偶然にも』、現在の報道レポートで明らかになっている、サンフランシスコでの破滅的な爆発と大規模な火災が、一人で携帯出来る防空ミサイル・システム(MANPADS)[写真:管理人:RPGみたいなものかね]によって、アメリカ合衆国の西海岸地域を燃やしたと述べています。

sff3.jpg

この大災害の西洋のレポートによると、サンフランシスコ国際空港から約2マイル西のサン・ブルーノという名の住宅地で、インターステートハイウェー(州間高速道)280号と380号の近くの山腹で、昨晩午後6時頃に、一部の当局がまず最初に『飛行機が地面に激突したようだ』と推測した、強烈な爆音を伴う凄まじい爆発によりサンフランシスコに打撃を与えました。

約170件の家屋を炎でのみ込んだこの大災害をジェーン・ポーセリ(62才)という名の人物が証言します。その人物は炎の中心地の場所よりも上の丘に住んでいます。彼女がもがくような変なエンジン音を頭上の飛行機から聞いて、『そして、あなたもこの爆発音を聞いたでしょう?それから床以外のすべてが振動し大きく揺れたので、私達はそれが地震とは違うことを知りました。』とレポートに言い伝えました。
11fire-cnd-articleLarge.jpg
sff4.jpg
この爆発の最初のレポートでは、サン・ブルーノのすべてのエネルギーがノックアウトされ、そして、目撃者ドン・フォード(フォト・ジャーナリスト)によると、『明朝、太陽が昇って見た光景は、それはダンテ(神曲)から生まれた何かでありそうだ』と述べ、撃ち落とされた大型旅客機の残骸が打ったクレーターが直径50フィート以上だと推定されたようにとても破滅的でした。

撃墜された、依然として詳細不明の飛行機に関する1時間以内の『それ』は、この大災害についてのメモにとって重要です。アメリカ当局はこの大規模な爆発を取り巻いている本当のイベントについて『報道管制』を命じ、そして、その代わりに、彼らの宣伝メディア機関によって外部向けに、ガス改行に関する『それ(パイプライン工事)』を非難するよう指示しました。そのガス・ラインの全てがどこに位置しているのかを示しているパシフィック・ガス・アンド・エレクトリック社自身のウェブサイトを見れば、誰もが襲われたこの地域でそのような破壊を引き起こす、広範囲に渡る破壊をもたらすことがとても無理なのが分かります。むろん、『それ』の矛盾点に言及することはありません。

この米飛行機ミサイル攻撃に隠された理由についてGRU報告では、『最も可能性の高い』原因のうちの1つが、アメリカ合衆国での2001年9月11日テロ攻撃の9回目の追悼記念日で、今週の土曜日に起こることになっている、アメリカの牧師(キリスト教)によるイスラム教の教典を燃やすことの予定が原因だとしています。

さらにこのGRU報告では、この攻撃がアメリカ軍兵士によってアフガニスタンの一般人を無差別殺害していることへの報復の可能性があるとも指摘しています。イギリス・ガーディアン紙のレポートで『頭に血がのぼり、無作為にアフガニスタンの一般人(女・子供含め)を撃って、トロフィー(勲章)として彼らの指を集めた』と報告するように、米陸軍によってそれら『殺人チーム』を構成したことでちょうど今起訴された12人が、それがアフガニスタンの『人々を撃つ楽しみ』だと告白したとき、その米軍の最高指揮官の一人(ジェームズ・マティス 将軍)によって、今年7月に認められた行為だと、この戦争犯罪に対してあなたも注意します。

見落さないようこのGRU報告は続きます。この攻撃に隠れた、メキシコ麻薬カルテルのあり得る関与が、先週彼女がメキシコ麻薬戦争[それは現在までに、28,000人以上の死者を引き起こした]を反政府運動にたとえて、『米軍が介入する必要があるだろう』とほのめかしたアメリカのヒラリー・クリントン国務長官によって、攻撃の恐れからか急に話が持ち上げられたことです。

オバマ大統領が彼自身の国務長官をはねつけるのが速かったけれども、このGRU報告は被害がすでにあるかもしれなくて、メキシコ麻薬カルテルとアメリカ合衆国の間での総力戦で、より大きな恐れを引き起こしていた可能性に警告します。
[注:ロイター通信によると、オバマのコメントが何故がスペイン語で印刷されました。そして、英語版コピー文書がホワイトハウスから入手することができません。]

本当の、この破滅的な攻撃の背後にいる人物が誰だろうと、それは我々の知ったことでありません。しかし、我々が知らなければならないことは、アメリカ合衆国の前記の9.11テロ攻撃の宿命的なイベントのように、米国民がいつものように真実を知らされていないということです。

そして、米国民が2001年9月11日に見た、飛行機がペンタゴンに衝突しなかったと正直に伝えた最初のニュース報道で明白なように、どこにも、少しの飛行機の破片がペンタゴンで見つからなかった事実により、これほど明白なものはありません。

そして、9.11テロのように、今日新たなアメリカの大災害が「ある事」として宣伝されているように、それは『それ』(我々ソルチャ・ファールの存在のように)を全く残していません。そして、その者は実を言うと、その大胆さにより悪魔のように真実を話すのです。

そして悲しいことに、最も失い損する者は米国民自身です。そしてその者は飛行機がミサイルで打たれたのを見た、多くの目撃者がいるにもかかわらず、更にこの大災害がパイプライン爆発により起こった事だと信じさせます。

そして、それら目撃者(その者は真実を露出することをあえてするのです)に対して米国政府が市民の耳に入らないようにする方法で、この警告を聞きます:

『1996年に、TWA800便はロングアイランドで南から撃ち落とされました。政府スポークスマンがミサイルがジャンボジェットを攻撃するのを見た目撃者がすべて酔っぱらいであると主張する間、ラボ(研究室)テストで不正を行い、そのレポートを偽装して、裁判所で引っかかる当惑をものともせず、アメリカ合衆国政府は、公式に中心の燃料タンクが依然として墜落原因の火の粉であると考えます。』

転載終わり。
元記事:http://whatdoesitmean.com/index1404.htm

ソルチャ・ファールに関して、故ストーリー氏の指摘通り、何かきな臭い部分もあり100%信用していないが事実は事実として語っているのは本当で、只問題の根源を実のニュースで置き換えるのが好きみたいです。

ストーリー氏がソルチャ・ファールを攻撃(5月28日の記事)してから世界中でいろいろな方が彼女に詰め寄った事でしょう。
僕もその一人ですが、ストーリー氏攻撃から例のジュリアン・アサンジ(ウィキリークス創設者)のニュースがメジャーニュースを駆け巡りました。
彼女の言い分はジュリアンのように表立って行動すれば命の危険があるとの事です。
そりゃもっともな答えだがね...

問題はそのニュースがでたタイミングですわ。
イラクの衝撃映像は4月に露出されました。
なぜ2ヶ月後の6月18日の今になって米政府がアサンジを探すニュースが出回ったのかという事です。
しかもそんなニュースを世界に漏らせば米国の信用は失墜し、とても都合が悪いように思えます。

本当の事実を隠すため、『毒を持って毒を制す』ということでしょうか?

ジュリアン・アサンジは本物。
世界中で何百万人と見るソルチャ・ファールの工作サイトを有効化(恐怖の感染)し続ける為にしたキチガイの大胆手法なのかもしれない。
上記のよう(飛行機がミサイルで撃たれたのを目撃した人物は皆酔っぱらい)にジュリアン・アサンジがスエーデンで女性に暴行した件で逮捕状を出したが取りやめた件。
ニュース:http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2749869/6098319?utm_source=afpbb&utm_medium=detail&utm_campaign=must_read
結局、逮捕状は取り下げたのもお見事です。

本当に逮捕すれば彼の陰謀論の信憑性の高さが上がるってものです。
人物を包み込むようにあいつは婦女暴行容疑のある男で信用出来ない人物だと刷り込むイメージは完成されたので十分なのでしょう。
日本版のニュースにはアサンジが何をしてここまで問題になっているのか何も触れられていない。
イメージを潰せば十分なんです。

知識の無い世界中に多くいる『B層』を抱き込めれば十分なんです。

『ウィキリークス』『ジュリアン』と聞けば婦女暴行犯人とイメージ付け、『陰謀論』と聞かされれば『ハイハイ陰謀論ね、告発者っておかしな人が多いから信用出来ない』でそっけなく会話が終るのです。
B層とはイルミナティーが作り出したタヴィストック流大衆洗脳から生まれた最強の無知ゾンビ、感染率100%の何とも手に負えない人種です。
オカルトB層(アセッションバカ)もいて更にぐちゃぐちゃなのが現実でしょうか(汗)

ソルチャ・ファールはアイルランド系であると言った故ストーリー氏の暴露。
まんざらでも無い事があって信用してるんです。
ソルチャ・ファールと連絡を取るようになって数ヶ月後、アイルランドの教会に寄付をしてくれと何処からとも無くメールが来たんです。
何だかとても気になってネ・・・

様々なメール文を転載したいんですが会社の僕宛にメールが来たので載せたら身元が発1で割れて逝く事間違い無し。
そんなバカじゃありまへん。
信じるも信じないもあなた次第ですが。

今回のソルチャ・ファールの記事、メキシコの麻薬カルテルが関与しているかもと言ってますがそりゃナッシブルでしょ。
キチガイのシナリオ外のイスラムテロが本気で今起こったと広がれば、オバマ政権の信用がた落ち、中国や英国・フランスと揉め必死でキチガイが現状維持のため買い支えた株価が急な株価大暴落で大損こくだけ。それに正式な反乱軍にスポットすら当てたく無いでしょう。イラクで失敗してるしこれ以上下手な悪事は出来ないはずです。
奴らは必ず自分たちの手で起こして儲けて納めることに徹底しているので今回はやはり意外だったのか?

もしくはこの飛行機に重要な人物が乗っていたかでしょうか?

ランキングに参加しました。
キャンディ達、クリックヨロシクお願い致します。
ヒーハー!!
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
なんでアメリカがサンブルーノで事故起こさないとならないんですか?
理屈で考えて普通アメリカが迷惑受けていると考えるのが筋でしょう。

飛行機がそこにいたのはわかるんですが、特に離発着で登録された飛行機はなかったそうですね。

 わからないのだから、発表しないんだと思います。

 くだらない話書かないでください。

 
Posted by あんた頭おかしいんじゃないの? at 2012年06月28日 07:19
あなの訳は結構へんですけれど。
あなたは、日本人ですか?そもそも

 あのね、何人か知りませんが、どう見ても
スパイの片棒担ぎしているようにしか見えませんよ。

 それが実際ロシア発ではないかも知れません。

 ロシアがそんな目立ったことするとは思えませんからね。

 それではあなたは、誰の片棒を担いで

 まちがったことを配信しているのでしょうね?

 誰だか知られてもいない、経歴もない人間の
  翻訳って、アホですか?

  おやめなさい。

 
Posted by それに at 2012年06月28日 07:21
撃ち落とされた大型旅客機の残骸が打ったクレーターが直径50フィート以上だと推定されたようにとても破滅的でした。

飛行機が落ちた後なのか?とは言っているが、
穴が大きいといっており、残骸は確認してない。
撃ち落とされたとは 誰も言ってない。

 ウソばかり。
Posted by at 2012年06月28日 07:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。