2010年07月31日

歴史上最悪の金融テロリズムによる破壊活動

最近株価の上下運動が激しいので関連した記事を紹介します。
水面下での攻防が表面化しているようです。

WORST FINANCIAL TERRORISM SABOTAGE IN HISTORY
2010年7月10日土曜日00:01
by:クリストファー・ストーリー
http://www.worldreports.org/news
(管理人注意:不思議とこの記事は消されています。バックアップがあるので掲載しました。)

2010年7月3日(土曜日)に『ドイツ銀行』、そして、ノースカロライナ州にある『Bank of America:シャーロット支店』を、前日の金曜日に先取特権(担保権)保有者が差し押さえと経営権の乗っ取りを行こないました。彼らは、米政府当局独裁犯罪者によって進行中の破壊活動のためにこの行動を起したのです。

彼らは、直ちに強制的な決議で破壊活動家と対抗勢力のために両岸で働いている人々を追い払い、バランスシートからデリバティブ(中毒負債)を解消させたのです。

これはブッシュ卿エージェントの影響力からドイツ銀行を取り戻したのです。[以前のレポートを見てください:アーカイブ]、アンゲラ・メルケル首相とドイツの破壊活動家。

同様に、彼らはアメリカ合衆国で堕落した銀行家とCIA破壊工作者の影響力から、つまりCIAによって信用を落とされたBank of Americaを取り戻したのです。

返済プログラムのため必然的に当局とサインした皇后陛下(エリザベス女王)、ローン書類と他の必要な書類のため彼女はニューヨーク(予想通り)を訪れます。
54752313.gif
エリザベス女王2世とフィリップ皇子(エディンバラ公(2010年7月4日))
http://www.wpix.com/news/local/wpix-queen-elizabeth-visit-story,0,4162660.story

上記の結果により2010年7月6日火曜日、必要な資金の配布に使えたのです。(管理人注:7月の暴落から急に米株が急上昇した背景です)

いつものようにジョージ・ブッシュ卿は邪魔をしようと仲裁してきました。それにより中国共産党は堕落した、悪魔のような名親ブッシュ卿と『話』をしました。

7月7日(水曜日)までに、コンプライアンス部門の役員による正式な中国・アメリカ間で会議が行われました。そして、党は乗り換え(移る)を起こす用意ができていると再び言いました。

ジョージH. W.ブッシュという名の民間人によって命令が出され、ホワイトハウスでブッシュのプードル(飼い犬)によって出される『指示』に哀れなほど従って、堕落したその結果がレオン・パネッタ(中央情報機関(CIA)のディレクター)であります。そして、意気地がないバラク・フセイン・オバマが銀行当局へ『皆をなだめるが決して支払うな』の指示を出します。このように妨げられ、役立たずでおびえる銀行当局により作る何もかもが『移る』のです。(下記に要約される差し迫った偽りを説明する)。

ブッシュ卿のプードル(バラク・フセイン・オバマ)は、ブッシュ卿の脅威[下記参照]が非常に荒っぽいという背景が伺えるように、あまりに軟弱で背骨が欠けています。彼はこのペテン師に立ち向かって威圧するための脊柱が不足しているのです。そして、我々がこのウェブサイトで十二分にデモ活動をして、つまりそれが、この狂気の『黒人』米国ナチ・スパイを抑止する唯一の扱う方法なのです。

東部夏時間午後3時00分に米基軸通貨から離れるよう動き出すために、ブッシュ卿(その結果による支払い処置で、その日付でしかるべき場所に資金が戻されたのです)と『それから、7月7日に中国当局はもう一つの話をしました。』..

このように、いつも通り中国共産党に嘘をついて、民間人ブッシュ卿がバラク・フセイン・オバマと連絡をとって、オバマに全資金の解放を許さないように命じました。

ブッシュ卿がホワイトハウスへの直通電話でその全資金を解放しないよう脅した点で、オバマがもし資金の解放を認可するならば、ブッシュ卿は最高裁判所へ行って、オバマの在任期間を強制終了するようにします。[以前のレポート(特にこの根拠についてのバイデン・コメント)を見てください](管理人注意:つまりオバマはケニア人である証拠ですね)

結果として、おびえて意気地のないオバマは、民間人ジョージH. W.ブッシの意向に同意するよう従いました ―( 実際、この件の和解資金は支払われていない。)

マイケルC.コットレル、BA(M.S.)は、7月6日火曜日に、その日付で払う事になっている、彼に当然支払われるべき事前払金が正式に勧告されました。
どうにかひとつ、ローン返済が2010年7月8日木曜日に適切に支払われました。

コットレル氏に資金が支払われないことになっていた(以前から資金の支払いをしないと断固定まっていたことが正反対になったので)ので、7月9日金曜日にブッシュは『口論に出かけました』。
しかし、バーゼル・リストで提示される同意された支払いは、この破壊活動のダイレクトな結果のように影響を受けませんでした。

上記の、米国の法の執行で金バッジを与えられた人々、前CIA長官ロバート・ゲーツの下で腐敗する米軍ほか...彼ら全員がジョセフ・バイデン副大統領のように恐喝されて、危険にさらされるので、『金融テロリスト:ジョージ.H. W.ブッシュ卿(ジョージ.ブッシュ含め)』を逮捕して、監禁することができない際に、彼らが職務の遂行で不履行を続けることがこの出来事の全てであります。あるいは、彼らがブッシュ卿のthuggistsが自分たちを殺害するのではと恐れ、彼らが『ブッシュ卿のふるまいが子供じみた親友と比べても、何の危機に達する事の無い、とるに足らない事』と理解する知恵が欠如しているので、マフィアの名づけ親による、学生へのなじみある下手な心理作戦の過度なハッタリとイジメが通じているのです。それにより、この犯人が今日で生きている最も冷酷で危険な情報部員です。

金バッジの米国の法の執行者が、役に立たないCIA情報部員が、布きれに覆われた耳を持ち、意気地なしなふるまいで、更に傲慢な汚職米軍幹部は従って、世界中に最高レベルとしてよく知られているすべてのまなざしを下水レベル以下にアメリカ合衆国の評判を引きずり下ろしました。

世界中の関連した重要なポジションの誰もが、少なからず私のこのウェブサイトから『それが重要な一方』で、極悪な政治権力が行うこの恥ずべき状況に完全に気づいています。

彼らは早々に、疑う余地なく世界史上最大の金融テロリズムと腐敗の危機に終止符を打つために、その力を働かせた方が良いです。

(以後のレポートはホッジス氏とのメールのやり取り文でした。)
【一部転載終わり】

ちなみに麻薬売買から違法にマネーロンダリングをする銀行の紹介です。
クリストファー・ストーリー氏とトム・ヘネガン氏の指摘は一致しています。
http://www.worldreports.org/news/295_big_u.s._banks_confirmed_as_criminal_enterprisesより

American Express Bank International
アメリカン・エキスプレス・インターナショナル
Banco Santander SA
バンコ・サンタンデル
Bank of America
バンク・オブ・アメリカ
Casa de Cambio Puebla SA
カーサ・デ・カンビオ・プエブラ
Citigroup, Inc.
シティグループ
HSBC Holdings, London and Mexico
HSBCホーディングス(ロンドン&メキシコ)
Mexican street currency-exchange firms [3,000]
メキシカン・ストリート為替企業[3,000]
Standard Chartered PLC, London
スタンダード・チャータード(ロンドン)
Wachovia, including London
ワコビア(ロンドン)
Wells Fargo
ウェルズ・ファーゴ
Western Union
ウェスタン・ユニオン

『まぁ参考にどうぞ。』

それにしてもストーリー氏は中国を持ち上げていますね。
ストーリー氏の記事を読み、正式に反旗を翻したのが中国共産党だと言っています。
中国はいろいろと問題が多いような気がしますが。
中国が富を得るような運びで全てセットされているように僕は思うのですが....。
民主党議員は皆ワールドリポートを読むよう義務づけられているのか?
中国VSアメリカは本格的に表舞台にも波及しそうですね。

しかし...ストーリー氏もヘネガン氏も暗殺しかけられて大変ですね。

僕の所には会社のメールアドレスを特定(一度だけ会社のpcから記事投稿とネットサーフィンしたせいだろうか....)され海外の何人からかメールが送られて来ます。
死んでも返事は出さないが参考として今度載せてみようかと....
もろエージェントバレバレですから(笑)

最後に独り言ですが下手に恐怖を煽るサイトもお気をつけて下さい。
恐怖の感染は意図的でしょう。
必要以上に異常に煽るサイトは信用しないことです。
皆が皆知識をつけてどっしり構えてりゃノープロブレム。

ランキングに参加しました。
応援のためクリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
今更ですが・・・とても衝撃的ですがストーリー氏がブッシュに暗殺されました。
実際僕がこの記事を訳したのが3日前ですので、とてもショックです。

氏の追悼の為、記事のいくつかを今後あげれればと思います。

敬意を表して・・・・
Posted by 東洸 at 2010年07月31日 17:04
そろそろ更新してくれると嬉しいです。
もしかして何かあったのですか?
Posted by at 2010年08月19日 12:26
長期に亘る未更新、安否が気になります

御多忙のみなら良いのですが…
Posted by モグワイ at 2010年08月20日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。