2010年06月11日

オバマは、バイデン、ガイトナー、エマニュエルの賄賂を確かめます。

オバマは、バイデン、ガイトナー、エマニュエルの賄賂を確かめます。
大統領はリリースを止めるために個人的に介入します。そのため、金利をプラスして何億ものドルに対して彼自身が個人的に責任を負うようにします。

我々は、現在、オバマ・ホワイトハウスが犯罪の企業であるという証拠を持ちます。
我々が報告してホワイトハウスが犯罪の企業であると最後に確認した時から、この事実で脅かすようだが、全くそれに関して驚くべきことではなく、我々はあなたが受け止めてくれるのを聞きます。

BY:クリストファー・ストーリー氏の新たなレポート
http://www.worldreports.org/news/292_obama_confirms_biden_geithner_emanuel_bribery
2010年5月30日日曜日00:01

いいえ、まったく ― 説得力があるとはいえ、今までこの主題に関するあらゆる他の関連したインテリジェンス以外は ― いちいち驚くべきことではありません。

●我々は、現在証拠を持ちます。
我々の暴露に対する凄まじいホワイトハウスの反応
ブレア長官解任の本当の理由
最初に、ジョセフ・バイデン副大統領、米財務長官ティモシー・ガイトナー、大統領主席補佐官ラーム・エマニュエルがブッシュ-CIA-DVD犯罪シンジケートに命じられて贈収賄をチェックし、毎週、毎月、賄賂を受け取っていたという我々の暴露に応じて、ホワイトハウスは怒って爆発しました。

詳しくは、否定をする代わりに、このサービス(この情報に接触しリークした、『ダメにした』エージェントにより丸くなったホワイトハウス/CIA)のエディタに対するいくつかの即時の不正工作を明確に述べます。

もちろん、この事実は我々に滞りなく戻ってきて報告されました。

犯罪のオバマ・ホワイトハウスに少しでも後遺症感覚があったのならば、それはエージェントによる、この弾劾すべき罪(Messrsバイデンとガイトナーのケースでは、高級なオフィスを占拠している反面、両者とも賄賂を受け取っているため弾劾することができ、弾劾されなければなりません)を暴露したことの理由で、是非とも譴責(とっちめたい)したいという誘惑に耐えたことでしょう。

しかし、違います。このホワイトハウスがブラックよりも更にブラックで、それを発見したことでその本能的な激怒に身をまかせました。

ホワイトハウスからの反応は、我々のレポートの正確さを確かめました。

それで、その暴露したエージェントを直ぐさま攻撃して、『彼に噛みつきました』
※ それによって我々のレポートの正確さを確かめる※

それが、どれほどばかげていることか?

我々はレポートの確証を求めたいというわけではありません。
本当に、あなたは、それが真実でもないのに、我々がそのような有害な情報を発表したいと思っていますか?

実は、ブレアが財政的な解放(国から盗んだお金を戻すよう)を迫っていたので、ホワイトハウスが応えたものは、デニスC.ブレア長官がバラク・オバマによって『辞任した』(『辞任するよう頼まれ』ました)という事実の我々の暴露でした。そして、ブレアが賄賂の文書の証拠を得たので、賄賂がバイデン、ガイトナー、エマニュエルに支払われたことをハッキリとチェックしました。

証拠によって、我々はブレア長官が堕落したバイデン、ガイトナー、エマニュエルに支払われる毎週、毎月の賄賂の小切手の何枚かのコピーを得たと伝えました。

現在、あなたがすでに推測する、ここに潜んでいるもう一つの局面があります。

詳しくは、繰り返し言ってきた上記の部分として:

●アメリカ合衆国の高級なオフィスの保有者による買収、賄賂払いの受領は、刑事上で弾劾すべき罪です。

それで、犯罪のオバマ・ホワイトハウスは何をしましたか?

バイデン、ガイトナー、エマニュエルを代わりにクビにして、彼らの事例を司法省、またはこれにあてはまる他のあらゆる適切な法の裁きにあろうことか引き渡すことを全くしません!
英国の秘密保護法と同等に米国は条約加盟国であっても、彼の鋼鉄のような胃袋で消化(欲望で貪り尽くす)するこのふるまいがいっそうひどすぎるとわかっていて、それでもエージェントの者が誰でも丸くなると思いますか?

これをあなたに、あなたがオバマ・ホワイトハウスについて知る必要があるすべてを話します。

●あの最近の前作の様に、それは重大な不正の汚水槽です。
ホワイトハウスが激怒で反応を示した前のレポートからの一節は、それにより我々のレポートの正確さを改めて確かめ、下記の注(1)として追加されます。

●北京、ロンドン、パリへのガイトナーの訪問の結果として生じる絶望的な失敗。この結末は、北京、ロンドン、パリへのMr.ガイトナーが関わる慌しい旅行は完全な失敗でした。具体的には:中国の首都で、我々が5月26日のニュース速報で報告したように、ガイトナーは中国の権威者(我々の昨年12月6日付けのレポートで、総計47兆ドルの金額の米国財務省に対する担保権所持者)と『取引をしよう』としました。中国の権威者はそのような二心(裏表のある行為)を受け入れることを拒否して、彼らはそうすることができるように明確に、ガイトナーに言いました:『それをやらないでくれ』と。

●英国の首都で、ガイトナーはジョージ・オズボーン(新任の大蔵相)の明らかに見え見えの不快感を招きました。ロンドン・タイムズ(2010年5月27日付け)の55ページ上に公表された2つの写真が明らかに、ガイトナーがちょうど今喋った何か?に悩んでいるオズボーンと、驚異的な傲慢な態度で彼を見ているガイトナーの姿を明らかにしました。類似した写真をウォールストリート・ジャーナルで見かけました。タイムズ写真の見出しは、以下の通りに読めます:
GeithnerOsborn1.jpg
『ジョージ・オズボーンは、米国財務長官ティモシー・ガイトナー(左)と、特定の救出基金に関する問題でわずかに争っているように見えました』
http://www.ft.com/cms/s/0/61265884-68cf-11df-96f1-00144feab49a.html


問題の基金についての、とても漠然とした説明に注意してください。

−ガイトナーが(ブロックしていた)ドルを返済するプログラムに参照事項をつけたというあいまいな『特定の救出基金』に対する疑いはほとんどないと思われる−
新聞がそのポイントから注意をそらすよう陽動作戦でうさぎの穴で議論をするガイトナーをけなしたが、ヨーロッパ・リーダーの『shore up』のために、その救出計画を速く(undsoweiter)実行することによって、ユーロに平穏な世界市場を運ぶために、米国上院が国際通貨基金(IMF)(事実上、近頃はホワイトハウスの支店)が本物の金を負債の螺旋降下の穴へ落とし流し込むのを禁ずるよう『98-0』を可決したので、そのガイトナーのプログラムが現在危うくなっています。
340x245.jpg
『やつれるフランス訪問時のガイトナー』
●フランスの首都で、ガイトナーは、中国の場合のように、フランスの権威者と『取引しよう』として、当然後退するように言われて、出口のドアを指差されました。

ブッシュ賄賂の受取人が贈賄をするように、それに気づくことを除いて3人のキーとなるプレーヤー(我々は何がドイツであったかについて把握していません)は、彼がsheister及び犯罪の金融業者で汚く、だます策略家で、二心があることを見透かして、ティモシー・ガイトナー(米国財務省長官)はこの旅行に関して確かに何も成し遂げることができませんでした。(ヒラリーが同行しているのも気になります。)
ちなみに賄賂を扱うおなじみの銀行は『バンク・オブ・アメリカ』です。前々回の記事でストーリー氏が指摘してました。

439x.jpg
『帰国後の2人の暗い表情を見ると.....』
彼自身が危機を脱するようにするため、ガイトナーはリリースに関して締めました − 同じ日に、あのオバマが、彼の個人的な能力でそれを止めました。

5月29日土曜日に、エディタの情報に基づいて、ワシントンに戻って到着した彼に関して、ガイトナーが5月28日金曜日にリリースに関して締めたという事実の、即時の確証を得ました。北京、ロンドン、パリ(おそらく、彼自身の身の証を立てようとするブッシュ賄賂を収賄した、このますます哀れな受取人)で、そして、彼自身、犯罪的に強奪した遅延したリリースの支払いを認めることによって危機を脱する ― 関連した書簡で彼のサインに全く意味がないことに気づいて ― よう投げ出しました。

●注:我々は、当初ガイトナーが29回目の土曜日で締めると思いました:彼が金曜日の28回目の、そのリリースの賛成に必要なauthorisations(しかし、6月1日(火曜日)までは表面上リリースを無効にするために、このレポートで述べることは、彼の個人的な能力でリリース阻止に介入するために、Mr.オバマが、彼自身がそれを行ったのと全く同じ日)に署名したことではっきりしました。この矛盾している行動は全くもって弁証法的な策略であることがわかりました。そして、それはこれらの犯人の顔で爆発しました。

●あなたがMr.A.クリフトン・ホッジスの、このサービス・エディタのコピーによる手紙上で述べられたように、5月28日の日付で示されるバッキンガム宮殿への手紙でわかるように、彼が、貧しいアメリカ黒人社会のため、そして、擁護でそれを見るように、黒人市民権運動家グループの弁護団はMr.オバマの裏切りに怒って反応しました。5月30日付で、我々はオバマが二度と大統領として続けるため再選択されないと決定づけたことを知りました。彼はまだ@学期の大統領です。そして、彼が任期終了よりも非常に前に、ホワイトハウスから追い出されるかもしれないことが、現在起こりそうです。バイデン副大統領は、彼が『親しくcompromsiedしていて、したがってオバマ大統領の跡を継ぐ資格がない』と述べました。

●なぜ、5月28日金曜日のガイトナーのログオフは、意味がなかったのか?

これらジョージW.ブッシュ、ヘンリー.M.パールソン、リチャード・チェイニー、などなど他のペテン師が正確に繰り返し同じゲームをしているので、ゲームをコールする前に不正なホワイトハウスが『包み紙を渡して』あります。すなわち、まる暗記によって、誰でも他の皆を非難できます。そのように、何も決して起こりません。『決して支払い症候群ではない』ことが永久化されます、そして、誰一人として決して責任が咎められません。

しかし、今回の問題は、5月28日金曜日に彼が締める際に、ティモシー・ガイトナーが犯罪シンジケートの頭に位置していないことを人々に示したということです。彼が北京、ロンドン、パリで実行したことは馬鹿よりもさらに村の大馬鹿者であるということです。

●ジョージ,H. W.ブッシュの命令で、オバマ大統領の信用を落として、個人的にオバマが公的立場において、彼が命じたものを否定して邪魔しました。
(インテリジェンスなダブルスタンダードですね)

そして、二心ある幼い道化師ガイトナーがよく十分にこれを理解して以来、ある日、正確にリリースに関して締めることによって、その後、オバマが個人的にそれを止めるため介入したあと、ガイトナーは、彼のボスがちょうどまさしく1日早く(下記参照)支払いを止めるために個人的に介入しただけだったということを知って、犯罪の名づけ親ブッシュ・シニアからバラク・オバマが直接命令を受けているバックネットであるという認識で、正反対をすることを『安パイである』と考えたブッシュ卿の賄賂の必死のうそつきと虚偽の受取人であったと、彼がうかつな詐欺師であることを愚かにも合図しました。

Mrガイトナー、あなたが面目する問題は、我々はあなたのあらゆる必死で卑劣な ― あなたが(閣下)から隠れる場所がないように ― 二心をまさにやり通したために、あなたが北京、ロンドン、パリで出発するべきかについてそこで判断しました。そして、あなたがあからさまに台無しにしたことにあります。

あなたが5月28日に締めることによって『メッセージを得た』ことを意味します。しかし実は、第3のならわしのストーリーに従って、あなたがあらわにしたのです:

『遅かれ早かれ、すべての活動とカバーは台無しになりました』

●そして、我々を信じてください。この全ての財政的なハイジャック活動を台無しにしました。

ブッシュ語彙によるレーニン主義的やり方

すべてに関連する外国の党(我々のレポートを読む中国政府)が彼を通してわかり、アメリカ公務員の汚職のこの汚水槽に抵抗することを決定したとき、全世界がそれ(ガイトナーがまだそれに価値があると思い取引しようとする)と『取引をしよう』とするにかかわらず、ガイトナーと他のヘビはずっと以前から悪事を暴かれていました。

我々は知識ある米国の源によって、このふるまいの裏の原理がブッシュ語彙に由来することを知ります。そして、それは以下の通りに要約することができるレーニン主義的テクニックを取り入れます:

第六感(においを嗅ぎ付け「例:買収して落ちる人間かどうか、乗るかどうか、弱みを握れるか」)によってターゲットを導き、ターゲットを絶え間なく『餌』で誘って、人間の寛容性の限界をはるかに超えてこのプロセスを続けて、経験から耐え我慢し−進展がずいぶんない後に、それは最終的に、ターゲットに亀裂が入ってから『取引』をします。

もちろん、このターゲットに亀裂が入って、ひどい間違いを犯した時、軽蔑されたターゲットがすぐに見捨てられ、裏切られ、ブッシュ語彙がその次に規定するものは、裏切られたと理解した者が行き場を無くし ーすなわちそれに同意する者ですー その『餌』で釣って裏切った人間の代わりとして取引を手を引きします。

ところでこれは、純粋で純然たる革命的なレーニン主義です。

皆さん、レーニンを研究してください。そして、あなたはこれが確かに悪魔のその息子によって教えられたやり方であると知るでしょう。

それで、我々が合理的に報告することができる1つの非常に満足な結果は、デニスC.ブレア長官の『辞任』の裏の本当の要因に関して、我々の暴露によって絶望的な失敗と、彼がためされたことによってでた、財務長官ガイトナーの苦境から出た最新の必死の試みの屈辱に関与したということです。この末期のステージでさえ、この危機に関係する重要な外国の党(中国政府)を破壊して、腐敗させようとした、どのみちガイトナーに責任があるということです。

オバマ大統領は、無謀にも彼の個人的な能力で介入します。

我々は現在、オバマ・ホワイトハウスが犯人であることの2つめの証拠を持ちます。計画は2010年5月27日木曜日に起こった全く驚異的な展開から生じます。

●我々は、次の日にこれを知らされました。

具体的には、それは米国の匿名ゴールド・バッジの署名者からA.クリフトン・ホッジス氏(我々と緊密中である接触中の米国弁護士)に報告されました。『リンデル,H.ボニー卿(MI6によって会計部長として、関係者全てと交流するために選ばれる)』は、オバマの(5月27日のそれ)を個人的に以下を否定して邪魔しました:

●財政的なリリースを進行する、オバマ自身による先の署名された公式許可書。

●同じ趣旨の担保権所持者の必要条件。

●同じ文脈の常設国際司法裁判所の命令。

●モルガン・スタンレーの証券口座(ニューヨークのマイケルC.コットレルの firm Pennsylvania Investments, Incペンシルバニアの証券会社)に、君主がローンを返すよう命じ要求する項目でバーゼル・リストの必要条件を含む遂行。

二心と二心ある言行によって、同時に持っているすべての可能性を使い果たしました。そして、彼がオフィスの境界線の外へと踏み出して、権限を越えた最も重大な罪を犯すことによって、バラク・オバマ大統領が大統領の権限の『ベールに穴をあけて』致命的な間違いを犯しました。

個人的にオバマ氏を責任があるようにして ― 表面上6月1日(火曜日)(単に次の停車駅に『決して支払い症候群でない』ブッシュ・トレインを運んだように、我々がその日付を解釈しているが)まで ― 匿名のゴールド・バッジの署名者に由来し、ホッジス氏によって我々に伝達された情報は、オバマが受話器を取って、Bank of America、リッチモンド他に、リリースの支払いを止めるよう、彼の個人的な能力で命令したことを確認しました。


まだまだかきかけ....(すまそん)

ランキングに参加してます。
応援ヨロシクお願い致します。
クリックヨロシクお願い致します。
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
プーチンさんはどうしてますか?うさぎさんは以前、ムネヲハウスを持ち上げてらっしゃいましたが、宗男さんは野中氏の子分で売国奴なのでは?
Posted by バーナード・サネマンキ at 2010年06月11日 22:12
アニキはイラン制裁決議と朝鮮半島で頭がいたいんじゃないでしょうか?

ブラヴァーが完成する前にキチガイが前倒しでアジェンダを進行しているのでホントにキツイでしょうね。

最終実験が成功すれば強気ではねつけるのですが、あの人は天才ですよ。負け戦は死んでもしません。
間に合わなければ制裁に同意するでしょう。
パワーバランスのからみでガーゴイルも配備できません。
冷静にみると単純な世界ですね。

依然として、中東は要注意です。(僕の推測ですが)

野中派や小沢派だからといって皆が皆、右にならえってわけでもないですよ。宗男さんの史実は佐藤優さんの書籍に詳しくでてます。
語ると長く長くなるのと著作権もあるので購入か図書館で読んでみてください。

Posted by 東 at 2010年06月11日 22:53
アフマディネジャドは、スケールは違いますが橋元徹知事が朝鮮の批判を思い切りやってもスルー、みたいなもんでしょうか?次期大統領の時が危ないのでは。それにしても武器を持たない私たちにとって、キチガイに与しないプーチンさんは希望の光、奇跡の人ですね。

Posted by バーナード・サネマンキ at 2010年06月11日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。