2010年06月09日

ブリティッシュ・ペトロリアム-スキャンダル最新版&有毒なベンゼンは、何百万人もの命を脅かします

2010年06月08日 (火曜日)
破壊:ブリティッシュ・ペトロリアム-ゲート最新版−有毒なベンゼンは、何百万人もの命を脅かします

アメリカ人を覚醒させる:すべてのパトリオット・アメリカ人が知っていなければならないインテリジェンス状況説明の舞台裏で...企業コンロトールされた主流メディアがすっかり覆い隠した本当の事実と真実

ホットで爆発的な裏のブレイキング・ニュース
British Petroleum-Gate Update
ブリティッシュ・ペトロリアム-ゲート最新版
Poisonous Benzene Threatens Millions of Lives
有毒なベンゼンは、何百万人もの命を脅かします


by Tom Heneghan(トム・ヘネガン・インターナショナ諜報活動専門家)
2010年6月7日月曜日
bp-station.jpgbp-oil_1649226c.jpg
技術者がメキシコ湾で深海層位の原油漏れの現場で修復を試みるが、原油は流出し続けます:Photo: REUTERS

−アメリカ合衆国−
今夜、メキシコ湾の生態学的な大災害が悪化して、我々はこのオイル噴油井がどのように実際覆うことができるかについて、レオ・ワンタ大使[ワンタは訓練されたエンジニアです]からあなたへ特別な最新版を持ってきました。

問題は以下の通りです:米国政府がそれを覆うために必要な処置をとることを拒否する理由。

我々の次のインテリジェンス状況説明において、我々はこれが本当である理由を詳述します。
toxic.jpg

我々も現在、有毒なベンゼンの脅威に関して、ジャーナリスト・ウェイン・マドセンからの調査レポートを伝えるためこの特別記事をあなたに持ってきました。そしてそれは、危険にさらされていてるメキシコ湾岸地域の何百万人ものアメリカ人の命がある場所です。

注:莫大な金融利益獲得の目的及び、アメリカ国内で厳戒令の命令を出す状況の先駆けとともに、メキシコ湾で起こったことは、国内と国外の情報部イネーブラとブッシュ-クリントン犯罪シンジケート・ファミリーによって米国民に対して開始された国内テロ攻撃でした。(現在の犯罪の米国政府は、メキシコ湾大災害によって放たれた有毒毒素を与えて『健康非常事態』宣言の発令をたくらんでいます)。
BP_Chief_Executive_Tony_Hayward..jpgogco_bp_1006.jpg
我々はこの時間で、『ブリティッシュ・ペトロリアム(BP社)CEOトニー・ヘイワード』がメキシコ湾での爆発の48時間前に彼自身のブリティッシュ・ペトロリアム(BP社)株を空売りすることによって何億ものドルを蓄えた後に、アメリカ国内を出発したと明かすこともできます。(ストーリー氏の言うようにみんなオプション買い(下げにベット)を仕込んでボロ儲けしたんですね。保険もバッチシ加入してボロ儲けです。事実を知るCEOが暴落する前に自らの会社の株を売り逃げて、発注元のトランスオーシャン社は事故直前に店頭公開(上場)だから出来レースにも程がある。BP株とトランスオーシャン株のバク下げは本当においしいです。裏切り者はCEOのトニー・ヘイワードでまじめなBP社員と英国のイメージはガタ落ちですね。保険と金融でボロ儲けしたチェイニーのハリバートン社も忘れずに)

ヘイワードのトレードをやりとげることに慣れている証券会社は、ほかならぬゴールドマン・サックスでした。
paulson1.jpggoldmansachs090803_560.jpg
注:ワンタ-レーガン-ミッテラン・プロトコルに結ばれる27兆5000億ドルの消失と違法な窃盗と、元ブッシュFRAUD財務長官ハンク・パールソン[ゴールドマン・サックス前CEO]との、それらの関係を依然としてカバーアップ(悪事を覆い隠す)している欧州連合の金融の基礎を破壊し、米国財務省を略奪したのが別名:有名な証券会社ゴールドマンサックス銀行です。

皆さん、この2つのレポートを楽しんで、米国民に対するこの犯罪的な残虐行為に関するこの外国企業がBPと呼ばれないのを思い出してください、そのフルネームはブリティッシュ・ペトロリアムです。(何でも英国人をひっくるめて悪く言うとまたストーリー氏を怒らせるよトムさん、一般人が知ってて加担する訳無いでしょ。)

レオ・ワンタ大使から(読んでも意味全く不明....):
Date: Mon, 7 Jun 2010 14:40:49 -0700
From: somam@prodigy.net
Subject: Overall Summary of USGovn Assistance_Involvement)Resume 4 pgs
To: comments@whitehouse.gov; info@messages.whitehouse.gov; president@whitehouse.gov; scheduling@who.eop.gov
CC: askdoj@usdoj.gov; awilliam@cea.eop.gov; bill@billnelson.senate.gov; charlie.crist@myflorida.com; coin@ciausa.us; devoux.jeremy@gmail.com; dot.comments@dot.gov; ebowles@northcarolina.edu; info@barackobama.com; info@dga.net; info@messages.whitehouse.gov; nancy.pelosi@congressnewsletter.net; oig@dc.gov; pavtemp@aol.com; saigassistu@ignet.army.mil; scheduling@ovp.eop.gov; sec@state.gov; vice.president@whitehouse.gov; vicepresident@whitehouse.gov


Updated :以後、私の01may10シール・プロセスは無視されました....

現在、そのBPはうまく油井を漏れ口(はけ口)でおおいました、しかし、オイル噴油井は続けます...

私は、彼らBPエンジニアにオイルの漏れ口(はけ口)を機械化しなければならない提案を示唆しました、流体ゲートバルブ_があるため、4つのゲートにあつらえ向きの_は圧力放出の代わりに漏れ口(はけ口)を....ボルトで固定させて/新しいキャップ・プレートを溶接させて....

また、8つあると言われた4つの仕切り弁が直接上方のステージのタンカーにオイル流動ライン(オイルが通るパイプ的なもの)をゲートで制御したことは、『Y座標』において論理的です....

適切な高圧オイル・ラインを設置すること....

オイル・キャップ・プレート・インストールより前にBPは、まず最初にゲートNO1を閉じなさい、排出するゲートは2 3 4でよいです....

オイル・ラインを_それから表面のタンカーに開けゲート1に付けてください、2 3 4は閉まりました

オイル・ラインを_それから表面のタンカーに開けゲート3に付けてください、2 4は閉まりました

オイル・ラインを_それから表面のタンカーに開けゲート2に付けてください、3は閉まりました

オイル・ラインを_それから表面のタンカーに開けゲート4に付けてください....

悲しくもこれで、水上タンカーの8本のオイル・ラインで....、そして、完全なオイル流出封じ込め..

明らかに誰もネオプレン・プラグで完全に井戸をふさぐための私が設計した考えが好きでなかったので、21.5 +/- dia , five feet +/- in length, drilled into the original wellpipe, with diameter changes to seal said wellpipe..The neoprene oil plugs to be drilled/////will be scored - threaded by surface drill equipment into the original oil wellpipe _ 21.5dia +/- _ until the oil gusher _ not an oil spill/leak _ is completely sealed, with additional plugs embedded into wellpipe to assure our national security procedures, inter alia.

私は、いまも気にかけています
リー

[color enhancement added]
最初のニュース:EPAとメディアが湾の海岸での空気モニターについて嘘をつくこと
by Wayne Madsen June 7-8, 2010 http://www.waynemadsenreport.com/

WMR同僚のジョン・セイラー、誰が?メキシコ湾岸の近くのペンサコラ(フロリダ州)に住んでいますか?フロリダ州及びアラバマ州海岸に沿って空気中のベンゼン臭気の濃度が危険なほど高いレベルにあると彼は報告しました。ベンゼン臭気は、深海層位の沖合リグのBP大災害からやって来たメキシコ湾において、原油の大量の量が起因しています。

セイラーも、BP社と米国環境保護局(EPA)(それは数百の空気質モニターがフロリダ州とアラバマ州海岸のまわりに配備され、人体の健康に有害な少しのベンゼン濃度も検出されなかったと述べました)の主張とは異なり、有毒なベンゼンが存在していると報告します。

セイラー(呼吸障害で苦しみます)はワシントンD.C.地域のため、自身の沿岸の家を立ち退かせられる予定になっています。

実際、セイラーはWEAR-TV(ペンサコラのABC系列会社)で、シニア・ニュースソースに対して、BP社か環境保護庁(EPA)によって湾の沿岸と入江に沿って配備されていると伝えられた空気質モニターがないと話しました。放送局は、モニターをチェックするためリポーターを派遣して、それがないことを発見しました。ニュース局も、ニューヨークからのABCニュース・ネットワークとCNNニュースが空気質モニターが設置されていて、完全に安全であるとBP社とオバマ政権の対策を繰り返し伝えていました。

空中のベンゼン濃度の問題は呼吸することで人々に対し潜在的で致命的に有害なことです。それは、特に人々に喘息と気腫を患います。

WMRは、オレンジビーチと湾の岸の町のその当局からも学びました、アラバマ州は浜に洗浄力がありその原油が鉛色です。そして、BP、もしくはどんな連邦機関も、EPA、FEMAまたは沿岸警備隊を含み、原油の氾濫に対処していません。そのうえ、WMRはフロリダ州知事チャーリー・クリストが沿岸居住者の避難で、フロリダ州で大規模な非常事態宣言を発令する準備をしていることを知りました。そして、特にそれは致命的なベンゼン臭気(州の非常事態の応答者に対してそれが最優先事項である)に応じた傾向があります。

あなたがBP石油災害をきれいにすると申し出る前にこれを読んでください
Fast Company-アリエル・シュワルツ-
彼女は、いったいどのように、1989年のエクソン・バルディーズ石油流出回復プロジェクトにおける総合主任として4ヵ月間を過ごしましたか?
そして、彼女は誰のからのメッセージでも受け取ります... http://www.fastcompany.com/1657625/read-this-before-you-volunteer-to-clean-up-the-bp-oil-disaster

http://www.skytruth.org/
SkyTruthはNASA/モーディス衛星イメージを使ってメキシコ湾で増大する石油流出をモニターして、毎日レポートを公表しています。そして、状況としての分析法は発達しています。あなたはイメージをここで見ることができ、我々のブログ上で毎日レポートを読むことができて、twitterすることができます。

『...Pozziによると、その災難は、ほぼ8億ガロンのオイルをペルシャ湾に投棄しました。そしてそれは以前の、湾に漏らしたエクソン・バルディーズの規模の70倍以上に達します。意外なことに、無人の超大型タンカーの船団を使用することによって、表面の水から原油を吸うことでPozziのチームは、流出をクリーンにして、並行してオイルの85パーセントを回収することができました...』(続き:http://www.aolnews.com/nation/article/could-cleanup-fix-for-gulf-oil-spill-lie-in-secret-saudi-disaster/19476863)
3115307.bin.jpeg
ウィン・マクナミー, Getty Images 重油でおおわれているペリカンは、東部Grande Terre島の波でころげ回ります。メキシコ湾の深海井戸から漏れている石油で、ルイジアナ・ブラウン・グロブ(ブラウン色の汚れのかたまり)はフロリダ州の突出地域に沿って白い砂浜で洗われ始めています。そして、クリーンアップ(浄化)する努力をさらに困難にしています。
http://www.nationalpost.com/news/world/battle+line+extends+Florida/3115306/story.html#ixzz0qDfq8aN4
3119508.bin.jpeg
ショーン・ガードナー 疲弊した石油でおおわれた茶色のペリカンは、2010年6月5日にクイーン・ベス島ペリカン集団繁殖地、グランドアイル5km北東、ルイジアナ州に沿った石油のプールに座ります。
http://www.nationalpost.com/news/world/Gulf+spill+hits+pelicans+hard/3119493/story.html#ixzz0qDgluEGU

『我々は、米国民を信じて不快な事実、他国のアイデア、他国の哲学と価格競争を打ち明けることに恐れはしない。その人々を怖れた国が開いたマーケットの真実と虚偽は、その人々にジャッジされるのが怖い国家だ。』
−ジョン・F・ケネディ、アメリカ合衆国第35代大統領−

トム・ヘネガンの爆発的なインテリジェンス状況説明
国際的なインテリジェンス専門家(トム・ヘネガン)は欧米情報部とインターポール内に何百人もの非常に信用できる関係者を持ちます−企業コントロールされた主流メディアの舞台裏で本当に起こっていることが進行中の大規模な偽装と幻想の宣伝ですっかり覆われていると報告します。
http://blogs.myspace.com/tom_heneghan_intel

ランキングに参加しました。
応援よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
posted by 東洸 at 19:42| Comment(1) | 米国トム・ヘネガン氏情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんな時だからこそ、生きてる内に思いっきり楽しんでおきたい…
不謹慎なんて言うなよな!いっちまったら何もできないんだから…(´・ω・`)
http://sue247e.glinds.info/
Posted by 備えあれば憂いナシ!! at 2011年03月20日 08:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。